欧米白人の価値観の違う行動は、白人の地位が危うい独善さ

  • 2020.08.15 Saturday
  • 09:47

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

 欧米白人の価値観の違う行動は、白人の地位も危うい独善さ

   〜 黒人差別に根付く白人の徳治のなさ、歴史と文化の浅い歴史に見る教養か

 

 

  【米大統領選2020】 バイデン、ハリス両氏、トランプ政権は国を「ボロボロに」
     https://www.bbc.com/japanese/53760812
     2020年8月13日 BBC

     〜、どっちが・・

 

    ペロシ米下院議長、財務長官からの経済対策協議再開の呼び掛けを拒否
     
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-12/QEYGCWDWX2Q601?srnd=cojp-v2
      2020年8月13日 Bloomberg


調子づいてるアメリカ民主党は、大統領選挙前の言動共に、暴走が止まらない。

Black Lives Matterという暴動に、共和党政権を助けず、逆に暴走させたなかで・・ なにか、自由という民主党の暴走は過去にもアラブの春と称して、世界を混迷させている。

 

第二次大戦では、議会を無視し日本を挑発し戦争を仕掛けた民主党でもある。更に、民間人大虐殺の東京大焼殺らを行い、原爆を日本に落としたのである。戦後も、民主党と共に米軍が世界を支配したかのようにあらゆる地域で傍若無人な行動をする。実際、東南アジアなどでは、米軍も民主党政治も敬遠されてることも理解できてない。民主党は反省という言葉がないあくまのようだ。

 

 


最近は、コロナが収束してないのにアメリカの株価が、異常なほどに高騰してる。株価は現状の価値でなく、半年以降の業績を予想してると言われる。人によっては、トランプ政権の業績と姿勢を認めてると言う。そう、金融界はトランプ政権を支持してるからという。献金というしがらみの無いトランプ大統領は、中共に妥協することなく対峙し実績を示したと言えるのかも。

 

   米株式市場バブル、バイデン氏勝利ならはじける公算大-ノボグラーツ氏
     https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-15/QF2H0YDWLU6J01
     2020年8月15日 Bloomberg


そこには、トランプ大統領の偽善さのない、黒人議員にも説教する白人らしい指導者らしさもある。それは、問題を抱えたアメリカに、アメリカファーストと雇用問題を提起したトランプ大統領が認知されてると言うことか。そして、人種に偏見も無い行動は、民主党の偽善との違いと思う。

 

戦前の大戦中に、植民地・有色人種差別に戦う日本に、アメリカにも賛意を示した黒人の有識者や集団がいたらしい。それは、兵役拒否や運動にまで発展し逆に多くの人が投獄されたらしい。そんなこともあったのかと、、

 

日系人強制収容所まで作ったアメリカとイギリス連邦だ。そこに、白人の本質と狂気を見せつける。まさに、民主党政治は、シナ共産主義体制と変わらない行動を見せつけ、階級的思考と偽善さ(いや、独善さ)の本質があるとおもう。

 

 

 

もともと、蛮人の扱い方とギリシャ・東ローマ帝国の姿勢が見せたように、現代にいたるまでキリスト教者は異教を不完全な宗教だとみなし、白人は優れた民族と行動し始める。

 

白人の優越主義が潜む社会は、キリスト教の傲慢さな経緯も関係している。有史から、キリスト教が広がるうえで、シリアやギリシャを経て、ローマ帝国で地位を得た。そこに、何故か全知全能のギリシャ神話が入って、のちにキリスト教が王権専制社会と化した。そう、支配者として学問や聖書まで支配し専制化している。のちに、戦争まで引き起こし、植民地時代を切り開いたのである。

 

当然、南米アメリカに移民するが、欧州は余るほど労働者も居ない訳で、黒人の奴隷化を正当化した。それなりの地位の合ったアフリカや黒人を、火器の遅れに乗じて武力横暴の限りを尽くす西欧人だ。嘗て、有史に出来たアレクサンドリア図書館に有った世界の書籍から、キリスト教以前の偉大な文化の書籍を抹殺する行動にでたキリスト教だ。それが、中世に自然と生きる黒人の社会を見下し征服したのである。そして、世界と歴史はキリストから始まったと捏造した。酷いもんだ

 

商人活動が栄えたガーナ王国・マリ帝国などが、悲惨な結果となった。古代から欧州より豊かさを見せたアフリカは、文化の消失と人口の陰りを見せていく。欧州は中世の暗い時代もルネッサンスで発展し、学問も作り出された。が、そこに驕りを見せて、植民地政策で乱されたアフリカを劣ってるとした人類学・生物学を、作り上げたのである。

 

閉ざされた田舎のように自慢したがる欧州気質なのか・・交易の多いことで、知恵の館があったバクダッド、イスラム世界の「知の都」といわれた伝説の黄金都市トンブクトゥが出来たが、そんな経緯もない農奴欧州の古代的専制気質だろうか。欧州の学問が中世に成長したのは事実だが、交易と情報の恩恵であった。ただ、古代的な欧州は、中世にも魔女狩りしつつ、幾度の宗教戦争が繰り広げられたのも現実・・

 

日本も、江戸時代の経済活動で学問化の基礎が出来、移動が自由になった幕末以降に欧州以上の学問が向上するのと同じだろうか。もともと、宗教も人間的寛容さにいたる江戸前後の教養もあり、共生意識の高い日本人は奴隷制に疑問を持ち、奴隷を使う欧州白人を南蛮人と言ったものである・

 

現在、Black Lives Matterという暴動が欧州に広がる訳だが、キリスト教と西欧政治は、だんまりしてる気もする。そこに、東欧の旧社会主義勢力が同乗し横暴さを見せるとか・

 

 

 

実質、英国以外の欧州は2大政党制が無くなり、ドイツは纏まらない政権になっている。ドイツは、メルケル首相を中心にお花畑な政治で、緑の党?が勢力を伸ばしてるようだ。その緑の党らは、Black Lives Matterという暴動も容認する姿勢で、アメリカの民主党極左のようだという。次期選挙では、大荒れになる欧州だろうか。アメリカでは、2大政党制も終焉かとも予想される。

 

また、日本を苛める国連の欧州スイスにある人権委員会も、最近は東欧極左と中国の影がちらほらと・・戦後の勢力は、西側の自由諸国、金融勢力、メディアらが国連も使ってた。最近では、自由諸国、シナ含めた社会主義圏、金融ユダヤや東欧ユダヤ出身のメディアと混迷する社会である。

 

現在は、更に勝手にネット規制する大手ネット企業も入り勢力化し、右左情勢の検閲も混迷している。そこには、ネットの掲載基準が迷走そ、報道しない自由や極右制限が横行し、隠れ極左や中共が横行したりしている。アメリカのCNNというメディアは、トランプ批判しかしないとも言われるぐらい報道界は支離滅裂な情勢でもある。

 

 追記 8/23  米放送局、トランプ氏のネガティブな報道はバイデン氏の150倍
              https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/61214.html
              2020年08月22日 大紀元

 

戦後の情勢は、勢力図が変わり過ぎて、秩序が崩壊したようだ。現在まで人口爆発でアジアの時代とも言われ、欧米白人の人口も減り、戦後の秩序と体制に矛盾を示したと言える。自由・平等・欧米流の民主主義などというのは、体裁だけの綺麗ごとであった。報道に自由が有ってはいけないもので、自由や人権というのも風土によって違うのでないだろうか。

 

また、男女同権や女性差別も地区によって捉え方がちがうものだ。開国時、控えめな武士の奥方を見て、日本の女性が奴隷化されてると言う人もいれば、このように有りたいと思う白人がいた。政治社会に出た女性政治家では、野心も出て分別も無く紛争に火をつけるヒラリー氏のような人物も出た。騒々しい女性風土の白人社会だが、世界が見習ってか離婚も増えると言うと現代社会だ。

 

最近には、国連の女性差別撤廃委員会が、欧州に見習い日本も女帝を認めるべきとか言いだしたようだ。朝鮮以外のアジアの風習では、それなりに女性の権利と立場があり、大きなお世話で主権侵害で無かろうか。西欧や仏を中心として内政干渉好きである。そんなの欧州だけでやっテロと・・

 

社会秩序も戦後とは違い、日本風土とも違うものだ。現在、世界の人々が日本を知り、日本文化と歴史に賛同する時代である。資金を流しても国連や欧米機構に無駄遣いされるだけで、欧州白人の歴史が無く普遍的でない理念を強要している。また、そこに偏ったり、価値観のトンデモメディアや反日目的の団体を育ててる。もう、国際組織に、上納金は不要じゃないか。

 

 

 

    ・「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」(織田信長)
    ・「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」(豊臣秀吉)
    ・「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」(徳川家康)


   鳴かぬなら…戦国三武将を表現した有名なあの詩は誰が詠んだか知っていますか?
     https://mag.japaaan.com/archives/75629
     2018/06/22 Japaaan


欧米やシナの機知な層も、知りたがる江戸時代の平安を構築した戦国時代と徳川家康の政治である。その時代で、庶民生活や浮世絵など世界初の庶民文化が発達したことや政治を学ぶと言う。 更に欧米白人がキリシタン処刑や弾圧に妥当だと賛同するという。時代と世界は変わったものだ。

国連もいらないって、欧米の抑圧される白人庶民でも言う始末である・・

( 戦後の仏では、映画に補助金を出して、成功しなかった国策文化の失策も・・

  西欧左派の仏らしい独善さ・・左派政治は、中共のようにダメだね )

 

織田信長は、別に改革派や急進派、独裁者でも無く、ゆっくりと時代を変えた中道の政治家だった。急いだ政治と改革は成果を生まないものだ。三者三様の少しずつ変わっていった戦国時代であったそんな他人様の国連が、古代から国が続いた日本に指摘することかよと・

スポンサーサイト

  • 2020.10.22 Thursday
  • 09:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM