世界を脅かすシナの政治、それは恐れを知らない文革世代

  • 2020.09.17 Thursday
  • 21:55

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

 世界を脅かすシナの習政治、それは恐れを知らない文革世代か

 

 

 

シナ南部では、長江の大洪水も起きた上に、満洲でも洪水が起きたと言う。その雨雲は、朝鮮半島を縦断し勢力を弱めた台風9・10号の影響らしい。 実際にどこまで、脆弱な国土開発なのか。庶民生活も考えない疎かな国土開発だった。


   中国東北部で河川が決壊 穀倉地域一帯が水没
     https://www.youtube.com/watch?v=T-MbXuTNbOU
     2020/09/14 新唐人


戦後は、中共は日本が残した満洲の資本で食いつないだが、再投資が疎かであったか。
この旧満洲(東北部)は、大きな穀倉地であり、相当な食糧難なのは確かだ

 

   奄美沖で遭難の貨物船、沈没か 43人乗船、牛6千頭輸送中
     https://www.afpbb.com/articles/-/3302767
     2020年9月3日 AFP

 

弱り目なシナに、更なる不幸の畜産輸送の貨物が沈没、、余程急いでいたか。

只シナは、諸外国とも戦狼外交と米中との揉め事の中、諸国に勝手な貿易の制限をする始末だ。

 



ところが、もともと支持者や支援者も居ない中共は、国内の離反を恐れて昔の異民族地域まで思想教育したいようだ。それじゃ、異民族や他民族の反感を買うんじゃないか。そこに、カネと暴力でしか国をまとめられない心の貧しさを見せる。漢字だけじゃ、豊かな精神性が無くなる不幸に。


   内モンゴルの小中学校から母語教育を奪う中国共産党の非道
     https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/post-94394_1.php
     2020年9月10日

 

未だ、こんなこと言ってる


    「精神力」に差があった・・・中国人が抗日戦争で「苦難に満ちた戦い」を強いられた理由=中国
       http://news.searchina.net/id/1692606?page=1
       2020-09-10 searchina

     日本が圧倒的な強さを誇る「基幹技術」はこれだ! 「我が国はまだ掌握すらできず」=中国
       http://news.searchina.net/id/1692701?page=1
       2020-09-15 searchina

 

一時期は、急成長も見せたシナであるが、実力は不相応であったか。
人民が豊かになり、実力も上がるかと思われたが、こんな嘘だらけの教育体制では、社会と政治の発展と人の成長は望めない。

 

 


   EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習近平は「人権に関し指図受けず」と内政干渉拒否
     https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/eu-233.php
     2020年9月15日 Newsweek


そんな中、発展途上国であり、基礎工業力も育ってないのにシナの急進派の政治顧問学者が恐れも知らない発言だ。まして、中共幹部らは、何をしでかすかか解らない。これは、建国も五十年近く発展しなかった素養の低さが今でも存在する悲劇である。

 

   清華大学教授が薬品原料の輸出の武器化を提言 関係者「浮世離れした寝言」【禁聞】
     https://www.youtube.com/watch?v=F2GHkcTaVZM
     2020/09/15 NTDTVJP

 

シナの教育と政治が高尚化してない現われであり、人民の事や庶民生活も考えない異常な民族性を見せつける。シナと漢民族に、文明化は遠い現実だ。

 

偽札作り・麻薬製造・偽物づくりは盛んで、アメリカ等に輸出し、世界を混乱させてると言う。ある面から見ると、その中共公認の犯罪は取り締まりも無いらしく、法治や国体に問題があるんじゃないか。アマゾンの配送録をパクったような、あの郵送された種も、その一環であろう。


習氏の政治批判さえ捕まえるとは、中共体制の害を潰す法治の異常さだ。しかし、中共を崩壊に導くような害のある中共幹部は、なぜ捕まらないのか (笑) ・不思議だ・ 流石、矛盾を生んだシナ

 

実は、気を付けたいのはシナ人とは無宗教で戒めが無い人頃しもする信用できない部族なんだ。道教は只の易という占いで、仏教を必要とした歴史だけど信者が少なく理解もできてない。多くの人が漢字も読めなかった歴史の悲劇だ。著名人は敵対され始末されるむごい歴史でもある。

生きる道しるべ(哲学)が無く、横浜中華街にある関帝廟が示すように、人それぞれなシナ人だ。

 

 

 

最近に特に政治が酷いのは、45年も経った文化大革命とシナ人の末路でないか。


若い紅衛兵が暴走したように、現在の文革世代の中共幹部も暴走が止まらない。
そう、文革世代の政治・・ 唯我独尊を許す中共の補正も効かない政治の欠陥・・


今では、行き過ぎた習政権の行動は、中共崩壊の「総加速師」と人民は言う。

スポンサーサイト

  • 2020.10.22 Thursday
  • 21:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM