欧米の唯我な国益外交で世界無視が進み人口増加・・

  • 2019.08.26 Monday
  • 10:29

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

  欧米の唯我な国益外交で世界無視が進み人口増加・・

    〜国際関係で顕在化する仁義なき偽善の人道支援という利己主義

 

 

今では7千万人以上の人口を抱える国家は19か国。嘗て世界6位の日本は、世界10位である。

 

アフリカは、政治と経済の構造が改善されなく、途上国として人口の増加を招く。最近に戦乱の無かったトルコ・イランらも人口が増加している。ブラジルも、石油が有り復活をはたした。只、産業政策より選挙人気の労働環境の社会保障に依存し、人口を抱えながら雇用の問題もおおい。


< 日本の人口も嘗ては世界6位、人口増加で変貌する世界は岐路 >

  〜なんと、30年で途上国では人口2倍、気候の豊かな新興国でも1.5倍・・

                        単位: 100万人
  1位    ブラジル       208.3  中南米
  2位    メキシコ       124.7  中南米


  3位    インドネシア   264.2  アジア
  4位    パキスタン     201.0  アジア
  5位    バングラデシュ 164.9  アジア

  6位    日本           126.5  アジア (世界では10位)


  1位    イラン          82.4  中東
  2位    トルコ          82.0  中東


  1位    ナイジェリア   193.9  アフリカ
  2位    エジプト        97.0  アフリカ
  3位    コンゴ          95.0  アフリカ   世界の人口ランキング / 2018年の人口ランキング-IMF から
  4位    エチオピア      94.1  アフリカ    https://ecodb.net/ranking/imf_lp.html 世界経済のネタ帳

 

   人口も西欧以上の移民で、人口急増のアメリカは分裂か
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=522

 

移民が増えて、政治問題化するかの様な欧州では、アフリカに帰還できる産業を支援したいと言う動きもある。


     移民・難民対策、独仏など作業チーム発足へ アフリカと協力
       https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H07_Z20C17A8EAF000/
       2017/8/29 日経

 

ただ、欧州は見返りに固執するODA国でもある。ま、魂胆有る投資と紛争?が過去の現実であった。そこに、中共が介入してきたわけであるが・・ ま、上記の記事も2年前、茶番だ・・

 

 

 

その中、G7後早々の今月には日本主催のアフリカ開発会議が横浜で開催される。


  第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の会場の決定 | 外務省
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/page25_001817.html
    2019年2月1日 外務省
    〜2019年8月28日から30日にかけて横浜市で開催される第7回アフリカ開発会議

 

先進国で、国土開発等をしてたのは日本ぐらいなんだろうか。他の国は、企業の植民地開発程度で国家が関与することは無かったのか。先端技術の開発や殖産は時間がかかるもので、自信喪失に成りやすい欧州の気質も有る。

 

日本の新幹線で驚きもしたように、欧米の産業に取り組む姿勢は、機能してないと言うべきなのだ。そして、家電や半導体も乗り遅れる。前にも行ったが企業の開発資金は、欧州ではパトロン( 大航海気風の航海出資者? )頼りで国の支援を待つ王侯気風なのである。資本家と扱うマルクス主義も妄想し過ぎ・・

 

更に先進国の特徴といえば、エスタブリッシュメントという上級階級の天下り先の国際機関を整備してただけである。政治的そして国際的に機能しないEUを見れば充分である。実際にアメリカは、EUの扱いを国家に比べ格下げしている。

 

国連が機能しない欧米の張合いもあり、世界には欧州ら公務員の天下りな機関が多すぎる。IOCら見たいなものだ。昔によく言われてたのは、日本から金を巻き上げたいといった欧米の所業である。だから、真面目に国際的に・・途上国の振興に働くわけも無い。

( それで、欧米は市場も新製品も開拓せず、物が売れないと騒ぐ自己中 )

 

よく言われるのは、欧米らの白人は、支配して征服すれば目的が達成される。アメリカの向上心の無い自動車産業が典型か。また、将来について革新性を考えないし、自然に感謝もないから災害対策を更に強化するなど思考もしない。それは、キリスト教的観念が、悪影響してるとも言われる。

 

 

 

   「世界的危機」とUNDP総裁 国連開発目標の履行加速を
      https://this.kiji.is/539188864961315937?c=39546741839462401
      2019/8/28 共同通信社

 

UNDP総裁の訪日が有ったらしい。そこにはアフリカ開発会議の参加が目的だろうが記事には記載はない。新聞らの切り貼りにはウンザリするものだ。まして、出てる総裁の白人らしさに国際組織が欧州のエスタブリッシュメントに占有され、白人は指導出来る博識が有ると言わんばかりだ・

 

欧州のエスタブリッシュメントを採用するのであれば、途上国の人を100人は雇えれるんじゃないか。また、それは途上国では高給を目指す学識者が欧米の組織に集まり、産業化に進まない教育の弊害もあるようだ。日本は,JICA国際開発機構と外交官等の人材も多く現地に合った支援に務めるべきで国連などの白い博人管理費用の二重払いは無駄だろう。エリートぶるしね・・(笑)

 国連機構の改革もなく、日本という地位の改善も無いので、

 日本は国連や国際組織への資金を停止し、世界らの災害対策に専念せよ・・ -追記 9/03


   仏トタル、森林保護再生に年間110億円 CEO表明
      https://www.afpbb.com/articles/-/3234051
      2019年7月8日 AFP

 

欧州で珍しく森林保護だって・・今まで、企業CSR活動はやっていなかったのか。ま、気候変動で焦っているのか、科学論文も偏向してるが気候変動に研究してる?学者も多くなったのだろう。

 

ただ、木と水のある風景は人を和ませる。自然と戦う日本では、昔は大切にされたものでもあり、忘れ去られた記憶だろう。幾何学的なビル・市街地も確かに狂風を抑えるのは昨年の台風で感じたが、土地開発するにも樹林と水の風景は欠かせない・・

 

   「銃を持つなら木を植えて」、インド自治体で新たな取り組み
      https://www.cnn.co.jp/world/35140608.html
      2019.08.02 CNN


   12時間で3億5千万本超の植樹、エチオピアで世界記録
      https://www.cnn.co.jp/world/35140600.html
      2019.07.30 CNN

      〜実際は、植樹も半年は水やりが必要で、都市の樹林地区化が必要なのでは・・

 

>エチオピアなどアフリカの20カ国以上が1億ヘクタールの土地を再生するという目標を打ち出していた

 

 

 

 

木を植えることは災害にも生かされ、土地も肥え水や川も肥えて、魚や動物も生き生きし農業の下地や境界にも成る。まして、高利を目指さなければ産業化にも発展し易い。ま、儲かる投資会社も年利10%が相場であり、企業の成長も年利子3%相当がいい目安と言われる。

 

ゼロ金利とデフレじゃ・・会社の維持が望ましいが、将来に活かされるかもしれない業務に数時間でも取り組んでおく必要もある。やってみないと解らないが、何故か成果を求めてばかりのバカ上司もいるんだが・・(笑)

 

実際は、日本の自然や農業の研究では、アフリカらにも貢献してる

 

   アフガン在来小麦 品種改良し“里帰り” 横浜市大・木原生物学研究所
     https://www.kanaloco.jp/article/entry-56288.html
     2015年02月11日 神奈川新聞>カナコロ

 

     世界の平和のために、次の「奇跡の小麦」を生み出す   −追記
       http://shochou-kaigi.org/interview/interview_18b/
       2016年06月15日 鳥取大学 乾燥地研究センター

 

1999年にアフリカのウガンダで新型の小麦さび病菌が発生したが、既存の小麦の約9割には抵抗性がない。世界の小麦生産を壊滅させかねない脅威となった
>そこで病気に強い32系統をケニアで栽培すると、7系統が抵抗性を持っていることが分かった
>遺伝的な多様性を持つアフガニスタン在来小麦は、世界を救う潜在力を持っていた

>日本の科学技術と援助相手国との共同研究によって、世界的な問題の解決にも役立つことができた

 

 

 

 

世界は、貿易などや人の動きもあり、気候変動などや難民の課題に直面している。日本も最近はアフリカに人道支援などが進みつつある。なんか、元々ベルリン会議などがあり、欧州が覇権で牽制していた弊害も有ったが・・

 

戦後、ノーベル賞で持ち上げた緑の革命 という事業をし、ロックフェラー財団らも参加した国際トウモロコシ・コムギ改良センター(CIMMYT)と言うのも有る。高収量品種の導入で化学肥料の大量投入や水を大量消費する負担が途上国に重石とされてる。結果的に、農民や途上国を救うどころか、種子・肥料などを独占し征服しようとする気質は今でも健在の欧米であろうか・・

 

実際日本の近くでも、人口増などのシナでは戸籍が無い労働者の違法労働、南朝鮮では何故か多い障害児の養子輸出という人口増加で問題も多い。そこに、産業が脆弱なアフリカは、人口増と共に世界の工場として悪弊を生む恐れもある。奥地や農村地から、社会環境が良くないと、都会も含め犯罪が成長の足かせになる。

 

   アフリカに2・1兆円の民間投資支援 TICAD開幕、首相基調演説
     https://www.sankei.com/politics/news/190828/plt1908280027-n1.html
     2019.8.28 産経

 

   アフリカのコメ生産、10年で倍増達成へ
     −アフリカ稲作振興のための共同体(CARD)関連会合の開催−
     https://www.jica.go.jp/information/seminar/2018/20181005_01.html
     2018年10月5日 JICA

     〜以前にネリカ米の普及を進める話題も有ったが、営農指導者育成もしてたね


     日本の伝統技術「土のう」が、途上国に労働力と道路で生活向上
       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=639

 

何処の国でも、そうだが第一次産業の農業や交通網の整備は欠かせない。高速鉄道と話題になりがちだが、余程の産業構造が無いと維持も難しい。奥地などは、整備が簡単な簡易鉄道で十分であり、自力で治す共同意識と長老も居る農村人口の維持が必要である。世界のどこでも、安易に稼げる都市化が進む弊害もあるからね。

 

アフリカは遠浅が少ないのか、逆に漁業の育成も必要かもしれない。まともな古都には、食文化もある。そう言えば・・欧州は魚介類に慣れてないのか、スペイン?では旺盛に海鮮料理を食べる日本人に相当喜ぶとか・・ま、地域には地域を活かした文化と食があるべきだろう。殖産する前に・

 

 

 

   中国人観光客がアフリカ大陸を変える―米メディア
     https://www.recordchina.co.jp/b661428-s0-c30-d0063.html
     2018年11月15日 Record china

     〜えせな途上国支援の欧米だが、シナの活動で利を得ようとする動きも・・


     中国製のコンドームは「我々には小さ過ぎる」──ジンバブエ保健相
       https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9651.php
       2018年3月2日 ニューズウィーク  ・・・(笑)・・

 

ほんとに、誰でも出来る観光産業も、問題の世界である。今日も識者が言っていたが、ある外国ではシナ人観光客が消えて落ち着きを取り戻し街が良くなったと・・

 

現在、アフリカなども欧米の会社制度や産業構造、政治を真似する状況である。しかし、どこぞのシナでは安易に欧米に真似た兵器産業などもあり、肥大化させ予算の偏向に際立ってる。もう、社会にカネが回らない悪い例かも・・ 国家が経済に関与し過ぎると弊害が多いと言う典型だろう。

 

経済と言うのは、第一次の農林水産業を基礎にしインフラの産業の骨格に国家予算で支援しつつ、経済構造とカネの循環を良くしなければならない。只、資源に頼る国家経済は、成長しない社会問題の傾向もある。

 

ま、社会保障も大事だが、企業の活動を活発にし、労働市場を作らなければいけない。無駄が多いだろうが、研究部門と産業の支援部門も必要だろう。ただ教育は大事だが、大学と言う陳腐化する構造と教科書主義はやや問題でもある。

 

 

 

日本も逆に鎖国はいい効果も有った。貿易依存に成り政争が絶えなかった室町・応仁時代から、戦国時代での楽市楽座らのように地方の経済が出来て、江戸時代の鎖国で道路や運河も整備されたのである。投資先が無いから、文化や工芸品にカネに回ったとも言われる・・その経済・工芸の下地が、明治の殖産に結びついたともいえるが・・ま、鎖国が地域経済を考えるいい機会だが・・

 

日本はまして、江戸時代の小氷期が終わるころから気候も良くなりコメ作りや農業に多くの地主らが公器として世の為・人の為に共同で奮起した偉業も多い。自然と生きるなか、交通路も良くなり知恵が集まったかも。そして、大量生産の時代に移行したが食も偽の合成物も多すぎだ。酔っぱらいながら、これブレンドかと・・時に、このシナ産食品は、本物か?と・・

 

日本は先人の努力と効く耳をもち、恵まれた発展を遂げた。そこには、共生の知恵も・・もう世界の人は自由もあり地域共生の帰属で伸びないとね・・

 

災害に考える知恵も蓄えてね・・自転車も気候変動で馬車も使えず発明されたとか・

スポンサーサイト

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 10:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM