日本の信用社会・善意と言う美意識とを蝕み侵す、反経済勢力

  • 2018.05.11 Friday
  • 13:50

JUGEMテーマ:国際社会

 


  日本の信用社会・善意と言う美意識とを蝕み侵す、反経済勢力
    〜海外の経済活動では、嘘つく練習と自分のたいまつで展開を


                     世界も日本も商いは、江戸の日本に学ぶべき。そして新興産業を
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=219
                     欧米やシナ、政治や富裕層の商道徳の無さに辟易
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=517
                     東南アジアの成長を阻害する要因、と最近のGDP
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=329
                     驚愕、HondaJet開発を支えたスーパーカブが、未だ爆売れ更新中
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=577

 

最近は、経済犯罪化と思われるほどの、異常な負債を抱える倒産が多い。先頃の「てるみくらぶ」と同様に、ビジネスモデルとは言えない、融資金頼りの拡大戦略もある。


最近は、特に経済犯罪が多いように思う。警察の会計・財務力調査が弱い面を悪用したとも言える犯罪が、増加しているようだ。


  スマートデイズ再生法申請 シェアハウス運営破綻 負債66億円
    https://www.sankei.com/affairs/news/180409/afr1804090008-n1.html
    2018.4.9 産経

 

     「かぼちゃの馬車」問題 購入者、支援うたう団体とトラブル多発
       “解決金”狙い二次被害か
         https://www.sankei.com/affairs/news/180421/afr1804210001-n1.html
         2018.4.21 産経


     「シェアハウス」倒産にみる不動産業界の“変調”に要注意
       サブリースモデルに逆風、地銀が中小へのリスク・マネー供給に消極的
        https://newswitch.jp/p/12881
        2018年05月08日 NewSwitch 日刊工業新聞


( 0(零)金利時代に、蔓延する不動産(バブル)事業、金利が安くて不動産に流れる投資の弊害時代だ。それを現す歪んだアパート不動産投資で、家賃の回収と建物維持・運用、そして保険を他人任せにすると、儲けもなく騙されて大損する )


常々思うが、財務省は税務署と分離し、起業登録させる法務局と組み、第二の警察も作るべきだろう。今や、坊主も弁護士も、犯罪化する団体だ。会計士も、脱税まがいの節税が蔓延してるとさえ言われる時代である。
素人や庶民には、巧妙な経済犯罪や貧困ビジネスに太刀打ちようも無い。


まさに、憲法改正で、経済犯罪に取り組む必要もある。(違法な漁船や密航船も攻撃出来る)

 

 


更に、海外では、日本のような信用社会は無く、平然と日本の資金を吸い取ろうとする組織も有ることを理解すべきだろう。


  リコー:1700億円の赤字転落へ、米で巨額減損−ペーパーレス化打撃
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-23/P615ND6JIJUO01
    2018年3月23日 Bloomberg


    藤澤武夫のことば
      honda-cafeホームページ
      〜松明(たいまつ)は自分の手で  −商社に依存せず海外展開


かつて、世界一を目指した本田技研工業の財務と本社機能を確立した藤澤武夫専務は、「 松明(たいまつ)は自分の手で 」という本まで残し、商社を経由せず、一躍大企業に成長させた。


まして、評論家の華人石平氏は、シナで商いしたかったら、嘘つく練習も必要だって・・
シナでは、信用という経済観念は無く、騙されるのは日常茶飯事で、常にネットワークと警戒が必要らしい。


其処から言えば、古代メソポタミアでは、粘土板の楔形文字で記した契約書が有ったらしい。交易の商取引での、売買契約・貸借契約の証に使用とあるから、現在より信用の商いも進んでいたのかもしれない。
現代は、欧米・シナに見られる程、情けない商行為の時代かもしれない。


  中国には「商道徳」がない・・・「これは、やはり危険だ」=中国メディア
    http://news.searchina.net/id/1590563?page=1
    2015-10-01 サーチナより


   【魔都見聞録】華僑成金の限界と日本の美意識[桜H28/4/4]
      https://www.youtube.com/watch?v=OUEqrn20qwE
      2016/04/04 SakuraSoTV
      〜評論家曰く  ASEAN東南アジアの経済圏には、
         寄生虫のように現地の人の血を吸いつくす組織があるらしい

 


 

闇社会のASEAN、日本左翼外交のミス

 

  地下経済の対GDP比率 国際比較統計・推移
    https://www.globalnote.jp/post-3916.html
    グローバルノート - 国際統計・国別統計専門サイト
       〜世銀(World Bank) 2007年直近データ

 

・地下経済(闇経済)とは政府当局から意図的に隠蔽された財貨・サービスの生産活動

 

      順位 国名       単位:%
        6  ウクライナ   58.1
       17  ロシア       52.0
       44  ブラジル     43.0

 

        7  タイ         57.2
       27  フィリピン   48.4
       89  マレーシア   32.6
       98  韓国         29.4
      118  インドネシア 20.9

 

      136  中国         14.3  *怪しい、国家も闇容認、国家自体も?
      141  日本         12.1
      145  米国          9.0


最近話題のASEAN東南アジアでは、今でも闇経済が横行しているようだ。一部には、売春も入るだろう。


かつて、戦前に日本軍は、植民地化から東南アジアを開放した。そこには、インフラ投資も開拓と産業化も有ったわけだ。


それが、戦後日本の戦前否定した左翼官僚のせいで、お花畑の外交をしてしまったのである。そのため、東南アジアの振興が遅れ、日本の指導も疎かになったと言わざるを得ない。


官僚を無能にしたのは、軍事論や地政学を疎かにした帝国系大学の無能さだろう。戦後のシナを支えたのは、東北部(満洲)の満鉄経済だったことを考えれば、戦前の近代化政策は正解だったと言えよう。

 

まさに、戦後の日本外交官は、政治観が空の外航管であろうか。

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 13:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM