人口も西欧以上の移民で、人口急増のアメリカは分裂か

  • 2017.04.08 Saturday
  • 00:09

JUGEMテーマ:アメリカ

 


人口も西欧以上の移民で、人口急増のアメリカは分裂か


                          移民で命運を分けた豪と米国、でも移民は新興国の負債だ
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=491

                          治安対策と経済で安定する多人種のNYも、まだ世界は不安定
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=473

                          現代の民族大移動−難民・移民は問題が多い。
                            http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=146

 


最近の移民騒動のアメリカで人口を拾ってみた。自分でも記憶のある時から1億人以上増えている気もした。その中で、移民賛成派のヒラリークリントン民主党が言うような状況でない気もする。


要するに食わせられない風土だ。貧乏人用の医療制度が有るわけでなく、風邪を引き熱が有ればスーパーで解熱剤の世界だ。余りにも、薬剤が市販されているので耐性菌が猛威を振るい、もういいと言うらしい。

 

 

 

そう、世界の人口を見てみると、人口は最近15年で一息ついたかのように思われる。
ただ、30年で人口2倍の後進国もある。

    ・アフリカ(&パキスタン)は、30年程で2倍の人口で民族差別も
        人口増加が多いフィリピンやバングラデシュでも、1.8倍

            −アフリカなどを支える、日本人による米・小麦の品種改良と普及
                http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=356

            −最近禿学者が世間を賑わすなか、徳を積むノーベル受賞大村公
               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=245
              〜大村智公の研究成果「イベルメクチン」が、アフリカの感染症に偉大な貢献

    ・新興国やASEANは、30年程で1.5倍に。
        そして、1.3倍で落ち着くタイのようなところも

    ・先進国ドイツや日本は人口が、それ程変動せず
        英仏は、旧植民地の留学受け入れや移民で、1.15倍に

    ・EUの東欧諸国は、工業国に人口流失で、若干減少もある

 

 

 

そこから見ても、アメリカの人口増加は西欧と比較しても多すぎるようだ。工業国の移民国とはいえ、フィリピンなどの看護婦などの技能者も受け入れるが、それ以上に流入が多いと言える。


また、カナダのように少ない人口の移民国でないアメリカだ。今やアメリカも人口ランキングで世界3位の3.2億人。

 

そう、アメリカでは製造業も逃げ出すほど、一人当たりの稼ぎ(人件費)も大きい。ただ現状は、食料は十分な生産のようだ。現実として、いつまでも持ちこたえるのであろうか。

 

 

< 世界の人口ランキング と増加率 >    −単位:100万人(以下切り捨て)
                     − 1985−−2000−−2015年  2000/  2015/  計30年
 順位  国名              人口                    1985   2000   増加率

  01  中国              1,058   1,267   1,373   120%   108%  (130%)
  02  インド              763   1,029   1,292   135%   126%  (170%)

 

  03  アメリカ            238     282     321   119%   114%  (135%) 移民で増加
  04  インドネシア        162     206     255   127%   124%  (158%)
  05  ブラジル            131     173     204   132%   118%  (156%)
  06  パキスタン           92     136     189   148%   139%  (206%)
  07  ナイジェリア         78     118     178   151%   151%  (228%)
  08  バングラデシュ       94     132     159   141%   121%  (169%)
  09  ロシア               --     146     143    --%    98%  (----)

  10  日本                120     126     126   105%   100%  (105%)
  1985年6位

  11  メキシコ             77     100     121   130%   121%  (157%)
  12  フィリピン           54      76     102   141%   134%  (189%)
  13  ベトナム             59      77      91   131%   118%  (154%)
  14  エチオピア           39      63      89   162%   141%  (228%)
  15  エジプト             46      63      89   137%   141%  (194%)

  16  ドイツ               76      82      82   108%   100%  (108%) 東ドイツ統一増?
        ・
  19  トルコ               49      64      78   131%   122%  (159%)
  20  タイ                 51      62      68   122%   110%  (133%)
  21  イギリス             56      58      65   104%   112%  (116%) EUで増加
  22  フランス             55      58      64   106%   110%  (116%) EUで増加

       ・・
  32  ウクライナ           --      48      42    --%    88%
       ・・

  36  ポーランド           37      38      38   102%   100%↓EUで低下

  37  カナダ               25      30      35   120%   117%  (140%) 移民奨励の国

       ・・
  57  ルーマニア           22      22      19   100%    86%  ソ連時代に工業化もEUで低下
  78  ギリシャ              9      10      10   111%   100%↑
  81  チェコ               --      10      10   100%   100%↑


    世界経済のネタ帳  (IMF−2016年10月版)から
      http://ecodb.net/ranking/imf_lp.html

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 00:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM