日本における1993年からの大地震は、どうして増えたのか

  • 2018.03.19 Monday
  • 00:24

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

   日本における1993年からの大地震は、どうして増えたのか

    〜 連鎖するような大地震、地震の起きずらい西日本で大地震が起きたのは ?


                             意外に認識が違った地震の多い関東のプレート地層
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=254
                             列島でも大きな深発地震は、数年後に地表で発震か?
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=409

                             日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=488

                              〜ユーラシアプレートでの地震は、次世紀に増加か

 


2000年からの10年間は、大きな地震が起きた年でもある。ペルーに始まり、スマトラの津波大地震。チリでも2010年にMw 8.8のマウレ地震も起きている。最後は、2011年の東日本大震災であろうか。

 

 

 

実際、スマトラ地震から東北大震災の地震が大きなピークと言え、1993年奥尻地震から頻繁に起きたのは前兆と言えるのだろうか。このような大地震は、1960年代にも起きていた。下記のとおり、観測史上最大のチリ地震からアラスカでも1964年に大地震が起きている。


最近における日本の大地震が始まったのは、1993年からが顕著と言え95年には阪神大震災も起きている。そのきっかけと言える地震は有るのかと調べても、よくわからない。
そこで、1960年から、どれだけ大きな地震が起きたかを知れべてみた。


< 1960年からの大地震を統計してみた >  ■:地震の多い地区

 

       1960年05月22日  チリ地震(観測史上最大規模の地震)- Mw 9.5(Ms 8.5、Mt 9.4)

     1961年08月19日  北美濃地震 - Mj 7.0

       1964年03月28日  アラスカ地震 - Mw 9.2(Ms 8.4、Mt 9.1)

     1968年05月16日  十勝沖地震 - Mj 7.9(Mw 8.3)
     1969年09月09日  岐阜県中部地震 - Mj 6.6
     1978年01月14日  伊豆大島近海の地震 - Mj 7.0

 

     1983年05月26日  日本海中部地震 - Mj 7.7  −最近の津波:秋田
     1984年08月07日  日向灘で地震 - Mj 7.1 ■

 

     1993年01月15日  釧路沖地震 - Mj 7.5(旧Mj 7.8)(Mw 7.6) ■

     1993年07月12日  北海道南西沖地震 - Mj 7.8  −最近の津波:奥尻

 

       1994年06月08日  ボリビア深発地震 - Mw 8.2、深発地震としては20世紀最大級
     1994年10月04日  北海道東方沖地震 - Mj 8.2 ■

     1995年01月17日  阪神・淡路大震災 - Mj 7.3

                       ( 1993-08-08 Guam region M7.8が有ったが )

 

     2000年10月06日  鳥取県西部地震 - Mj 7.3
     2001年03月24日  芸予地震 - Mj 6.7

       2001年06月23日   ペルー沖で地震 - Mw 8.4
     2003年09月26日  十勝沖地震 - Mj 8.0■

       2004年12月26日  スマトラ島沖地震 - インドネシア - Mw 9.1 - Mw 9.3


     2005年03月20日  福岡県西方沖地震 - Mj 7.0
     2007年03月25日  能登半島地震 - Mj 6.9
     2007年07月16日  新潟県中越沖地震 - Mj 6.8 ■

     2008年06月14日  岩手・宮城内陸地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)

 

       2010年02月27日    チリ・マウレ地震 - Mw 8.8

     2011年03月11日  東日本大震災 - Mw 9.0(Mj 8.4) −最近の津波:三陸他

       2013年05月24日  ロシア、オホーツク海で地震 - Mw 8.4、深さ608.9kmの深発地震

     2014年11月22日  長野県神城断層地震 - Mj 6.7(Mw 6.2)
     2016年04月16日  熊本地震の本震 - Mj 7.3 (Mw 7.0)

 

        『 過去の印象のある大地震は、何年前? 』      や Wiki「地震の年表」から
           http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=125

 

                                                                    *は、日本での被害の有った大地震

                      5年間ごと  ← │ →  3年間ごと   表の地震はUSGSから検索し統計

1960〜 1965〜 1970〜 1975〜 1980〜 1985〜 1990〜 1993〜 1996〜 1999〜 2002〜 2005〜 2008〜 2011〜 2014〜
世界の 地震ー 深発地 震除く

M8.5i≦

3 1 1 1 1 2
M7.8≦ 10 8 5 8 1 6 2 7 6 7 5 10 7 6 9
世界の  深発 地震 400 km<
M8≦ 1 1 1
M7.5≦ 2 2 1 2 3 2 3
M7≦ 7 7 4 3 3 5 4 4 2 7 2 5 4 5
追加 世界の  深発 地震 100 399 km
M7≦ 6 10 7 7 5 11 8

6

1960〜 1965〜 1970〜 1975〜 1980〜 1985〜 1990〜 1993〜 1996〜 1999〜 2002〜 2005〜 2008〜 2011〜 2014〜
アジア  −環 太平洋 【深発 地震除 く】
M7.8≦ 5 5 6 8 6 5 5
 東南 アジア  −環 太平洋 【深発 地震除 く】
M8≦ 2 1 3 2 1 1 2 4 1 4
中国大 陸周辺 の地
M7.3≦ 1 2 3 3 2 2 1 2  

    1975〜  インドネシア周辺に地震多め      1990年から3年間と狭めて統計してるが、積算数値もやや多め

  ※3/22 世界の深発地震(100〜399km)追加       深発地震除くは、400km以上の深発地震対象

 

・1975〜1990年までは、大地震や深発地震が少なめ (インドネシア周辺以外)

・実際に、世界では1993年頃から、大地震が多い時期に入った

・2002年〜2013年が、大地震のピークともいえる

・その大地震は、1960年から10年間の大地震にも似てる

 

1999年と2005年の3年間、399km以下の深発地震発生と共に、

    日本では内陸型や新潟で大きい地震も発生 −追記

・深発地震を見てみると、1993年以前の3年間で大きい地震も増加している

・更に特大な深発地震は、1993年と2011年、2回の3年間に発生

 

この事例から判断すると、1993年からの日本の大地震は、地球(環太平洋)の大きな地殻の動きなのかもしれない。

 

・2002年〜2013年が、巨大地震のピーク

・1993年〜2020年が、地殻の大変動期?

・大地震は、現状において環太平洋で起きやすい−歪みやすい?

・日本の大地震は、一見東南アジア・中国の影響より、深部地殻の変動を受けやすい?

 

最近の大地震は、こんな感じであろうか。

あと数年は、M8前後の地震が考えられるが、収束の傾向と言えるかもしれない。

 

 

 

 

なお、最近の東日本大震災などの地殻変動について記事も有ったので記載しておく。

まだ、地震もよく理解できてないが・・・


  日本列島の地殻変動の謎を解明
    http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20170629/pr20170629.html
    2017/06/29 産総研

    〜日本列島は、フィリピン海プレートの運動が影響してると・・

 

< 追記 3/24 >

 

日本は、最近まで地殻変動といえる大地震。でも、温暖で地震の起きない欧州やアフリカでは、大地震(地殻変動)が起きなすぎる為か、大地や海の悲鳴が出てきてるらしい。

 


  昨年からの大寒波、現実は百年ぶりという異常ぶり
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=606
    〜世界では、続々と火山噴火。地震の少ないエリア中心に巨大な亀裂


    大地溝帯で何が起きている? : ケニアでさらに連続して巨大な亀裂が発生
      https://earthreview.net/mega-crack-in-kenya-again-what-is-going-there/
      2018年3月22日 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー


    サハリン・ホルムスクの海岸で突如として海の水が消滅。
      2007年には同じ現象の後に大地震が発生したことがあり、地元はややパニックに
     
https://earthreview.net/suddenly-extreme-water-receding-in-sakhalin-town-sea-coast/
      2018年3月21日 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー


    極地の異変? それとも……

     : これまでまったく地震のなかった北極で観測史上最大の地震が三度連続で発生
     
https://earthreview.net/historic-mega-earthquake-hit-near-noeth-pole-what-happen/
      2017年10月29日 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー


まあ、最近は、海の異常現象はいろいろと取り上げられてる。

スポンサーサイト

  • 2019.12.12 Thursday
  • 00:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM