世界を脅かすシナの政治、それは恐れを知らない文革世代

  • 2020.09.17 Thursday
  • 21:55

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

 世界を脅かすシナの習政治、それは恐れを知らない文革世代か

 

 

 

シナ南部では、長江の大洪水も起きた上に、満洲でも洪水が起きたと言う。その雨雲は、朝鮮半島を縦断し勢力を弱めた台風9・10号の影響らしい。 実際にどこまで、脆弱な国土開発なのか。庶民生活も考えない疎かな国土開発だった。


   中国東北部で河川が決壊 穀倉地域一帯が水没
     https://www.youtube.com/watch?v=T-MbXuTNbOU
     2020/09/14 新唐人


戦後は、中共は日本が残した満洲の資本で食いつないだが、再投資が疎かであったか。
この旧満洲(東北部)は、大きな穀倉地であり、相当な食糧難なのは確かだ

 

   奄美沖で遭難の貨物船、沈没か 43人乗船、牛6千頭輸送中
     https://www.afpbb.com/articles/-/3302767
     2020年9月3日 AFP

 

弱り目なシナに、更なる不幸の畜産輸送の貨物が沈没、、余程急いでいたか。

只シナは、諸外国とも戦狼外交と米中との揉め事の中、諸国に勝手な貿易の制限をする始末だ。

 



ところが、もともと支持者や支援者も居ない中共は、国内の離反を恐れて昔の異民族地域まで思想教育したいようだ。それじゃ、異民族や他民族の反感を買うんじゃないか。そこに、カネと暴力でしか国をまとめられない心の貧しさを見せる。漢字だけじゃ、豊かな精神性が無くなる不幸に。


   内モンゴルの小中学校から母語教育を奪う中国共産党の非道
     https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/post-94394_1.php
     2020年9月10日


    「精神力」に差があった・・・中国人が抗日戦争で「苦難に満ちた戦い」を強いられた理由=中国
       http://news.searchina.net/id/1692606?page=1
       2020-09-10 searchina

     日本が圧倒的な強さを誇る「基幹技術」はこれだ! 「我が国はまだ掌握すらできず」=中国
       http://news.searchina.net/id/1692701?page=1
       2020-09-15 searchina


一時期は、急成長も見せたシナであるが、実力は不相応であったか。
人民が豊かになり、実力も上がるかと思われたが、こんな嘘だらけの教育体制では、社会と政治の発展と人の成長は望めない。

 

 


   EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習近平は「人権に関し指図受けず」と内政干渉拒否
     https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/eu-233.php
     2020年9月15日 Newsweek


そんな中、発展途上国であり、基礎工業力も育ってないのにシナの急進派の政治顧問学者が恐れも知らない発言だ。まして、中共幹部らは、何をしでかすかか解らない。これは、建国も五十年近く発展しなかった素養の低さが今でも存在する悲劇である。

 

   清華大学教授が薬品原料の輸出の武器化を提言 関係者「浮世離れした寝言」【禁聞】
     https://www.youtube.com/watch?v=F2GHkcTaVZM
     2020/09/15 NTDTVJP

 

シナの教育と政治が高尚化してない現われであり、人民の事や庶民生活も考えない異常な民族性を見せつける。シナと漢民族に、文明化は遠い現実だ。

 

偽札作り・麻薬製造・偽物づくりは盛んで、アメリカ等に輸出し、世界を混乱させてると言う。ある面から見ると、その中共公認の犯罪は取り締まりも無いらしく、法治や国体に問題があるんじゃないか。アマゾンの配送録をパクったような、あの郵送された種も、その一環であろう。


習氏の政治批判さえ捕まえるとは、中共体制の害を潰す法治の異常さだ。しかし、中共を崩壊に導くような害のある中共幹部は、なぜ捕まらないのか (笑) ・不思議だ・ 流石、矛盾を生んだシナ

 

実は、気を付けたいのはシナ人とは無宗教で戒めが無い人頃しもする信用できない部族なんだ。道教は只の易という占いで、仏教を必要とした歴史だけど信者が少なく理解もできてない。多くの人が漢字も読めなかった歴史の悲劇だ。著名人は敵対され始末されるむごい歴史でもある。

生きる道しるべ(哲学)が無く、横浜中華街にある関帝廟が示すように、人それぞれなシナ人だ。

 

 

 

最近に特に政治が酷いのは、45年も経った文化大革命とシナ人の末路でないか。


若い紅衛兵が暴走したように、現在の文革世代の中共幹部も暴走が止まらない。
そう、文革世代の政治・・ 唯我独尊を許す中共の補正も効かない政治の欠陥・・


今では、行き過ぎた習政権の行動は、中共崩壊の「総加速師」と人民は言う。

シナに80年ぶりの大洪水、それでもやまない世界への中共の暴挙

  • 2020.06.27 Saturday
  • 21:15

JUGEMテーマ:国際社会

JUGEMテーマ:中国

 

 

   シナに80年ぶりの大洪水、それでもやまない世界への中共の暴挙

   〜中共の整備した長江は成り上がりの技術で自壊、世界の脅威と化す破戒は人民も見放すか

 

 

シナ南部が80年ぶりの大洪水らしい。五月からの季節は南部に入った暖気が寒気と重なり、奥地では龍舟水に見まわれる雨季らしいが、今年の雨量規模が天の怒りを示してるかのように酷いという。

 

ただ、そのような中、シナ周辺では大人しいかと思えば、暴れまくる人民軍らのようである。まして、それは一か所でない多方面で騒動を起こしているのである。歴史に残る暴挙なのであるが、歴史に残るダム崩壊になるやもしれない。まして、武漢コロナの大騒動が治まらないうちに・・・

 

   中国南部で洪水と土砂災害、死者多数 観光地に打撃   6/10頃
     https://www.afpbb.com/articles/-/3287772
     2020年6月11日 AFP


   中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる   6/20頃
     https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58430.html
     2020年06月22日 大紀元


      重慶洪水被害、ネットユーザーが相次ぐ動画投稿 当局は「逮捕」と言論統制
        https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58621.html
        2020年06月24日

 

   中国連休突入も首都・北京では新型コロナ感染拡大で厳戒態勢
     https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200626/mcb2006260738011-n1.htm    
     2020.6.26 SankeiBiz

 

既に、シナ南部では数か所のダムが崩壊し発電所も流されたところもあるらしい。そこで、欠陥が指摘される三峡ダムが崩壊するのではという。それが、崩壊したら被害は上海まで及ぶと言われ、シナ経済の半分相当にダメージがあるらしい。三峡ダムの下流には、経済都市がいくつもあり、人民軍の基地も多いとか。

 

この三峡ダムは、2009年に完成したが、そもそも人民軍が賛成しなかったダム建設と言われる。それには、中共幹部の利権が横行し、その運営も農民とかけ離れた経済システムなのだそうだ。今でも、変形やひびが発生してると言われ、多くの武装警察までも建設に加わったりと未熟さも懸念され、多くの建設に問題があるらしい。

 

もともとは、治水や災害対策がうたわれた三峡ダムは、経済利権に成り変わり、下流の農民には恩恵も無い。実際に今年の洪水で水嵩が増えて、告知されない放水が下流の洪水被害を更に大きくしてるとか。日本の梅雨明け頃まで、三峡ダムはもつのであろうか・・

 

どっちにしてもシナに大きな事件なようだ。人民軍と人心もいつまで持つのかは疑問でもある。

 

   中国南方の洪水災害 赤十字会の募金はわずか2000元?   追記 7/12
     https://www.ntdtv.jp/2020/07/44254/
     2020年7月10日 NTD

     〜世界が信用しなくなった中共と言う偽善の富豪家、シナ人も信じられない構造に・・

        愛人を40人も抱えるアル中共幹部の実態に賛同もない、これは支持率の低下?

 

 

 

 

  −長江(揚子江)と三峡ダム、そして武漢−  ヤフー地図から

                                             武漢―上海は、最短道路で 約 840km

続きを読む >>

混迷するシナ共産党のコロナ肺炎対応、収拾遅れに火を注ぐか

  • 2020.02.29 Saturday
  • 07:44

JUGEMテーマ:中国

 

 

  混迷するシナ共産党のコロナ肺炎対応、収拾遅れに火を注ぐか
    〜シナには信用社会も無いが、行政への怒りは軍の反乱次第。先の戦区変更が負担に、

 

 

既に、シナ共産党がコロナ肺炎を公表してから、世界にまでウイルスが広まり拡散されている。ところが、秘密主義と都市隔離のせいか、シナ国内では拡散されているのかも不明だ。まあ、多数の人民を犠牲にした過去のように、シナ共産党はメンツが最優先事項のようだ。

 

民間の医療体制も育成出来なかったシナでは、禍根を残すものだろう。そのなか、いろいろなうわさや記事が氾濫もしてる。強制的に北京から徴用された医師などの話題や、隔離で地方の警備組織で横暴さが極まるとか、人の集まる伝統の麻雀も禁止の中で私物の麻雀卓が破壊されたといろいろと話題も欠かせない。

 

   中国の鉄筋在庫が過去最大、新型ウイルスの感染拡大で需要低迷
    
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-25/Q68LMZDWX2PS01?srnd=cojp-v2-markets
     2020年2月25日 Bloomberg


しかし、配給の体制が行き届いたか知らないが、生活必需品や生鮮食料が行きわたったとも聞かないわけであり混沌としているのであろう。そのなか、諸外国から寄付されたマスクが横流しされてるとか・・それとも、予算稼ぎなのか不明でもある。日本中心に流行ったマスクであるが、よくしゃべるシナ人にさほど効果もないだろうか。

 


 

実際に、どれほどシナ社会に不満が溜まってるのかも今後の推移に見極めも必要だろう。
それでなくても、退役軍人でも不満が多い。


  中国各地で頻発する退役軍人の抗議活動
   地方政府や役人の腐敗への怒り
    https://premium.toyokeizai.net/articles/-/18524
    2018年7月28日 東洋経済

 

    金を持ったら暴走するシナの軍国主義に、社会と民衆が距離
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=583
      2017.12.29   自身のブログ


このコロナ肺炎の状況の中で、予定されてたロケットの宇宙事業は軍事優先なのか継続もされてる。最近では、強軍政策もあり早々に軍需産業も立ち上げたとも言われる。

 

続きを読む >>

シナの新型肺炎、そのシナ共産党の対応ぶりに人民も呆れるとは、、

  • 2020.01.31 Friday
  • 06:15

JUGEMテーマ:中国

 

 

  シナの新型肺炎、そのシナ共産党の対応ぶりに人民も呆れるとは、、

   〜天変地異は人の世の大変動と言われるシナ、隠蔽にSNSの苦情も多くて処理できないとか

 


新型肺炎をシナ共産党が公表して10日目に成ろうとしている。死者は10日間で9人から200人にせまる勢いである。それは、アフリカ豚コレラに匹敵するシナ感染病の実態と社会構造の大問題を露呈させた。疑惑なGDP公表値のように、シナ共産党委員すら何が本当なのかと言う有様か。

 

  中国でコロナウイルスの感染者数が11,791人 死者は259人に拡大   追記 2/1
    https://jp.sputniknews.com/world/202002017068118/
    2020年02月01日 SputnikNews

 

    2020年2月2日の婚姻登記を中止、新型肺炎の拡大懸念―北京市

      https://www.recordchina.co.jp/b777631-s0-c30-d0054.html

      2020年1月30日 Record China

      〜人が集まると新型肺炎が拡散すると警戒・・余程の脅威とつかんでるのか?

 

    1100万都市を異例の封鎖 新型肺炎、武漢はゴーストタウンに
      https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200126/mcb2001260836003-n1.htm
      2020.1.26 SankeiBiz

      >武漢での公共交通機関の停止は23日、新型肺炎の感染拡大を防ぐため始まった

 

最近の投稿でも、アフリカ豚コレラや災害対策といい、高速鉄道に見るシナ経済の実態は官制経済のもろさをみせ、社会の脆弱さや疑念がつきまとう。


今でも、国土開発ではシナ共産党は独善な不動産王として税金の用途も軍事技術などに限られる。国際社会の一員ながら、世界経済への体裁でコンクリート構造物を作りまくり経済のえせな進化を見せつける。そりゃー、火力で生み出される膨大な鉄とコンクリートは、シナの空と世界の環境が汚染される訳である。

 

 「橋の国」中国、世界最高難易度の海峡大橋開通で改めて証明
    https://www.afpbb.com/articles/-/3247154
    2019年10月4日 AFP
>2015〜2020年の間、中国の交通運輸インフラ方面の投資は約227兆円を超え、その相当部分が橋梁建設に充てられてきた


     峡谷に100階建てビル3棟建設に相当、貴州省の平塘特大橋が開通へ―中国
       https://www.recordchina.co.jp/b770706-s10-c30-d0046.html
       2020年1月2日 人民網日本語版>レコードチャイナ


     6日後に開通予定の高架橋、突然崩れ落ちる!=関係者「事故原因は解体してみないと分かりません」―中国
       https://www.recordchina.co.jp/b724019-s0-c30-d0135.html
       2019年6月25日 Record China

>また「もはや河南省では珍しいことではないので、いちいち報じなくていい」「鄭州の道路トラブルは本当に一言では言い尽くせないほどたくさんある」といった感想も見られる


シナの内情は、相当以上にひどそうだ。

 

 

 

昨年、シナにおけるアフリカ豚コレラ騒動は豚肉を枯渇させ、食品物価の高騰を招いた。現実に、シナの行政における対策と対応は皆無に等しく、更に新型肺炎の感染症がシナと世界を脅威に・・

 

   WHO「緊急事態」宣言、新型ウイルスで−移動や貿易は制限せず
    
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-30/Q4XQXZT0G1L101?srnd=cojp-v2
     2020年1月31日
Bloomberg


   中国新型肺炎、武漢市医師「内部で当初からSARSの指摘あった」
     https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50927.html
     2020年01月22日 大紀元

 

      中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か?
        https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/sars-2.php
        2020年1月7日 Newsweek


      新型肺炎「変異と拡散の恐れも」と中国政府 死者9人、発症者440人
        https://www.sankei.com/world/news/200122/wor2001220021-n1.html
        2020.1.22 産経
        〜中国政府が新型肺炎について初めて記者会見を開く、昨日1/30の状況では死者170人

 

   新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(18日3時50分現在)  追記 2/23
     https://www.afpbb.com/articles/-/3268787
     2020年2月18日 AFP
     〜シナ共産党の公表から一か月ころから、海外でも死者5人

 

 


そういえば、話題の記事があるごとに投稿で取り上げて来たが、

過去の記事にこういうのもあった。シナ人が日本の病院に来る実情には、シナにおける診療体制など社会の機能と組織が確立してないこともある。そう、国体とその政治がおかしい。


  中国病院の真実 女子大生の戦い 20160201
    https://www.youtube.com/watch?v=8oxkFLfaWxI YouTube 新唐人TVから
    〜すげぇー、病院診療に、闇屋の受付手数料。警備員知らぬふり


     広州 数千人が市場内店舗の家賃を巡り抗議 20151013
       https://www.youtube.com/watch?v=XfIWkQbTkfU YouTube 新唐人TVから
       〜なんと2平米で月340万円の賃借料の市場。日本では大企業の拠点以上の価格

 

    「 防疫は建前 実際は強奪」広東省で個人財産徴用の決定    −追記 2/14
      https://www.ntdtv.jp/2020/02/42587/
      2020年2月13日 NTD

      〜本性を現したシナ共産党の実態である


ようするに、シナではそれぞれの病院や会社から行政組織までシナ共産党の指示を仰がないといけない異常な政治である。組織の自立や成長が阻害されてるシナの社会は、人が多い組織化する団体を嫌うシナ共産党の狭い度量なのだ。それでいて、金儲けや出世したければ共産党の指にとまれと言う。そう、共産党とその賄賂政治が許せば、なんでも許される。

 

それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる。
それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる。
それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる。
それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる。
それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる。
それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる
続きを読む >>

一風変わってるどころか、未だ戦後も現代も異境の地シナ・・

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 08:53

JUGEMテーマ:中国

 

 

   一風変わってるどころか、未だ戦後も現代も異境の地シナ・・

       〜失礼だが、特亜人は国家的な尊敬できない知性と品の無い民度を見せる

 

 


シナは、国内の家畜伝染病アフリカ豚コレラ蔓延やファーウェイ幹部逮捕で米加との食肉禁輸で、豚肉が高騰してるという。そこに、道教の伝統もあり何でも食う事も知られており、日本でもシナ人が珍味として食う習慣からセミが居なくなるのではと記事にも成ったぐらい。


   中国でワニ料理が人気に、レストランからワニ脱走相次ぐ
     https://www.news-postseven.com/archives/20191005_1459839.html
     2019.10.05 NEWSポストセブン

 

それも、最近は中共の独特な政治手法も重なり、世界で猛威の狩猟を繰り広げる。そこに、工芸品で高価な象牙などの違法な密猟もやまない。

 

   香港税関、象牙8トンを押収 時価約10億円
     https://www.cnn.co.jp/business/35103926.html
     2017.07.07 CNN

 

また・・中共は国家ぐるみでWHOが認定した東洋医学を悪用し、世界から動物を狩猟している。そりゃー、あまりにも普通の人間とかけ離れた行動で世界と揉めるのは必至。

 

そこには、教育さえ無駄と感じさせるのだ。中国伝統医学も、文化大革命とその犠牲で無くなったとさえ言われたが・・ そこには、悪商人と結託し国際的な約束事や常識が通用しないシナの独自な政治性を見る。


   WHO、中国伝統医学に「お墨付き」 各界から批判の声
     https://www.cnn.co.jp/fringe/35140363.html
     2019.09.16 CNN

 

     サイの角やトラの骨、中国が医療目的の使用を合法化
       https://www.cnn.co.jp/world/35127809.html
       2018.10.30 CNN

 

 

 

そもそも、変わった中共の政治は、建国来から軍事に異常な人員である。そこに海軍まで強化する費用のかけ方だ。石原元知事のように・・中共への忠告さえ聞く耳を持たない異常な外交とその国際状況であり、更に中共の破たんするような費用のかけ方である。

先頃の投稿でも、国土開発の異常さとその手法は独善性な傾向もあるのに・・

 

   中国建国70年 世界最長の共産党政権はどこへいくのか
     https://newsphere.jp/politics/20191003-2/
     Oct 3 2019 NewSphere


      海外メディアへ影響力行使 国境なき記者団が中国批判
        http://www.sankeibiz.jp/macro/news/190402/mcb1904020710001-n1.htm
        2019.4.2 ブルームバーグ > SankeiBiz

 

   特別リポート:中国習近平の「強軍戦略」、米国の優位脅かす
     https://jp.reuters.com/article/china-army-special-report-idJPKCN1S0020
     2019年4月24日 ロイター

   〜 中共は徒労体制の弊害で、経験した事の無い教養や社会の安定を阻害し支配の驕りに・

 

続きを読む >>

輸出と言う甘い蜜、内需を低迷させて民力を活かしきれない中国を見る

  • 2019.08.18 Sunday
  • 06:02

JUGEMテーマ:中国

 

 

 輸出と言う甘い蜜、内需を低迷させて民力を活かしきれない中国を見る

  〜輸出と言う甘い蜜の欧州モデルを真似たシナ、そこにカネに群がる特権層指向の病に・

 

 

戦後、シナは途上国のまま貨幣価値を上げれず輸出にのめり込む。戦後の中東での混乱に乗じて、中東への戦車や武器輸出で外貨を稼いでいたようである。当然、外貨目当てや利ザヤの為に品質が劣り、信用を落とした。最近は、どうなんだろう・・

 

   1  中国      2,487,045  世界の輸出額 国別ランキング・推移 
   2  米国      1,664,085   Global Note  直近データ:2018年
   3  ドイツ    1,560,816  https://www.globalnote.jp/post-3399.html 
   4  日本        738,403
   5  オランダ    722,668     単位:百万US$
   6  韓国        604,860
   7  フランス    581,816

 

シナやその国内に不都合な記事が、抑えられてる現状に統計らのデータ等に信用性も無いなか、シナの先行きの不安さも感じる。

 

  中国中車が米国で生産した地下鉄車両が営業運転開始―中国メディア
    https://www.recordchina.co.jp/b737543-s10-c20-d0046.html
    2019年8月17日  人民網日本語版 > RecordChina

 

そんな中、アメリカではシナ製の鉄道車両を買わないといけない程の状況なのかと感慨深い・・

 

戦後において、欧米では鉄道は斜陽と言われて、アメリカでは20世紀初頭の鉄道建設ブームで作られた路線の廃線を進めた。それは、今では巨大自動車生産企業GMの策略であることは知られている。財政の脆弱な鉄道会社に幹部を送り、次々と廃業・廃線を進めて自動車産業の優位性を確立した。

 

でも、それは正しい行動だったのか。輸送や人の活動において多様性は必要であり、競争と相互相乗効果を進めるべきだった。ここに、建国まもないアメリカ国家における政治観の未熟性と暴走し過ぎが見て取れる。

 

 

 

そんなアメリカも、航空機と自動車の無鉄砲な時代に成った。結果は、英国ロールスロイスの倒産、ロッキードの旅客機撤退、窮地に陥ったマクドネル・ダグラスと散々だった。そこには、旅客機の事故が多く、FAAなどの規制が強化されたことだ。既に、動作すればいい時代から、安全を求めて性能を追求する旅客機や鉄道は複雑系としてものづくりをする時代に移行する。

 

そんなアメリカは、競争よりは優位な地位を稼げる産業や独占市場形成に走り始め投資金融などに移行して、製造業の比率が10%以下に低下しているという。競争を避けてたことで、エアバスや日本車の台頭に対応が政治圧力と言う事態にもなる。

 

今や中間層の生活を脅かすアメリカの投資金融らは身勝手な自由さを見せる。そこには、法治も抜け穴が多く近代植民地時代からの商道徳の無さが顕著になり社会不安を煽る。現在、社会現象化したリベラルすぎる民主党と、雇用を強調しアメリカの復活を進めるトランプ政権は、滑稽な社会現象だ。

 

ま、アメリカは狂気な英国の清教徒移民が元であり、その発言は身勝手な自由を憲法で歪めたかも。現在、経済構造や自由貿易のあり方が問われている。そこに、自由と言う定義も諸国でまちまちであり、忘れがちな徳治だろうか。実際、自由と言う語句は明治時代でも翻訳に苦労したようだ。

 

  海外「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3055.html
    2019/05/05【海外の反応】パンドラの憂鬱
    〜 ・・「日本人はそんな事は言わない」・・・ 偽善的な欧米と価値観が違う日本(笑)

 

 

 

 

現在、経済大国化したシナにより、近代で確立した世界の通商と秩序が破壊されつつある。まして、大国であるアメリカとシナ、そしてロシアは共に軍事勢力と武器開発にゾッコンである。なんか、そこには未来の国際関係をリードする思想と哲学は感じない。

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    北のすみびと (09/21)
  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    historia (09/21)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM