輸出と言う甘い蜜、内需を低迷させて民力を活かしきれない中国を見る

  • 2019.08.18 Sunday
  • 06:02

JUGEMテーマ:中国

 

 

 輸出と言う甘い蜜、内需を低迷させて民力を活かしきれない中国を見る

  〜輸出と言う甘い蜜の欧州モデルを真似たシナ、そこにカネに群がる特権層指向の病に・

 

 

戦後、シナは途上国のまま貨幣価値を上げれず輸出にのめり込む。戦後の中東での混乱に乗じて、中東への戦車や武器輸出で外貨を稼いでいたようである。当然、外貨目当てや利ザヤの為に品質が劣り、信用を落とした。最近は、どうなんだろう・・

 

   1  中国      2,487,045  世界の輸出額 国別ランキング・推移 
   2  米国      1,664,085   Global Note  直近データ:2018年
   3  ドイツ    1,560,816  https://www.globalnote.jp/post-3399.html 
   4  日本        738,403
   5  オランダ    722,668     単位:百万US$
   6  韓国        604,860
   7  フランス    581,816

 

シナやその国内に不都合な記事が、抑えられてる現状に統計らのデータ等に信用性も無いなか、シナの先行きの不安さも感じる。

 

  中国中車が米国で生産した地下鉄車両が営業運転開始―中国メディア
    https://www.recordchina.co.jp/b737543-s10-c20-d0046.html
    2019年8月17日  人民網日本語版 > RecordChina

 

そんな中、アメリカではシナ製の鉄道車両を買わないといけない程の状況なのかと感慨深い・・

 

戦後において、欧米では鉄道は斜陽と言われて、アメリカでは20世紀初頭の鉄道建設ブームで作られた路線の廃線を進めた。それは、今では巨大自動車生産企業GMの策略であることは知られている。財政の脆弱な鉄道会社に幹部を送り、次々と廃業・廃線を進めて自動車産業の優位性を確立した。

 

でも、それは正しい行動だったのか。輸送や人の活動において多様性は必要であり、競争と相互相乗効果を進めるべきだった。ここに、建国まもないアメリカ国家における政治観の未熟性と暴走し過ぎが見て取れる。

 

 

 

そんなアメリカも、航空機と自動車の無鉄砲な時代に成った。結果は、英国ロールスロイスの倒産、ロッキードの旅客機撤退、窮地に陥ったマクドネル・ダグラスと散々だった。そこには、旅客機の事故が多く、FAAなどの規制が強化されたことだ。既に、動作すればいい時代から、安全を求めて性能を追求する旅客機や鉄道は複雑系としてものづくりをする時代に移行する。

 

そんなアメリカは、競争よりは優位な地位を稼げる産業や独占市場形成に走り始め投資金融などに移行して、製造業の比率が10%以下に低下しているという。競争を避けてたことで、エアバスや日本車の台頭に対応が政治圧力と言う事態にもなる。

 

今や中間層の生活を脅かすアメリカの投資金融らは身勝手な自由さを見せる。そこには、法治も抜け穴が多く近代植民地時代からの商道徳の無さが顕著になり社会不安を煽る。現在、社会現象化したリベラルすぎる民主党と、雇用を強調しアメリカの復活を進めるトランプ政権は、滑稽な社会現象だ。

 

ま、アメリカは狂気な英国の清教徒移民が元であり、その発言は身勝手な自由を憲法で歪めたかも。現在、経済構造や自由貿易のあり方が問われている。そこに、自由と言う定義も諸国でまちまちであり、忘れがちな徳治だろうか。実際、自由と言う語句は明治時代でも翻訳に苦労したようだ。

 

  海外「実に日本人らしい感性だ」 夏目漱石の『I LOVE YOU』の訳し方が美し過ぎると話題に
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3055.html
    2019/05/05【海外の反応】パンドラの憂鬱
    〜 ・・「日本人はそんな事は言わない」・・・ 偽善的な欧米と価値観が違う日本(笑)

 

 

 

 

現在、経済大国化したシナにより、近代で確立した世界の通商と秩序が破壊されつつある。まして、大国であるアメリカとシナ、そしてロシアは共に軍事勢力と武器開発にゾッコンである。なんか、そこには未来の国際関係をリードする思想と哲学は感じない。

続きを読む >>

支配されるシナ人の悲劇、政治も産業も急ぎ過ぎた代償の無知

  • 2019.08.05 Monday
  • 15:44

JUGEMテーマ:中国

 

 

  支配されるシナ人の悲劇、政治も産業も急ぎ過ぎた代償の無知

   〜貴族文化も生まなかった教養の無さが、急進派文盲と予算の暴走で窮地

 

 

   中国の李鵬元首相、90歳で死去 「北京の虐殺者」と呼ばれ
     https://www.bbc.com/japanese/49083679
     2019年07月24日 BBC

 

突如に話題となった、中国の李鵬元首相の死去だ。そこには、第二の天安門事件「六四天安門事件」を招いた首謀者でありながら、30年目の天安門事件を正当化する元習近平政権に利用されたのか。

 

この天安門事件には、周恩来氏の死去に集まって弾圧された四五天安門事件(第一次天安門事件)と比較されるように、民主化支持者だった胡耀邦元総書記の死がきっかけという。歴史は繰り返すとは、このことか?

 

近代化に近づいたシナにおける共産党政権の矛盾が表面化する。そこには、活気が出て来た市民より共産党層の政治が優先されると言うオカシナ社会主義政治の実態だろう。

 

 

 

   中国プライドの三峡ダム崩壊? 政府は噂否定も、住民不安
     https://newsphere.jp/national/20190730-2/
     Jul 30 2019 NewSphere

 

李鵬元首相は、水力発電技術を学んだ科学者でもあったらしい。以前に、1931年中国大洪水でも扱ったように、 三峡ダム洪水管理事業を国家の偉業に定義したのは中国共産党指導者毛沢東である。まあ、それを中国史上の大事業として共産党が目標にしていたのだ。

 

李鵬元首相が三峡ダムに関わったのは確かだが、成長となる骨格の国土開発要領が何処まで整備されたか、疑問とも言えるのかも。運用も含めて発電事業も考慮されなければいけない事案が相当に有ったと言うべきだろう。

 

   中国ダムの無駄、英独1年分の電力が水の泡
     https://jp.reuters.com/article/china-hydroelectric-idJPKBN0OQ0SW20150610
     2015年6月10日 ロイター

 

      中国を襲った洪水被害は、経済急成長の後遺症―米紙
        http://www.recordchina.co.jp/a145236.html
        2016年7月19日 Record china

 

 

 

 

日常生活を送るシナ民は、共産党政治やその成果には興味も無いだろう。まして、共産党は独善的なエリート層であり、科学者の李鵬元首相でも、財産を築き親族に特権があるかのようだ。なかには、蓄財して海外に逃げる共産党幹部も多い。

 

そもそも、農民・労働層の支持である政権の共産党には、労働層の選挙も無いヘンテコな政治だ。そして、苦情も受け付けない・・挙句、蓄財した共産党員が海外に逃げるのを放置しながら、シナ民は海外で買い物も満足に出来ない不自由さという度量の無い政治である。まあ、ま、一時日本の土産物トップは、爪切りというお粗末さ?だ・・

 

日本の明治維新でも、政治の主張は食い違いがあり揉めていたが、殖産は緊急の課題であり高等学問での人材作りに励む。そして、経済の基盤である輸送手段や銀行を整備して、近代経済に適し地域にいかした産業を育成した。ところが、やっと成長した学生が溢れたシナで、それを活かせず天安門事件を起こす事態になるのか? 長老もそろいながら蓄財に熱心だったのかといいたくなる。

 

庶民が望んだ成長と夢が現実になろうとするとき、活かされない知恵の政治。制度、信仰、倫理、教育、経済、環境の6大危機と言われたシナの真実がそこにある。

 

 

 

そもそも、李鵬元首相はシナではエリートなのであろうか。共産党員は、下層階級の出身者が多く、教育、教養程度が低く、伝統、古典文化に拙い者が多いらしい。しかし、政治とは別に、確かな行政と社会構造、そしてモラルと信用社会の経済が必要である。いまでは、抑圧するウィグル人だが交易の外国人の意見も聞かないといけないことが歴史でも有った。

 

続きを読む >>

中国の科学的じゃなかった国土開発は、被災と負債を生んでいる

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 12:34

JUGEMテーマ:中国

 

 

  中国の科学的じゃなかった国土開発は、被災と負債を生んでいる
  〜100年に一度の天災が数年おきにやってくるシナは、科学的賢者排外の歴史と無知

 

 

シナ共産党の国土開発は、災害に活かされていない
「50年に一度、100年に一度の天災が数年おきにやってくるのは勘弁」と下記のNewsweek記事に有る。今年も、シナの四川ら奥の地方で、大規模洪水の災害が出ていた。


    中国南西部で大規模洪水 4人が行方不明
      http://www.news24.jp/articles/2019/06/23/10455430.html
      2019/06/23  NNN24

 

       中国で深刻な水害 被災地は物資届かず食料不足   −追記 7/22
         https://www.ntdtv.jp/2019/07/41233/
         2019年7月20日 NTD
         〜相当に被害もひどいらしい、政府の対応も・・


      貴州省、大雨で洪水
        https://www.afpbb.com/articles/-/3131819?pid=19103658
        2017年6月13日 AFP
        〜「 2017年中国大洪水 」も、2年前

 

      中国の貴州省で100年に1度の豪雨による大洪水
        https://earthreview.net/100-years-heavy-rain-and-flooding-hits-guizhou-china/
        2016年6月14日 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー


日本も過去に、多くの決壊事故もあり比較できないが・・ シナには、科学的知見が活かされてるのかと言わざるを得ない。まあ、温泉の測量で日本人がスパイ容疑で捕まった事件もあり、異常なほどの秘密主義を貫くシナの独裁だ。


そこには、政治・統治を行う上で、科学的な見解(理論)と取組が進まなかった。そう、自然現象と地理的条件を数値化し統計をとり、運用も維持も数値化し積算、最小の効率を求める等等・・


Wiki>1931年中国大洪水
>1953年、国共内戦が終結すると、中国共産党指導者毛沢東は三峡ダム洪水管理事業を促進するため長江を視察し、「社会主義三峡ダム事業は、始皇帝の万里の長城や煬帝の京杭大運河のような中国史上の大事業を上回るものでなければならない」と述べた
>・・・のように疑問を呈した科学者や官僚は、右派として迫害された


シのナ共産党政治は建国において名声と唯我独尊な指導に固執したわけだ。科学者を遠ざけて・・

そこには、一党独裁と言う予算の使い方の問題もある。分権やインフラ予算の分離がされてなく、知見ある科学者が遠ざけられていたと言える。実際、この付けは大きな被害も生む。

 

Wiki>板橋ダム>1952年中華人民共和国政務院が治水工事

> 現在世界史上最大のダム決壊被害 > 中央政府は国家機密としてこの事故の対外公布を禁止
 1975年ダムが台風の影響により数時間の内に次々と決壊、元々ダムの問題が指摘されてたらしい


だから、独裁政権に都合のいい知識人だけを取りそろえる状況にも成る。また、都合の悪い意見には耳を貸さないと言う現実もあり隠蔽も日常化し、人と知見(理論や公平な評価 等)を使いこなせない流れが既に出来上がってた訳だ。

 

 


シナ共産党行政の国土開発に、欠けた科学的見地とその取組

続きを読む >>

シナの制度などの6大危機に、社会システムと中華食の危機

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 19:12

JUGEMテーマ:中国

 

 

  シナの制度などの6大危機に、社会システムと中華食の危機
    〜容赦なくシナに襲うアフリカ豚コレラと行政予算の欠陥

 

 


   習主席が警鐘、中国共産党は「深刻な危機」に直面−景気減速を懸念か
     https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-21/PLOUBF6VDKHS01
     2019年1月22日  Bloomberg


米中貿易戦争が始まり相当な打撃を受けているシナ。
しかし、猶予の時間後も交渉をちゃぶ台返ししてまで、「人民」よりメンツに走ったシナ共産党だ。


 【禁聞】2016年は中国共産党滅亡の年?!
     https://www.youtube.com/watch?v=2MPKWzRBja8
     20160126 YouTube 新唐人TVから
     〜制度、信仰、倫理、教育、経済、環境の6大危機


崩壊させればよかったと言う時期も、習近平主席の存命で危機的状況であろう。そもそも、成長段階にあった21世紀初頭に、北京五輪で都市開発をしてしまう。その都市開発のおいしさは、経済数値や雇用でいい数字を上げたことだろう。その後、数々のゴーストタウンと大衆経済に合わない高速鉄道の乱立に走ってしまう。


なんと、その後シナは自国で飽き足らず、東南アジアなどにゴーストタウンを作る始末である。まして、一帯一路と称して周辺国などに借款で強引な国土開発をしてしまう。金遣いの荒いシナは、賄賂と横領が付きまとう。そのなか、おべっかどころじゃなく中央・地方とも幹部が地位の為に嘘の報告と無理な開発をしてしまい、膨大な経費流用になるのである。

 

 


実際、シナでは大不景気で地方行政も危機的財政の噂も聞く。それでなくても、いろいろな構造的問題を抱えるシナの現状だ。そこに、アフリカ豚コレラに対応できない地方がぞろぞろと出て来た。余程の財政難(間接税の税収難)と言える。


  アフリカ豚コレラ、中国全域に 海南除く30省で感染確認
    https://this.kiji.is/488627899231798369?c=39546741839462401

    2019/4/10 共同通信
 

続きを読む >>

米中貿易戦争でばれた、世界の安全を脅かすシナ共産党という無法者

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 16:20

JUGEMテーマ:中国

 


米中貿易戦争でばれた、世界の安全を脅かすシナ共産党という無法者
  〜シナ共産党に適用されない無放置な唯我独尊な法治?体制

 

                           もはや、社会も政治も信用・信頼が崩壊した中国 2016.01.28
                             http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=258

                             かつてのシナは、変わったのか?

 

 

  ラオスの民法典が成立ーJICA支援
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5383&&country=5&&p=2
    2018年12月16日 GLOBAL NEWS ASIA


     国際協力部による法制度整備支援活動 〜世界に貢献,日本の力!  法務省
       http://www.moj.go.jp/housouken/houso_lta_lta.html


日本は東南アジアなどでは、法体系の整備に支援してることも多い。その一例が、このラオスの例なのだろう。日本の戦後は、民間企業らの経済活動が民法や商法で守られ、自由経済の高度成長を達成した訳でもある。


その日本の法体系は、憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法および刑事訴訟法と言われる六法でもある。ただ、戦後の過度な不動産開発や経済犯罪や外国人の土地買収、国民・移民の定義、犯罪増加に人権の有り方に戦後に考えられない状況も出ている。


また、歴史的な正統性や伝統が規定されなかったためか、巧みに憲法や法律だけ守るようで社会で暴れる輩も出て来た。そう、憲法の整備や民法の財産権など、外国人等に荒らされないように整備すべきだろう。


ところが、自由経済に不慣れなシナなどでは、スパイ防止法など過度に権利を奪う状況が続いている。まして、日本では相続税以外は財産の安全が保障されてるが、シナではスパイ行為で捕まえて金銀を奪うのさえ日常化してるのである。

 

 


2018年早々から、米中の貿易戦争が繰り広げられた。資金と経済スパイから得られた技術で、世界を荒らしまくるシナ共産党政治にアメリカも切れたようだ。これは、自由秩序とかけ離れたシナ共産党の野心が覇権で世界を荒らしまくる弊害でもある。


今まではASEANなどでは、華僑・華人がコネを使いアメリカ企業を誘致してきたが、関係も変わる事態も有るのか。北京族に距離置いてたシンガポールまで、シナ圏内のような行動や支援をしてる状況は危機的だろう。


まさに、自由秩序と馴染まないシナ風土の違いは、シナ成長で冷戦に成らざるを得ないとも言える。かつてのロシアのせめぎあいと似てる。


  待ち構える米中の対立激化 「一時停戦」の行方は
     https://www.sankei.com/premium/news/181209/prm1812090015-n1.html
     2018.12.9 産経


      貿易戦争直撃! 中国経済が危険水域突入か
        製造業指標2年4カ月ぶり低水準、新車販売も低迷
        https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181205/soc1812050010-n1.html
        2018.12.5 zakzak


  ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181216/soc1812160003-n1.html
    2018.12.16 zakzak


      中国が「3人目」のカナダ人拘束! 機密情報の暴露に脅え…
        米司法取引阻止&孟容疑者奪還が狙いか
        http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181221/soc1812210005-n1.html
        2018.12.21 zakzak


  米国は新しい自由秩序構築、中ロなどの受益阻止へ=国務長官
    https://jp.reuters.com/article/usa-eu-pompeo-idJPKBN1O32GR
    2018年12月5日  ロイター

 

      中国、経済スパイ行為を否定 米に中国人2人の起訴取り下げ要請
        https://jp.reuters.com/article/china-cyber-usa-ministry-idJPKCN1OK07T
        2018年12月21日 ロイター

 

      中国製サーバーにスパイチップ疑惑 レノボは関連否定も株大暴落
        https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181006/soc1810060006-n1.html
        2018.10.6 zakzak

        〜シナ製通信機器に疑念。それ以上にファーウェイの問題化を避ける異常なシナ

 

 


自身が指摘したきたように、ASEANでの華人の影響は自由経済の足かせでも有った。まして、銀行機能を華人で地位を占めた状況は経済犯罪や市場の寡占化も多く、ASEANの投資社会を歪めたのである。今では、華僑・華人・シナ人が経済を寡占化する世界の市場は、大きな脅威なのである。


このアメリカとシナの貿易戦争する状況は、シナの横暴な台頭を制するいい機会のようでもある。EUら西欧や日本は、様子見するような距離を置くところだが、シナとはいつかは対峙しないといけないのである。
 

続きを読む >>

今も弱肉強食のシナ、評論家は生命をかけたジャングルとまで

  • 2018.09.24 Monday
  • 11:05

JUGEMテーマ:中国

 

  今も弱肉強食のシナ、評論家は生命をかけたジャングルとまで
    〜高度成長は、腐敗の温床と化したシナ。立ち直れない体制に正統性を失うシナ共産党

 

               W杯でも黒人の活躍が話題、 黒人への注目も上がり欧米はどうする
                 http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=644
               アメリカや英国の変貌で、投資家が欧州へ流入。吉ならいいが・・
                 http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=669
               今、アメリカが問われてる、民主党で破壊された国体
                 http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=668

               国を揺るがすシナの経済危機、先行きには前途多難な嘘つき文化
                 http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=654

 

 

シナの改革という姿勢は、最近のスローガンともいえ、前に進んでる誤解を与える。
高度成長も、最も潤ったのは、外国籍もった共産党幹部らしい。


  米中貿易戦争、激化を懸念 「弾薬多くある」とWTO
    https://www.sankei.com/economy/news/180920/ecn1809200013-n1.html
    2018.9.20 産経

 

    中国によるウイグル人強制収容、米議員団がトランプ政権に制裁要求
      http://www.afpbb.com/articles/-/3187845
      2018.8.30 AFP


元々、開放路線も、シナ共産党に都合のいい開放に歪めてしまった。シナと言う市場を欧米に提供する代わりに、世界のWTOらの組織を歪め、世界とは違う権力を示そうとした。そこに、悠然と立ち向かうアメリカのトランプ政権、日和見で優柔不断な欧州の姿勢なのだろうか。


ただ、先進国を中心にウイグルの問題が明らかにされ、シナの人権問題が公然と非難される状況だ。

 

 

 

もともと社会主義とは、社会の変動についてはいけない程、資本構造と経済的民度は弱体化していく。シナの社会と通貨の価値は、経済開放でご祝儀相場が続いているが、ロシアのように停滞する恐れが強い。


裕福・中間層が1億人を超えてそうな状況で、シナ共産党は、政治・社会・経済・歴史・文化まで近代化に誘導して、支配できるものだろうか。だが、シナ共産党は、社会とは真逆なように共産党と体制を維持するために、法整備と行動規制を強化し過ぎている。
今では、大衆の意見も聞かない「裸の王様」に成りつつあるようだ。

 

  中国でゴールデンタイムの海外番組放送が禁止に、ネットでは批判が多数
    https://www.recordchina.co.jp/b626410-s0-c10-d0035.html
    2018年9月21日 Record China


どれだけシナの映画・テレビの番組が良くなったであろうか。平然と騙す文化もあり、シナ人は平然と社会で悪さする風土である。実に、歌謡曲や人間ドラマは不毛と言えるのでなかろうか。

 

漢の始祖は、無銭飲食もコソ泥も平気な任侠人で、時代の混乱で皇帝となる驚きなスケベ-タクルな連続ドラマもあった。まあ、シナ人の輪は家族中心で取巻きに近所の知人と言うのが実情で、親孝行であれば生き抜くことが成功である社会だ。


一部の半島でも、「冬のソナタ」などとファンタジーを作り上げるが、その社会は自主独立しても性犯罪や詐欺等の温床で有るのと同様だ。政経・政教分離も出来ないのは社会が未熟な中朝のスタイルで、個人の生活に自由は無く、そうして自ら社会を壊すのである。


中朝は、カネへの汚さが更に助長され、治世の未熟さが寛容さの無い社会へと繋がる。自由や民主主義は到底無理というべきだ。現実に、自由とは大衆が精神的に豊かに成れるか、なのである。
( 報道の自由と言うが、ゴロツキと貧乏人が作る妬みや捏造だけの記事は自由とは言えない・ )


未だ、シナでは公衆道徳の周知が欠かせない。話題の北欧でも「公衆の場で大便するな」と・


  「ツイン部屋に3人で泊まるな」「ホテルの部屋で煮炊きをするな」
    =中国メディアが海外旅行での注意を喚起
    https://www.recordchina.co.jp/b645191-s0-c30-d0142.html
    2018年9月18日 Record china
    〜そういえば、日本でもセミを食うなと看板まで作らんといけないシナ土人の習慣

 

      スウェーデンで騒ぎを起こした「駄々っ子」中国人観光客
       ネットユーザー「恥知らずな赤ん坊」          追記 9/26
        https://ntdtv.jp/2018/09/35130/
         2018年9月26日 新唐人テレビ


      カップ麺が爆発、お湯を入れて置いておいたら=中国ネット民も驚きあきれ評判に
        https://www.recordchina.co.jp/b644696-s0-c30-d0142.html
        2018年9月17日 Record china
        〜現在でも、チャイナボカンは健在・・

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM