シナに80年ぶりの大洪水、それでもやまない世界への中共の暴挙

  • 2020.06.27 Saturday
  • 21:15

JUGEMテーマ:国際社会

JUGEMテーマ:中国

 

 

   シナに80年ぶりの大洪水、それでもやまない世界への中共の暴挙

   〜中共の整備した長江は成り上がりの技術で自壊、世界の脅威と化す破戒は人民も見放すか

 

 

シナ南部が80年ぶりの大洪水らしい。五月からの季節は南部に入った暖気が寒気と重なり、奥地では龍舟水に見まわれる雨季らしいが、今年の雨量規模が天の怒りを示してるかのように酷いという。

 

ただ、そのような中、シナ周辺では大人しいかと思えば、暴れまくる人民軍らのようである。まして、それは一か所でない多方面で騒動を起こしているのである。歴史に残る暴挙なのであるが、歴史に残るダム崩壊になるやもしれない。まして、武漢コロナの大騒動が治まらないうちに・・・

 

   中国南部で洪水と土砂災害、死者多数 観光地に打撃   6/10頃
     https://www.afpbb.com/articles/-/3287772
     2020年6月11日 AFP


   中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる   6/20頃
     https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58430.html
     2020年06月22日 大紀元


      重慶洪水被害、ネットユーザーが相次ぐ動画投稿 当局は「逮捕」と言論統制
        https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58621.html
        2020年06月24日

 

   中国連休突入も首都・北京では新型コロナ感染拡大で厳戒態勢
     https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200626/mcb2006260738011-n1.htm    
     2020.6.26 SankeiBiz

 

既に、シナ南部では数か所のダムが崩壊し発電所も流されたところもあるらしい。そこで、欠陥が指摘される三峡ダムが崩壊するのではという。それが、崩壊したら被害は上海まで及ぶと言われ、シナ経済の半分相当にダメージがあるらしい。三峡ダムの下流には、経済都市がいくつもあり、人民軍の基地も多いとか。

 

この三峡ダムは、2009年に完成したが、そもそも人民軍が賛成しなかったダム建設と言われる。それには、中共幹部の利権が横行し、その運営も農民とかけ離れた経済システムなのだそうだ。今でも、変形やひびが発生してると言われ、多くの武装警察までも建設に加わったりと未熟さも懸念され、多くの建設に問題があるらしい。

 

もともとは、治水や災害対策がうたわれた三峡ダムは、経済利権に成り変わり、下流の農民には恩恵も無い。実際に今年の洪水で水嵩が増えて、告知されない放水が下流の洪水被害を更に大きくしてるとか。日本の梅雨明け頃まで、三峡ダムはもつのであろうか・・

 

どっちにしてもシナに大きな事件なようだ。人民軍と人心もいつまで持つのかは疑問でもある。

 

   中国南方の洪水災害 赤十字会の募金はわずか2000元?   追記 7/12
     https://www.ntdtv.jp/2020/07/44254/
     2020年7月10日 NTD

     〜世界が信用しなくなった中共と言う偽善の富豪家、シナ人も信じられない構造に・・

        愛人を40人も抱えるアル中共幹部の実態に賛同もない、これは支持率の低下?

 

 

 

 

  −長江(揚子江)と三峡ダム、そして武漢−  ヤフー地図から

                                             武漢―上海は、最短道路で 約 840km

 

気象変動は、地震期と重なることが多いかもしれないが、すでに世界の地震は三年ほど沈静化している。これは、数年単位で見ないといけないのか。やや納得できないことも多いが・・

 

ただ、そこにいえることは、反原発が進み過ぎて化石燃料の使い過ぎと、シナの工業化の弊害の余波と思わざるを得ない。そう、世界に水蒸気の乱舞が起きている。

 

日本の反原発は、元共産圏のコミンテルン相当の異常な活動も重なり、意味不明な団体が横行している。まして、そこに学術界が、意味不明な活な断層とか言い出し、大地震を煽る煽動までしているようだ。そこに、教員課程程度の紅い怪しい教員が、騒ぎ出すのも知識が無さすぎる。

 

津波地震など、それなりの地殻変動がないと起きない。そして、大地震は起きる条件があると見た方がいい。工業界は、次世代エネルギが確立するまでに、適切な安全を保障しないといけないだろう。

 

 

 

・ 一人っ子のシナ、成金で駄々っ子と化し世界で大暴れ ・

 

しかし、一連の洪水は、シナ南部で多くの橋が流されてもいるらしい。高速鉄道や高速道路も影響は多いだろう。まして、三峡ダムの上流である重慶の洪水被害は深刻なようである。それは、三峡ダムの上流も下流も相当な被害であり、都市や河川底の土砂も相当なものである。金持ち中共には、大したものでないのだろうか。いや、そのうちなりふり構わない税徴収に走る末期かも・・

 

そういえば、28日から3日間で香港安全条例?が決定される全人代の常務委員会が開かれるとか、

   南部の大洪水より、香港の統治が優先されるのか、

   大洪水も水利部と建設した武装警察の問題はどうなる

 

   中国人民解放軍、インド軍との衝突で少なくとも40人死亡=インド政府高官
     https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/40-29.php
     2020年6月22日 NewswWeek


   米がASEAN対応歓迎 南シナ海巡り中国けん制
     https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200628/mcb2006281119004-n1.htm
     2020.6.28 SankeiBiz


   尖閣周辺に中国船 75日連続、最長を更新
     https://www.sankei.com/world/news/200627/wor2006270010-n1.html
     2020.6.27 産経

 

しかし、成長を遂げたシナは、自国の大洪水やコロナ情勢悪化のなかでも、横暴さが極まる。

 

 

 

そのなか、不穏なIT状況も伝わる。シナ製のTikTokが、平然と国際的なスパイに

 

   TikTok、iOS 14に「他アプリの入力テキスト無断読み取り」が可視化されて止めると約束
   3月末にも止めると約束してました
     https://japanese.engadget.com/tiktok-clipboard-040017494.html?guccounter=1
     2020年06月26日 Engadget

     〜既に脆弱なスマホが横行、只自社製OSを持つアップルのセキュリティが強みのよう

 

既に、世界にシナと中共の脅威は増している。

そこいらで見るシナ人やネットに存在するシナの脅威である。もう、個人情報が筒抜けなのかも

ネット投降では、平然と支配下に入れたような投稿をする輩も平然と日本に要るのだ。

 

戦後に成長をしなかった中共は、卑屈で捻じ曲がった精神をシナ人に植え付けたようだ。

法治も倫理も理解出来ないシナ人の脅威が、世界で横行する。

ただ、それがシナの国土を破壊しているが、世界で歓迎される訳も無い・・

 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 21:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM