北からぴーまんなつぶやき、気まぐれ特集−社会編− 目次

  • 2017.03.19 Sunday
  • 13:59

JUGEMテーマ:検索エンジン

 

  北からぴーまんなつぶやき、気まぐれ特集−社会編− 目次

    〜消えていく歴史の真相、横断的に拾ってみる。そして、現在を記録へ

 

  (人物ありきの歴史は捏造・隠蔽と嘘。

      過去の隆盛、風土が消されていく現代社会に・・)


  以前>>  北からぴーまんなつぶやき、意外と読まれてるページ

 


<  地震・火山ー地球物理学編  >
  ・最近の黒点ゼロ現象、黒点か地震の影響か世界の火山が話題

  ・最近の黒点ゼロ、マウンダー極小期の小氷期を振り返る
 

  ・日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・
  ・鳥取地震、2013年から西日本〜日本海までも歪んでいたか

  ・列島でも大きな深発地震は、数年後に地表で発震か?

  ・過去の印象のある大地震は、何年前?

 

  ・意外に認識が違った地震の多い関東のプレート地層

  ・日本の古文書が明らかにした、北米カスケード津波地震

<  宇宙・航空開発の取組  >
  ・こうのとりHTV5打上成功に続く、H−僑噌眦找州横更罎亡待
  ・小型衛星CubeSat市場でロケット混迷、ISS「きぼう」に注目
  ・HTVこうのとり6号機打上成功、役立つ実験やCubeSatも続々と
 

  ・高騰する軍事航空機、今では日本がリードする航空機続々
  ・中国の航空機・戦闘機開発は、如何に

 

<  文明・宗教の変遷  >
  ・歴史を転換させた図書館と大学と、オリエントの楔形文字
  ・歴史を転換させた知財の宝庫、オリエントの文明 

      〜 暦・六十進記数法が誕生「カルデア人の知恵」

   −余談−
      ・西欧暗黒時代に確固な存在感のムスリム、それは行政能力 

          〜 モンゴル帝国で10進法普及
      ・西アジアで派生の宗教、歪むキリスト教もシナで排斥史

      ・なんと太古のメソポタミヤ神話は、多神教。実は、それが世界標準
      ・平和思考もいいが、ガンダーラ美術と浄土思想も崩壊した乱世

 

<  日本の稲作を一変させた、明治からの取組  >

  ・明治期、田舎は経済を支える都、女性は社会の大黒柱

 

  ・明治に開花した、堅実な農民の日本酒米の品種改良
  ・明治に開花した、米の品種改良−コシヒカリと西日本編
  ・明治に開花した、米の品種発明−庄内を中心とした東日本編

 

   −余談−
      ・酒は中世の経済を支えたが、歴史を翻弄させた日本酒づくり

      ・小作人も恩恵。地主も社会と共に成長した豪商庄内本間家


 

<  今も進む日本の農業技術の展開  >

  ・アフリカなどを支える、日本人による米・小麦の品種改良と普及
  ・ネリカ米普及は、アフリカの金権政治より着実な政策次第
 

   −余談−
       ・オリエントは「緑の革命」より、緑化と循環型農業が必要

       ・砂漠緑化と農業に試行と錯誤、イスラエルまで成果

       ・農地塩害と、震災で津波被害の農地回復の動き
       ・植物版ノアの箱舟開封も、紛争で止まない農業破壊
 

< アジアや世界で注目される日本食材と日本の調味料 >

  ・世界に注目される日本食材、でも閉ざされた地方食材
  ・世界で注目される日本の「わさび」、人類史上最後の香味料?
  ・島国日本の地域の可能性。と農業という未来産業

 

< 河川・土木に貢献した偉人 >
  ・加藤清正公が活かした日本古来の土木技術と、河川技術の功績
  ・海外で増加する港湾工事受注、日本の技術と人を活かす『港湾工学の父』広井勇公

  ・昔の無名の技術者ー偉人(鳥居信平)
  ・農業を産業化した二宮尊徳、と札幌、台湾の発展
    〜蓄財より、士官で学問と農地改良、そして指導者育成に没頭

 

<  明治の文明開化時代に、産業の道筋を作った志の異人  >

  ・無血革命「明治維新」と渋沢栄一   日本資本主義の父
  ・富岡製糸場の日本近代化と、近代実業者 伊庭貞剛企業の社会的責任の先駆者

 

<  世界が驚く日本の文化  >

  ・今、世界で注目される奈良公園の野生鹿

  ・日本人より日本文化を知ってたジョブズ、大学に見切りで偉大な投資発明家
  ・さらに世界に日本文化。日本の絵文字、世界標準の一フォントに追加。
  ・世界の驚愕した「日本の近現代」のよく見直すべき
  ・震災で、日本人に神と仏陀を見た外国人

 

 

<  例外−その他−  >

  ・インチキイカサマ国家、国民とインチキの格闘

  ・自然界の掟、カラス害に見る公園の対策と国際社会
  ・急な”イボ痔”は、早急な対応で治る・・

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.12 Thursday
  • 13:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM