世界は宗教も経済に無能、更に宗教より異常な朝鮮思考

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 10:03

JUGEMテーマ:韓国

 

 


  世界は宗教も経済に無能、更に宗教より異常な朝鮮的思考
    〜世界で広がる宗教団体離れと、ただ朝鮮は宗教団体の暴走も自己中心的


                       レノンも影響「救いの白隠禅師」を顧みる現代、もネット情報は少
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=531

                       西アジア発祥の宗教に疑念、頭角を現せない倭の仏教
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=394

                       西アジアで派生の宗教、歪むキリスト教もシナで排斥史
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=392

                       分裂の宗教、キリスト教は新宗教で歴代も進化せず曰有り
                         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=498

 

 

【一部後半訂正】

もう、アメリカは分裂してるのか。民主党やメディアは支持を得るため、雇用問題が取りざたされる中ながら、なりふり構わぬ運動を展開する。現在、トランプ大統領のFBI長官更送問題でメディアが日本の森友問題を超えるネガティブキャンペーンを展開してるという。


  オバマ前大統領の超セレブ引退生活 金遣い荒い妻の意向も
    https://www.news-postseven.com/archives/20170510_541576.html
    2017年5月10日 NEWSポストセブン
    〜ウォール街で投資銀行主催の講演。報酬額は40万ドルとオバマ氏が荒稼ぎ

      民主党も呆れる、風評の悪さ。民主党ではヒラリー氏のようにぼろ儲けできる
      首都の高級住宅地に6億円の豪邸に住み、ハワイに9億円、加州に5億円の別荘を所有。えっ

      引退後、タヒチのバカンスでは、たった7千万円の支出らしい


そのアメリカ政治に保守性が感じられなく、社会にも宗教性が感じられない。アメリカの実態は、「政治は富裕層にチェンジする場」と言えるのかもしれない。インサイダー政治もまかり通る委員会政治なのだ。

 

 

 

世界でキリスト教社会が秩序を無くし、暴れる団体が増える中インドネシアでは興味深い記事だ。


  ジャカルタ州知事、イスラム教侮辱の罪で実刑判決
    https://www.cnn.co.jp/world/35100881.html
    2017.05.09 CNN

 

実は、インドネシアは信教の自由を保障して、パンチャシラ(建国5原則)では唯一神への信仰を第一原則としている。でも、殆どが信心深いイスラム教である。無神論者は取り締まられるのだ。そこに何を信じてるか解らないシナ人知事が裁判で訴えられる。もともと、慈愛も無く神より博打好きの人民。道教のくじさえ、良くなるまで何回も引きなおすと言う。


東南アジアは、アヘン戦争で儲けた華僑出身者や特定の民族が多いという。頼りは、親族で閉鎖性の経済社会と金融を行うと言う。上記のシナ系インドネシア人はキリスト教らしいが、風土で長年に帰依するイスラム教の教えも、利用することしか考えなかった。


他宗を蔑視するキリスト教を利用している世界が多いと言う事だろう。今でも、王政(独裁)のようなキリスト教は、社会の変化や人口爆発に無力化してると言える。

 

 

 

まあ、そこにキリスト教徒が半分いると言われる南朝鮮だ。
今回の大統領選で元ノムヒョン時代の青瓦台秘書で弁護士文在寅氏が勝利したと言う。

 

 【韓国大統領選】社会分断深めた選挙…「統合」打ち出す裏で「保守の壊滅」指向
    http://www.sankei.com/world/news/170509/wor1705090060-n1.html
    2017.5.9 産経


でも、投票結果は40%程度で、国民の支持を得たとは言えない。政治をするソウルなどは、他県を蔑視する親族・地域社会で、総じた人気は無い。そこに、落ち目となる人には徹底し迫害する風土だ。


しかし、元北朝鮮人(戦後に北から落ち延びた避難民)が南朝鮮の大統領になるとはね。


今回の大統領選挙は、もともと港で産業の多い釜山の支持と若年層失業者の多いソウルの気風で当選したと言える。地すべり的投票結果と言えず、年配者や保守陣営の支持は少なかったのだろう。


南朝鮮人の気質は、メシア(救世主)思考でも有り一時的な人気を作り出す。救世主に疑いの目が向けられると、一気に人気も低下する異常な社会だ。近代にも、数多くのメシアを名乗るキリスト教宗教家が出て来た南朝鮮。


その宗教も、最近は人気が低下してるのか、かの統一教会も存続が難しいという。かつては、都会に出て来た農村部の出身者が、過度な風土で精神障害となり、付け込んだキリスト教諸派である。
失業率上昇に寄り経済不安も重なり、えせ信仰心と一時の親族金まみれは当然の成り行きかも。

 

 


その異常な南朝鮮の地域には、
  ・平壌(東洋のエルサレム)から南下避難したキリスト教団体
  ・それぞれに呪術も入ったキリスト教派
  ・戦前に政治(度牒制度と科挙の僧科)に依存しようと独自な禅系曹渓宗(ナヌムの家)等
  ・北のスパイがいるとされるロウソクデモの団体や挺対協
     平日昼から若者を洗脳し異常者にし、デモする団体

などがおり、絶えず国家予算にすがる団体も多く経済も上向くわけも無く、異常な風土と習慣では国体がまとまる訳も無い。財閥も独自の学校を作るわけだ。

 

もともと革命を叫ぶ団体などは利権を得たいだけの運動だ。戦前、抗日でテロに明け暮れたのは、禅系曹渓宗やキリスト教の信徒が多いと言う。戦後に、過激派や犯罪者が作った社会、かつ言いたい放題の社会では、安定した経済社会と国体が出来るわけも無い。


実は、文在寅氏も過去には、1982年釜山YMCA(キリスト教青年会)理事だそうだ。
南朝鮮の戦後で特質すべきは、
  ・金泳三、1954年当時の最年少国会議員として当選
    −当時、反日が染みついていた。戦後に帰国したテロ宗教人が思想を混乱?


  ・パククネ氏が留学中の1974年8月15日に文世光事件が発生
    −1977年以降、「大韓救国宣教会」で、パククネ氏が忠孝や礼儀の重要さを説く国民啓蒙運動
      「新しい心(セマウム)を持つ運動」を南朝鮮全土で展開し、各地の自治体や学校に支部

    〜パククネ氏は、南朝鮮宗教界の悪弊を知り尽くしたのかもしれない
      パククネ氏の大統領選挙では、相当文在寅氏を敵視したとある


  ・学生運動好きの南朝鮮  だろう。


相当に社会各層が混乱する南朝鮮だ。そこに、北のシンパとスパイが入るのは防ぎようもない。実際、ロウソクデモでは、現役政治家も協調できずに参加するだけという。

 

 

 

南朝鮮も地域差別だけと思っていたら、日常に堂々と差別する習慣だそうだ。

虚栄心のかたまりとシナ人に評される南朝鮮人。民衆や他人より自尊心をいつも強調したがるようだ。パククネ氏が従事した大韓救国宣教会の崔太敏氏も内部で揉めた際に、

  『オイ、この野郎。お前たちはシャーマンが持つ霊力もないくせに、何が牧師だ 』

と発言したらしいから、根付く習慣は世界で唯一、独特の風土と言えよう。

 

  韓国社会に広がる嫌悪感情、外国人観光客誘致の妨げに=韓国ネット
  「無理に呼び込む必要はない」「堂々と差別をする韓国国民の方が恐ろしい」

    http://www.recordchina.co.jp/b178471-s0-c30.html
    2017年5月17日 Record china

 

     「民衆は犬や豚」発言が大問題になった韓国で、今度は議員が国民を獣に例え
       =「コメントするのもばかばかしい」「国民として非常に残念」―韓国ネット

        http://www.recordchina.co.jp/b176309-s0-c10.html
        2017年4月26日 Record china

 

民衆社会の発達が遅れてたのか、朝鮮半島の風土はおかしい。近親相姦のゾロアスター教のような同名(金etc)結婚も進んだのか、協調性の無い劣化した思考も多いようだ。通常は、王政の貴族階級政治になると貴族は伝統を活かした知恵者がいるものだが、

世界に例を見ない異常な地方なのである。

 

朝鮮戦争で国連軍がキリスト教徒を保護してくれると言う事で、えせキリスト教徒もいると言う。だから、南朝鮮のキリスト教は世界と違うと言わざるを得ない。弁護士の文在寅大統領も、実は北を崇拝してると言う。騒がしい南朝鮮を日本のせいとし、北の支配構造を望んでいるのだろう。経済も語れず、80万人の公務員を新規雇用すると言うから驚きだ。今、朝鮮王朝に回帰する思考だ。

( 親日罪の影響で経済・雇用の下降とも思われる状況で、また枠を広げようとするらしい。しかし、親日で得をしたのはまさに弁護士の文在寅氏であろう。蓄財も相当らしく民族を煽ったテロなのかもしれない。それこそ罪である )

 

今や何でも利用して都合よくしようとする南朝鮮。文在寅氏は、アメリカ政治を混迷させる弁護士のようだ。政治向きでない弁護士。法律も無いのに、世界の概念や習慣を印象で利用するのだろうね。

 

 

 


ローマ法王も「道徳的、霊的に生まれ変われ」という南朝鮮の風土。
キリスト教徒とは名ばかりで、信仰心に慈愛も無く、独自の「親族・地域社会」へ。


ローマでは、民衆にパンを配り政治的派閥に押し進め王朝体制を作ったキリスト教。キリスト教は、政治に関わり過ぎて商業や経済生活の教えでは、相当に欠陥が有ると言える。まして、政党に係わると独善的で社会と風土を混乱させる訳だ。

 

しかし、シナは昔から原理を主張する宗教に悩まされ抑圧してきた。今では独裁だが、南朝鮮を見て民主主義は良くないと判断するだろう。でもそこには、普遍性の無い文化もある。それは歪んだ王朝政治だろう。人が多いだけで、ムスリム商人が寄ってきたわけで、中華などと言う行動様式も無い。

 

まあ、太古の春秋時代から思想の進まなかったシナ。そこに貢物も少ないため異常な思考の朝鮮人を宦官として受け入れる。そこに、シナ思考の朝鮮的異常性が入り込んだと言うべきだろう。

( 逆に朝鮮はシナを支えたとも勘違いしてるかも )

まさに害である。一つに李氏朝鮮では、完成度の高い朱子学を延々と議論し、いじってきたと言う。江戸も、最後には全員が逃げて行った朝鮮の朱子学者だ。

 

朝鮮半島人は、もう数千年経たないと変わらない。でもシナは、中華と言う誤った朝鮮的思考をぬぐい去らないといけない。業突張りの朝鮮人や親族社会から、脱しないといけないだろう。そして、感謝しない虚栄心、偉人を下げ荒む思考の淘汰をしないと。

 

つくづく日本共産党もそれに付随するほどの朝鮮的異常思考。

そう、シナは害のある朝鮮的思考に汚染されたのかもしれない。排除をする思考者が待たれる。

 

スポンサーサイト

  • 2020.10.22 Thursday
  • 10:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM