秋田の日本海中部地震を振返ると、伊豆・台湾等も意外な経緯?

  • 2019.06.30 Sunday
  • 20:45

 

 

 

  秋田の日本海中部地震を振り返ると、伊豆・台湾等も意外な経緯?

    〜60年代のペルー地震期から、次の日本海中部地震を中心とした地震期は複雑な経緯

 

 

6月に起きた山形県沖地震は、昨年の最大地震と同様規模で起きた。しかし、1983年に秋田の津波地震「日本海中部地震」は、突如として起きた感じもした。そこの経緯などを見てみたいと思う。

 

山形県沖地震では、岩手・秋田の地殻変動に反対な北海道・千島の北海道胆振東部地震で対峙した地震となった。そこに至るまで、北海道地方で150kmの深発地震が数件起きて経緯もある。山形県沖地震の発生起因は不明だが、経年変化後の深発地震が目安となることは変わりがない。

 

1983年の「日本海中部地震」を見ると、地震規模も大きいが東北地方にまたがって深発地震の多い状況となっている。

 

−山形県沖地震と日本海中部地震までの3年間の深発地震発生状況− 気象庁のデータから

 

参考で、日本海中部地震当時の浅い地震も  M6以上

 

日本海中部地震当時は、北海道・東北周辺の深発地震が多い、危険信号か?

ただ、宮城沖地震や北海道・千島のM7級地震の影響は確かであろうと思う。 

 

 

 

しかし、日本海中部地震が発生する前7年間は、特段の大地震は少ない。

−気象庁から、1976〜1983年に起きたM7以上の地震−

    以外と1978年に集中した地震、またM7.5以上の地震が無い

  1983/05/26 M7.7  14km 秋田県沖     40°21.6′N,139°04.4′E 日本海中部地震

 

  1982/07/23 M7.0  30km 茨城県沖     36°11.0′N,141°57.0′E
  1982/03/21 M7.1  40km 浦河沖       42°04.0′N,142°36.0′E
  1981/01/19 M7.0   0km 三陸沖       38°36.0′N,142°58.0′E

 

  1979/10/17 M7.4 600km マリアナ諸島 18°30.0′N,145°31.0′E
  1978/12/06 M7.2 100km 択捉島付近   44°44.0′N,146°58.0′E
  1978/07/23 M7.1  20km 台湾付近     22°11.0′N,121°27.0′E
*1978/06/12 M7.4  40km 宮城県沖     38°09.0′N,142°10.0′E
  1978/03/25 M7.3  40km 択捉島南東沖 44°20.0′N,149°49.0′E
  1978/03/23 M7.0  60km 択捉島南東沖 44°48.0′N,149°25.0′E
  1978/03/07 M7.2 440km 東海道南方沖 32°08.0′N,137°44.0′E
  1978/01/14 M7.0   0km 伊豆大島近海 34°46.0′N,139°15.0′E

  *:宮城沖地震:ブロック塀倒壊や家屋被害の(大)都市型地震災害

下記シナの唐山地震後に地震?、それともハワイ後、インドネシアの地震?で頻発

 

そこで、USGSからM7.7以上の地震を抜き出してみた。

 

60年代のペルー地震から控えめだが、東南アジアに地震が多い。そこにシナの内陸地震

 

以下、日本周辺の海外の地震

 

     1983-03-18 (UTC)  M7.6  89km    New Ireland region, Papua New Guinea


   1980-07-17 (UTC)  M7.9  33km   Santa Cruz Islands
   1979-09-12 (UTC)  M7.9   5km   Biak region, Indonesia


   1978-06-12 (UTC)  M7.7  44km   near the east coast of Honshu, Japan
   1978-03-24 (UTC)  M7.6  33km   Kuril Islands


   1977-08-19 (UTC)  M8.3  25km   south of Sumbawa, Indonesia
   1976-08-16 (UTC)  M7.9  33km   Mindanao, Philippines
    ( 1976-07-27 (UTC)  M7.5  23km  Tianjin-Hebei border region, China 唐山地震-シナ )
   1976-01-14 (UTC)  M8.0  33km   Kermadec Islands region


   1975-11-29 (UTC)  M7.7   9km   Kalapana Earthquake (Hawaii)
   1975-07-20 (UTC)  M7.7  44km   Solomon Islands
    ( 1975-02-04 (UTC)  M7.0  33km   Liaoning, China  海城地震-シナ )

   1975-07-20 (UTC)  M7.9  49km   Bougainville region, Papua New Guinea
   1975-05-26 (UTC)  M7.9  33km   Azores-Cape St. Vincent Ridge

 

ただ、USGSだと宮城沖M7.7や択捉島M7.6と地震が高めに評価されてる。直近は、PNGの深発M7.6が最高である。日本の近傍を千島からフィリピンと考えてるが1976年のミンダナオのM7.6が最高であった。5年〜8年間は地震エネルギーが落ちないと言うことなのか。

 

今までの大地震が起きる状況は、環太平洋でもM8程度の地震が数年以内に有り、近傍でもM7.5程度はよく見られた。その環太平洋の地震で日本海中部地震の前で、最高の地震は6年前1977年のインドネシアのM8.3である。その他で異常なことは、5年前1978年に日本でM7級の地震が頻発したことぐらいで、範囲を広げるとシナの内陸地震とハワイの大地震と言える。日本の被害地震を想定する場合、因子をさらに増やし、最低でも8年間の地震データは押さえて置くべきかも・・

 

地震が大きくなることや突如に発生することは否定しない。しかし、いろいろな地層もあり揺れやすい日本では、それなりの地震経緯や世界的な兆候が有ってもいいと思う。

 

 

 

 

日本海中部地震までの経緯を、数年単位で追ってみる・・

以外と、伊豆・台湾(上記画像)もシナの大地震後に深発地震の影響で地震か。

 

−日本海中部地震までの2年間ごとの深発地震発生状況−

  1975〜76年に深さ150kmらの深発地震発生後、一度治まり、

   宮城沖、択捉島M7地震、伊豆や台湾地震前に多少深さ150kmら深発地震あり

 

−顕著な深発地震−

    1981/05/09 M6.4 240km 北海道南西沖       42°38.0′N,139°17.0′E
    1981/01/23 M6.9 130km 浦河沖             42°25.0′N,142°12.0′E
    1978/12/06 M7.2 100km 択捉島付近         44°44.0′N,146°58.0′E


    1982/05/29 M5.6 120km 十勝地方南部       42°43.0′N,143°16.0′E
    1981/07/29 M5.5 190km 檜山地方           41°38.0′N,140°14.0′E
    1980/11/27 M5.7  90km 青森県三八上北地方 40°26.0′N,141°30.0′E
    1980/06/10 M5.5 170km 青森県西方沖       40°49.0′N,140°14.0′E

 

       −M7クラスの地震−再掲載

       1978/12/06 M7.2 100km 択捉島付近   44°44.0′N,146°58.0′E

       1978/07/23 M7.1  20km 台湾付近     22°11.0′N,121°27.0′E
       1978/06/12 M7.4  40km 宮城県沖     38°09.0′N,142°10.0′E
       1978/03/25 M7.3  40km 択捉島南東沖 44°20.0′N,149°49.0′E
       1978/03/23 M7.0  60km 択捉島南東沖 44°48.0′N,149°25.0′E
       1978/03/07 M7.2 440km 東海道南方沖 32°08.0′N,137°44.0′E
       1978/01/14 M7.0   0km 伊豆大島近海 34°46.0′N,139°15.0′E

 

    1977/11/18 M5.5 100km 房総半島南方沖     33°45.0′N,140°03.0′E
    1976/12/29 M5.6 130km 群馬県北部         36°38.0′N,139°10.0′E


    1976/11/03 M5.7 220km 沖縄本島北西沖     26°32.0′N,125°29.0′E
    1976/11/01 M5.1 130km 宮古島近海         25°12.0′N,124°53.0′E
    1976/10/26 M5.1 125km 宮古島北西沖       25°46.1′N,125°28.2′E
    1976/06/20 M6.2  28km 宮古島近海         24°29.5′N,126°11.3′E
    1976/06/02 M5.0 198km 台湾付近           25°15.2′N,122°17.1′E

 

 

 

いろいろと複雑な、地震経緯でもある。判断は難しい。

 

( 最近、公務員らや国民性の精神的劣化から、

   機構も知識層も新聞・TVらの情報網も陳腐化しており、  

   常に自分らで備えることも重要である・・・ )

 

そこで、日本海中部地震の直前に有ったパプアニューギニアの深発気味地震から、深さ80km以下の地震前歴をUSGSからひろう。

みると、なんと1978年後半から静穏化し、1982年後半から活発化してた・・

 

−USGSから、日本海中部地震(1983-05)以前の深発地震−  M6.8以上深さ80km以下

   事前に、それなりの地震エネルギーが周辺に発生していたといえる

  1983-03-18 (UTC) M7.6  89km  New Ireland region, Papua New Guinea
  1983-02-25 (UTC) M6.9 146km  Tarapaca, Chile
  1983-01-26 (UTC) M7.0 238km  Kermadec Islands region
  1982-09-06 (UTC) M6.8 176km  Izu Islands, Japan region
  1982-07-04 (UTC) M7.1 536km  west of the Bonin Islands, Japan


  1978-03-07 (UTC) M6.9 439km  Izu Islands, Japan region

   (1979/10/17 Mj7.4 600km マリアナ諸島−USGSでM6.1・・ )

 

何、普通の地震でも増加してたじゃないかって ?

ただ、そこには適切に地震期としてわかる数値化と三者的に判断できる複数の判断基準が望まれる。そこから、地震を予測する分析法の確立が必要なのかもしれない。

 

総合して、日本海中部地震の以前に秋田・岩手宮城沖ラインで地震が発生し、その両脇の千島・伊豆などで大き目な地震が数件以上もあった。とどめに、小笠原や鳥島での深発地震が増加していたのだ。 ( なんと、2010年11月30日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj7.1、深さ494 km という311の前年の例も )

 

 

 

実際、東日本の日本海地震地震は、各地域で100年に2回?

6月の山形県沖地震も311東日本大震災等の影響とも解釈できる。

10年単位でも、注意しとく事は必要だろう。

 

− 東日本における日本海の地震 −
    1993年 7月12日 北海道南西沖地震   - Mj 7.8
    1983年 5月26日 日本海中部地震     - Mj 7.7


    1964年 6月16日 新潟地震           - Mj 7.5
    1964年 5月 7日 男鹿半島沖地震       (M6.9)


    1940年 8月 2日 積丹半島沖地震     - Mj 7.5
    1939年 5月 1日 男鹿地震           - Mj 6.8
    1914年 3月15日 仙北地震           - M 7.1


    1894年10月22日 庄内地震           - M 7.0  濃尾地震余震?


    1834年02月09日 石狩地震           - M6.4?
    1833年12月07日 庄内沖地震         - M7 1/2±1/4
    1828年12月18日 越後三条地震       - M6.9
    1810年09月25日 男鹿半島で地震     - M6.5±1/4
    1804年07月10日 象潟地震           - M7.0±0.1
    1802年12月09日 佐渡小木地震       - M6.5 - 7.0


    1792年06月13日 北海道後志神威岬沖 - M≒7.1又はM7.3
    1780年07月30日 庄内地方で地震     - M6.5 - 7.4
    1762年10月31日 佐渡島北方沖で地震 - M7.0程度


− 糸魚川静岡構造線からの西日本における日本海の地震 −
    2007年07月16日 新潟県中越沖地震   - Mj6.8
    2007年03月25日 能登半島地震       - Mj6.9
    2005年03月20日 福岡県西方沖地震   - Mj7.0
    2000年10月06日 鳥取県西部地震     - Mj7.3


    1948年06月28日 福井地震           - Mj7.1  南海地震余震?
    1943年09月10日 鳥取地震           - Mj7.2
    1940年08月14日 隠岐島近海の地震   - Mj6.6
    1925年05月23日 北但馬地震         - Mj6.8  濃尾地震余震?


      (1891年10月28日 濃尾地震 - M8.0)
    1872年03月14日 浜田地震           - M7.1±0.2 島根県

スポンサーサイト

  • 2020.01.25 Saturday
  • 20:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM