【定期】2019年度上期、日本は思ったほど地震無し、8月前後も・・

  • 2019.09.30 Monday
  • 12:34

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

【定期】2019年度上期、日本は思ったほど地震無し、8月前後も・・

 

                     最新の見解  話題の東南海地震を歴史の三陸沖地震で予想すると、50年後 !!
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=684

                                  〜 当面先です、他人事の噂より、地震や予測について個人研究も可能・・

                                 関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測する
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=667

                                 日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=488

                                 23年間続く大震災に思う、今後の地震推移  2016
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=451

                                 深発地震を見ると、東南海地震は2017年末までに起こる −別の地震に転移
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=256

 

 

      − 列島での地震 2018年MAX 9/6胆振中東部M6.7、

                   2019年MAX 東日本 6/18山形沖M6.7、西日本 7/28三重沖深発M6.6

 

 

地震の話題も書くつもりもなかったが・・余談として。

すべての記事より南海トラフらの記事参照が多かった今年の注目度かな。そんなに爆発的視聴でないが・・地震期の興味も薄れ・・寄付もないし、つづかないピンチ?・(笑)・・

 

まあ、地震の興味と解析に新たな取り組みも必要だろう。所詮はエネルギーの発散であり、蓄積でもある。非連続性な地震発生には、秘められた連続した兆候があるものだ。最近も学者ぶり妄想を雑誌に出してる人を見て・・地震学の進展が感じられないので、誰でも出来るかも・・(笑)・

そこに、取り組まれない確証の取れない前兆現象らの新たな開拓する分野も有るのは確かである。

 

 

さて、最近やや活動的になって来たのにTECマップがある。季節の変わり目で病気か・・(笑)・

前回は、4月から超な活動的だった・・

 

  数年前の深発地震から地上地震の事例と、4/10数日前からの兆候    2019.04.10

    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=683

 

<やや活動的になったグローバルTECマップ>

   半年と周期的なのか。無黒点1ヶ月余り、宇宙線の影響でマントルと地殻が刺激される?

 

 

 

 

< 今年2019年度上期の世界の地震を見てみた  ー M6.5 以上 > USGSから

  4月から北半球に大きな地震が無い・・                   ・昨年の10〜12月期・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東南アジア周辺詳細    

 2019-09-29 15:57(UTC)   M6.8    11km   Constitucion, Chile      
 2019-09-25 23:46(UTC)   M6.5    18km   Kairatu, Indonesia
 2019-09-01 15:54(UTC)   M6.6   591km   Ndoi Island, Fiji
 2019-08-27 23:55(UTC)   M6.6    16km   South Sandwich Islands
 2019-08-02 12:03(UTC)   M6.9    49km   Tugu Hilir, Indonesia
 2019-08-01 18:28(UTC)   M6.8    25km   San Antonio, Chile


 2019-07-31 15:02(UTC)   M6.6   181km   Lakatoro, Vanuatu
 2019-07-14 09:10(UTC)   M7.2    19km   Laiwui, Indonesia
 2019-07-14 05:39(UTC)   M6.6    10km   Broome, Australia
 2019-07-07 15:08(UTC)   M6.9    35km   Kota Ternate, Indonesia

 

 2019-07-06 03:19(UTC)   M7.1     8km   2019 Ridgecrest Earthquake Sequence・・CA
 2019-06-24 02:53(UTC)   M7.3   212km   Saumlaki, Indonesia
 2019-06-15 22:55(UTC)   M7.3    46km   L'Esperance Rock, New Zealand

 

 2019-05-30 09:03(UTC)   M6.6    58km   La Libertad, El Salvador
 2019-05-26 07:41(UTC)   M8.0   123km   Lagunas, Peru
 2019-05-14 12:58(UTC)   M7.6    10km   Namatanai, Papua New Guinea
 2019-05-06 21:19(UTC)   M7.1   146km   Bulolo, Papua New Guinea

 

 2019-04-12 11:40(UTC)   M6.8    16km   Luwuk, Indonesia
 2019-04-09 17:53(UTC)   M6.5    38km   South Sandwich Islands

 

 −−− 以下、参考 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   2019-03-01 08:50(UTC)   M7.0   267km   Azangaro, Peru
   2019-02-22 10:17(UTC)   M7.5   145km   Palora, Ecuador

 

   2019-02-01 16:14(UTC)   M6.7    66km   Puerto Madero, Mexico
   2019-01-22 19:01(UTC)   M6.7    13km   Prince Edward Islands region
   2019-01-20 01:32(UTC)   M6.7    63km   Coquimbo, Chile
   2019-01-15 18:06(UTC)   M6.6    35km   Sola, Vanuatu
   2019-01-06 17:27(UTC)   M6.6    43km   Tobelo, Indonesia
   2019-01-05 19:25(UTC)   M6.8   570km   Tarauaca, Brazil

 

 【定期】2018年度下期(冬季)における日本などの地震
  http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=681 

  −12月に異常に発生したM7級地震(平均では月1.5件) 冬季の影響?/ 宇宙線増加の影響か?

   2018-12-29 03:39(UTC)  M7.0   60km   Pondaguitan, Philippines   5件も発生

   2018-12-20 17:01(UTC)  M7.3   17km   Nikol'skoye, Russia   −北半球
   2018-12-11 02:26(UTC)  M7.1  133km   South Sandwich Islands
   2018-12-05 04:18(UTC)  M7.5   10km   Tadine, New Caledonia
   2018-11-30 17:29(UTC)  M7.1   47km   Anchorage, Alaska     −北半球

 

M7級の地震多発は、

   2018年1月、8月、12月、2019年5月と、やや半年(6か月)おき。10月から危ない??

上期における北半球の地震の少なさは、地震期収束と月の南半球側への移動 ??

ま、北半球の冬季、地震の少なさは関係なくなるかも・・

 

  星を見る・宇宙を知る・天文を楽しむ AstroArts > 星空ガイド
    http://www.astroarts.co.jp/alacarte/index-j.shtml

   11/23 09時15分:月が赤道通過、南半球へ

 

 

 

< 今年2019年度上期、日本の地震  −M6 以上 >  気象庁から

  8月前後における月の接近も、北半球で大きめの地震が無かったことも影響し、内陸地震もなかった。特質?すべき内容はや興味を引く事象も少ないので様子見ということにしておく。気になるもの、奄美大島北西沖M6.0−256kmの深発地震と日向灘の地震地域、北海道くらいだろうか

 

 

  2019/08/29 08:46  M6.1 震度3     21km 青森県東方沖
  2019/08/08 06:28  M6.4 震度2     38km 台湾付近
  2019/08/04 19:23  M6.4 震度5弱   45km 福島県沖


  2019/07/28 03:31  M6.6 震度4    393km 三重県南東沖
  2019/07/13 09:57  M6.0 震度3    256km 奄美大島北西沖


  2019/06/29 00:51  M6.7 震度1    456km マリアナ諸島
  2019/06/04 13:39  M6.2 震度4    445km 鳥島近海


  2019/05/10 08:48  M6.3 震度5弱   25km 日向灘

       
  2019/04/18 14:01  M6.5 震度2     20km 台湾付近
  2019/04/11 17:18  M6.2 震度3      5km 三陸沖

 

   −−−  2018年度下期  −−−−−−−−−−−−
  2019/03/11 02:10  M6.0 震度3     18km 福島県沖
  2019/03/02 12:22  M6.2 震度4     51km 根室半島南東沖
  2019/02/12 21:34  M6.5 震度1    127km マリアナ諸島
  2019/01/08 21:39  M6.0 震度4     30km 種子島近海

   
  2018/11/05 04:26  M6.3 震度4     20km 国後島付近
  2018/11/02 20:01  M6.1 震度2    487km オホーツク海南部

  2018/10/24 01:04  M6.3 震度3     28km 与那国島近海
  2018/10/23 13:34  M6.1 震度3     26km 与那国島近海
  2018/10/13 20:10  M6.7 震度2    461km サハリン近海

 

 

< 十年間の日本周辺のM7.5以上の地震 2010/04〜 > +世界のM8.2以上の大きな地震 -追記10/08

     基本的に地表レベルでM8級の地震無し、地震期も収束

     〜100年以上の経年変化に近い南海トラフ地震は無いと見る。

  2018-09-28 (UTC)  M7.5   20km   Palu, Indonesia
  2018-01-23 (UTC)  M7.9   14km   Kodiak, Alaska
  2017-07-17 (UTC)  M7.7   10km   Nikol'skoye, Russia
  2016-07-29 (UTC)  M7.7  196km   Agrihan, Northern Mariana Islands
  2015-05-30 (UTC)  M7.8  664km   Chichi-shima, Japan

   ( 2015-04-25 (UTC)  M7.8    8km   Khudi, Nepal )
  2014-06-23 (UTC)  M7.9  109km   Little Sitkin Island, Alaska
  2013-05-24 (UTC)  M8.3  598km   Sea of Okhotsk
  2013-01-05 (UTC)  M7.5    9km   Southeastern Alaska
  2012-10-28 (UTC)  M7.8   14km   Haida Gwaii, Canada
  2012-08-31 (UTC)  M7.6   28km   Philippine Islands region
  2012-08-14 (UTC)  M7.7  583km   Sea of Okhotsk
  2011-03-11 (UTC)  M7.7   19km   east coast of Honshu, Japan
  2011-03-11 (UTC)  M7.9   43km   east coast of Honshu, Japan
  2011-03-11 (UTC)  M9.1?  29km   2011 Great Tohoku Earthquake, Japan
  2010-07-23 (UTC)  M7.5  641km   Mindanao, Philippines
  2010-07-23 (UTC)  M7.6  578km   Mindanao, Philippines


  2018-08-19 (UTC)  M8.2  600km   Ndoi Island, Fiji
  2017-09-08 (UTC)  M8.2   47km   Tres Picos, Mexico
  2015-09-16 (UTC)  M8.3   22km   Illapel, Chile
  2014-04-01 (UTC)  M8.2   25km   Iquique, Chile

災害で知る水の恩恵、食育と自然共生教育も必要な時代・・

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 10:59

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

 

  災害で知る水の恩恵、食育と自然共生教育も必要な時代・・

  〜機械で自動なカネまみれの便利さも、工夫を活かす自然と生活の知恵を育てては・

 

 

電気の無い生活は、現代社会に大きな問題を突きつけた。そう、電気以上に必要な水の恩恵に制約を受ける。それ以上に、不潔になると揉め事(狂暴)にもなることも多い・・

 

現在話題のセクシーな?小泉環境大臣とか言う省庁でも、大きな湧水は取り上げられてる。おおらかな社会に戻れば、湧水めぐりもいいだろう。

( 現実、シナ人らに化学汚染される前に・・ 現実の大陸は土壌汚染回復に千年と・・ )

 

   代表的な湧水   −環境省
     https://www.env.go.jp/water/yusui/result/sub4-2.html

 

まあ、都会でも管理人の居ないマンションでは、苦難する断水である。でも、こんな記事も。

ただ、供給元のポンプや停電が動いてこそだが・・

 

  マンションの断水、停電しても給水できます 北海道で学んだ対処法
   
https://withnews.jp/article/f0190914001qq000000000000000G00110101qq000019824A
    2019年09月14日  withnews  ・・話題の新聞系?・・

直結加圧方式では1階の庭などに植物への水やり用の散水栓で・・

 

 

 

不便な災害も、こんな話題が、

 

   住友ゴム、停電続く千葉県へ「水だけで灯る安心安全ライト」2000個を提供
    灯りをお届けすることで被災者の皆さまのお役に立てることを願い……

     https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1207005.html
     2019年9月12日 Impress > Car Watch

 

しかし、千葉の停電後でも、長崎?らでも電柱倒壊の停電もあった。電柱が倒れ過ぎと言われる。一本倒れると連鎖し易いこともあるが、同時に千葉県での倒木は尋常でないことから、風速でも瞬間風速以外に異常な現象を起こしている。

 

電柱も施工不良も有るのだろうが、最近の電柱は、13m級でやや高すぎて倒壊を助長してるのではないか。昨年の北海道地震前の台風で倒木した近所では電柱は一応無事であり、倒れた少数の電柱は丘珠空港と農地のある風通しのよい地域ではなかったか。

 

( 何かと地中埋設とは言うが、有事以外での所有権・財産権やその責任や管理や国家領地化と憲法改正も必要。農地用で私有化認めたら、多くが不動産企業に・ 挙句、外国に売っちゃう弊害も。憲法と自由の弊害・ )

 

記事が無いが、地域的炊き出しなど神奈川から応援も無かったのか。最近の新聞らは、人や地域、そして社会を分断する画策が好きだからね・・

首都圏や都庁でボランティア体制や活動も機能してない? 何でも国と・・自治体は役に立たず・

 

東北の大震災では、日本海側から村落の炊き出し支援があった・・ 千葉方面には東京湾アクアラインもフェリーもあるんだが。千葉方面は特に左翼系が繁盛する地域らしく敬遠か? また最近は、地域社会や協力共生の崩壊気味か。

 

 

 

また、災害で助かっても県や市?の支援が行き届かないのか、大阪の事例では銭湯が存続の危機という。銭湯は意外と補助金が出てたりするが、維持の固定費の中での大きな修理には辞めるきっかけと言うらしい。( 現実、不潔さは難民キャンプレベルにいくと、ハンセン病発病らの元に・・ )

 

   アヒル数千羽たわむれ、丸太も…心を沸かす大阪の銭湯
     https://www.sankei.com/premium/news/190613/prm1906130001-n1.html
     2019.6.13 産経  〜他の記事でも大阪で銭湯の減少と

 

以前から、銭湯では重油のボイラーを使用したり廃棄タイヤも燃やすとか言われてた。海外にプラゴミも輸出してしまうのであれば、燃えるものの補助も必要なのかと思うが・・中小で維持できる銭湯の体制と保障制度が必要だろう。

 

銭湯は、大規模であり省エネするにも微々たるものだ。大型マンションレベルでの貯水や雨水らの再利用も進めるべきで、敷地の余裕とで顧客の維持も出来る。災害には、大きな助けとなり安心も提供できる。

 

 

 

ただ、個人の家では省エネ設備やわずかな水の貯えで効果も出やすい。風呂の水も、太陽光で温度を上げて置けば燃焼の電気・ガス代も相当な費用の節減にも成る。

 

続きを読む >>

また、新聞らのメディアの誤字、組織らしからぬフェイクの横行なのか?

  • 2019.09.23 Monday
  • 19:04

JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス

 

また、新聞らのメディアの誤字、組織らしからぬフェイクの横行なのか?

 

 

  「 英首相、事態打開に慎重 NYで欧州首脳と階段へ  」 2019年9月23日 ロイター

     〜誰のチェックも無いメディアの記事が流れるお粗末さ・・こんな夕方にでも・・

 

・・それとも、NYには、外交団が皆で行進と会談できる巨大な階段でもあるのか?? 笑笑・・

 

以前も翻訳者が無く、誤訳らしいと言われた記事も・・日本に溢れるエセ新聞の誤訳誘導・・

まっとうな日本人ではないおそれ・・

 

 

いつも、世間に溢れるえせ日本人の記事   

   ポンペオCIA朝刊に反対相次ぐー報道の堕落  ・・共同通信社が見せた怪しい組織性・・

      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=617

季節は秋、スポーツも実りの時期、実を結ぶ選手と社会の課題・・

  • 2019.09.22 Sunday
  • 08:35

JUGEMテーマ:伝統文化

 

 

  季節は秋、スポーツも実りの時期、実を結ぶ選手と業界の課題・・

   〜続々と活躍するスポーツ選手、でも後進国なスポーツのえせ管理者と社会の機能

 

 

 

北も、公園で栗も取れる季節に突入。9月末以降、増水すれば大きくなったマス(鮭?)が水門をあがり小川にもやってくる。そう、もう秋、一年も収穫と美味しさを満喫するシーズン、そして社会もスポーツも成果が話題となる。

 

そして、日本ではラグビーでロシアに初戦勝利、セ・リーグでは巨人優勝と華やかさに話題を繰り広げる。そこに、アメリカのNYで歓喜に沸くヤンキースの活躍が報じられる。そこには、田中将大選手の活躍も・・

 

   ヤンキースが7年ぶりのア・リーグ東地区V、田中が勝利投手に
     https://www.afpbb.com/articles/-/3245452
     2019年9月20日 AFP

 

世界で、きな臭いニュースと不景気という話題が報じられる中、金融の地NYに明るい話題だ。田中将大選手は、さほど移籍もせずヤンキースの地区優勝に花を飾る。ゴジラ松井も、いまでも関わる名門チームの優勝である。

 

田中将大選手が、スポーツ界のエリートなのかは分からないが、めったにない地域のチーム優勝に関わってることには実績があると言ってもいい。

 

 

メジャーでの日本人の活躍は、ゴジラ松井らの活躍も大きい。当時はメジャーで選手のストで人気も低下した中での活躍だった。そして、イチローらの実力のある選手が移籍したこともあり野球本場の地でNBAのバスケットと共に地位のあるスポーツとして輝きを続ける。そのなか、日本人で引退しても名を遺した選手もいた。

 

 【MLB】強烈な存在感放った川崎宗則、米で今も人気「彼は我々の心で永遠に踊り続ける」
    https://full-count.jp/2018/01/05/post100920/
    2018年1月5日 Full-count

 

続きを読む >>

災害で知る現代の積弊、フェリ―復活のように地方は人材創生で復活を

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 10:00

JUGEMテーマ:経済全般

 

 

 

 災害で知る現代の積弊、フェリ―復活のように地方は人材創生で復活を

  〜時代の便利さも過信し過ぎた社会、自然と生きる地域でたくましい人材?と共生の研修を・

 

 

災害は、不便を強いるがいろんな問題と社会に課題を見せつける。ま、寝床と風呂と酒、そして笑いが有れば・・衣食住と人生に豪華な家もいらないんだが・・(笑)

 

東日本大災害で、岩手の田老の防潮堤はそれを超えた被害で意味をなさなかったかのような印象で書かれている。しかし、その被害から学べる技術的な意味も大きい。堤防を越えない前提が、洪水の排水を考えてなかった設計の不備でもある。作っていたからこそ、次に活かされる記憶である。今後は、津波を真正面から受けるばかりでなく、津波を横に逃したりとか工夫が出てくるだろう。

 

〜高度成長でおごれた人材と機構で、反省点も多い日本・・設備一辺倒にも盲点・・

思えば、2004年のスマトラ津波で時代を考査できなかった首相の三流体制は課題が有った。おバカな首相でも、左翼関係者以外で、公然と科学的な意見が言える第三者機構が機能しなかった・・まあ、意見も聞かないおバカもぞろぞろといたが・・

 

   津波想定し水門の閉鎖訓練、釜石 消防隊員の殉職を反省、遠隔化
     https://this.kiji.is/540712815535457377?c=39546741839462401
     2019/9/1 共同 〜津波に襲われやすい水門に近い漁村に消防隊員が少ない、老人救護も課題

 

また、新聞らやTVで印象操作される千年周期?らしい東日本大震災の大きさだが、前震で固着域にまで広がった断層で大きくなっただけかも。本来は、M7級の地震で派生で発生したM9級は小さかったかもしれない・・

( 日本地図で、断層が300kmにも及んだM8越えの地震を点だけで表示する学者は、どこかアタマがおかしい・・(笑)  物理量や数値系などの勉学と博識が足りない? )

 

実は、田老の防潮堤は明治後の三陸沖地震に対処したものだが、この三陸沖地震こそ数千年級の地震だったかもしれない。この明治三陸沖地震と対峙したような昭和三陸沖地震は大津波の地震であり、なんと東南海地震(南海トラフ地震)を50年以上早めた恐れはある。実は、明治三陸沖地震は、それだけ大きかったと思うよ・・

 

ものごと、なんでも落ち着いて考えてみるものだ。最近の政治やエセ新聞ら情報メディアというコメディアンは、嘘を平然と流す半島気質になったからね。コメディアンが揃って、台本読んでる番組も多いだろ・・(笑)  ニュースだって、台本読んでる・・ 整形してれば誰でも出来る・・

 

 

 

     阪九フェリー新船が進水式 北九州−神戸結ぶ
       https://www.sankei.com/photo/story/news/190802/sty1908020016-n1.html
       2019.8.2 産経

> 新しいフェリーは全長約195メートルで、総トン数は約1万6300トン。8階建てで、旅客は663人、8.5メートルのトラックを約280台、乗用車を約190台載せることができる。

 

輸送が強化されると言うことは、関西ら西日本の経済は、それだけ定着した物流の経済がある。

 

今から半世紀以前は、船員の需要も多く機関士や通信士も必要とした時代であった。当時は遠洋漁業もまだあり、外国への物資輸送などで船員は人気も有った。今では、衛星電話が使われるが、当時はモールス信号が常用されてた必需品、工業系の学校でも船舶向けの通信科が有ったように思う。

 

     富津港で巡視船による給水、シャワー、携帯充電支援
       https://blogos.com/article/404348/
       2019年09月14日 BLOGOS

 

     あれっ・・首都の停電大災害で明らかになる地方行政のたられば・・
        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=724
        〜災害でフェリーが復興の動脈に、更に現代ではドライバー不足でフェリ―が増便

 

次第に北海道らも長距離フェリーが淘汰されながら、トラック輸送の基盤があり増便はしないがフェリーを更新する程の安定した収入になってるようだ。ただ、客船(5千人)じゃないので貨物輸送船だから旅客輸送は500人程度であり、一日一便と言う長距離フェリーが示す地方の現状もある。ただ、近距離では数時間から8時間なみの運行もあり、多くの市場や経済を支えてるみたい。

 

最近の大型なフェリーは揺れも少なく、閑散期は異常にゆったりとでき休日の旅行などに丁度いい。湾周辺を観光するクルーズぽいイベントも最近はいろいろと有るようだ。。ま、物流輸送の手段であり、客船と違い缶ビールも飲めるが・・

 

この輸送人員・・ Wikiを見ると、

  ・東海道特急「こだま」国鉄181系電車  編成定員  424人(3等320人+2等104人)

  ・東海道新幹線        新幹線0系電車  編成定員  987名(開業当初12両)

 

新幹線の輸送能力は、太平洋ベルト地帯の工業・商業都市として別格であり、通常の特急はフェリー並に500人程度の輸送である。北海道?の長距離フェリーは、県外間の移動だからトラック以外の旅客は知名度も無く以外と少ない。北海道内の特急のようか・・

 

地方の経済力は、特急の本数とその旅客数で示せるだろう。北海道は、産業層も無く活動できない冬に仕事も作らず・・既に鉄道を維持できない程に輸送する熊も居ない・・

 

そもそも、温暖な本州は昔から自動車城下町とか、工業製品の城下町、観光の聖地、学問の聖地と歴史もあって、うらやましい・・

 

 

地方創生などと言うが、産業と工業力が無ければ活気も無い。人口が多くても、デパートも人材が陳腐化して流行らなくなる都会人気質の悪弊も有る。そこには、地元民は以外と地元の知識も知らず新しいサービスや商品に真剣さも無く、意識改革などと取り組まないといけない企業の苦労がみえる。鉄道が来れば・新幹線が来れば・・などと言う意識は無責任な財界人劣化の歴史かも・・

 

続きを読む >>

あれっ・・首都の停電大災害で明らかになる地方行政のたられば・・

  • 2019.09.14 Saturday
  • 19:34

 

 

  あれっ・・首都の停電大災害で明らかになる地方行政のたられば・・

   〜 善意の支援活動と東京らからの支援物資が孤立地帯と地方行政を救う?

 

 

 

「 令和元年総合防災訓練 」の数日後にみる体裁だけの地方自治と防災か・・

 

  千葉停電 県、被災市町村に職員派遣せず 知事「大きな反省材料」
     https://mainichi.jp/articles/20190912/k00/00m/040/262000c
     2019年9月12日 毎日新聞

 

なんと、千葉県では9日からの停電が復旧に手間取っている。台風から40m以上の風速で超高圧鉄塔が2基も倒壊した。ま、昨年の北海道地震前の台風でもそうだが、地形で空き地なども多いと大きな風もなりやすい。法規によると40mの風速を考慮してるそうだが、電線の本数も多かったみたい・・

 

最近の大地震などでは、2週間は各自で自給できるように推奨してるとか。しかし、県の防災対応が、無防備とは・・・それも、首都圏で税収も恵まれてんだろう・・いくら、電気依存とはいえ、1週間程度は持ちこたえる必要もあるのでは??

 

早急な対応を電力会社に依頼してるとか。。しかしね・・・、電力自由化で道庁ら?も新規の電力企業から供給を受けたり、反原発の運動までしてる地方ら職員の役所は調子が良すぎじゃないか? それは、自衛隊もそうだ。最近は道や札幌市らが左化して、ある県では芸術祭で日本を貶めたり、自衛隊の募集にすら好意的じゃなく協力もしないのに、困ったら自衛隊に依頼? いざという時に役に立たない地方の公務員らに辟易だわ・・

 

県や市などは、もう昔と違い自由化とか言ってんだから、自給の意志も持つべきだろう。市になると水道は整備するが、電気や燃料などの災害供給網を考える時期だ。すでに、ガソリンスタンドも維持さえ難しく需要と在庫も少なく、電気と輸送が頼り・・

 

 

 

昨年の北海道地震と大停電は、災害レベルの大規模さを示した。直な被災地が田舎だと救援は進みやすいが、大金の税金を集めてる大都市ともあろう札幌が脆弱さでパニックになったのである。

 

たまたま、病院向けの電気を中心に早く復旧出来たが、課題が残る21世紀級の災害だった。異常な反原発運動が生んだ大停電と言え、テロ活動家の暴走とも思う。なにせ、共産系の生協や教職員は、反原発に相当な人員?で活動してたからね・・

 

そこには役に立ったのは船の活躍だ。バカに出来ない設備の小都市「フェリー」である。

 

  北海道地震 宮古−室蘭フェリー大活躍、復興の動脈に
    https://www.sankei.com/region/news/180908/rgn1809080041-n1.html
    2018.9.8  産経

 

現実に、フェリーは移動ホテルであり浴場にもなり、燃料も溜められ電気も出来る利点だ。ただちに、港に泊めるだけで災害支援が出来、水や浴室、医療支援の提供にも効果がある。まして、救援のアルバイトもすぐ集められる・・

 

実際、人不足の現代に、8時間近くも休んで移動出来るとトラックに恩恵をもたらしている。港が・・便利であれば、丁度いい移動式ホテルでありビジネスの移動としても安くて悪くは無い。

 

   フェリー利用のトラック8万台増、阪神−九州間 運転手負担減
     https://www.sankei.com/west/news/190505/wst1905050010-n1.html
     2019.5.5 産経     〜自動車から船舶や鉄道への貨物輸送の転換「モーダルシフト」
 

     阪九フェリー新船が進水式 北九州−神戸結ぶ
       https://www.sankei.com/photo/story/news/190802/sty1908020016-n1.html
       2019.8.2 産経

        > 全長195メートルで1万6300トン。

        > 8階建て、旅客は663人、8.5メートルのトラックを約280台、乗用車を約190台

 

地震などの大災害に効果が出やすく、県や市が災害用に調達し貸し出ししておけばいい。まして、最近の停電災害を踏まえ病院船にも成りえる。ある意味、ヘリなどより役に立つことに使える。ただ、県や市が所有権を持ってないと、強制も出来ない。なんでも、国や自衛隊に負担もしないで、口だけ空けててもね・・ 実際に東京五輪では、ホテルとして大型客船を呼ぶんだろう。

 

続きを読む >>

エリートと政治が混迷、税金に感謝も無いサロン政治の悪弊

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 16:04

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

  エリートと政治が混迷、税金に感謝も無いサロン政治の悪弊

    〜震災で道を閉ざされた英才藤沢武夫公は、戦後に企業を飛躍させ実業界のエリートに・・

 

 

 

いや〜、驚くべきことに・・EUの財政規律を、そのEU主要国が地位を利用して形骸化?

 

   ドイツ政府、債務拡大へ「影の予算」検討 財政規則を迂回
     https://jp.reuters.com/article/germany-budget-idJPKCN1VU20U

     2019年9月10日  ロイター

 

   メルケル独首相、訪中で香港情勢の平和的解決訴える
     https://jp.reuters.com/article/merkel-in-china-idJPKCN1VT0VM
     2019年9月9日  ロイター

 

       中国、米産大豆・豚肉など追加関税除外へ 交渉控え緊張緩和  追加 9/14
         https://jp.reuters.com/article/china-agri-import-idJPKCN1VY1TH
         2019年9月14日  ロイター

     〜交渉前の譲歩というより豚肉高騰で中共で国内動乱の危機、面子政治より大衆の不満に屈服?指導でも・

       もう、暴走する中共と恩も示さない特亜人に、五常から距離置いた民俗観を政財界で常識化を・・

          ほんと、為替も上下大変動で大迷惑だ・・政治と裏金融のせいで・・人生も退場だね・・

 

米中貿易戦争と経済情勢が混迷する中、訪中とはドイツはEUや世界でやりたい放題なのか。引退を表明してるメルケル氏も、元はと言えば東側の人物であり、ドイツの異常な輸出依存と共に不気味な行動でもある気もする。中共は、嘗てのようにチヤホヤするような状況でない。その帝国と化した民族的な横暴さに、欧米ら先進国は距離を置く時期なのだ。

 

世界が混迷する状況で、貿易依存国ドイツ等は必死なのか、それとも問題があるのか。ある面、アメリカ一辺倒だった世界情勢も多極化という状況に欧州の活動も見え隠れしている。そういや、一時期のイラン核合意も独・仏の台頭で成された。

 

   ドイツ外相が香港活動家と面会、中国反発
     https://jp.reuters.com/article/hongkong-protests-china-germany-idJPKCN1VV113
     2019年9月10日 ロイター

 

 −世界の輸出額 国別ランキング−

   〜 日米を除くと異常な輸出に走る国が・・欧州では人口が少ない中で輸出頼り?


   1  中国      2,487,045    単位:百万US$
   2  米国      1,664,085
   3  ドイツ    1,560,816
   4  日本        738,403
   5  オランダ    722,668
   6  韓国        604,860
   7  フランス    581,816

 

   世界の輸出額 国別ランキング・推移  Global Note  直近データ:2018年
     https://www.globalnote.jp/post-3399.html

 

 

 

ただEUと言えども主要国の独・仏は異常なほど輸出に依存しており、泣き所でシナにすがる体質なのかもしれない。日本も例外でなく、暴走したシナと将来像も無く友好とやらを演出している。既にシナは友好とは別に魂胆がありそうなんだが・現状、窮状になるシナだが、逆にその体制維持を助長するかのようにシナ詣でする有様である。適度な緊張感をシナに持たせる必要もあるのに・

 

   安倍首相、日中韓サミットへ12月訪中=「日韓」なお見通せず
     https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090200868&g=pol
     2019年09月02日 時事通信

 

ところが、国益や国家観が無い外務省の姿勢は、戦略もない仲良しクラブなのだ。話し合う路線は維持すべきなんだろうが、異常な程に合意・条約等と締結を成果として出世の手段にするという。

 

こんな時勢にも・・よく思うが人道・人権など無いようなシナや、最近は特に大獄の様な南朝鮮と友好関係などありえるはずもない。シナの税収で見ると、はした金という外交資金と賄賂。そこに、日本ものせられて節度も無く、税金に感謝も無い官僚の乱脈な姿があるようだ。結果、約束も必要のない合意文書まで成果にして税金が無駄な友好予算が使われる。

 

さらに、官僚のエリートと言う過剰意識をシナに付け込まれるという。そこに、外務省官僚は会議の回数までも成果として出世したがるのだろう。そして、ハニートラップ好きなのか、意味も無い程に継続した会議をしたがる・・

 

現実に、東南アジアなどで外交官は、現地はアジアのリーダとしてシンクタンク的な総合的な指導力を期待するだろう。それが、教科書的な文系なエリート気取りの外交官だ。見識は、一般的な事しか理解出来ず、ワイン好きだけで存在価値も無い。

 

海外をまわり紀行文も無い外交官は、現地にも寄与するなども出来ず、日本への信頼感を落としていると思う。せいぜいJICAに資金を出させる程度の何処にでもいる博の無さで威張る自称エリート事務官という印象なのかも・・ガッカリ観が多すぎる外務省と言う感じが強いと思う。使命も無さそうだし・・

 

しかし、国土交通省みたく事業で成果を見せれるなか、芸の無いこういった文系バカの官僚は何かと成果自慢で結果を求める指向のようだ。長期的な視野も無く、科学的な見地と分析を怠る文系官僚のえせな成果主義が横行するらしい。

 

 

 

   大学の理系論文数20年間伸びず 競争原理導入、奏功せず
     https://this.kiji.is/543043116411749473?c=39546741839462401
     2019/9/7 共同通信社

 

最近は、昔と違い管理やマネージメントと言う風潮が出てきた。MBAらの欧米流の管理(支配)の真似事か? 世の中、人格や実績は長期的に育てられるものであり、あまり個人に頻繁に干渉するのはいただけない。対した人物・上司でない方に、人生を教えられてもね・・(笑)

 

先日、教育と文科省の問題が討論される動画が有った。そこには、方向性も無くいろいろな弊害が言われてた。なかには、大きな問題なのか、一部の得意な事例なのか、区別も無く取り上げられていた。これが、文系の出身者なのかと痛感させられた。結果が出せない会議を延々とする文系の体質なのかと。

 

そういや、各省庁ではテーマで第三者の会議もあるようだが、これが実態なのかと。結論を出せない会議と、大局観の無い勝手な方向を出そうとする文系官僚の姿を創造する。そこには、科学的見解と科学的分析が抜け落ちており、官僚の成果として進めたい身勝手さがある。

 

文系は何処かおかしい。政治に多い政治学や法学部とか、社会(実業)と乖離した学問化が進んだせいなのか? ま、働かず、結論の出せないことに延々と教科書作って学問としてる?

無能な文系が、軍人でも成ったら大変だ・・だから、自衛隊でも苛めもあるか・・(笑)

 

今更だが、マルクス経済論なんていうが、日本でも欧米でも偏った見解であり労働層の怠慢化を進めた異端な妄想で学問でも無い。

 

そもそも、大学とは最先端な科学的思考と論理を展開・追求する場であり、科学と離れた変な偏向した文系になっている。せめて、文系は外国語はもちろん、哲学と議論手法ぐらいは身に付けんと・・日本人の顔として旧態な恥な交渉人はいただけないからね。

 

文系は、課題も役割も無くて、余りにも暇過ぎて思考がおかしくなった? 真面目に働いたことも無い政治家は、実業や社会の専門な見識もないのに、妄想して役所や政治にケチ付ける有様らしい・・同じことで、生産的分野も無い文系官僚も暇だから成果を求めて身勝手に妄想した政策を・・(笑)

続きを読む >>

西欧の不透明感を象徴した混迷する英国の政治、絵空事の国益か

  • 2019.09.06 Friday
  • 07:50

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

  西欧の不透明感を象徴した混迷する英国の政治、絵空事の国益か

   〜現代経済と世界情勢に自己中な政治風土、実業の無いアカデミズム貴族の存在価値は?

 

 

 

   英下院、合意なきEU離脱阻止法案を可決 総選挙なお視野に
     https://jp.reuters.com/article/brexit-idJPKCN1VP2QK
     2019年9月5日 ロイター

 

EU離脱を問いかけた国民投票にまで走った決められないイギリスの政治。それで、離脱と決めながら、纏まらない政治だ。まして、前任の首相から保守党の首相選挙で大多数の支持を得ながら、党や国会の協調がないのか?

 

欧州は、おかしい状況の政治だ。イギリスは、通貨はEUと別だが、主権を取り戻したらどうだろうか。EUは、実質に官僚組織・王侯組織の政治であり、議会は承認するだけの現状だという。そうした機構は、意味不明な王侯の都市ブリュッセルにあることも不満なのだろう。

 

 

 

実際、イギリスとEUの政治状況は詳しくないが、纏まらない政治・指導力のない欧州を象徴してる。これが、えせ民主主義の現実である。日本も急進派な大隈・諭吉らが進めた議会制に新興勢力が参加するも、ずっ〜〜とてんやわんやの国会だったらしい。ま、えせ民主主義はこんなもん・・

まあ、イギリスがわざとやってるんであれば、主権を認めないEUと仏・独は不利かな。賠償だね。

 

   ジョンソン英首相の弟が議員辞職、EU離脱巡り「国益優先」
     https://jp.reuters.com/article/britain-eu-johnson-jo-idJPKCN1VQ2LT
     2019年9月6日 ロイター

 

イギリスの国益とはなんだ。目先の経済観でいいのか。エリザベス女王が主権者であるカナダらとの英国連邦と言う地域もあるのに、ちんけなイギリスの政治体制を見るようだ。いまだ、英国連邦だけで世界一周が出来る祖国がこれじゃ・・

( 只、2大政党制が残るのか、仏独と違う英国の社会・・伝統という気風の先は・・ )

 

戦後に復興には、閉塞感が有った欧州。そりゃー、ロシアと並ぶ何千万人が犠牲となった欧州である。今では、EU圏内で5兆人だ。昔で言えば、半分として2兆人前後の人口で、一割が戦争で犠牲になる。戦前と違い、経済勃興に気力も無くなったのだろう。

 

 

 

ただ、戦後日本の新幹線の偉業とその発展モデルは、欧州に明るい希望でもある先例でもあった。既存の鉄道網の利用度は落ちることなく、自動車と共に現代社会に電気らの新たな産業も形成された。新幹線と共に、日本の海底トンネルは、そこまでやるかと欧州人は思ったであろう。当初の新幹線では、新たに関門トンネルが作られ、今では世界一を誇った青函トンネルさえあるわけだ。

 

イギリスも、ユーロトンネルで高速鉄道が整備されて不便さもなく科学技術で経済基盤の構築もなされた。なんと、今ではトルコでもボスポラス海峡を横断する海底鉄道トンネル 「マルマライ」で欧州とオリエントが接続され、デンマークでもフェーマルン・ベルトトンネルが開通見込みでスカンジナビア半島の時短な往来も可能になるようだ。

 

ユーロトンネルも実質2兆円程度で、英国はトンネルボーリングマシン(TBM)を6機も出して、フランスらに日本企業も2台を供給したみたい。実際、輸送能力の向上は更なる経済成長に期待がかかるものだろう。なにせ、5億人の市場が大陸にもあり、海運と共に秘めた潜在力がある。

 

そう、新興国らに依存しなくても、世界では独自な数兆人の商圏の地区が何か所も出来た。欧州は、人口から言えば巨大な経済圏であり、そんなにシナとの依存も本来は不要なのだが・・そこには、英国連邦の未来をイギリスが、どのように将来像を描き線を引くのか・・

 

莫大な富を生んだアメリカ。それも今、欧州のように白人のサロンとかして、利益はサロンで享受するかのように欧州でも新事業には大きな苦労を掛けない姿勢も出てきた。たかが胡椒と綿花程度が植民地貿易で得た欧米の産物だったように、将来性のある取組、それは新興の明治期後の日本でしか成しえなかった。

 

 

 

戦後で話題の新幹線とそのシナジーな経済成長の元は、満洲における満鉄に見る国土開発とその恩恵であった。満鉄は、私鉄とその土地開発というモデルを超えて、シンクタンクとして満洲を古代から近代社会に変貌させた。その収益規模は、その後の中共の資金源になったくらいなのだ。

 

そんな大規模な満鉄に見る振興事業には、適切な資金管理と投資があった。利益が利益を生む構造に人とカネが動いたと言える。新幹線事業を進めた十河総裁も満鉄事業に参画しており、エリートながら経理の専門家である。そこに世界恐慌後でも満洲や日本の成長を輸送手段の高度化と共に歩んできた経験を踏まえ、戦前の弾丸列車の優位性に経営者として揺るぎも無かったようだ。

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    北のすみびと (09/21)
  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    historia (09/21)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM