大量生産の先駆けフォード等米企業、傲慢と金まみれで衰退

  • 2017.07.28 Friday
  • 09:32

JUGEMテーマ:国際社会

 


  大量生産の先駆けフォード等米企業、傲慢と金まみれで衰退
    〜グローバル社会も得したのは一部の投資家だけ、今世界は次世代に向け経済転換期


 

                        トランプ氏が示す虚構のアメリカ、実体経済は穴だらけ
                          http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=279

                       「アメリカファースト」、それは強奪・強要と手数料ビジネスか
                          http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=497

                        人口も西欧以上の移民で、人口急増のアメリカは分裂か
                          http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=522

                        英国に見るEU離脱。もう10年後に向け動き出した
                          http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=319

 


 1903年に創業したフォード自動車が、100年を境に経営の危機だろうか。フォードといえば、100年前に安価な大衆自動車を工場のレーン化で大量生産した会社だ。でも、世界での販売が伸び悩み北米依存になるらしい。


  GM、フォード 海外撤退で北米市場重視 強まる“内向き志向”
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170728/mcb1707280500023-n1.htm
    2017.7.28  sankeibiz

 

      実は根深い米国製造業の後進性、トランプ政権も政策は的外れ
        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=486


      インドネシア:GM撤退に追い込む、日本のミニバンの強さ 現地大臣“信頼している”
        http://newsphere.jp/world-report/20150321-1/
        2015年3月21日 NewSphere


      GM副会長、「米消費者は燃費の悪い自動車を求めている」
        http://www.afpbb.com/articles/-/2628833
        2009年08月09日 AFP


そのアメリカも、中産階級が減少し白人の人口比率も低下した不景気の国に成ろうとしている。世界を経済植民地にし、投資で金を巻き上げたのはいいが工業を中心に衰退してると言う。投資業の過剰成長と驕りの米企業体質が行きついた先なのだろう。


その証拠に、米企業のメンテナンス部品が安価にならず、製品の品質も粗悪だったことが影響しているのだ。そう、一部の投資家や経営者に利益が巻き上げられ、金が回らなくなった産業界だからだろう。アメリカのサービス観念が、世界に通用しなくなったと言える。


今まで、世界でアメリカの一人勝ちだったGDP。しかし、世界では一人当たりのGDP(国民の年収相当)が、100万円程度の国が多いのだ。まさに、米企業はサービスもよくない高価な車を売って、怠けていたと言える。

 

 

 

そこに、2流会社ともいえる自動車会社の連合が注目を集めている。ただ、ルノーの経営者であるゴーン氏は米企業にも負けない報酬だ。ルノーという会社が、フランスの産業界や経済に貢献してるかは、不明と言わざるを得ないが・・


  日産・ルノー連合初の首位 1〜6月世界販売、三菱自押し上げ トヨタとVW追いつかず
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170728/bsa1707280500001-n1.htm
    2017.7.28 sankeibiz


しかし、世界は自動車も新技術に走り出したともいえる。GM、フォードが、自動運転などに投資するべく利益の安定化で採算性の低い事業の縮小をしているのだ。またGMは、リーマンショックで一度倒産しており、またしても投資の再考で再建できるかは不透明かと思ってしまう。


  英、ディーゼル車とガソリン車の新車販売を2040年以降禁止へ
    http://www.bbc.com/japanese/40724350
    2017年07月26日 BBC
    〜次世代に向け、宣言が早すぎる機もあるが・・・
        日本のメディアより、記事の長期保存は行き届いている欧米のメディア
        フェイクニュースに溢れた日本の新聞よりマシだ


まあ、将来への投資に舵を切るのはいいが、国民と経済に金が循環しない現状の投資社会には限界もあるのかと思うこのごろであろうか。そう、グローバル社会と言われたのは、一部の投資家が儲けるだけで、世界の国々は、操作された資金の回収で疲弊を何度も味わうと言った悲劇が多すぎたのである。


まあ、そこにグローバル社会で利益を吸い上げようとするシナの台頭もある。


  感心せざるを得ない日本の技術―中国メディア
    http://www.recordchina.co.jp/b185540-s12-c60.html
    2017年7月28日 Record China-環球網

>>日本といえば、多くの分野で世界最先端を走っている国家であると
>>いうことをわれわれは認めなければならない。
>>現在の世界はオープンな世界であり、中国も閉鎖的な国ではない
(えっ)からだ。
>>では、日本の感心せざるを得ないいくつかの技術を見てみよう。

  〜シナは、どれ程オープンな世界に、なろうとするの金(かね)


まあ、シナは利益が共産党階級に独占される国柄という悪弊もある。


世界の投資は、再考される時期かもしれない。

 

スポンサーサイト

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 09:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM