世界を乱す闇経済、消費税は政治の特権層化で社会が疲労

  • 2019.07.12 Friday
  • 10:55

JUGEMテーマ:経済全般

 

 

  世界を乱す闇経済、消費税は政治の特権層化で社会が疲労

   〜そういえば、建国後の満鉄は最高のシンクタンクだった。それは、

     中核産業が成せる絶え間ない現実と殖産を追及。それは忘れ去られた功績 (満鉄は記事に無)     

 

 

さすが先進国は、法体系も向上しており、意外と経済と社会のシステムが統治されてる。しかし、途上国を代表する南朝鮮などでは、密輸は常態化しており売春婦とマフィアまで輸出するありさまらしい。ところがそれ以上に、日本の戦略物資を南朝鮮が密輸している実態があると言う。


国家間の法体系は少ないが、信用社会が構成されない事態は友好等の障害になる。その中、世界には未だ怪しい経済が多い。脱税も一つの闇経済だが、経済犯罪の増加で見直すべき闇経済だ。

闇経済は、世界の統計部門では、地下経済と評されている。最近は、売春などもありGDPに入れるべきではと・・・えっ


              GDP     地下経済                   GDP     地下経済
    国名  単位:百万US$  単位:%  |     国名    単位:百万US$  単位:%

  01 米国       20,494     9.00   |  11 ロシア         1,631    52.00
  02 中国       13,407    14.30   |  12 南朝鮮         1,619    29.40
  03 日本        4,972    12.10   |  13 スペイン       1,426    23.10
  04 ドイツ      4,000    16.70   |  14 オーストラリア 1,418    15.00
  05 イギリス    2,829    13.20   |  15 メキシコ       1,223    31.30
  06 フランス    2,775    15.70   |  16 インドネシア   1,022    20.90
  07 インド      2,717    25.60   |  17 オランダ         913    13.20
  08 イタリア    2,072    27.40   |  18 サウジアラビア   782    20.00
  09 ブラジル    1,868    43.00   |  19 トルコ           766    35.20
  10 カナダ      1,711    16.60   |  20 スイス           704     9.10


                                  |  21 台湾             589    26.90
・地下経済(闇経済)とは          |  22 ポーランド       586    29.10
  政府当局から意図的に隠蔽された  |  23 スウェーデン     551    20.40
    財貨・サービスの生産活動      |  24 ベルギー         533    23.10
                                  |  25 アルゼンチン     518    27.80
 Wikiによると                     |  26 タイ             487    57.20
  売春・違法物の売買              |  27 オーストリア     458    10.10
  闇為替市場、地下銀行等          |  28 イラン           452    20.50
  世界全体では地下経済に          |  29 ノルウェー       435    20.20
   18億人が従事していると推定     |  30 UAE           425    -----


  世界の名目GDP 国別ランキング・推移(IMF)  直近データ:2018年
    https://www.globalnote.jp/post-1409.html
    GLOBAL NOTE  > 出典・参照:IMF(International Monetary Fund)

  地下経済の対GDP比率 国際比較   直近データ:2007年
    https://www.globalnote.jp/post-3916.html    
    GLOBAL NOTE  > 出典・参照:世銀(World Bank)

 

 

 

 

   仏議会、デジタル課税法案を可決 米国の反発に屈せず
     https://www.afpbb.com/articles/-/3234853
     2019年7月12日 AFP

 

   米、欧州車に対する関税発動の確率は「五分五分」=独経済相
     https://jp.reuters.com/article/germany-us-trade-talk-idJPKCN1U62ND
     2019年7月12日 ロイター

 

地下経済・闇経済と言ったら、悪の犯罪行為を想像する。ても、公然と国家に利益をもたらさない経済行為、いわゆる脱税も一つの地下経済の一つだろう。また、EUのように先進国かつ大国でありながら、関税障壁を強めながら輸出しまくりの異常さもある。寛容な自由のアメリカも、欧州に犯罪行為だと怒るのも無理はない。

 

日本でも、一時消費税を納めないグーグルやアマゾンの企業運営が問題となった。それは、欧州・EUで問題となりIT拠点のアイルランドだけが得をしてたようだ。まあ、経済の活発化は国内を安定させるわけだが、グローバル企業の海賊行為や脱税は現代社会の大問題であろう。

 

そう、貿易による2国間の幸福に、商道徳の観念が欠如したグローバル企業が対立を生む。以前は、製造業が多くの雇用を生み、社会にカネが回った。が、一部が得をする現代の富裕層の問題や経済植民地とする欧米企業の徳の無さは、地域社会にカネが回らず治安の悪化という弊害も生んでいる。

 

欧米流のガバナンスが偽善的傾向で、日本企業のCSR(企業の社会的責任)の方がやや道徳的なのである。欧米流のガバナンスは、代々言うことを聞く愚かな後継者を選び過ぎて、落ちぶれる企業や落ちぶれる社会を助長したらしい・・企業内でも批判や意見を聞かない支配が先行する経営思考の多い欧米といえる。そんな欧米に、民主主義や自由を語ってほしくも無い・・

 

 

 

この地下経済を放置すれば、改善が進まない社会構造となり犯罪の温床ともいえる。

 

  韓国への輸出管理見直し 半導体製造品目など ホワイト国から初の除外
    https://www.sankei.com/politics/news/190701/plt1907010008-n1.html
    2019.7.1 産経

     韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触
       https://www.sankei.com/world/news/190711/wor1907110002-n1.html
       2019.7.11 産経

  − 商道徳が問われる経済大国らしからぬ、やまない貿易テロ −  追加 7/19

      米がベトナムから輸入する韓国・台湾製鉄鋼製品に関税を導入 最大456%
        https://jp.reuters.com/article/usa-trade-vietnam-idJPKCN1TX2YP
        2019年7月3日 ロイター

       越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧
         https://www.nna.jp/news/show/1927299
         2019/07/18 NNA  〜会員用

 

もともと、売春婦(妓生)事業が盛んであった朝鮮半島は、犯罪組織(マフィア)が横行し歓楽街の異常な経営も無くならない。先に、BIGBANGの歌手V.Iが違法なクラブを経営し横領も行われてたように、社会では公然と犯罪が営まれているのだ。日本の周りで、平然と犯罪組織が横行してることは、危機意識も持つべきだろう。

 

南朝鮮は、先進国を自称していたが、最近ではロシアにGDPも抜かれる事態だ。社会の適正化や内需の取組が無ければ、成長の足かせにもなると言うことかもしれない。GDP上位を見れば、平均的に地下経済率も良いと言えるのだが。

 

  G20、ブラジル大統領随行団の兵士逮捕 コカイン39キロ所持で
    https://www.cnn.co.jp/world/35139137.html

    2019.06.27 CNN

 

最近まで成長を続けたブラジルだが、政界汚職?政争が進み混乱も続いてる。人口も増えてる中、政治のかじ取りは大切だ。その典型はロシアともいえ、地下経済が50%と言う異常な状況も有る。長すぎた政治の混乱や異常な社会主義で、チェチェン紛争やマフィアなどの事例も多い。

 

 

ブラジルの上記事件では、驚かずにはいられない秩序の乱れだろう。ただ、歴史の浅い元植民地では国家の核を完成させるには気が遠くなるような取り組みが必要なんだろう。

 

  日独並に切磋琢磨しない西欧階級、その植民地政治意識が残る悪弊
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=701

 

先に投稿した内容では、新興国には西欧型の企業風土や政治システムからの脱却が遅れているのか。ま、戦後で成長した投資業で、歪んだ労働市場と化したのだが・・・ 国には、国防はもちろん、価値観(文化)と経済の要素が必要だ。文化を育成する上で、現在は特に堅実な産業と労働市場は欠かせないわけで、そこに精神性を安定させる文化に宗教性も必要である。

 

  日本によるフィリピン・タゴロアンの洪水対策支援が完了
     https://portal-worlds.com/news/philippines/18620
     2019年7月11日   ASEANポータル

 

ただ、政権を安定させる基幹産業が有ればいいのだが・・ また、商いに欠かせない移動手段や国土の整備に遅れた植民地もあり、日本の支援を必要としてるフィリピンの事情をみるようだ。その流通の利便性と新しい産業を絶え間なく考慮しつつ、国土の整備は途絶えさせてはいけないともいえる。労働市場と社会の活気が、継続するのが望ましいのだろう。

 

新興国では労働者コストで企業の成長の足かせとならぬよう、多くの労働者ともに企業が活動しやすい環境が課題だ。ただ、都市化すると要領よく生きることが進むようで、先進国では調子のいい若い政治家も出てくるのが見られる。

 

 

最近は、カナダ・フランス・イギリスと若い政治家が台頭している。そこには、国の価値観(文化)とかけ離れた金融投資家や報道の歪んだ画策もみられる。適度な長老と社会の意見が出ずらい状況に、特権層が無理に煽動する状況は成果を生みずらい悪循環を生んでいる。政治は、社会と労働層に活気を与えないとね・・

 

しかし・・・ これが大英帝国の首相候補? ( 西欧から始まった消費税の弊害? )

 

  記者の保護・教育に国際基金 「報道の自由」で閣僚会合
    https://this.kiji.is/521814251169809505?c=39546741839462401
    2019/7/11 共同

  〜世界で指導的・協調的立場のイギリスやフランスが、政治で混迷。悪意な報道に肩入れ?

    トランプ大統領のように、大衆に今も雇用と訴え、社会の疑問を投げつける方がましだ・・

 

    「言論の自由を!」トランプ大統領がSNSサミット開催  -追記 7/18
       https://www.ntdtv.jp/2019/07/41193/
       2019年7月16日 NTD
      〜
トランプ大統領によると言論の自由も、独占するIT支配企業により抑圧されとると

        なんだ、やっぱりそうだったのか・・ BlogもPing先が激減・・


【ロンドン共同】「報道の自由」に関する初めての閣僚級会合が10日、ロンドンで開かれた。世界各地では政権の汚職や腐敗などを追及する記者が殺害される事件が相次いでおり、ハント英外相は「報道の自由は普遍的価値だ」と強調。記者の保護や教育のための国際基金を設立すると発表し、各国に協力を呼び掛けた。

会合は英国、カナダ両政府の主催で、100カ国以上から閣僚級の代表や報道関係者、学者ら約1500人が参加。2日間の日程で、初日は各地で記者が直面する脅威や安全対策、報道の独立性などを巡り意見を交わした。

スポンサーサイト

  • 2019.12.12 Thursday
  • 10:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM