西日本の被害地震増、そこで阪神・淡路の地震を振り返る

  • 2018.08.12 Sunday
  • 02:47

 

 

  西日本の被害地震増、そこで阪神・淡路の地震を振り返る

 

                          西日本の被害地震増、そこで熊本地震とその連鎖を振り返る
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=652

                          西日本の被害地震増、そこで東南海・南海地震を振り返る
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=653

                          インドネシアでM6.9の地震、パプアの地震の影響か
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=650

                          【定期】8・9月に向け、今までの地震の波及は如何に
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=648

 

 

現在、南海トラフ地震が噂される中、特に今日8/12あたりも、世界的に地震も、やや多い。

  大西洋とイタリア、中東が顕著・・

 

< USGSから世界の地震、今日8/12付け >

   追記 2018-08-12 14:58(UTC) アラスカ北部で、M6.4の地震発生

 

実は、南海トラフなどとメディアが誇張し報道している。所詮は、南海地震、東南海地震のことである。それを学術界が、扇動してるのは、大きな大地震を研究してるとの偏向した現れである。


また、フィリピンプレートが地上で結合した伊豆地域だけは、東南海地震では被害も大きい。それが、東海地震を誇張した動きでもあったろうかと推測する。

 

 

 

そこで、西日本で突然発生した阪神・淡路大震災が、どうして起きたか探ってみた。


     1995年01月17日  阪神・淡路大震災 - Mj 7.3    西日本の内陸で、突然の大地震

       1995年01月07日  岩手県沖で地震 - Mj7.2      北海道と西日本の中間

       1994年12月28日  三陸はるか沖地震 - Mj 7.6   北海道と西日本の中間

       1994年10月04日  北海道東方沖地震 - Mj 8.2

 

       1994/07/22  M7.3 552km 日本海北部   42°16.7′N,133°32.8′E 追記-2019/4

       (1994/06/08 Mw8.2 ボリビア深発地震 深発地震としては20世紀最大級 C )

       1993/10/12  M6.9 391km 東海道南方沖 32°01.7′N,138°14.4′E

 

     1993-08-08(UTC) Guam region      - M7.8  59km
     1993年07月12日  北海道南西沖地震 - Mj 7.8  −最近の津波:奥尻

       1993年02月07日  能登半島沖 - M6.6 25km                        追記-2019/6
     1993年01月15日  釧路沖地震       - Mj 7.5    実は、深さ101km の深発地震

                       実質西日本プレートで地震と見るか

 

1993年に深発地震の釧路沖地震が発生後、
奥尻島の津波地震と言うように、被害地震が出て来たのである。

( 日本列島ではM7クラスの地震は、年に一回程度なのに・・

  北海道と西日本の北西に移動する動きと、南東に移動する東北岩手県沖等で大きな地震

  更に釧路の深部西日本地殻&グアムがら西日本を北東に巨大地震という力が加わる ) 追2019-05


そして、高度成長で技術過信した学者が驚くほど、阪神・淡路大震災の被害が起きた訳である。
既存の設計基準では、高速道路も崩壊し、数々のビルまで崩壊する事象を垣間見た悲劇だった。

 

 


そこで、比較して、周辺の世界的な地震状況を見る。


< USGSから阪神・淡路大震災 までの5年間の地震  −M7.6以上 >
    日本周辺では、M7以上の地震が頻発、最大がM8を超える  − やや地震頻発期
    その中、2年以内に今回の地震のようなジャワ島、フィリピンプレートのグアムで地震

   M7.8  Honshu, Japan                  1994-12-28 12:19(UTC)   27km
   M8.3  Kuril Islands                  1994-10-04 13:22(UTC)   14km 北海道東方沖地震
   M7.8  Java, Indonesia                1994-06-02 18:17(UTC)   18km  あっジャワでも地震
   M7.8  Guam region                    1993-08-08 08:34(UTC)   59km

                                        
   M7.7  Hokkaido, Japan region         1993-07-12 13:17(UTC)   17km 北海道南西沖地震
   M7.6  Hokkaido, Japan region         1993-01-15 11:06(UTC)  102km 釧路沖地震 − 深発
   M7.8  Flores region, Indonesia       1992-12-12 05:29(UTC)   28km
   M7.6  Kuril Islands                  1991-12-22 08:43(UTC)   25km


     1991年 6月の噴火   ピナトゥボ山 VEI(火山爆発指数)=6 −フィリピン 追記9/16

   M7.7  Luzon, Philippines             1990-07-16 07:26(UTC)   25km
   M7.8  Minahasa, Sulawesi, Indonesia  1990-04-18 13:39(UTC)   26km
   M7.6  Mariana Islands region         1990-04-05 21:12(UTC)   11km


ただ、北海道周辺の地震が直接影響とはいえない離れた地域での阪神・淡路大震災である。

そこに、日本での地震も見てみる。


< 阪神・淡路大震災 までの5年間の地震  −M6以上の大きな地震 >


 −フリーソフトEqlistから列島周辺の地震 1990年から '95/01/10まで
    日本海・若狭湾でも、瀬戸内に影響が有る深発地震が発生してる

    まして、東海道南方沖では、深発地震も異常なほど発生していた

  1995/01/07 07:37  M7.2 震度5  48km   岩手県沖      40°13.4′N,142°18.3′E
  1994/12/28 21:19  M7.6 震度6   0km   三陸沖        40°25.8′N,143°44.7′E
  1994/07/22 03:36  M7.3 震度3 552km   日本海北部    42°16.7′N,133°32.8′E
  1993/10/12 00:54  M6.9 震度4 391km   東海道南方沖  32°01.7′N,138°14.4′E
    ( 1993年10月04日  北海道東方沖地震 )
    ( 1993年07月12日  北海道南西沖地震 )

                                                                         
  1993/01/19 23:39  M6.6 震度3 489km   日本海中部    38°37.4′N,133°51.9′E
    ( 1993年01月15日  釧路沖地震 -深発地震 )
  1992/08/30 04:19  M6.2 震度3 325km   東海道南方沖  33°12.6′N,138°20.2′E
  1990/09/24 06:13  M6.6 震度3  60km   東海道南方沖  33°06.4′N,138°37.8′E
                                                                    

 

 


そこに、「東海道南方沖」での地震が、淡路島に圧力を与え断層に影響を与えたか ??


又、阪神・淡路大震災を瀬戸内という地域でで見てみると、対称的に西側の芸予でも過去に地震が発生してた。フィリピンプレートの圧力は、均等に瀬戸内海に大地震を起こしているとも言える。

 

  2001年(平成13年) 3月24日 芸予地震 - Mj 6.7  −余震?

  1905年(明治38年) 6月 2日 芸予地震 - M 7.2

 

なにかと断層に目が行きやすいが、100年以上という長期的な時間で影響を及ぼしていた。それは、阪神・淡路大震災発生し、数年で近隣に大地震が連鎖しなかったことも興味深い。

 

( 7月なども、豊後水道・伊予でスロースリップも観測されてと気象庁で発表されたが、100年と言う大きな周期で言うと日常的に起きているとも思える )




阪神・淡路大震災の震源域では、江戸時代をみても地震が少ない。
過去に近傍の近畿では江戸時代などに発生したことはあるが、東海道南方沖での大地震が有ることから、長期的に地層に歪疲労を起こし、地震多発期を境に一撃されたと言えるのでないか。


阪神・淡路大震災は、地震多発期に発生した周期性の地域の地震でもあった。

地震多発期にみられた、ジャワ島の地震も他人事でない・・

 

ただ、最近は、やや地震の規模が、低めで有る気もする。

ジャワ島の地震もM6.9、大阪北部・島根もM6程度・ 青森沖・台湾もM6クラスである。

南海トラフと言うより、東南海地震発生の恐れは、まだ先ともいえる。

 

スポンサーサイト

  • 2020.01.25 Saturday
  • 02:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM