西日本の被害地震増、そこで熊本地震とその連鎖を振り返る

  • 2018.08.13 Monday
  • 13:53

 

  西日本の被害地震増、そこで熊本地震とその連鎖を振り返る

 

                          西日本の被害地震増、そこで阪神・淡路の地震を振り返る
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=651

                          西日本の被害地震増、そこで東南海・南海地震を振り返る
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=653

                          インドネシアでM6.9の地震、パプアの地震の影響か
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=650

                          【定期】8・9月に向け、今までの地震の波及は如何に
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=648

 


上記から、2002年から2013年までは世界で大地震が起き、日本でも東北で大震災も発生。
しかし、熊本地震の頃に成ると、世界では地震の規模も件数も沈静化していた・

 


  < USGSから、熊本地震以前における日本周辺の地震 >  M7.5以上
      実際上は、パプア・ソロモン周辺とカムチャッカ半島当たり。M8越え無し
      M7.5を除くと、数件の地震数。最近までも、こんな感じ。


    M7.8  Sumatra, Indonesia           2016-03-02 12:49(UTC)   24km
    M7.8  Chichi-shima, Japan          2015-05-30 11:23(UTC)  664km
    M7.5  Kokopo, Papua New Guinea     2015-05-05 01:44(UTC)   55km
    M7.5  Kokopo, Papua New Guinea     2015-03-29 23:48(UTC)   41km
    M7.9  Little Sitkin Island, Alaska 2014-06-23 20:53(UTC)  109km
    M7.5  Panguna, Papua New Guinea    2014-04-19 13:28(UTC)   43km
    M7.6  Kirakira, Solomon Islands    2014-04-12 20:14(UTC)   23km

 

 

 

そう、、2002年から2013年までの世界の地震多発期を過ぎた2014年以降は、福島ぐらいでしかM7クラスの地震が発生しない状況だった。ところが、小笠原諸島で、世界一深く、大きな深発地震が発生し、西日本に被害地震が連鎖したと見ている。


  2014/07/12 M7.0 震度4 33km  福島県沖 37°03.0′N,142°19.2′E

   以後の福島沖での地震は 2016年11月


  − 西日本の地震状況 −
   2018/06/18 07:58 M6.1 震度6弱  13km 大阪府北部        34°50.6′N,135°37.3′E
   2018/04/09 01:32 M6.1 震度5強  12km 島根県西部        35°11.0′N,132°35.2′E
   2016/10/21 14:07 M6.6 震度6弱  11km 鳥取県中部        35°22.8′N,133°51.3′E
   2016/04/16 01:25 M7.3 震度7    12km 熊本県熊本地方    32°45.2′N,130°45.7′E
   2016/04/14 21:26 M6.5 震度7    11km 熊本県熊本地方    32°44.5′N,130°48.5′E
   2016/04/01 11:39 M6.5 震度4    29km 三重県南東沖      33°19.4′N,136°22.9′E
   2015/11/14 05:51 M7.1 震度4    17km 薩摩半島西方沖    30°56.5′N,128°35.4′E

   ( 実は大分でも地震が連鎖してた  2015/07/13  M5.7 震度5強 58km 大分県南部
   2015/05/30 20:23 M8.1 震度5強 682km 小笠原諸島西方沖  27°51.6′N,140°40.9′E Mj値


  − 関東南部の地震状況 −  
   2018/07/07 20:23 M6.0 震度5弱  57km 千葉県東方沖      35°09.9′N,140°35.5′E
   2017/11/16 18:43 M6.0 震度3    46km 八丈島東方沖      32°21.1′N,140°44.7′E
   2017/09/08 02:26 M6.1 震度3   475km 小笠原諸島西方沖  27°48.2′N,140°07.7′E


<気象庁の震央図から、被害地震の連鎖状況 >  M6以上の地震を抜出し
   意外と、3か月単位で連鎖。尚、1年半を目安に連鎖とする。

   ( 2年後は、地域条件も変わる。同規模の連鎖は、1年半程度が妥当 )

 


同じように、台湾の地震も、当然の推移のように地震が連鎖。

   2018/02/07 00:50 M6.7 震度2    10km 台湾付近          24°05.2′N,121°40.6′E
   2017/05/09 10:54 M6.4 震度3    79km 宮古島近海        24°22.6′N,126°19.5′E
   2017/01/10 15:13 M7.3 震度1   627km インドネシア付近   4°28.6′N,122°37.0′E

   ( 2017/09/08 M6.1 震度3 475km 小笠原諸島西方沖も影響? )

現在も、インドネシアの深発地震が、ロンボク島に連鎖したか? 更に西にも影響だろうか・

 

 

 

 

2002年から2013年の世界の地震多発期と深発地震の増加は、西日本列島の地層歪を増加させ、地震が連鎖するような状況となったと思ってる。阪神・淡路の地震でも連鎖が見られなかった状況を見ても、世界的な地震で顕著な地質の疲労が有ったと見ている。

 

世界は、2002年から地震期が始まるが、地震の多い日本は10年前の1993年頃から予兆として始まっていた。ただ、最近まで、周辺の地震規模が低下しており、被害地震のマグニチュード規模も下がってきている。それは、世界の地震が2014年あたりから収束した影響も有り、今後の日本も数年で収束であってほしいというところだろう。

物理的なエネルギーグラフから見ても、収束期に入り東南海地震とはいかないおそれもある。
                                                    

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 13:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM