東南海・南海地震を振り返り、火山噴火と比較・・雑談として

  • 2018.10.14 Sunday
  • 14:59

 

 

  東南海・南海地震を振り返り、火山噴火と比較・・雑談として

    〜取り組みを求められる地殻歪の解析と地震が発生する経緯

 

                       西日本の被害地震増、そこで東南海・南海地震を振り返る
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=653
                       昭和東南海地震の発生前と2018年現在の比較メモ
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=642

                       西日本の被害地震増、そこで熊本地震とその連鎖を振り返る
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=652

 

 

以前の投稿で、東南海・南海地震を振り返り、火山噴火も馬鹿に出来ないなと・・
そこで、東南海・南海地震前後の火山噴火も見てみた。

異端の雑談として・・

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


  西日本の被害地震増、そこで東南海・南海地震を振り返る
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=653


   ○1815年の大噴火 タンボラ山 VEI(火山爆発指数)=7 −インドネシア
          ↓↓
     1819年 8月 2日(文政2年6月12日) 文政近江地震 - M 7 1/4±1/4又はM 6.9


   ○1883年の大噴火 クラカタウ VEI(火山爆発指数)=6 −インドネシア
          ↓↓
     1891年10月28日 濃尾地震 - M 8.0


   ○1991年の噴火   ピナトゥボ山 VEI(火山爆発指数)=6 −フィリピン
          ↓↓

     1995年 1月17日 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)

 

・火山灰が高度24kmまで噴き上げたピナトゥボ山−Wiki

 

 

 「 噴出物の総量は約10km3(マグマで換算すると 約4km3に相当)、これは1912年のアラスカ州のノヴァラプタ山以来の大噴火で、1980年のセント・ヘレンズ山噴火の約10倍 −Wiki 」

 

   最近は、火山灰が噴き上げられるのも高度10km程度、気候変動の悪化に繋がるのは、火山灰・ガスが高度15km以上に噴き上げられた場合と言われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

火山では、今年のハワイの火山噴火も、地震も発生させている。
   2018-05-04 22:32(UTC)  M6.9   2km  Leilani Estates, Hawaii

 

まあ、そこから言えば、噴火活動に伴う地震とマグマ膨張・消失からの地殻変動も有るのかと思ったりする。でも火山噴火は、経年で起きる東南海・南海地震のトリガとして判断されるか? 


  ○( ピナトゥボ山 - 1991年の約500年前に噴火・・ )

    戦国時代と以前は日本の記録が少い。当時、欧州人の殆どが文盲、近代まで魔女狩りの時代
          ↓↓
    1498年 9月11日 明応地震(東海道沖の巨大地震) - M 8.2〜8.4

 

  ○1694年 - 北海道駒ヶ岳 噴火 - VEIが4に達する大噴火
    1694年 - 蔵王 噴火
          ↓↓
    1707年10月28日 宝永地震 M 8.4〜8.6 明応地震から209年後 富士山宝永噴火

 

  ○1853年 - 有珠山 噴火
    1854年 - 阿蘇山 噴火 影響?
          ↓↓
    1854年12月23日 安政東海地震 M 8.4 宝永地震から147年後
    1854年12月24日 安政南海地震 M 8.4
  ・1856年 - 北海道駒ヶ岳  VEIは4

 

    1938年 - 浅間山 噴火

  ○1940年 - 三宅島・阿蘇山 噴火 三宅島の方が大きめ?

    1942年 - 草津白根山 噴火

    1942年 - 北海道駒ヶ岳 噴火  VEIが3に達する噴火
    1944年 - 昭和新山 噴火      誕生と共に、噴火
          ↓↓

    1944年12月 7日 東南海地震(昭和東南海地震)Mj 7.9 安政地震から90年後
    1946年12月21日 南海地震  (昭和南海地震)  Mj 8.0

 

  Wiki>地震の年表 (日本)
  Wiki>火山噴火の歴史  などから

 

しかし、北海道駒ヶ岳の噴火は、恐るべし・・

 

ただ、江戸時代に見られる地震や火山活動は、マウンダー・ダルトン極小期の太陽活動が低い時の特異な自然災害現象でもある。参照出来るかは、各個人の判断である。
マウンダー極小期とは、おおよそ1645年から1715年の太陽黒点数が著しく減少した期間
ダルトン極小期とは、1790年から1830年まで続いた太陽活動が低かった期間−現在に近い

 

  最近の黒点ゼロ、マウンダー極小期の小氷期を振り返る
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=511

 

 

 

そういえば、メディアの報道しない自由や海外情報に知らんぷりな気象庁とかで知らなかったが、西暦の大きめな大噴火と言われるインドネシアのクラタカウは、また最近も活動を始めたとか・

 

  クラカタウ…カトラ山、そしてイエローストーン…。

  地球を代表する「モンスター火山」が次々と噴火や、その予兆を見せる夏の終わり

    https://indeep.jp/signs-of-monster-volcanoes-eruption-krakatau-katla-and-yellowstone/

    2018年9月24日 In Deep

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 14:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM