2020年はコロナ騒動のなか、上期は日本の地震規模が高め

  • 2020.05.21 Thursday
  • 22:13

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

  2020年はコロナ騒動のなか、上期は日本の地震規模が高め

   〜地震が高めだが、大地震・津波地震の恐れが無く、原発の稼働で外貨乱用の抑制を

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

 

 

国士の居ない日本は、乱れる政治で武漢からのコロナ肺炎で混迷している。ほんとに嫌気がする政治である。野党と親中派議員、そしてシナ人には懲り懲りとか言う状況である。まして、地震が発生したように集計のワープロ文書作成に忙しい災害対策本部という都道府県は、コロナにも決め手がないと言う状況なのか。そこに出来ることをやろうとする姿勢も無い。

 

それが、6・10日の北にも降った雨で汚染も流れてやや収束したのかという感じである。雨降って地固まるというとこか。ただ、北の赤い大都市は、特段に除菌や清掃が忙しい雰囲気も感じない。全体的に感染者が減るも、定常的な感染数で緊急事態宣言も難しいのではという意見もある。行政部門は、業務上の関係が無くても自分達に何が出来るか考えてほしいものである。

 

 

 

  2020年 5月19日13時13分 岐阜県飛騨地方 M5.3 震度4

    参考で、長野の3/15〜5/17の地震状況を掲載

 

 

そこに長野の地震という話題の状況で、M5越えは4回目である。大陸系の地質で山岳の地殻変動は、余震も相当なものである。ただ、世界で見てみると、昨年のカリフォルニアの地震が一年を待たずにM6.5の地震も発生。昨年の大きな地震は、ただでは済まない地震の連鎖だろう。ただ、自分は周囲の状況では大きくはならないのでないかと思ってるが・・詳しくは解らない

 

   2020-05-15 11:03(UTC)  M6.5   3km  Monte Cristo Range Earthquake
   2020-03-31 23:52(UTC)  M6.5  15km  Challis, Idaho
   2020-01-28 19:10(UTC)  M7.7  15km  Lucea, Jamaica
   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  2019 Ridgecrest Earthquake Sequence

 

報じられないが、ハワイは火山活動も有るのか、地震が途切れることも無く頻発してる。欧米等のメディアは、写真写りの災害が無いと記事にも成らないようだ。

 

5/22 以下の欄を追記

 

続きを読む >>

日本から見た地震期も、先行したかのような世界の地震がある

  • 2020.05.01 Friday
  • 14:44

JUGEMテーマ:天変地異、災害   #あなたも地震予知が出来る?,

 

 

   日本から見た地震期も、先行したかのような世界の地震がある

   〜カリフォルニア地震などは、先行して発生し地震期に突入。地震期統計も区切り

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

  〜今年度、コロナで人類活動の振動が地球上で減る中(笑)、深発地震で日本列島の発震レベルも件数も上昇中

     長野、南関東で震度もマグニチュードも増加、下段参照・・

 

 

   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  2019 Ridgecrest Earthquake Sequence

 

昨年は、米国でもカリフォルニア州で地震が発生。これも継続するのかと思ったら、日本の奥尻・神戸の大地震のまえにカリフォルニア州では地震が先行し、、、感染・・していた。

なんだ、耐性が出来て最近まで発生しなかったのか・・

現状、米国西海岸やカスケードの地震は、当面先のことか?

 

    1995年10月09日   メキシコで地震  - Mw8.0、死者49人
    1995年07月30日   チリ、アントファガスタ州で地震 - Mw8.0、死者3人
    1996年06月10日 アリューシャン諸島で地震 - Mw7.9


    1994年06月08日   ボリビア深発地震 - Mw8.2、死者10人。深発地震としては20世紀最大級
    1994年06月06日   コロンビアで地震 - Mw6.8、死者800人
    1994年01月17日 ノースリッジ地震   - Mw6.7 (ロサンゼルス地震)死者60人(都市型地震災害の典型)
    1992年09月02日   ニカラグアで地震 - Mw7.6  地震・津波で死者約170人
    1992年06月28日 カリフォルニア州   - Mw7.3  ランダース地震 、関連した陸上3連動地震として著名
    1991年04月22日   コスタリカで地震 - Mw7.6  死者76人、津波あり

 

    1989年10月17日 カリフォルニア州   - Mw6.9(M7.1)、ロマ・プリータ地震、死者62人
    1988年03月06日 アリューシャン諸島で地震 - Mw7.7
    1987年11月30日 アラスカ州で地震   - Mw7.8
    1987年03月06日   エクアドル・コロンビアで地震 - M6.9(Ms7.0)、死者5,000人

 

規模は以後の地震期より低いようだが、大陸の地震としては大きなほうだろう。世界的な地震期の前段階?。まあ、18世紀の宝永地震より数年前に米国でカスケード地震が起きたかのような先行する地震なのか。それとも、カスケード地震や宝永地震はマウンダー極小期の終りの時期であり、地震期の終盤に起きたようだが。いろいろと発生要因は複数の要因があるようだ。

 

( 日本国中がコロナ肺炎で自宅待機となった今、こどもや大人も趣味や習い事にいい機会かも。時間を掛けることも必要だが、少しの時間を毎日とることで趣味の幅も広がる。面倒くさいほどに件数が有るが、切り口を変えたり、統計を取ることでも興味がわく新たな発見がある。また、辞めても勝手気ままにいつでも再開できる暇つぶしと迷走・・ 尚、公益法人に登録すれば、信憑性のある地震データが得られる。ネットにも貴重な記録も多い。あなたも地震の予知ができる?  )

 

  北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに考察−地震・災害編−目次
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=688  過去の投稿も見直ししなくては・・

 

 

 

・USGSから1988年4月から1992年3月までのM7以上の世界の地震を見てみる

   驚いたことに、この時期に南米・NZの南極よりに地震。そして、アフリカ、

   ユーラシア大陸で中近東付近やミャンマーにも、地震がある。

  珍しくメキシコには、地震が無さそうだが以後の地震期に地震が多発していく

 当時の米国北部の地震。当然深発地震もあるが規模は小さい

    1991-05-30(UTC)  M7.0  28km  Alaska Peninsula

    1991-01-23(UTC)  M6.4 108km  Aleutian Islands, Alaska
    1990-11-06(UTC)  M7.1  25km  Komandorskiye Ostrova, Russia region

    1990-05-01(UTC)  M6.6 211km  Alaska Peninsula
    1989-09-04(UTC)  M7.1  11km  south of Alaska

    1989-05-19(UTC)  M6.3 104km  Aleutian Islands, Alaska
 南極付近の地震。南米中部で深発地震も

    1991-12-27(UTC)  M7.2  10km  South Sandwich Islands region
    1991-06-23(UTC)  M7.3 558km  Santiago Del Estero, Argentina
    1989-05-23(UTC)  M8.0  10km  Macquarie Island region

 

 ユーラシア大陸とアフリカの内陸寄り地震・・地震期先行のユーラシア大陸か?

    1991-04-29(UTC)  M7.0  17km  Georgia (Sak'art'velo)
    1991-01-31(UTC)  M6.9 142km  Hindu Kush region, Afghanistan
    1990-06-20(UTC)  M7.4  19km  northern Iran
    1990-05-30(UTC)  M7.0  89km  Romania
    1990-05-20(UTC)  M7.2  15km  Sudan

 

    1988-11-06(UTC)  M7.7  18km  Myanmar-China border region
    1988-08-20(UTC)  M6.9  57km  Nepal-India border region
    1988-08-06(UTC)  M7.3  91km  Myanmar

 その頃、日本周辺の地震

    1991-12-22(UTC)  M7.6  25km  Kuril Islands
    1990-07-16(UTC)  M7.7  25km  Luzon, Philippines
    1990-05-12(UTC)  M7.2 606km  Tatar Strait, Russia  樺太の深発地震・・深すぎ・
    1990-04-05(UTC)  M7.6  11km  Mariana Islands region  3年後グアムで地震
    1989-11-01(UTC)  M7.4  29km  near the east coast of Honshu, Japan

    〜奥尻の津波地震や神戸大震災に影響が有ったかもしれない・・

 

 

 

1990年前後が気になり、以前に投稿した世界地震の統計で1989年度の地震も拾ってみた。

特段の目立つ地震数は無い。やや、90〜300kmの中レベルの深発地震らが少し多め。実際に地域に偏った地震は見られるが、1992年度まで大きな統計の変動は無い。地震期始まりの特徴が他に?

 

ただ、東南アジア周辺とその太平洋側は、大きな地震も出ている

 

続きを読む >>

【定期】2019年度の地震、最近に深発地震の余波

  • 2020.04.21 Tuesday
  • 07:50

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

【定期】2019年度の地震、最近に深発地震の余波

 〜津波地震や大地震は、いつ・どこで突如として起きる訳でもない。だから現在はない。

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

ここ数日で、小笠原諸島の大きな深発地震に続き、宮城沖でM6越えの地震。

 

北(択捉島沖)にM7.0の深発地震の地震あれば、日本列島を挟んで数か月後に南方小笠原でM6.6の深発地震が発生した。その小笠原深発地震の影響を受けたのか、列島歪を調整するかのように東北太平洋側の宮城沖で大きな地震が消化された。

 

東北太平洋沖の地震は、今までに北の胆振東部と南の日向灘の地震などに対して歪を蓄積したかのように地震も少ない。また、列島の地震規模が小さい中では西日本に地表の地震が偏る事態でもあった。実際、最近にはM7級も発生せず、昨年8月の福島沖M6.4以降に静穏化してる。

 

小笠原の深発地震発生も、付近に下回る地震が幾度も出ていた・・

ただ、最近の傾向は地震期より規模が全体的に下がりつつあるようだ。

 

 ●日本列島周辺の大きめな地震  −2020年1月から 、USGSから

   〜地下深部の地震は、列島とプレートの歪とを解消の地震

 

   2020-04-20 11:38(UTC)  M4.7 159km  Makurazaki, Japan       薩摩半島西方沖
   2020-04-19 20:39(UTC)  M6.3  38km  Ofunato, Japan  宮城沖  久々に東北太平洋沖
   2020-04-18 08:25(UTC)  M6.6 454km  Chichi-shima, Japan  ←-------  小笠原
   2020-04-11 03:19(UTC)  M5.2  10km  Chichi-shima, Japan           |
   2020-03-26 05:52(UTC)  M5.4 105km  Northern Mariana Islands      | 小笠原南方
   2020-03-25 02:49(UTC)  M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia       |
   2020-03-19 13:52(UTC)  M5.5  10km  Northern Mariana Islands      |
   2020-03-02 00:31(UTC)  M5.7  24km  Amatignak Island, Alaska      |
   2020-02-17 12:54(UTC)  M5.4  10km  Chichi-shima, Japan           |
   2020-02-13 10:33(UTC)  M7.0 144km  Kuril'sk, Russia     ---------  択捉島周辺
   2020-01-26 06:31(UTC)  M6.1  17km  Amatignak Island, Alaska

 

( 尚、昨年7月には、三重沖で小笠原と同規模?な深発地震もあった

   2019-07-27 18:31(UTC)  M6.3 367km  Shingu, Japan )

 

  USGSから

  M6以上
 

列島の南北の対照的な地震が、列島の地殻変動の影響で宮城沖地震?  -国土地理院の図から

 

 

 

 

  ●世界の大きめな地震  −2018年10月からM7以上 、USGSから

     2019年度は地震数も少なく規模も小さい

     ここ1年半において、400km以下の深発地震も無い、地震期が治まる傾向?

 

   2020-03-25 02:49(UTC)  M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

                                カムチャカでは3月前後に噴煙が1万mに上がる火山噴火2回
   2020-02-13 10:33(UTC)  M7.0 144km  Kuril'sk, Russia
   2020-01-28 19:10(UTC)  M7.7  15km  Lucea, Jamaica
   2019-11-14 16:17(UTC)  M7.1  33km  Bitung, Indonesia


   2019-07-14 09:10(UTC)  M7.2  19km  Laiwui, Indonesia
   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  2019 Ridgecrest Earthquake Sequence
   2019-06-24 02:53(UTC)  M7.3 212km  Saumlaki, Indonesia
   2019-06-15 22:55(UTC)  M7.3  46km  L'Esperance Rock, New Zealand
   2019-05-26 07:41(UTC)  M8.0 123km  Lagunas, Peru
   2019-05-14 12:58(UTC)  M7.6  10km  Namatanai, Papua New Guinea
   2019-05-06 21:19(UTC)  M7.1 146km  Bulolo, Papua New Guinea

 

   2019-03-01 08:50(UTC)  M7.0 267km  Azangaro, Peru
   2019-02-22 10:17(UTC)  M7.5 145km  Palora, Ecuador

   2018-12-29 03:39(UTC)  M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
   2018-12-20 17:01(UTC)  M7.3  17km  Nikol'skoye, Russia
   2018-12-11 02:26(UTC)  M7.1 133km  South Sandwich Islands
   2018-12-05 04:18(UTC)  M7.5  10km  Tadine, New Caledonia
   2018-11-30 17:29(UTC)  M7.1  47km  Anchorage, Alaska
   2018-10-10 20:48(UTC)  M7.0  39km  Kimbe, Papua New Guinea

 

       地震多発期―考察メモ、2020年までの地震を統計編集してみた
         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=743

       〜下表−抜出して追加 4/29

         2019年度を集計し直したが、深発地震も含め大きな地震は過去に無い程に沈静化

   津波地震や大地震は、いつ・どこで突如として起きる訳でもない。だから、現在はない。

 

        

続きを読む >>

2020年早々、千島沖M7の後にカムチャッカでM7.5の地震

  • 2020.03.26 Thursday
  • 12:09

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

  2020年早々、千島沖M7の後にカムチャッカでM7.5の地震

   〜さて、気になる4月と半年程度の期間に北海道付近に地震があるのか

 

追加 3/20

         早々、28日に地震が発生

  2020/03/28 09:57 M5.0 70km 震度3 浦河沖      41°55.3′N,142°21.2′E
  2020/03/19 01:32 M4.0 34km 震度2 苫小牧沖    42°06.5′N,141°39.2′E

 

追加 4/29

  以後、北海道に多々の小地震。北海道は地震発生圏に至らず。只地震は長野・関東での地震へ。

  この北海道でのM5以上の地震連鎖の無さは、北海道北部からウラジオストクでの深発地震か、

  東北北部で大きめな地震が無いマントルの影響だろう。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

昨日25日、ロシア極東カムチャッカ半島沖でM7.5の地震が発生。別に日本での被害は無いが、先頃の択捉島沖の地震といい、日本周辺であり北日本に影響があるのかと注視している。

 

  ・USGSから

  2020-03-25 02:49(UTC)  M7.5  57km  Severo-Kuril'sk, Russia 例年より、やや南か?
  2020-02-13 10:33(UTC)  M7.0 144km  Kuril'sk, Russia  択捉島南東沖

 

 

それより、興味深いのは、数日前における日本の地震状況である。

NIED−HINETより

    なんと、列島の北から南まで小さな深発地震(青い震央)が多発。

  以前に世界の大地震発生に日本では深発地震が起きやすいと述べたが、まさに・・

  特にこれは、前兆地震なのか。まあ一つの大地震の予兆といえるのでないか。

  気になって画像を保存していた・・(一日での深発地震発生数は多い)

 

 

まさに、大地震・津波地震発生には、マントルや地「核」の動きもあるのかと?

 

 

 

北では、1年半前に胆振東部の大地震が発生。自身は、連鎖の地震は1年半は気を付けるべきと思っている。が、特に大きな地震は起きていないようだ。

 

  2018/09/06 03:07 M6.7  37km 震度7   胆振地方中東部 42°41.4′N,142°00.4′E

 

最近は、能登半島で中規模の震度5強の地震が発生したぐらい。

でも、北海度周辺で地震が継続してた。

  2020/03/13 02:18 M5.5  12km 震度5強 石川県能登地方 37°16.7′N,136°49.4′E
  2020/02/13 19:33 M7.2 155km 震度4   択捉島南東沖   45°03.3′N,149°09.7′E USGS M5.0
  2020/02/06 20:19 M5.7  54km 震度2   茨城県沖       36°20.6′N,141°43.5′E
  2020/01/29 08:39 M5.7  14km 震度2   沖縄本島北西沖 27°19.9′N,126°31.9′E
  2020/01/28 10:36 M5.5  96km 震度4   根室半島南東沖 43°22.4′N,145°59.0′E
  2020/01/05 11:10 M5.8 171km 震度1   硫黄島近海     23°04.8′N,142°59.5′E
  2020/01/03 03:23 M5.8  34km 震度4   千葉県東方沖   35°48.6′N,141°06.9′E
  2019/12/19 15:21 M5.5  50km 震度5弱 青森県東方沖   40°30.7′N,142°10.7′E
  2019/12/05 11:03 M5.8  30km 震度1   千島列島       45°19.1′N,150°30.0′E
  2019/11/29 13:01 M5.6  26km 震度3   三陸沖         39°07.5′N,143°02.0′E

  2019/11/20 17:26 M6.3 487km 震度1   サハリン近海   53°09.7′N,153°41.1′E

 

続きを読む >>

江戸時代の地震期に休眠火山も目覚めさせた太平洋プレートの活動と大津波

  • 2020.02.22 Saturday
  • 13:02

 

 

  江戸時代の大地震期に休眠火山も目覚めさせた太平洋プレートの活動と津波

    想像をこえた慶長三陸津波か、以後日本列島はバランスが崩れ数百年の大地震期に

 

 

 

    有珠山、1万5000年間眠っていた 江戸時代に「覚醒」ドーム形成 北海道
      https://mainichi.jp/articles/20191219/k00/00m/040/021000c
      2019年12月19日 毎日新聞社

 

なんと、2000年に噴火した北海道の有珠山は、江戸時代までに1万5000年間眠っていた。ところが、有珠山と同様にながく休眠状態だった北海道駒ヶ岳と樽前山も宝永地震前に大きな噴火を始めている。実は、江戸時代以降、南海地震の前後に噴火する奇怪な北海道駒ヶ岳らでもあった。

 

   東南海・南海地震を振り返り、火山噴火と比較・・雑談として
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=665   2018.10.14  自身のブログ
    〜しかし、北海道駒ヶ岳の噴火は、恐るべし・・

 

これら北海道南西部の火山は、関東と同じように太平洋プレートの浅い部分が東北より西側にせりだしてる?位置にある。江戸時代は、小氷期という太陽活動の衰退した時代とはいえ、以前は太平洋プレートの活動は大きくなかったのであろうか?

 

また、南海地震を起こすフィリピンプレートが太平洋プレート・千島などの活動と相互に影響し合うのかと・・社会では、南海トラフと騒ぎ過ぎであるが、まずは北日本の歴史地震や慶長地震に取り組まないと、本質を理解出来ない事にも成るんだが・・実際に、17世紀には房総・安房、さらに関東の地震が多い。地震学は、評論学に成りはてたのか、放置され過ぎた宿題が多い。

 

 

 

江戸時代が始まる17世紀、東北を襲った慶長三陸地震の津波は、有史において貞観地震に並ぶ大きなものだったらしい。そもそも明治・昭和三陸地震も、太平洋プレートの沖合で起き、通常より大きな地震で三陸や北海道に向けて津波を発生させている。江戸時代に、よりおおきめな北日本の津波地震があったのである。

 

江戸時代の地殻変動は、シナの大地や日本列島を不安定にさせた大地震期なのである。慶長三陸地震の津波は、政治的に奥州街道や浜街道の宿場町の位置を内陸に寄せ、将来に減災させたと言う。

 

実は、個人的には明治三陸地震は、濃尾地震後津波地震であり天正地震地震後の慶長三陸津波地震に似ており類似性があるんじゃないか・・ただ、明治三陸地震以後に見られた事象は、北海道北部らで深発地震を多く発生させている。

 

( 慶長三陸地震の余震も連鎖した付近の地震もなし。遠地なのは明らかか。また、16世紀末から安房、慶長地震と伊豆や房総半島付近?に掛けて大きな地震、これは関東の地震を助長した一因のかと思う。ただ、慶長地震も余震らしき波及した経緯が無く遠地の地震なのか・・ )

 

 

 

これら江戸時代の地震期は、想像しがたい時代のようだ。同時に数千年から目覚めさせた火山噴火や山体崩壊も多くあり、西日本やユーラシア大陸に大きな地震を呼び起こした。そこで、1600年代を中心に日本とシナのM8級などの地震を併記してみた。

 

まあ、東日本大震災の10年前に有珠山噴火が有ったことは、プレート活動の産物であり地震のシグナルでもあるのはたしかだ・・しかし地震期でありながら、宝永地震は結果的に、前回の南海地震から逆に遅めな200年後に起きたようでもある。前回は、東海地震であったので東海地震の割れ残りや南海に偏った歪が一挙に拡大して南海大地震に波及したのか・・

 

・三陸で起きた大きな津波地震

     869年 7月 9日(旧暦7月13日)貞観地震 - M8.3
  ●1611年12月 2日 慶長三陸地震 - M8.1 三陸沖でないとする説もあると
    1896年 6月15日 明治三陸地震(三陸沖地震) - M8.2〜
    1933年 3月 3日 昭和三陸地震(三陸沖地震) - Mj8.1 (Mw8.4)

    2011年 3月11日 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)- Mj8.4(Mw9.0)

 

 

 

江戸期の地震は、相当に異常さを見せる。今とは違う頻度と特性だ。太陽の活動停滞「マウンダー極小期」は、宇宙線が降り注ぎ地殻や火山を刺激したという。その後、ダルトン極小期という時期も有ったが、地震期は長い間続いた不思議さがある。それは、目覚めた火山が休火山に成らず、終息しないことのようでもある・・そして、地震期も周期的に活動する火山のように・・

 

そういえば、プレートテクトニクスに基づく科学的な地震学を広めようとした地球物理学者が数十年前にいた。実際にプレートの考えも新しい考えで、日本の地震学は未だ大局な見地が進んでない。一現象こじ付けた活な断層で押し通し、地震と火山の活動にマクロな見地もない。深く興味深く解析する下地は無く、現代の分野・専門バカな博士らには総合した見地は育ってない。火山同士の関連性は無いとか。地震と噴火を結び付けるデータは出てないとか・・この地震は、近傍との地震と因果関係は認められない等等・・

 

でも、なぜ北海道南西部の火山は何千年も活動しなかった?

 

( 後記:前回の投稿では、21世紀の深発地震と地表の地震を対比してみた。そうするとスマトラ地震のような大地震では数年前から深発地震も起きていた。更にその深発地震の起きやすいポイントでは、地下を掘り下げるように深くなってる気もした。ただ、起きた深発大地震の周辺では、小さな浅い深発地震が頻発しているのかとも推測する。それが、火山に影響するか? 江戸期の地震期は相当に地殻歪も深めにひどかったのか・・だから、浅い深発地震の多発は浅間山の大噴火にまで進んだのかも・・ ただ、現在の状況から判断すると、太古には全く理解不能な地殻変動期だったのかもしれないな。。

 

実際、宝永地震のような南海大地震は400年周期?とか言われるが、そんな江戸期のような大変動期をは無ければ起きないのかも? 今後は現状の程度では、巨大地震も徐々に小さくなっていくのでは・・ 南米以外は・・

しかし、宝永地震とポルトガルのリスボン地震の大地震と米国のカスケード地震も同時期とは、興味深い。実際、宝永地震の400年前は・・ ピラミッドを覆って輝かせていた石灰石が崩れたエジプト・ギリシャ東部ロドス島での大地震があり、鎌倉大地震の規模も大きく南海地震? まあ、有史からの地殻変動期も小さくなっているのであれば幸いだね。氷河期の長〜い終焉期として考えれば・・ )

 

−−−江戸時代にかけた大地震期−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   大陸シナなどの地震と併記    〇南海トラフ大地震、巨大地震は明記

                               ●関東周辺の大地震、■巨大地震(内陸系)

 

         1303年08月08日  ギリシャ東部ロドス島で地震- M8.0。アレキサンドリアが大被害

         1303年          ピラミッドを覆って輝かせていた石灰石が崩れた

1303年 9月17日 山西、洪洞・趙城地震 - M 8.0

1368年 明王朝 朱元璋で建国される−地震と関係ありか(飢餓と荒廃、ペストで人口半減の時代)

    1411年 9月29日 早朝にチベットで地震 - M 8.0

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
17世紀が、巨大地震集中期(プレートの変動期)の300年
  〜マウンダー極小期を中心に掲載

   シナではM6〜7前後の地震が、実に多い、この時代M8はざらにある

 

続きを読む >>

地震多発期―考察メモ、2020年までの地震を統計編集してみた

  • 2020.02.16 Sunday
  • 03:58

 

 

  地震多発期―考察メモ、2020年までの地震を統計編集してみた

    〜統計から大地震発生に兆候があるか? 地震期を検証するが、地震どうしに因果関係が・・

 

   − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2 (2018年 9/6 胆振中東部 M6.7)

                   2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

   − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                    2018-12-20(UTC) M7.3  17km  Nikol'skoye, Russia

 

   −太平洋の北西部 2019-05-14(UTC) M7.6  10km Namatanai, Papua New Guinea

     (5年間程度)   2018-09-28(UTC) M7.5  20km Palu, Indonesia
                    2017-07-17(UTC) M7.7  10km Nikol'skoye, Russia
                    2017-01-22(UTC) M7.9 135km Panguna, Papua New Guinea
                    2016-07-29(UTC) M7.7 196km Agrihan, Northern Mariana Islands
                    2015-05-30(UTC) M7.8 664km Chichi-shima, Japan

   − 世界の大地震  2019-05-26(UTC) M8.0 123km Lagunas, Peru
                    2018-08-19(UTC) M8.2 600km Ndoi Island, Fiji
                    2017-09-08(UTC) M8.2  47km Tres Picos, Mexico

 

 

世界の地震統計は,USGSで年度別の数字が記されている。が、日本では冬季に地震が多発する傾向もあり、年度別で地震数を分けてみる。そこから、その傾向も考察してみたい。世界の地震と言っても、殆どが日本の圏内である極東や東南アジアの「環太平洋」地域である。また、中南米やオセアニアを含むが地震多発地域「環太平洋」の地震は、日本列島の地殻にも影響があると思う。

 

  ・確かに、311東北大震災後には地震が増加してる

    ・最近は大きな地震が減るが、中小規模の地震は減って無い、それとも地震計が増えた?

    ・中小規模の地震で、地震期を示しても大地震期の兆候は見えない

    ・中規模地震数の移動平均線を引かないと、地震多発期を見るしきい値が定まらない

    ・確かに21世紀は地震が多い、被害地震は無いが90年前後は地震が多い。なぜ?

    ・大地震は局所的で、年度別の件数もまばらである

    ・M5.5〜6.4クラスの地震件数は、巨大地震年以外は平均的で変わらず

    ・地域の地震予測には、地震統計は参考であり、周辺の地震から警戒すべきである

      ( USGSの年地震統計(1-12月)の方で、前年の異常な地震件数が判断しやすいか )

    ・大きい規模の深発地震が多い時は、翌年・翌々年?に地表の被害地震が多い?

 

    ・311東北大震災が起きる数年前から地震が異常に多い

    ・2000年度は、21世紀フィーバで地震も多発・・笑笑 挙句に有珠山や三宅島が大噴火

    ・スマトラ沖地震2004年度以降地震減らず、スマトラは2000年度にも前震あり

    ・300km以下の深発地震は、フィジー・バヌアツの異常多発で数字が増える時も

    ・小笠原西之島は、2013年から15年に活発化している。前年などに深発地震も増加傾向の時?

        口永良部島の火山も2014年から15年に掛けて活発化

    ・1995年度は地震が多発、阪神の大震災はさきがけ? 只前年から大きい地震多発の兆候

    ・1996、2008年は太陽周期の始まりでもあった。特に2008年以降は日本でも甚大な被害に

    ・深部の深発地震は、地震期に奥深く規模も大きくなり、、フィジーと南米は多いな、、

 

    ・311やスマトラ地震の津波地震では、直前に大きな深さ500km以下の地震が世界で多発・・

       2009,2010から311の震災まで、環太平洋に津波地震が数件もある・・・

       日本の内陸地震や日本海の地震も根本的に、

        3年間程度におけるウラジオストク・オホーツク・小笠原・東南アジアらで起きた深い深発大地震数件

        +150km程度の深発地震+大きめな浅い地震で被害地震に波及か??

       深さ500kmの大地震は、直接被害地震に成らないが大きな地震で増殖しているのか

       浅い地殻で起きた巨大地震も、更に地震を誘発するかのよう

         下段の「 1990年代からの世界の深発地震  M7.2以上 」から推測

    ・地震(多発)期には、世界で頻発するM8級の地震とともに周辺で数々の深発地震がある

        それは浅い大地震も含め、ともに連鎖するかのようだ。

      現在、大地震は環太平洋の東南アジアと中南米で終わろうとしている?

    ・M8級の地震や深発大地震には、波及する有効期限3年?と影響する半径の圏?がある

        暫定、、M8級の地震−半径500km、500km地下の深発大地震−半径千km

          日本周辺の深発地震は、3年間でも最近2/13の 「択捉島沖 M7.0」 しかない・・

      地震期と言えども必ず大地震が起きるわけでも無く、数百年の歪が溜まる処が揺れる?

    ・地震の発生は深い地殻の変動が影響してる訳で、

        発生頻度や規模は時期に違いがあり、予測は係数を変えて行うほうがいいかも・・

 

  実際90年代以降は日本周辺で大きな深発地震で起き、被害地震に影響か?

  地震期でない83年秋田沖で起きた津波地震は、それなりの深発地震があるが、

    他の要因と経緯もありそう・・

  ただ、大きな深発地震で地殻が変動し、M7級以上の地震を誘発すると思ったほうがいい

 

  結論として、大きな深発地震が数年間に多い時は確かに地震期である。実際M8の地震も・

  M6程度の深発地震が数件でもあると、圧の均衡する地殻で歪のあるところは発震する。

  地表で発生する地震は深い地下の動きもあるわけで、見過ごされていたのかも・・

 

  地震期とは公表もされなく憶測が飛び交うが、こういった目安は個人でも判断できるといえる

  実際、2004年のスマトラ地震と2009年頃からの津波・大地震多発で無能さを見せた政治システムだ

  そんな中、原発の耐用年数40年を無理に延長した民主政権は異常。その代表が北海道選出とは・

 

  ・・ 個人的には、日本列島や世界の地震期は終わったと見ている

     1993年以降の日本での被害地震増加に伴い、以前に考察したが細かく編集してみた。

     実際には複雑な地震の発生要因であり、ひと区切りして考えてみたいものだ。

 

       日本における1993年からの大地震は、どうして増えたのか   -自身のブログ
         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=610     2018.03.19

 

・1990年代からの被害地震   世界の大地震は下記欄

   1993年01月15日  釧路沖地震         - Mj7.5 震源の深さ101kmの深発地震 ■

   1993年07月12日  北海道南西沖地震   - Mj7.8  − 最近の津波:奥尻
   1994年10月04日  北海道東方沖地震   - Mj8.2 ■
   1995年01月17日  阪神・淡路大震災   - Mj7.3


   2000年10月06日  鳥取県西部地震     - Mj7.3
   2001年03月24日  芸予地震           - Mj6.7
   2003年09月26日  十勝沖地震         - Mj8.0 ■

   2004年10月23日  新潟県中越大震災   - Mj6.8 ■
   2005年03月20日  福岡県西方沖地震   - Mj7.0
   2007年03月25日  能登半島地震       - Mj6.9
   2007年07月16日  新潟県中越沖地震   - Mj6.8 ■

   2008年06月14日  岩手・宮城内陸地震 - Mj7.2

 

   2011年03月11日  東日本大震災       - Mj8.4(Mw9.0) − 最近の津波:三陸

   2016年04月16日  熊本地震の本震     - Mj7.3

   2018年06月18日  大阪府北部で地震   - Mj6.1
   2018年09月06日  北海道胆振東部地震 - Mj6.7

                                       ■は比較的に多い地震

 

データは、USGSから取得 注:年は年度別、4月から3月まで :訂正 2019年度分:4/25

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    北のすみびと (09/21)
  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    historia (09/21)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM