世界が時代の曲がり角、仏陀が嘆いた一神教の社会混乱は、現代に続く

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 09:19

JUGEMテーマ:国際社会

 


 世界が時代の曲がり角、仏陀が嘆いた一神教の社会混乱は、現代に続く
   〜仏教・仏陀の数奇な発生、太古に人間と宗教で乱れた社会に、道と徳の教えを導く
    

 

                      平和思考もいいが、ガンダーラ美術と浄土思想も崩壊した乱世
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=265

                      レノンも影響「救いの白隠禅師」を顧みる現代、もネット情報は少
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=531
                      なんと太古のメソポタミヤ神話は、多神教。それが世界標準
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=401

                      西アジアで派生の宗教、歪むキリスト教もシナで排斥史
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=392

 

 


 「神のお告げでプライベートジェット買う」、米宣教師が信者に寄付呼び掛け
    https://www.cnn.co.jp/usa/35120072.html
    2018.05.31 CNN
    〜テレビを使いだした現代版の宣教師が、お告げでプライベートジェットをねだる


「もしキリストが現代に生きていたなら、間違ってもロバに乗って布教するなどということはないはずだ」、個人的感想としては、莫大な維持費かけた降臨もどきより、地道な布教を優先するべきとも思うが。道が外れて、神を持ち出す宗教家の事例だろうと。今では、ポルシェに乗る坊主も・

 

 

 

最近、仏教とキリスト教の違いを検索してたら、回答事例で、
仏教のオリジナルでは、「全能の神、創造論を云うと、道徳がなくなる」と云われてる そうです 』とキリスト教の矛盾が指摘されてた。( そう、仏陀の教えは一神教的な創造神の存在が否定されてた。しかし、アレクサンドロス3世時のマケドニア王国の遠征でインドにもギリシャ彫刻美術も入り、仏陀の時代から3百年後位に布教で神格化と偶像化(仏像)が始まったみたい )


ただ、キリスト教の矛盾は、現在でも影響を及ぼしているようだ。キリスト教者は、
  ・異教を不完全な宗教だとみなしている
  ・選ばれたものという意識、まして野心を持ち政治活動もする
  ・自己の責任じゃないものや行動も存在し、神様のせいに出来る、

  ・そして、繰り返される聖戦・・

といった風だ。失礼だが、あだむというどろぼうも容認し、バベルの塔のように世界にどろぼうをばらまくという状況とも言えるのか。そして、神が作った無神論・異教者を絶対否定したり、失礼だけど神の名の元に勝手に罰することも出来るのである。そして、聖戦でいいことしたと言う・・

 

 ( もしかしたら、戦後まで殆どの信徒は文字も読み書き出来なかった欧米、教会で扇動されてた? 今でも文明の不安を煽る終末観、パンを与え、入信すれば天国に行けると・・  )

 

 

 

原始宗教でもインド辺地の宗教でもない仏教は、世界の誤解も普遍的な哲学

 

釈迦様から仏陀に至る背景には、
   ・都市国家がある程度の成熟をみて社会不安
   ・医学、農業、経済などが急速に合理的な方向へと発達し始めた時期
   ・アニミズム的、または民族的な伝統宗教では解決できない問題が多くなった時期
と、Wikiにも書かれている


そうした社会には、紀元前6世紀ごろに文字で経典化されたユダヤ教やゾロアスター教と、メソポタミアと関係が深いインドの多神教バラモン教も影響してた。


釈迦の生まれる背景には、激動の時代・・
  ・ペルシャ帝国アケメネス朝に占領されてたインド西部 −ペルシャは交易の中心地
     ペルシャ帝国の国教ゾロアスター教は、「 最古の一神教 」。善悪二元論の起源

       成典のアヴェスター語は、インドのサンスクリット語とは極めて近縁の言語

     そのゾロアスター教が中央アジアにも蔓延。一時、シナにも。イスラム教に変遷で淘汰とも
  ・イスラエル王国は紀元前722年にアッシリアに滅ぼされ、
     南のユダ王国は紀元前586年に新バビロニアに滅ぼされ、ユダヤ教が経典化か
  ・バビロン捕囚の新バビロニアも、紀元前539年ペルシア帝国に滅ぼされる
     ペルシア帝国には、一部でもユダヤ教徒が居て、旧約聖書・神話化の伝搬に関与した

  ・インド伝統宗教バラモン教と六派哲学の中、繁栄してた釈迦のコーサラ国・マガダ国
     三内丸山遺跡と同様に紀元前20世紀に衰退したインダス文明。( 気候変動? )
     そこにメソポタミアとインダスに、流れ込んだアーリア人で一極集中の人口爆発
     その後、紀元前10世紀ごろ、ゾロアスター教、バラモン教が生まれる

    ( 世界最古のシュメール文明と隣接したイランの原エラム文字と、インダス文字が、よく似てる )

  ・紀元前7世紀メソポタミアにアッシュールバニパルの図書館−最古の図書館、文字伝搬

     文字の普及と共に宗教の経典化。宗教も諸派と多宗教乱立に。
  ・紀元前6世紀には、ガンダーラで哲学のタキシラ大学。後に仏教の中心的役割

     一時ペルシャ帝国に占領され、ゾロアスター教も影響したようだ。

        歴史を転換させた図書館と大学と、オリエントの楔形文字
          http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=500

 

仏教が生まれた背景からも、それぞれの古代文明の社会不安と多〃の宗教から生じる問題に対応した哲学なのである。まさに、道徳から外れやすい宗教性と短命な戦乱の国性は、神自らの創造物。

 

 

 

そうして、中央アジアでも、商人や遊牧民の移動で多々の宗教も広がり、西アジアのように混乱が波及した。その影響はインドも同様で、仏陀の教えは、社会の不安に取り組んだ思想・哲学と言える。だから、輪廻を超越する唯一神(主宰神、絶対神)の存在は、矛盾があるとして認めなかった。
そして、仏陀は輪廻から解脱することを教えたと・・


そこには、後世にも通じるキリスト教と対峙した社会概念も有る。
 ・終末論に対し、仏教圏では輪廻転生?

    ゾロアスター教の天国地獄概念も、仏教は転生

 ・善悪二元論に対し、仏陀は煩悩と表現

    ※戦前日本軍の悪論思考は、邪鬼左派の被虐感扇動、日本の神には敗者も-中空構造

   等〃    ( 末法思想は、後世の宗派が作成


近代の宗教となった民族的なキリスト教概念は、古代からの一神教的な神話経緯に基づいており、それに対峙して、普遍的な思考と哲学(道と徳)を重ねた古典仏教は究極の教えといえる。


西暦の有史から、チベットでは、仏教哲学の議論が成されてたが、古代インドのタキシラ大学でも  六派哲学の一つであるヴェーダーンタ学派、そして、インドの仏教が議論されてた訳だ。
後の玄奘三蔵に唯識を伝えた仏教大学  ナーランダ僧院跡では9階の図書館もあり、仏教、天文学、医学、冶金学、数学、音楽学など合計12の学問も有ったと言う。哲学だから、社会論もある?

 

 


一神教化や全知全能などと、妄想化したおとぎ話や神話の宗教。そこに、非道徳化しない進化した仏教哲学を生みだした仏陀。

( 日本の仏教はその後、社会観に対応して、寛容的な禅宗も生み、政治に関与しない曹洞宗も )


現在でも、一神教どうしが生み出した世界の混乱。どうして、仏教が話題にならないのかとも思う。生きてる人はみな仏であるといった江戸時代の白隠など、仏教家の知恵者は数知れず。


やはり世界が混乱してる現在、古典仏教を世界に紹介するべきだろうと思う。ただ、閉鎖的な学会や学者、神格化し宗派で布教し金儲けに走る仏教界である。そこに、古典仏教の哲学を世界に宣伝できるのは、先進国では日本しかない訳で、政府や哲学界は宗派を乗り越えて活動も期待される。


神道だと世界に批判も受けやすいが、仏教哲学は国連や世界にも普遍的価値があると認めるだろう。なんせ、後世のマニ教、後継のイスラム教は、モーゼもイエスも救世主とした。そこに無視できない仏陀も救世主としたことは、逆にインド文明とメソポタミア文明の結びつきも証明してる。

 

 

  海外「日本以外じゃまず無理だw」 キリストとブッダのギャグ漫画が実写化決定
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2614.html
    2018/02/21【海外の反応】パンドラの憂鬱


  〜■ カトリック教徒です。
       マンガを読んだことがあるけど、本当に面白かったし、
       キリスト教や仏教に対して失礼な内容ではなかったですよ。
       あらすじだけで判断する前に、読んでみてください。 +22 香港
    ■ ほとんどのユーモアはかなり凝ってるし、
       キリスト教徒にしか分からないユーモアも散りばめられてる。
       全体的に無邪気な魅力がある作品。 +13 イギリス
    ■ 単なるフィクションじゃん。
       これに文句を言ってる人間は乗り越える努力をしようか。 +2 アメリカ

 

 

  海外「日本がキリスト教化しなくてよかった!」

   日本のキリスト教徒弾圧に理解を示す海外の人々
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2539.html
    2017/12/15【海外の反応】パンドラの憂鬱


  〜■ 公平に言って、布教は帝国主義の延長線上にあるものだった。
       バチカンは権力とお金のことしか頭になかったし。 アメリカ
    ■ アメリカでも出来れば綺麗な国になるのになぁ。 +36 アメリカ

       ■ 正直、無神論者が増えてるのは教会のせいだと思うの。 +7 アメリカ

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.11.15 Friday
  • 09:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM