日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・

  • 2017.01.30 Monday
  • 11:33

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

  日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・

     〜地震300年周期の原因は、これだ

 

 

                                 浅間山・富士山の伊豆も、冬季の火山現象増加のようだ
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=487

                                 2016年の日本列島、熊本など地震が多め?
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=465

                                 2016年世界の地震は減らず、まだ2010年代は異常
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=464

 

 

さて、今年も地震も有るのかと、まずは月の距離を調べてみた。

<2017年>
 1月10日(火)15時01分:月の距離が最近(0.945、36万3238km、視直径32.9′)
 2月 6日(月)23時02分:月の距離が最近(0.959、36万8816km、視直径32.4′)
 3月 3日(金)16時33分:月の距離が最近(0.960、36万9062km、視直径32.4′)
 3月30日(木)21時32分:月の距離が最近(0.947、36万3854km、視直径32.8′)

 4月28日(金)01時15分:月の距離が最近(0.935、35万9327km、視直径33.2′)

 5月26日(金)10時21分:月の距離が最近(0.929、35万7207km、視直径33.4′)

 6月23日(金)19時52分:月の距離が最近(0.931、35万7937km、視直径33.4′)

 7月22日(土)02時12分:月の距離が最近(0.940、36万1236km、視直径33.1′)
 8月18日(金)22時18分:月の距離が最近(0.952、36万6121km、視直径32.6′)
 9月14日(木)01時06分:月の距離が最近(0.962、36万9860km、視直径32.3′)
10月 9日(月)14時55分:月の距離が最近(0.954、36万6855km、視直径32.6′)
11月 6日(月)09時10分:月の距離が最近(0.940、36万1438km、視直径33.1′)

12月 4日(月)17時46分:月の距離が最近(0.930、35万7492km、視直径33.4′)

 星を見る・宇宙を知る・天文を楽しむ AstroArts > 天文現象カレンダー  より
    https://www.astroarts.co.jp/phenomena/

 

 

 

また、最近世界の地震を見てたら隣国の大陸でも都市に近いところで地震が出ていた。

  2017-01-27 18:46(UTC) M5.3 37km  Xunchang, China(重慶の付近)

そこで、意外と地震の多い大陸の歴史的な地震を追ってみた。

 

17世紀(1600年代)前後で日本の大地震は多いが、なんと並行してユーラシアプレートのシナでは巨大地震が多発している。まして、その時期の地震が、ウイグル寄りでなく北京周辺で多発していた。余波は、朝鮮半島にまで大地震発生に至る状況だ。

 

なにか類似性も見られ、日本の巨大地震と並行して羅列してみた。ただ、20世紀にはシナの地震も奥地に移行し、地震も規模が下がる。しかし、ここ最近はヒマラヤ山脈周辺も地震が出てきて、シナの周りは大地震が増加気味だ。

 

もともとシナは、ウイグルやチベット、雲南・四川省で大地震も顕著であるが、

・遼寧半島から渤海湾を経て、山東・安徽省に至る方向
・河北省、河南省、山西省一帯
・陜西省から、四川・重慶・貴州・雲南省に至る方向
・甘粛省

も、大地震が多いとされる。

 

< 大鹿村中央構造線博物館より白亜紀の断層群 >

 

東南海地震や南海トラフ地震を前に、

・シナの北京寄りの東部で『巨大地震』の発生は、300年以上沈黙してる

  遼寧省、山東省、山西省、河北省

  ( 1970年前後は、M7前後の直下も普通の「大地震」とみる )

・朝鮮半島の大地震も沈黙してる

 

・シナで、日常的に発生するM6〜7前後の地震は、実に多いと言うべきかもしれない

・依然シナでは、全体的に大地震と中南部の巨大地震が発生する

雲南省、四川省を除く緯度が列島と同程度のシナでは、大地震は300年周期である

    シナの大地震ピークは17世紀と20世紀だった。日本も初期に内陸巨大地震、以後に大地震が・

と推測される。20世紀に北京寄りの東部で発生が少なかったのは、陥没した渤海湾の効果?

 

( 追記 3/15:一応300年周期としたが、20世紀は北京付近でM8クラスは発生せず。しかし、台湾でM8.3は発生している。さらに、シナも大地震の報道を避けている。今世紀でも北京から南部にかけ別の周期も想定されるかも・・ )

 

過去に山東省でも巨大地震、約50年前も渤海湾周辺で大地震もあった。更に発生も予想されるのか。尚、シナの地震は多いのに係らず、過去の地震記事は企業誘致の為か消えている。いやはや、大陸の地震国家であるシナは、インフラ課題も有り海洋進出どころでないと思うが・・

 

( まして、シナ政府の横暴や財政難もあり、日本企業も進出どころでない地域だ。とても維持できるものでないかもしれない。この地域は、膨大な保険も必要と気付いた・・ )

 

総合すると

・関東周辺の内陸型(巨)大地震は、シナ大陸で巨大地震が頻発すれば起こりえる。 次期?

    意外と関東の大震災は、シナ東部の『 巨大地震期 』に発生しているようだ。

    〜現在の想定範囲内は、M7以下程度かも

 

・次の南海トラフ地震は 20世紀のシナ大地震が奥地で歪が小さく宝永地震より小さめか

  ただ、濃尾地震(天正地震)や最近の日本列島の地震からの判断は、より難しいのか。

 

日本西部寄りの『巨大地震』を統計で見ると、偏向した解釈も可能なのかな。

ただ地球の地殻やプレートの解釈では、妥当な面もあるかもしれないと思ったりもする。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大陸シナなどの地震と併記    〇南海トラフ大地震、巨大地震は明記 ( 太平洋プレートの要因も多い )

                            ● ・ 関東周辺の大地震、巨大地震(内陸系)

                            チリら南米の巨大地震追加−地震期の目安  −2019/05/22

  〜シナで、日常的に発生するM6〜7前後の地震は、実に多い

 

1303年 9月17日 山西、洪洞・趙城地震 - M 8.0、死者20万人(47万5,800人とも)

1368年 明王朝 朱元璋で建国される−地震と関係ありか(飢餓と荒廃、ペストで人口半減の時代)

    1411年 9月29日 早朝にチベットで地震 - M 8.0、死者多数、地表断層や山崩れが発生

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
17世紀(1600年代)が、巨大地震集中期(プレートの変動期)の300年

 

         1513年          ペルー沖で地震 - Mw8.9

    1515年 6月17日 雲南、鶴慶地震 - M 7.8、死者数千人
    1536年 3月19日 四川、西昌地震 - M 7.5、死者数百人

1556年 1月23日 陝西省、華県地震 - M 8.2、死者83万人またはそれ以上
              (地震による死者数としては人類史上最悪と言われる)

         1570年02月08日 チリ、コンセプシオン沖で地震 - Mw8.8

       ■1586年 1月18日 天正地震(東海東山道地震、飛騨・美濃・近江地震) - M 7.8〜8.1それ以上?

                                                                    ■1586 天正地震−美濃

         1586年07月10日 ペルー、リマ沖で地震 - Mw8.9

 


       (1596年 9月 1日 慶長伊予地震- M 7.0〜 豊後・伏見)

                                                                    ●1605 慶長地震−?

  (1609年 7月12日 甘粛、酒泉地震 - M 7.3、死者840人)
  (1622年10月25日 寧夏省で地震 - M 7、死者1万1,000人)

1644年 清王朝 明が打倒され王朝が変わる −巨大地震集中期の妥当(打倒)さか(飢餓と荒廃の時代)

1654年 7月21日 甘粛、天水地震 - M 8、死者3万1,000人

        1660年         スマトラ島沖で巨大地震(M8以上)

1668年 7月25日 山東、=城地震 - M 8.5、死者4万7,615人

                                                                    ●1677 延宝房総沖地震

1679年 9月 2日 河北、三河・平谷地震 - M 8、死者4万5,500人

  (1643年 7月24日 慶尚道蔚山  7.0(6.3))
  (1681年 6月26日 韓国東海岸 - M 7.5 死者数万人)

        1687年10月20日 ペルー、リマ・カヤオ沖で地震 - Mw8.7 津波が日本にまで届く
1695年 5月18日 山西、臨汾地震 - M 7.8、死者5万2,600人

        1700年01月26日 太平洋岸北西部、カスケード地震 - Mw8.7 - 9.2 津波は日本にまで届く

                                                                    ●1703 元禄関東地震
      ■1707年10月28日(宝永4年10月4日) 宝永地震(南海トラフ連動型地震) - M 8.4〜8.6(Mw 8.7〜?9.3)

                                                                    〇1707 宝永地震−東南海

1709年10月14日 寧夏、中衛地震 - M 7.5、死者2,000人

        1716年02月06日 ペルー地震 - Mw 9.0

1718年 6月19日 甘粛、通渭・甘谷地震 - M 7.5、死者7万5,000人


     1725年 2月 1日 ロシア、バイカル湖付近で地震 - M 8.2

     1733年 8月 2日 雲南、東川地震 - M 7.8、死者1,200人
1739年 1月 3日 寧夏、平羅地震 - M 8.0、死者5万人

     1786年 6月 1日 四川、康定・瀘定地震 - M 7.8、死者446人、河道閉塞が起こる
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
20世紀(1900年代)が大地震集中期(プレートの変動期)の新たな300年

  ただ、20世紀のシナの大地震はどちらかと言うとウィグル寄りの奥である。

 

    1806年 6月11日 チベット、錯那で地震 - M 7.5、死者100人 

        1811年12月16日 アメリカ中西部ミシシッピ川沿い、ニューマドリッド地震 - M8クラス 

1812年 3月 8日 新疆ウイグル自治区、伊寧地震 - M 8?、死者多数
  (1830年 6月12日 河北省で地震 - M 7.4、死者数千人)

    1833年 9月 6日 雲南省で地震 - M 7.7、死者5,000人

1851年 太平天国の乱
       ■1854年12月23日 安政東海地震(東海・東南海地震) - M 8.4、安政南海地震

                                                                    〇1854 安政東海地震
                                                                    ・1855 安政江戸地震

         1868年08月13日 ペルー、チリ北部沖、アリカ地震 - Mw8.9 - Mw 9.1 日本・三陸に遠地津波の記録
         1877年05月09日 チリ北部沖、イキケ地震 - Mw8.6 - Mw 9.0 日本・三陸に遠地津波、房総半島で死者

1879年 7月 1日 甘粛省、武都地震 - M 8.0、死者2万人

       ■1891年(明治24年)10月28日 濃尾地震 - M 8.0  日本(観測)史上最大の内陸地殻内地震

                                                                    ■1891 濃尾地震

1905年 7月 9日 モンゴル、フブスグル地震 - Mw 8.4

         1906年01月31日 エクアドル沖で地震 - Mw8.8
         1906年04月18日 サンフランシスコ地震 - Mw7.9(Ms8.3)

1912年 清王朝崩壊 周辺国離反と欧米露などで弱体化
1920年12月16日 寧夏、海原地震 - M8.3 Mw 7.8(Ms 8.5)、死者約24万人
                                                                    ●1923 関東大震災
1927年 5月23日 甘粛省、古浪地震 - Mw 7.6(Ms 8.0)、死者4,000人(20万人とも)
1932年12月25日 甘粛省で地震 - M 7.6、死者7万人

                                                                    〇1944 昭和東南海地震

 

 

    1950年 8月15日 アッサム - チベットで地震 - Mw 8.6、死者4,000人内陸最大級

    1957年 6月27日 ロシアのバイカル湖北東で地震 - M 7.9、死者1,200人

1957年12月 4日 モンゴル、ゴビ・アルタイ地震 - Mw 8.1(Ms 8.3)、死者1,200人

        1960年05月22日 チリ地震(観測史上最大規模の地震)- Mw 9.5

  (1966年 3月22日 河北省、=台地震 - M 7.1、死者8,100人(7日?))

    1970年 1月 4日 雲南省、通海地震 - M 7.5、死者1万6,000人
  (1975年 2月 4日 遼寧省、海城地震 - Mw7.0(Ms 7.2)、死者1,300人-前兆で避難済

               60年代周恩来総理が地震研究を整備し、前兆で犠牲者減の成果、只以後隠蔽の時代
1976年 7月28日 河北省、唐山地震 - Mw7.5(Ms 7.8)、死者24万2,000人

               周恩来総理死去と毛沢東主席死去 もあり、 『 天変地異は人の世の大変動 』と噂

               *上記河北・遼寧省3件が、最近の渤海湾(黄海)付近の大地震


    2001年11月14日 中国、チベット北部で地震 - Mw 7.8(Ms 8.1)

        2004年12月26日 スマトラ島沖地震 - Mw 9.1- Mw 9.3

        2007年09月12日 スマトラ島沖地震 - Mw8.5。死者25人
    2008年 5月12日 中国、四川大地震 - Mw 7.9(Ms 8.0)、死者・行方不明者約8万7,000人

        2010年02月27日 チリ・マウレ地震 - Mw8.8

      ■2011年03月11日 東日本大震災 - Mw9.0

    2015年 4月25日 ネパール中央部で地震 − Mw 7.8、カトマンズの北西80km、深さ15km

        2015年11月14日 薩摩半島西方沖 − M7.1

               *チベット・雲南・四川省は、域外とし大きめしか記載せず

 

       2XXX年 南海トラフ大地震??

 

参考で、台湾方面での大きめの地震

1771年 4月24日 八重山地震(明和の大津波) - M 7.4〜8.0(Mt 8.5, Mw 8.7)

1910年 4月12日 台湾基隆沖で地震 - M 8.3
1920年 6月 5日 台湾花蓮沖で地震 - M 8.3、死者5人
1999年 9月21日 921大地震(台湾大地震、集集大地震) - Mw 7.7、死者2,415人

スポンサーサイト

  • 2019.12.12 Thursday
  • 11:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      北のすみびと (09/21)
    • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
      historia (09/21)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM