話題の東南海地震を歴史の三陸沖地震で予想すると、50年後 !!

  • 2019.04.13 Saturday
  • 16:07

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過   テーマ名、一時変更、4/15

JUGEMテーマ:天変地異、災害  

 

 


  南海トラフ・東南海地震に至る経緯を三陸沖地震等で予想してみた
    〜次の東南海地震は、総合的に勘案し解った。相当なひと世代後だったと推測・・

 

                       昭和東南海地震を予測した研究者と、その解析の背景と危機感
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=732
                       関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=667

 

 

南海トラフで、周辺で地震が増加と騒ぐような状況だが、週刊誌らを通して東南海地震をもてあそぶような気配も有る。そもそもが、東南海地震は紀伊半島沖のフィリピンプレートで断層を引き起こすものらしい。それから、東南海地震は150年から200年周期説も有るといわれるようにもなった。どう判断すればいいのか・・

 

  関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測する
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=667

    〜自身の地震解釈で、東南海地震は当面は無い・・


自身の投稿も、上記では、よく見る人も出てたようだ。だが、今年の冬季には、東南海地震のような兆候は無かった。よく東日本大震災を、「貞観地震」にたとえて、換算するひともいる様だが、あってるようで安直な偏向した解釈だと思う。

 

南海トラフにばかり偏り議論を起こしたがるのは、他の地域にも研究が進まない学術界の汚点でもある。その南海トラフ危機論という中で、あまり曖昧な予測体制では、社会も困るだろう。さりげなく、次の大地震の時期を予想してみる。。

 

 

 


150年程度の周期を持つ東南海地震は、西日本の地表における地震などはフィリピンプレートに影響も少ないだろう。また沖縄・台湾などの地震である八重山地震・喜界島地震などが、直ちに東南海地震に影響したとも思えない。まあ、その内鹿児島南方の地震は、暇が有れば調べてみたい。


そもそも東南海地震は、東の太平洋プレートの影響が強いと考えている。まして、伊勢・若狭湾のラインで、深さ600kmもの深発地震を引き起こす。そこで、富士山支点の東京らの浅い地震は除き、東北太平洋沖の地震で東南海地震を見てみる。
なお、歴史上の東北太平洋沖の地震は、M8の大きめなものを抜き出した。

 

  ・1944年12月      昭和東南海地震 - Mj7.9
      1933年03月    昭和三陸地震   - Mj8.1
      1896年06月    明治三陸地震) - M8.2 - 8.5

 

  ・1854年12月      安政東海地震   - M8.4
      1843年04月    天保十勝沖地震 - M7.5 - 8.0
      1793年02月    寛政地震       - M8.0 - 8.4 (連動型宮城県沖地震)


  ・1707年10月      宝永地震       - M8.4 - 8.6 (南海トラフ全域が震源域)
      1677年04月    延宝八戸沖地震 - M7 1/4 - 8.0
      1611年12月    慶長三陸地震   - M8.1

 

 

 


なんと、東南海地震前には、東北太平洋沖で2回の巨大地震が発生してた。まして、直近は10年前、その前は50年から60年前らしい。たまたま原点に戻り、単純な分析で傾向が出るとは・・4/23追記
(宝永地震前の17世紀は太陽活動が低下した時期で、中国大陸ではM8が頻発した変な時期)※

 

その50年から60年前というのは、15世紀の明応地震にも言える。ただ、江戸以前は東北など地震の年表が少ないから10年前と言うのは、参考にならないか。

また、1605年慶長地震は、震央が東南海地震であるか曖昧なため、のぞく。


   ・1498年09月     明応地震       - M8.2 - 8.4 (東海道沖の巨大地震)
       1454年12月     享徳地震     - Mw >8.4     奥州海岸に大津波


東北太平洋沖で2回の大地震が発生していることは、北海道や千島も相当に地震の活動期であったろう。記録の行き届いた昭和東南海地震前で見ると、千島を中心に地震が並行して発生している。まあ、以前に調べた時も昭和三陸地震まえには、北海道北部で深発地震も大きく多かった。最近でも、中部沖の深部の地震等は、周辺や太平洋らの中規模以上の地震に比例して発生しており、深発地震の増加は何かの異変でもあるだろう。


  ・1944年12月      昭和東南海地震 - Mj7.9
      1933年03月    昭和三陸地震   - Mj8.1
         1918年09月  択捉島沖地震   - M8
      1896年06月    明治三陸地震) - M8.2 - 8.5
         1894年03月  根室半島沖地震 - M7.9 - 8.2

 

また、東の太平洋プレートは同時に、フィリピンプレートも押してる訳で、相対的に小笠原の深発地震や西日本の地表地震も引き起こす。総合的に整理してみれば、その東の太平洋プレートでは千島の大地震が繰り返し発生し、約40年周期で巨大な宮城沖・三陸沖地震が発生し、同時に若狭湾沖らの深発地震も並行して起きてたと見ていい。

( 若狭湾沖らのM7手前の深発地震は、10年後に紀伊半島沖の地震を何度も起こしている )

 

 

 

 

そこに、忘れてならないのは、東南海地震と共に発生する北海道駒ヶ岳の噴火だ。


   東南海・南海地震を振り返り、火山噴火と比較・・雑談として
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=665

     〜偶然とは言っても不可解な火山噴火と地震 しかし、北海道駒ヶ岳の噴火は恐るべし・・


ときどき、北海道駒ヶ岳の火山の地震計をNIEDの VIVA2でみるが、やはり千島に過剰に反応しやすい傾向も有った。
やはり、東南海地震と千島の地震と北海道駒ヶ岳の噴火は、関係があると推測する。まして、北海道駒ヶ岳の火山や千島の火山は落ち着いており、とても数年後に活動があるとは思えないが・・


結果として、異常な時期の宝永地震をのぞいて、東北太平洋沖の地震の50年〜60年後に東南海地震があると見ていいのか? だとすれば、次の東南海地震は、50年後くらいと言える ?・・

・発見した・・ ここ数年なければ、マジに約50年後。でも、早まる根拠もない・・

 

−備考−

現在のトラフ騒ぎも、今後50年もするのか。今東海地震の予知事例を、多数の県に巻き込むのかと・・ まあ、実際は時間があると言う事で、予算と対策強化も可能です。

 

( なお、津波のない日高沿岸沖などは、明治以前に記録も少ないから解析に入れてない )

 

※−宝永地震前の17世紀は太陽活動が低下した時期で、中国大陸ではM8が頻発した変な時期

    火山噴火も北海道・千島?では、異常な時期である。     参考:Mt−津波マグニチュード

      ・1741年08月  寛保津波- M6.9(Mt8.4) 渡島大島寛保岳の大噴火・山体崩壊?

      ・1739年07月  樽前山が火山カルデラを形成する大噴火。火山爆発指数:VEI5

        ・1707年10月      宝永地震       - M8.4 - 8.6 (南海トラフ全域が震源域)

      ・1694年08月  北海道駒ヶ岳で大噴火。火山爆発指数:VEI4

      ・1667年09月  樽前山で大規模なマグマ噴火。火山爆発指数:VEI5

      ・1663年08月  文献記録に残る有珠山最大の噴火。火山爆発指数:VEI5

      ・1640年07月  北海道駒ヶ岳が噴火で大規模な山体崩壊。火山爆発指数:VEI5

スポンサーサイト

  • 2019.12.12 Thursday
  • 16:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM