フィリピンでタール火山噴火から、地震と黒点の関係は如何に

  • 2020.01.16 Thursday
  • 23:55

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

 

  フィリピンでタール火山噴火から、地震と黒点の関係は如何に

    〜大地震後に見る火山噴火、そこには10年の歳月と太陽黒点の減少期に因果関係?

 

  フィリピンで火山噴火、数日内に「危険な噴火」の恐れ
    https://www.bbc.com/japanese/51101738
    2020年01月14日
    〜別のニュースでは、噴煙が1万6千mに上昇。周辺で地割れも見られたらしい


     口永良部島で噴火 19年2月以来、噴石飛散
       https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54323280R10C20A1CZ8000/
       2020/1/11 日経

 

フィリピンでタール火山が大噴火。噴煙が高い高度まで上昇したようである。フィリピンでは、活動的な火山で有名なのだそうだ。そもそも、この火山は阿蘇山のようにカルデラ化しており、カルデラ湖はタール湖と呼ばれる。30年前に大噴火し日本に米騒動を起こしたピナトゥボ山もフィリピンのタール火山の北部にある。このピナトゥボ山は、以前の噴火は500年前と言われているが、タール火山は、 1572年から1977年の間に33回が記録された活発な火山と言う。(12年間に1回噴火)

 

このタール火山は、1977年に水蒸気爆発したが、以前の大きな噴火は1911年と言う。そこから見ても、タール火山は太平洋プレートや環太平洋の大地震に相応した活動なのかとも思われた。

 

また、311震災から10年後の噴火とあって気になり取り上げてみた。そこで、日本の大地震や火山噴火と定期的に起る三陸の地震と比較してみることにする。適当に抜き出ししてみると、

   ・火山噴火は10年ごとに噴火している傾向もある、10年の黒点など太陽周期に同期?

   ・地震後に起きる火山や、地震前の兆候の傾向もある

   ・日本の三陸沖地震系などの前に、十勝沖・千島での大地震が10年前に起きやすい

   ・311の太平洋沖大地震等から見ると、環太平洋の火山が10年程度で噴火するのか

      ただ、東南アジアなどの太平洋沖地震は一概に言えないほど多く、10年も判断しづらい・・

 

ま、特定の火山で突如の噴火は、大地震のおそれであり、

太平洋沖の大地震後は、10数年後の黒点減少期に火山噴火するかも・・

  −火山のマグマは、10数年かけ大地震後の余震と黒点減少期の宇宙線で成長?

      現在のタール火山噴火、同時に黒点は無黒点のシーズン

 

下記に、タール火山が1911年に噴火した時期を見ると、太陽黒点の減少期であった。

 そのタール火山の活動は12年周期ともいえ、太陽周期における黒点の影響は顕著なのか?

 

 

−−三陸太平洋沖地震と以後の火山噴火−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2011年 3月11日 東日本大震災                            →2020年 1月 フィリピン タール火山噴火
                                                         2018年 ハワイ

                                                            環太平洋で数年前から多々の火山大噴火                                                        ←2000年 3月 有珠山噴火

  2003年 9月26日 十勝沖地震 - Mj8.0 (Mw8.0)

     1994年 10月4日 北海道東方沖地震 - Mj8.2(Mw8.3)   →2000年 3月 有珠山噴火 8月三宅島噴火

 

1978年 6月12日 宮城県沖地震 - Mj7.4 (Mw7.4)            →1991年 6月 フィリピン ピナトゥボ山噴火VEI-6
                                                       →1991年 6月〜1993年 6月 雲仙岳噴火

  1971年 7月14日 パプアニューギニアで地震 - M8.0
  1968年 5月16日 十勝沖地震 - Mj7.9 (Mw8.3)            →1978年10月 有珠山噴火

    1963年10月13日 択捉島沖地震 - Mj8.1(Mw8.3)

    1958年11月 7日 択捉島沖地震 - Mj8.1(Mw8.3)

 

  1952年 3月 4日 十勝沖地震 - Mj8.2 (Mw8.2)

                                                       →1946年 1月桜島-昭和大噴火

 -1944年12月7日 昭和東南海地震 -、Mj7.9 (Mw8.2)        ←1942年11月 北海道駒ヶ岳- VEI3

1933年 3月 3日 昭和三陸地震  - Mj8.1 (Mw8.4)           →1942年11月 北海道駒ヶ岳- VEI3

                                                       ←1929年 6月 北海道駒ヶ岳- VEI4

 

 -1923年 9月 1日 関東大震災 - M7.9 (Mw 7.9)

    1918年 9月 8日 択捉島沖地震 - M8 (Mw8.3)

 

  1896年 6月15日 明治三陸地震 - M8.2(Mw8.5)            →1914年 桜島- 大正大噴火
                                                       →1912年 アラスカ州 ノバルプタ噴火
                                           、          →1911年 フィリピン タール火山噴火


    1894年 3月22日 根室半島沖地震 - M7.9    ※千島の地震は、日本・ロシアとも古い記録が無い

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

>ウィキペディア>太陽黒点 − 太陽黒点の400年間の歴史   黒点減少時の火山噴火を青で表示

    〜17世紀、19世紀、20世紀上期は、日本やシナでも地震の異常な多発期でもあった

〜上記黒点減少期と同期しないが、地震の活動が少ない時期だが、

    ピナトゥボ山は周辺の大地震と80年後半の無黒点時期からマグマが大量に蓄積された?

1991年 6月 フィリピン ピナトゥボ山噴火VEI-6  世界の気温を0.5℃ 下げ、日本は米騒動

  以前の周辺地震

      1990年 7月16日 フィリピン、バギオ大地震 - Mw7.7
      1976年 8月16日 フィリピン、ミンダナオ地震 - M8.0 Mw8.1

 

〜上記黒点減少期の1912年前後に噴火した火山と以前の地震

1914年 桜島- 大正大噴火 VEI-4
1912年 アラスカ州 ノバルプタ噴火 VEI-6

      1904年 8月27日 アラスカ州で地震 - M8.3

      1900年10月 9日 アラスカ州コディアック諸島で地震 - Mw8.0
1911年 フィリピン タール火山噴火

      1906年 9月14日 パプアニューギニアで地震 - M8.4
      1901年 8月 9日 ニューカレドニアで地震 - Mw8.3

      1897年 9月21日 フィリピンで地震 - Mw8.2

 

〜19世紀、世界の気温を下げた巨大噴火(夏の無い年、火山の冬)

1883年 インドネシアのクラカタウ噴火 VEI-6
      1881年         インド、ニコバル諸島で地震 -  M7.9

      1877年 5月 9日 チリ北部沖、イキケ地震 - Mw8.6 - Mw 9.0

      1875年 3月28日 ニューカレドニアで地震 - M8.0

      1861年 2月17日 インドネシア、スマトラ島北部沖で地震 - Mw8.5

1815年 インドネシアのタンボラ山噴火 VEI-7 地震記録が少ない?
      1797年         インドネシア、スマトラ島中部沖で地震 - M8.4

      1797年 2月4 日 エクアドル沖で地震 - M8.3

 ※ 追加  黒点減少時の地震も茶色で表示 

          大地震発生・火山噴火に至る10年以前に黒点減少時を含めるともっと件数が多いのかもしれない

スポンサーサイト

  • 2020.02.29 Saturday
  • 23:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM