荒れ狂う大気の大変動、更に自然現象。今年も大西洋に気象異常?

  • 2019.03.28 Thursday
  • 11:41

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 


  荒れ狂う大気の大変動、更に自然現象。今年も大西洋に気象異常?
    〜二酸化炭素抑制も必要だが、気象の脅威に地震・火山の自然要因が重なる?

 

 

 

昨年は、日本も気象庁が特別警報を出すような西日本大水害が発生。


  100年に一回の水害も、繰り返される気候の大変動
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=638


そこには、比較的に温暖で災害が少ない欧州北部に干ばつの害や欧州らの地中海に水害なども有った年でもあった。それは、いつがピークなのかと思わせる大気と空における水蒸気の乱れだろう。

 

 

 

先頃の冬の初めは、北海道でもやや寒気が緩み、氷結や雪害も例年並みという気がしていた。只、2月に入っても緩まない寒さが感じられたのである。


そうの余波は、アメリカや欧州に強い寒気が降りてきて、そして中東にさえ豪雨をもたらしたと言う。そこに、アメリカでは冬の明ける時期に、一部地域では洪水に見舞われる事態だと言う。


  米ネブラスカ州の黙示録的な洪水被害は過去最悪に。
    100万頭の仔牛が死亡し、140を超える市と郡に非常事態が宣言
    https://earthreview.net/this-is-the-worst-flooding-in-nebraska/
    2019年3月23日 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー


     アメリカで始まった新たな大洪水伝説 :
       米国立気象局が「今年5月までに国土の3分の2が洪水に見舞われ、
       2億人が危機にさらされる可能性がある」と発表
      
https://indeep.jp/unprecedented-major-flooding-wll-hit-us-with-200-million-americans-at-risk/
       2019年3月26日 In Deep


そうする中、中東でも繰り返される大雨と気になる話題だ。その中、砂漠と思われた不毛の地に、花と緑が覆われるという奇怪な現象が出て来たと言う。
この異常な状況は、一時的・季節的なのか、昨今の気象変動なのかは、中期的な解説が無いのでよく解らない。


  カリフォルニアの不毛の地アンザ・ボレゴ砂漠で、繰り返される大雨により、
    砂漠に花が咲き乱れる「スーパーブルーム現象」が出現
   
https://earthreview.net/a-california-desert-is-now-experiencing-rare-super-bloom/
    2019年3月12日 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー


  繰り返される大雨の中で、サウジアラビアの砂漠がまたしても花と緑に覆われる
     https://earthreview.net/desert-bloom-in-saudi-arabia-in-2019/
     2019年1月3日 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー


     繰り返されるサウジアラビアの洪水。
       すでに今のアラビア半島の砂漠は「日本より雨が多い」状態に
       https://earthreview.net/huge-floods-repeat-saudi-arabia-in-2019/
       2019年2月13日 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー

 

 

 

気候変動は温暖化が影響といわれ、高度成長の新興国に石炭発電での生活が注意も示されてる。


OECDによると、石炭発電の比重は、新興国で改善されてなく、
  南アフリカ:87.7%、インド:76.2%、中国:67.1%、ポーランド:78.7%、韓国:46.2%
と多く、発電も煤煙処理も改善されてないらしい。そこに、
隣国では国連制裁されてる北朝鮮産の石炭輸入で、歩く先も政治の先も視界不良と言う。


  韓国、「空気が汚い国」ワースト5にランクイン=ネットから不満続出
    https://www.recordchina.co.jp/b697678-s0-c30-d0127.html
    2019年3月26日 Record china

 

そこから言えば、日本も例外じゃなく、反原発と言う団体が火力発電に誘導している状況である。自然エネルギーは、設備対効果は非効率で、火力発電の化石燃料により外貨と稼ぎの余力が減少し、次期エネルギーの取組さえ世界に遅れる危惧もある。実は、日本も家庭を中心に電気を使い過ぎて、温暖化に影響を与えていると思ってもいい。

 

 


話しは戻り、欧州が大西洋の偏西風で豊かな社会を満喫し、中東は砂漠化である。しかし、このたびの気象変動で中東にも繰り返される雨がもたらされる状況だ。
 

以外と、欧州の安定した気候は、異常な気象変化に弱いのかもしれない。それも、たまたま欧州は気象がいい時期であった1千年の時代かもしれないのだ。


そう、氷河期が明けた氷河の終焉期という太古は中東のメソポタミヤが穀倉地となり、多くの民族が集まる時代であった。


  古代文明を崩壊させた気候変動は、未だ何処の噴火か不明
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=631


>そもそも、氷河期の発生原因も議論され、諸説があるらしい。
>>パナマ地峡の形成による大規模な海流の変化、ヒマラヤ山脈の隆起による地球大気系の大きな変化などが提唱されている


最近は、グリーンランドの氷河も解ける時代らしい。北極らの温暖かは、偏西風の流れを変えてしまうのか? まして、大量の洪水が起きたようなグランドキャニオンの有るアメリカには、水蒸気も集まり氷河に覆われやすいのかと。昔はアメリカ合衆国が北極でないかとも、思うところだ。


最近、歴史上の気候変動の記事も出ていた


  古代都市消滅の謎 1500年前のゴミ捨て場から解明
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/032700186/?P=1
    2019.03.27 ナショナル ジオグラフィック

 

>氷床コアに閉じ込められた粒子の調査で、ビュントゲン氏らは、

>連続した火山噴火が536年、540年、547年にあり、粉塵が太陽の光を遮ったことで、北半球に寒い時期をもたらしたことを発見した。
>研究者は、この気候変動を、6世紀半ばに起こった大規模な社会変化にも影響を与えたと考えている。


火山クラカタウは、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の中間、昨年も山体崩壊から津波被害を起こした。その火山は、535年の大規模な噴火でインドネシアの文明等に歴史的な断絶を引き起こしたらしい。
それだけ、偏西風に依存する欧州も被害を受けやすい。まあ、Wiki「 飢饉の一覧 」には、欧州で頻繁に飢饉が起きており、いつ気候変動に見舞われるかという状況だ。

 

 


まあ、歴史上の火山噴火は、記録も少なく不明なところが多い。現在でも、報道や学者の見識では、繋がらない情報となり辟易。そこに日本学識村のリーダーシップの無さも有る。火山で有名なイエローストーンらは、膨大な二酸化炭素を出してると言われ、日常的にも火山活動は馬鹿に出来ないはずだが・・


短編的に大西洋の地震について、ここ半世紀を追ってみた。まあ、火山も連動してんだろって・・


なんと、ここ10年は、大西洋の地震は増加していたのである。
まあ、それは2016年68年ぶりのスーパームーンを後にして、沈静化してほしいと思うところ。さらに、スマトラ地震も発生したインドネシアの大火山帯・オーストラリア(インド)プレートも沈静化してほしい・・


  < 大西洋で起きた大地震−M7以上 >  USGSから
      2011年以降は確かに増加気味。2016年は68年ぶりのスーパームーン。

      それは、世界的な地震の様相であるが、大西洋も例外でなく変化がある

 

                大西洋    アルゼンチン-南極間   中南米>M7.7-太平洋側
   2011〜         3            6(1)            4              ()は、深発地震数
   2001〜2010     -            4               4(1) ※M8.8有
   1991〜2000     2            1               3(1)
   1981〜1990     1            2               2
   1971〜1980     2            3               1
   1961〜1970     4            3(3)            3(1)
   1951〜1960     1(1)         1               4 チリ関係年のみ
     1964年 3月28日 アラスカ地震 - Mw 9.2 ('56 M8.6)
     1960年 5月22日 チリ地震(観測史上最大規模の地震)- Mw 9.5


  < 大西洋で起きた大地震−1951年からのM7以上 > USGSから

                     大西洋                                            アルゼンチン - 南極間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・大西洋
      2016-08-29 04:29(UTC)  M7.1  10km  North of Ascension Island
      2015-06-17 12:51(UTC)  M7.0  10km  Southern Mid-Atlantic Ridge
      2015-02-13 18:59(UTC)  M7.1  17km  Northern Mid-Atlantic Ridge


      1996-06-02 02:52(UTC)  M7.0  10km  northern Mid-Atlantic Ridge
      1994-03-14 04:30(UTC)  M7.0  10km  central Mid-Atlantic Ridge


      1984-11-01 04:48(UTC)  M7.1  10km  central Mid-Atlantic Ridge


      1980-10-10 12:25(UTC)  M7.3  10km  northern Algeria
      1975-05-26 09:11(UTC)  M7.9  33km  Azores-Cape St. Vincent Ridge


      1969-02-28 02:40(UTC)  M7.8  10km  Azores-Cape St. Vincent Ridge
      1967-02-13 23:14(UTC)  M7.0  10km  Reykjanes Ridge
      1966-10-19 08:01(UTC)  M7.0  15km  north of Ascension Island
      1962-03-17 20:47(UTC)  M7.3  10km  northern Mid-Atlantic Ridge


      1954-03-29 06:17(UTC)  M7.8 626km  Strait of Gibraltar  


   ・アルゼンチン - 南極間
      2018-12-11 02:26(UTC)  M7.1 133km  South Sandwich Islands
      2016-08-19 07:32(UTC)  M7.4  10km  South Georgia Island region
      2016-05-28 09:46(UTC)  M7.2  78km  South Sandwich Islands

      2013-11-25 06:27(UTC)  M7.0  12km  Falkland Islands region
      2013-11-17 09:04(UTC)  M7.7  10km  Scotia Sea
      2013-07-15 14:03(UTC)  M7.3  11km  South Sandwich Islands


      2008-06-30 06:17(UTC)  M7.0   8km  South Sandwich Islands region
      2006-08-20 03:41(UTC)  M7.0  13km  Scotia Sea
      2006-01-02 06:10(UTC)  M7.4  13km  South Sandwich Islands
      2003-08-04 04:37(UTC)  M7.6  10km  Scotia Sea


      1991-12-27 04:05(UTC)  M7.2  10km  South Sandwich Islands region


      1987-01-30 22:29(UTC)  M7.0  47km  South Sandwich Islands region
      1983-10-22 04:21(UTC)  M7.2  24km  South Sandwich Islands region


      1977-08-26 19:50(UTC)  M7.1  33km  South Sandwich Islands
      1973-10-06 15:07(UTC)  M7.0  33km  eSouth Sandwich Islands
      1971-01-03 17:35(UTC)  M7.1  15km  southern Mid-Atlantic Ridge


      1964-05-26 10:59(UTC)  M7.8 125km  South Sandwich Islands region
      1961-09-08 11:26(UTC)  M7.1 101km  South Sandwich Islands region
      1961-09-01 00:09(UTC)  M7.3 129km  South Sandwich Islands region


      1959-12-14 23:22(UTC)  M7.0  25km South Sandwich Islands region

 

   ・中南米<M7.8-太平洋側  (参考)
      2017-09-08 04:49(UTC)  M8.2  47km  Tres Picos, Mexico
      2016-04-16 23:58(UTC)  M7.8  21km  Muisne, Ecuador
      2015-09-16 22:54(UTC)  M8.3  22km  Illapel, Chile
      2014-04-01 23:46(UTC)  M8.2  25km  Iquique, Chile


      2010-02-27 06:34(UTC)  M8.8  22km  Bio-Bio, Chile
      2007-08-15 23:40(UTC)  M8.0  39km  central Peru
      2005-06-13 22:44(UTC)  M7.8 116km  Tarapaca, Chile
      2001-06-23 20:33(UTC)  M8.4  33km  southern Peru


      1995-10-09 15:35(UTC)  M8.0  33km  Colima, Mexico
      1995-07-30 05:11(UTC)  M8.0  46km  Antofagasta, Chile
      1994-06-09 00:33(UTC)  M8.2 631km  La Paz, Bolivia


      1985-09-19 13:17(UTC)  M8.0  28km  Michoacan, Mexico
      1985-03-03 22:47(UTC)  M8.0  33km  Valparaiso, Chile


      1971-07-09 03:03(UTC)  M7.8  60km  Valparaiso, Chile


      1970-07-31 17:08(UTC)  M8.0 645km  Colombia
      1970-05-31 20:23(UTC)  M7.9  45km  northern Peru
      1966-10-17 21:42(UTC)  M8.1  40km  central Peru


      1960-06-06 05:55(UTC)  M7.8  15km  Aisen, Chile
      1960-05-22 19:11(UTC)  M9.5  25km  Bio-Bio, Chile
      1960-05-22 18:56(UTC)  M7.8  25km  Araucania, Chile
      1960-05-21 10:02(UTC)  M8.1  25km  Bio-Bio, Chile

スポンサーサイト

  • 2020.03.30 Monday
  • 11:41
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM