ペルーでM8、半世紀の地震期に深発地震と火山噴火をみる。

  • 2019.05.27 Monday
  • 16:06

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

   ペルーでM8、半世紀の地震期に深発地震と火山噴火をみる。

     〜地震期と平行して火山噴火の実態。日本の大地震に兆候・傾向があるかも

 

                       前編へ   ペルーでM8、2019年は地震増加。火山期と関西直下地震
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=693

 

 

 

ペルーM8の地震を過去の大地震と比較してみる。地表に近い地震を拾うと件数も多く地震期という解釈も難しいが、深発地震だと巨大地震の多い傾向が解りやすい。

 

南米の大地震は多いが、アンデス山脈と言う巨大な塊なわけでチリ地震という史上最高の地震も発生する。日本の地震を捉えるには、地震期として参考的に見るべきかもしれない。

 

ただ、今世紀にかけての地震数は観測網が整備されただけでなく、件数が多いのでないか。

世界でM8・日本でM7レベルの地震は年一が普通だが・ 未だ収束には3年は有ると見てるが・

 

   USGSの情報から、世界で周辺に連鎖しやすい昨年以前の地震 −再掲

 

<  1955年〜2019年05月の深発地震  深さ300km以上&M7.8以上  >

 


    2018-09-06(UTC)   M7.9   671km    Suva, Fiji
    2018-08-19(UTC)   M8.2   600km    Ndoi Island, Fiji
    2015-05-30(UTC)   M7.8   664km    Chichi-shima, Japan
    2013-05-24(UTC)   M8.3   598km    Sea of Okhotsk  21世紀で最大


    1996-06-17(UTC)   M7.9   587km    Flores Sea
    1994-06-09(UTC)   M8.2   631km    La Paz, Bolivia 深発地震としては20世紀最大級

 

    1970-07-31(UTC)   M8.0   645km    Colombia

 

<  1955年〜2019年05月の深発地震  深さ90〜299km&M7.8以上  >


    2019-05-26(UTC)   M8.0   110km    Lagunas, Peru    この深さで最大
    2017-01-22(UTC)   M7.9   135km    Panguna, Papua New Guinea
    2016-12-17(UTC)   M7.9    95km    Taron, Papua New Guinea
    2014-06-23(UTC)   M7.9   109km    Little Sitkin Island, Alaska
    2007-12-09(UTC)   M7.8   153km    the Fiji Islands
    2005-06-13(UTC)   M7.8   116km    Tarapaca, Chile


    1997-10-14(UTC)   M7.8   167km    south of the Fiji Islands

    1964-05-26(UTC)   M7.8   125km    South Sandwich Islands region


    1957-12-17(UTC)   M7.8   124km    Santa Cruz Islands

 

<  1955年〜2019年05月の巨大地震  深さ90km以内&M7.8以上  >

     チリ地震が起きた1960年代と21世紀にかけての地震期は、

       比較しようがないが、最近までの大地震期間が長い

 

 

    2017-09-08(UTC)   M8.2    47km  Tres Picos, Mexico
    2015-09-16(UTC)   M8.3    22km  Illapel, Chile
    2014-04-01(UTC)   M8.2    25km  Iquique, Chile

            2014年  口永良部島噴火、2015年爆発的噴火

            2013年〜西之島噴火
    2012-04-11(UTC)   M8.2    25km  northern Sumatra
    2012-04-11(UTC)   M8.6    20km  northern Sumatra

         2011年 プジェウエ山噴火(VEI5) −チリ
    2011-03-11(UTC)   M9.1    29km  Honshu, Japan
    2010-02-27(UTC)   M8.8    23km  offshore Bio-Bio, Chile

            2009年〜新燃岳水蒸気爆発、2011年噴火〜

            2009年〜桜島、2009年 - 2013年−2011年噴火数がピーク

         2008年 チャイテン山噴火(VEI5) −チリ
    2007-09-12(UTC)   M8.4    34km  southern Sumatra, Indonesia
    2006-11-15(UTC)   M8.3    10km  Kuril Islands
    2005-03-28(UTC)   M8.6    30km  northern Sumatra, Indonesia
    2004-12-26(UTC)   M9.1    30km  northern Sumatra
    2003-09-25(UTC)   M8.3    27km  Hokkaido, Japan region
    2001-06-23(UTC)   M8.4    33km  southern Peru

            2000年  有珠山噴火

            1999年  諏訪之瀬島噴煙・降灰、2001年ストロンボリ式噴火
    1996-02-17(UTC)   M8.2    33km  Biak region, Indonesia
    1994-10-04(UTC)   M8.3    14km  Kuril Islands

         1991年  ハドソン山 噴火(VEI5)  −チリ

         1991年  ピナトゥボ山噴火(VEI6)  −フィリピン

 

    1989-05-23(UTC)   M8.2    10km  Macquarie Island region

         1982年  エルチチョン噴火(VEI5)  −メキシコ

         1980年  セント・ヘレンズ山噴火(VEI5)  −アメリカ

    1977-08-19(UTC)   M8.3    25km  south of Sumbawa, Indonesia

 

    1969-08-11(UTC)   M8.2    30km  Kuril Islands
    1968-05-16(UTC)   M8.2    30km  Honshu, Japan
    1965-02-04(UTC)   M8.7    30km  Rat Islands, Aleutian Islands
    1965-01-24(UTC)   M8.2    20km  Kepulauan Sula, Indonesia
    1964-03-28(UTC)   M9.2    25km  Southern Alaska  アラスカ地震
    1963-10-13(UTC)   M8.5    35km  Kuril Islands

         1963年  アグン山噴火(VEI5)  −インドネシア
    1960-05-22(UTC)   M9.5    25km  Bio-Bio, Chile チリ地震(観測史上最大規模の地震)日本への津波
    1958-11-06(UTC)   M8.3    35km  Kuril Islands
    1957-03-09(UTC)   M8.6    25km  Andreanof Islands, Aleutian Islands

             1955年〜桜島、1955年 - 2006年−南岳山頂火口活動期

 

 

 

 

 

上記を見ても、日本の地震やスマトラの地震は予測しがたい。また、日本の被害地震は規模も小さく、予測には微妙な地震の統計が必要だろう。

 

以外に、秋田沖で津波も起きた日本海中部地震以前には、火山噴火もある。世界の地震も微妙に統計してれば目安にもなるかもしれない?

 

    1983年05月26日 日本海中部地震 - Mj7.7
           1982年  エルチチョン噴火(VEI5)  −メキシコ

           1980年  セント・ヘレンズ山噴火(VEI5)  −アメリカ

 

今年は世界で地震が多い方みたいだから、気を付けたい。ただ、昨年の北海道胆振東部地震はM6.7、今年の日向灘はM6.3と控えめな地域となっている。かねてから言うようだが、千島や沖縄などで大地震が起きないと日本列島の被害地震は少ないのでないか。東北・関東の太平洋沖も予想されるが・・

 

地震の予測は、世界・環太平洋が地震期かどうかにもよる。また、大きめの地震数が平均値以上かも知っておくべきだろう。千島・北方領土は、多すぎる時があるが・・

 

そのうち、統計でもしてみるかと。

実際に、世界でM8・日本でM7レベルの地震は年一が普通と認識すべきだが・・
 

   【定期】2018年環太平洋も日本も、地震は平均並以上に増加
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=676
      〜環太平洋付近で、M6.8以上の地震でみると地震数が4年周期で多い


    西日本の被害地震増、そこで阪神・淡路の地震を振り返る
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=651
      〜阪神・淡路の地震地震以前に、列島周辺にM7多発・・

スポンサーサイト

  • 2020.01.25 Saturday
  • 16:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM