南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき

  • 2018.11.19 Monday
  • 17:40

 


  南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき
  〜東北の地殻変動と対照的に発生する西日本や北海道の地震。

    奥尻の地震から、既に25年も。過去には、25年程度で日本海の大地震が起きている

 

 

                      関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測する
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=667

                      日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=488


 


東日本大震災が発生するまで数十年で、
  北海道や奥尻で被害地震発生
また西日本から奥羽山脈に向かい被害地震が発生してた・

 

更にシナでも・・

  2008-05-12 06:28(UTC)  M7.9 19km eastern Sichuan, China
  2001-11-14 09:26(UTC)  M7.8 10km southern Qinghai, China

 

過去の画像から

 

・列島で、対称的な地殻変動


下記の地殻変動マップでは、

  ・北西に向かう北海道と西日本の地殻変動と
  ・南東に向かう東北の地殻変動は、ある意味で異常な対称的な動きとも思う。

 下記に産総研の研究事例もある・

 

<国土地理院から、一年の地殻変動>
  〜北海道日高山脈の先である十勝沖周辺と茨城沖は、地殻変動の変移点
    だから、意外と十勝沖周辺と銚子の千葉東方沖などが、311の余震でも交互に揺れてる

 

 

 

 

 

特異性を注記

 

フィリピンプレートは、

伊豆・富士山を支点に

西日本を押してる?

− 追記12/4 −

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期的には、起るべくして東日本大震災が発生。でも、以前に発生してた地震の影響で、西日本などで5年程度は被害地震が発生しずらかったと思う。東北の地殻破壊後、異常過ぎた応力が余震で均等化されてきた。そして、東北の均衡と補正するように数年前から西日本の鳥取・大阪北部や北海道の胆振東部で被害地震発生したのかと思う。ただ、熊本の地震は、西日本特有の歪傾向で、周期がある経年歪だろう。

 

 

 

・東北を挟んだ西日本等南北側の地震は、今後に東北や日本海でも更に地震か

 

  2016/11/22 05:59 M7.4 25km 福島県沖
東北での余震も福島沖の地震後、東北太平洋沖でM7クラスの地震は発生せず停滞。逆に、鳥取・島根で被害地震が出るわりに、東北の日本海沖と北海道は、8月までは異常なほどに静穏化していた。北海道胆振東部の地震も発生し、今後は東北などで平均的に発生する地震が予想される。まして、鳥取・島根を日本海として解釈すれば、いずれ東北の日本海も揺れることは、例外ではない。

 

そこで、東北の代表的な日本海の地震と言える秋田沖の津波地震の起因状況を見てみる。ここでも、東北秋田沖の地殻変動に対し、東北と対称的な両脇(十勝沖・千島−茨城以西)で大きな地震が発生している。


ただ、秋田沖の津波地震前では、同等のM8程度の地震は、直近で発生してない。
まあ、これは内陸特有な20年単位での蓄積された地震と言えるのか。


  1983年 5月26日 日本海中部地震     - Mj 7.7
  1982年 7月23日 茨城県沖で地震     - Mj 7.0
  1982年 3月21日 浦河沖地震         - Mj 7.1

  1980年 6月25日 伊豆半島東方沖     - Mj 6.7 追記

 

  1978年 6月12日 宮城県沖地震       - Mj 7.4
  1978年 3月25日 択捉島南東沖で地震 - Mj 7.3、頻発ぎみ

    1978年 1月14日 伊豆大島近海の地震- Mj 7.0 -シナの地震で関東に影響?

  ( 1976年 7月28日 河北省、唐山地震  - Mw7.5(Ms 7.8) )
      ・・

  1969年 8月12日 色丹島沖地震       - Mj 7.8
  1968年 5月16日 十勝沖地震         - Mj 7.9

 

−深発地震 1982/07/04 M6.6 560km 本州南方沖
           1981/01/03 M6.6 220km 奄美大島北西沖
           1979/10/17 M7.4 600km マリアナ諸島
           1978/03/16 M6.6 280km 小笠原諸島西方沖
           1978/03/07 M7.2 440km 東海道南方沖

           1977/03/09 M6.8 600km 日本海西部

   

− USGSから、世界で起きたM8以上の地震 − 青は日本近辺の地震

     ユーラシアのシナなども規模がM7.6以上の大した地震が無い。
  1977-08-19 06:08(UTC) M8.3  25km south of Sumbawa, Indonesia
  1976-01-14 16:47(UTC) M8.0  33km Kermadec Islands region

  ( 1975-11-29 14:47(UTC) M7.7   9km  Kalapana Earthquake ハワイ )
      ・・
  1972-12-02 00:19(UTC) M8.0  60km Mindanao, Philippines
  1971-07-26 01:23(UTC) M8.1  40km New Ireland region, Papua New Guinea
  1971-07-14 06:11(UTC) M8.0  40km New Ireland region, Papua New Guinea
  1970-07-31 17:08(UTC) M8.0 645km Colombia
  1969-08-11 21:27(UTC) M8.2   30m Kuril Islands

      ・・
  1960-05-22 19:11(UTC) M9.5  25km Bio-Bio, Chile チリの津波大地震

 


 

・日本海の地震は、東北太平洋側の反動型と周辺反動型、そして蓄積型?

 

 合わせて、20世紀の日本海の地震を見てみる


       1995年 1月17日 阪神大震災      - Mj 7.3  追記

  ○1993年 7月12日 北海道南西沖地震   - Mj 7.8
      1993年 1月15日 釧路沖地震       - Mj 7.5
       ・・
  ・1983年 5月26日 日本海中部地震     - Mj 7.7 上欄どおり
       ・・
  ○1964年 6月16日 新潟地震           - Mj 7.5
    1964年 5月 7日 男鹿半島沖地震       (M6.9)
      1963年10月13日 択捉島沖地震     - Mj 8.1

      1961年 8月19日 北美濃地震       - Mj 7.0  追記

 

  ○1940年 8月14日 隠岐島近海の地震   - Mj 6.6

    1940年 8月 2日 積丹半島沖地震     - Mj 7.5
    1939年 5月 1日 男鹿地震           - Mj 6.8
      1938年11月 5日 福島県東方沖地震 - Mj 7.5

      1937年 2月21日 択捉島沖で地震   - Mj 7.6
       1933年 3月 3日 昭和三陸地震     - Mj 8.1   アウターライズ地震らしい

 

  ○1914年 3月15日 仙北地震           - M 7.1

      1913年 2月20日 日高沖で地震     - M 6.9  追記
       1914年 1月12日 桜島地震        - M 7.1  追記

 

      1896年 6月15日 明治三陸地震     - M 8.2〜

  ○1894年10月22日 庄内地震           - M 7.0

      1894年 3月22日 根室半島沖地震   - M 7.9
       1891年10月28日 濃尾地震         - M 8.0  大地震異常期

  〜前回より90年後に発生した昭和東南海地震は、1890年代の大地震で早まったか?

      昭和三陸地震は、モンゴル付近や深発地震が多く早まる。これも影響。 − 追加11/20

    また、日本海の地震から見て、北海道方向と西日本方向には、対の地震? − 追記12/12

      新潟の地震は、西日本+伊豆の地震と思ってたが、西日本+北海道の地震も要因 ?

 

実は、○を見てもらうと、25年周期で日本海のやや深めや定期的な地震が発生してる。

そう、奥尻の北海道南西沖地震から、すでに25年も経っていた・・
まあ、日本海の浅い地震や沿岸の地震はランダムに発生すると言え、

深めの地震の連鎖や、内陸など他の地震に影響を受けてるようだ。

 

  なお、会津を中心にした東北日本海の17・18世紀の地震は、

    ’18年も4月まで震度5強一件、地震期も地表歪が顕著
        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=619
        〜地震空白域である会津地方では数百年大地震無し (M6.5程度以上)、

         また佐渡沖なども地震もある。下記、日本海の震央のように・

 

そう、南海地震より、日本海に地震がくるかもしれない周期もあるようだ・・

  〜個人的には、東北日本海の地震は、択捉などの北方領土・千島の大地震が起因に成るかも。


< 1885年からの日本海を中心としたM6.8以上の地震>
  〜フリーソフトEqlist45から

    飛騨付近の地震は、南海地震の余震である1948年の福井地震の影響か?

    内陸などの地震は、もっと地方で解析すべき偏った地域地震だね

参考でグーグル地図も

 

まあ、こういう見解も有ようだ。

 

  日本列島の地殻変動の謎を解明
    http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20170629/pr20170629.html
    2017/06/29 産総研

 

地震とは関係ないけど、興味ある新しい火山研究も載ってたので・

 

  西之島の噴火が大陸生成を再現していたことを証明
    https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2018/pr20181112/pr20181112.html
    2018/11/12 産総研

スポンサーサイト

  • 2020.01.25 Saturday
  • 17:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM