【定期】2018年沈静化気味の火山噴火も、危険な火山が活動

  • 2018.06.15 Friday
  • 05:17

JUGEMテーマ:火山

 

  2018年沈静化気味の火山噴火も、危険な火山が活動

    〜2018年半年の火山噴火、地震の影響か、中南米で富士山型火山が活発

 

                      古代文明を崩壊させた気候変動は、未だ何処の噴火か不明
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=631

                      2018年早々の大雪と冷え込みは、「火山の冬」状態か
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=595
                      最近の黒点零現象、黒点か地震の影響か世界の火山が話題
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=510

                      2018年、来年は冷害?、世界で火山活発と異常気象
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=543

 

 

現在も、世界で火山噴火が起きている。近代にいたる前の歴史では、大噴火に、労働力も少なく、公共事業も無く復興に喘いで大被害をもたらした。


  グアテマラ火山噴火、192人が行方不明 死者73人に 2018年6月6日 AFP
 

      海外「世界に日本があって良かった」 噴火被害
       日本の迅速な支援にグアテマラから感動の声

        http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/?no=2729#comment
        2018/06/13 【海外の反応】パンドラの憂鬱

 

最近のハワイのキラウエア火も大噴火の様相だが、火山灰も少なく地域限定の被害とも思われる。


巷で噂される富士山の噴火も、首都圏に10cm程度の火山灰でないかと恐れられる。前回の宝永大噴火(1707年)でも、小田原藩が困窮し幕府の支援を仰いだ。ただ、2次被害は相当なもので、当時の貧弱な財政状況で、小田原藩や農家は衰退したようだ。


その後、没落した家を再興し藩にも登用された人物、二宮尊徳公が出て来たのは、近代農業の幕開けでもあった。まさに、時代の寵児とも言え、その商才から家の復興だけでなく藩の復興まで取り仕切るのだ。そして、世界に先駆け信用組などを構築し、農家に進歩をもたらす近代農業の礎ともなった。

 

 

 

昨年は、カムチャツカ半島のシベルチ山などが、活発な活動を見せたためか、大気も不安定のようだ。最近は沈静化しており、様子見というところだろう。


ただ、環太平洋の地震や火山が活発なため、自転の速度低下も影響してか、アフリカなどの地表では影響も出てるのか。


  ヨーロッパ各地で異常な頻度で出現し続ける巨大スーパーセル
    https://earthreview.net/supercell-all-over-europe-sky-june-2018/
    2018年6月13日 地球の記録−アース・カタストロフ・レビュー


  アフリカ大地溝帯上の異変が止まらない
   : エジプトのスエズ運河沿いではシンクホールが発生し、
        ケニアではさらに新たな巨大亀裂が次々と出現している
    https://earthreview.net/sinkhole-in-suez-and-more-cracks-kenya-on-grv/
    2018年6月11日 地球の記録−アース・カタストロフ・レビュー


  日本付近の二酸化炭素濃度が観測史上最高を更新しました
    http://www.jma.go.jp/jma/press/1805/31b/2018co2.html
    平成30年5月31日 気象庁

 


 

− 2018年上期、世界の火山噴火 −

 

  ガラパゴス諸島イサベラ島の火山が噴火  2018年6月28日 AFP      - 追記 6/30 -

 

  火山噴火で人気観光地バリ島の空港閉鎖、
   29日夜まで 長引く恐れも    2018年6月29日 AFP                 - 追記 6/30 -

 

  活発化か?インドネシア「アナック・クラカタウ」が再び噴火(動画)

    2018年06月25日 ハザードラボ

 

  中米で火山活動が連鎖の様相 : グアテマラのフエゴ山の噴火以来、
   ニカラグアやコスタリカなどの4つの火山で爆発的な噴火が連続して発生している
    https://earthreview.net/series-of-volcano-activities-in-cetral-america-june-2018/
    2018年6月23日 アース・カタストロフ・レビュー                    - 追記 6/23 -

 

  メキシコ富士ポポカテペトル 爆発的噴火あいつぐ「火砕流のおそれ」(動画)
    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25299.html
    2018年06月20日 ハザードラボ                                     - 追記 6/22 -

    〜W杯 メキシコが18日ドイツに勝利で、地響きか・・

 

  クリル諸島 エべコ火山の噴煙 2500メートル上空まで 2018年06月19日 sputnik

                                                                    - 追記 6/19 -

  南米ガラパゴス諸島にある火山クンブレで大規模な噴火が発生。
    独自の生態系に影響か                                      - 追記 6/18 -
    https://earthreview.net/cumbre-volcano-on-the-galapagos-island-erupted/
    2018年6月18日 アース・カタストロフ・レビュー

 

  グアテマラ火山噴火、192人が行方不明 死者73人に 2018年6月6日 AFP

 

  キラウエア火山山頂で爆発的噴火 噴煙は9キロに到達 2018年5月18日 AFP

 

  動画:インドネシア・ムラビ山噴火の映像、キャンパーがとらえる 2018年5月16日  AFP


  米ハワイでM6.9の地震、キラウエア火山がまた噴火 2018年5月5日 AFP


  チリのネバドス・デ・チジャン山、噴火警戒レベル引き上げ 2018年4月8日 AFP


  インドネシアのシナブン山が噴火、噴煙が5000m上空に到達 2018年2月19日 AFP


  動画:中米グアテマラのフエゴ山、活発な火山活動繰り広げる 2018年2月3日 AFP


  比マヨン山から巨大な雲、「危険な噴火」警戒し4万人超避難 2018年1月23日 AFP


− 日本 −

 

  新燃岳が爆発的噴火 4月5日以来  2018.6.22 産経         - 追記 6/22 -

 

  桜島で爆発的噴火 噴煙4700メートルに 2018.6.16 産経  - 追記 -

 

 霧島連山・新燃岳が噴火 4月以来、噴煙3300メートル 2018.5.14 iza

 
  新燃岳、噴煙5千メートル 爆発的噴火、噴石警戒 2018.4.5 産経


  新燃岳で爆発的噴火 7年ぶり、噴煙2千メートル超 2018.3.6 産経
 

  草津白根山噴火 レストハウスの屋根突き破る噴石
   停電も発生予備電源でロープウエーの客避難 2018.1.23 iza

スポンサーサイト

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 05:17
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM