地震後も忘れてはならない余震で土砂崩壊、続々と海外でも・・

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 11:55

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

 

地震後も忘れてはならない余震で土砂崩壊、続々と海外でも・・

  〜それは、土砂崩壊は突然に来る時も。最悪、噴火による山体崩壊も・

 

 

                             冬季も地震は福島主流、5月以降にやや大きめか
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=527

                             日向灘で震度4、西日本の地震も衰えず
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=505

                             西日本を中心に軽微な地震増加、今年は地震より火山活動か
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=518

 

災害−特別版
最近、地震の多い環太平洋など世界では、土砂崩れも多い。痛ましい限りだ。


  地滑りに民家巻き込まれ24人死亡 キルギス
    http://www.afpbb.com/articles/-/3126894
    2017年04月30日 AFP


  コロンビアに現れた「イエス・キリスト」的な形状の太陽光現象。

   そこは一週間前に地滑りで17人が死亡した場所
    http://earthreview.net/stunning-divined-shining-light-appeared-over-columbia/
    2017/04/27 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー


でも、これは大地震や継続する地震とも影響する。実際、環太平洋の地震も話題だ。
最近の地震でも、やや大きい地震が環太平洋で発生。

  2017-05-01 14:18 (UTC) M6.3 20km Skagway, Alaska
  2017-04-28 20:23 (UTC) M6.8 26km of Burias, Philippines
  2017-04-24 21:38 (UTC) M6.9 25km Valparaiso, Chile


  環太平洋火山帯は地震の周期に入った?
  :アラスカとカナダの境界付近で大きな地震が相次ぎ、群発地震も頻発中

    http://earthreview.net/a-lot-of-quakes-rattle-canada-alaska-border-area/
    2017/05/02  地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー

 

      追記−関連災害編 5/4

       桜島(昭和火口)で度々噴火、昨年7月以来の爆発的噴火も
         https://weathernews.jp/s/topics/201704/280175/
         2017/04/28 ウェザーニュース

 

 

 

 

 

日本も、不幸な2016年熊本地震から、一年が経とうとしている。
大地震の他に、実は土砂崩れも気を付けたいものだ。


北海道も、311東日本大震災後の冬季明けに土砂崩れが頻発したのである。
冬の積雪が溶けて、地盤が緩んだ山岳や峠で地質が崩れるのである。
大きなもので2件も発生してる。巨大地震と余震の嵐は、凄まじいと思った次第だ。


  中山峠土砂崩れ現場でボーリング調査開始−開通めどは立たず
    http://e-kensin.net/news/article/7580.html
    2013年04月08日 北海道建設新聞社

    〜昨年(2012年)に引き続き、道央と道南を結ぶ大動脈が寸断されたと


  北海道で土砂崩れ相次ぐ 列車がストップ
    http://www.news24.jp/articles/2012/04/27/07204654.html
    2012年4月27日 日テレ

    〜JR石勝線(札幌−十勝方面)の夕張地区不通。最近の日高線不通も同様か・

 

 

 

 

このように、日本は有史にも大きな土砂崩壊が地震などで併発している。


山体崩壊>主な山体崩壊の歴史   −Wiki
  〜糸魚川静岡構造線の周辺が多いようだ  −地震の影響が強い項を抜出し

 

  ・1586年 天正地震による帰雲山の崩壊(これにより内ヶ島氏が滅亡した)−岐阜
  ●1707年 宝永地震による大谷崩れおよび五剣山の崩壊 −静岡、香川
  ・1751年 宝暦高田地震による名立崩れ   −上越 406人死亡
  ・1847年 善光寺地震による岩倉山の崩壊 −長野
  ●1858年 飛越地震による鳶山崩れ(大鳶崩れ) −富山・岐阜
  ●1911年 稗田山崩れ(長野県小谷村)

 

    ●は、日本三大崩れ

( 鳥海山・北海道駒ケ岳・渡島大島・島原半島眉山・磐梯山の噴火による山体崩壊も有った

    −富士山型火山の特徴とも、渡島大島・島原半島眉山では、津波も発生 )

 

宝暦高田地震による「名立崩れ」は、上記キルギスの地すべりに匹敵する恐ろしさだ。
>>幅約1キロメートルにわたり、一部の台地が塊ごと滑り落ちた
>>集落が元の規模に戻ったのは、100年以上が経過   −Wiki


大規模な日本三大崩れと言うように、気を付けないといけないのである。
1ヶ月前から音響が轟くといった予兆があったとされる「稗田山崩れ」もあり、
軟弱な地盤や斜面では、地割れなどや轟音には的確な通報なども必要だ。


一機に大地震で崩れる場合と、ゆっくり進む地盤崩壊も有る。
一部の峠など、崖側の路肩の弱さも見られることもある。


熊本地震も一年経ち、余震も想定以上と言われた大地震だった。
同様に、火山灰の多い地域も有り気を付けたいものだろう。


また、地震が多かった地域や特有の地域は考慮に値するだろう。

大雨後は、土砂崩れに、特に注意!!

 

 追記 5/21

  豊後大野市で地割れ40カ所 原因不明、1世帯自主避難 大分
    http://www.sankei.com/west/news/170520/wst1705200095-n1.html
    2017.5.20 産経


  長野・飯山で山腹崩落、8世帯15人が避難 けが人なし
    http://www.asahi.com/articles/ASK5P358QK5PUOOB001.html
    2017年5月21日 朝日

 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 11:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM