【メモ】 地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震 <その2>

  • 2020.08.01 Saturday
  • 14:34

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震 <その2>

  大地震や津波地震は、わけも無く来ない。 その流れは、人の噂より、ゆっくりした現象

  〜静穏化する世界の地震で津波も遠のき、地震という地球物理学の研究が課題

 

  −日本 2020年MAX 東日本 4/20 宮城沖M6.2、西日本 5/3 薩摩半島沖M6.2

         2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28 三重沖深発 M6.6

  −周辺 2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
         2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

  −周辺深発 深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-?

                  小笠原ー4/18M6.6 三重沖ー201907M6.3 奄美沖ー6/14M6.6

     USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

 

 

   ●掲載し忘れた事象を掲載−2年間に起きたM6以上の地震を見れば、大きな地震が解る?

       深発地震後?、M6以上の浅い地震が発生、さらに周辺で被害地震という例もある

       必ず、大きな深発地震もある、更に数件の深発地震がある、それも日本周辺で連鎖してる

 

< 北海道胆振地震前 >
  2018/09/06 03:07  M6.7  37km  胆振地方中東部   42°41.4′N,142°00.4′E
  2018/01/24 19:51  M6.3  34km  青森県東方沖     41°00.5′N,142°26.8′E
  2017/07/13 04:48  M6.3 603km  日本海西部       40°51.8′N,131°55.3′E
  2016/01/12 02:08  M6.2 265km  北海道北西沖     44°25.8′N,141°12.6′E  近傍過ぎる

 

< 大阪北部地震前 >
  2018/06/18 07:58  M6.1  13km  大阪府北部       34°50.6′N,135°37.3′E
  2018/04/09 01:32  M6.1  12km  島根県西部       35°11.0′N,132°35.2′E
  2018/02/04 22:56  M6.5  10km  台湾付近         24°07.0′N,121°42.2′E
  2017/09/08 02:26  M6.1 475km  小笠原諸島西方沖 27°48.2′N,140°07.7′E 下記に続いた
  2017/07/13 04:48  M6.3 603km  日本海西部       40°51.8′N,131°55.3′E
  2017/01/10 15:13  M7.3 627km  インドネシア付近  4°28.6′N,122°37.0′E 小笠原で震度1
  2016/04/01 11:39  M6.5  29km  三重県南東沖     33°19.4′N 136°22.9′E

 

続きを読む >>

地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震

  • 2020.06.12 Friday
  • 19:47

 

 

  地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震

   〜次頁で、日本の地震を予測した翌日に奄美西方沖でM6.6の地震、熊本余震なみに注意か

 

 

ここに、地震期を示すような、地下600km以下の深発地震を検索してみた。

 

 ・USGS(アメリカ地質調査所)からM7以上  (現在まで)

 

   2018-09-06(UTC)  M7.9  671km  Suva, Fiji
   2018-08-24(UTC)  M7.1  630km  Iberia, Peru  fujiらは南極挟んで影響

   2018-08-19(UTC)  M8.2  600km  Ndoi Island, Fiji
   2017-01-10(UTC)  M7.3  627km  Tabiauan, Philippines
   2015-11-24(UTC)  M7.6  621km  Tarauaca, Brazil
   2015-11-24(UTC)  M7.6  606km  Iberia, Peru
   2015-05-30(UTC)  M7.8  664km  Chichi-shima, Japan         深いほう


   2011-09-15(UTC)  M7.3  645km  Fiji region
   2010-07-23(UTC)  M7.5  641km  Moro Gulf, Mindanao, Philippines
   2010-07-23(UTC)  M7.3  607km  Moro Gulf, Mindanao, Philippines
   2008-07-05(UTC)  M7.7  633km  Sea of Okhotsk


   2002-08-19(UTC)  M7.7  675km  south of the Fiji Islands   最も深い?
   2000-04-23(UTC)  M7.0  609km  Santiago Del Estero, Argentina


   1994-06-09(UTC)  M8.2  631km  La Paz, Bolivia  20世紀最大の深発地震
   1990-05-12(UTC)  M7.2  606km  Tatar Strait, Russia

 

 

実に、この深い地震は、

・環太平洋だけのようである。興味深いのは、

・深発地震でM8級巨大地震は、この600kmの深い場所で発生

   それより浅いとこで発生するのは、まれというべき状況のようである

・上記のデータは、1986年10月からであるが、空白の時期がある

・最近は、顕著だったが収束

・1996年5月や2008年12月は太陽活動周期の活動開始の時期でもあり興味深い一面

 

巨大地震も小さいのを入れると・・きりがないが、地球の深部で大地震が流れているかのようである。地球物理学などを語る程の知識は無いが、地核は液体の層もあるのでかという説も。ただ、数年が係る大地震の移動する深部は準液体のようで、地表の地震期を助長してるかのようである。1990以前は、殆ど無い時期もあり、地震期を示す特徴ともいえる。そして、深い地震が連鎖するようになり、被害地震を増加させる。

 

地震は地球の自転速度が影響すると言う意見もあるが、深部の活動が顕著と言うべきだろう。

さらに、インド・オーストラリアプレートの活動もあり、スマトラ地震やネパール・アフガニスタン・イラン等の地震も出ている。

 

 

 

ここに、過去の深発地震と日本海の大地震も振り返る。

 

続きを読む >>

【定期】ネタ化を擦る地震期は終る、2020年上期を見て地震に必要な情報とは?

  • 2020.06.06 Saturday
  • 12:44

 

【定期】ネタ化を擦る地震期は終る、2020年上期を見て地震に必要な情報とは?

  熊本地震後、胆振東部と地震規模が下降、地震の大局も語れない政治と行政は無能さを象徴する

  大地震や津波地震は、わけも無く来ない。 現在の社会で、新聞やメディアの不要さを痛感する

  〜静穏化する世界の地震で津波も遠のき、世界に翻弄される燃料から原発稼働で次の研究投資を

 

  北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに考察−地震・災害編−目次
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=688

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

 

本日6月6日は満月でもある。ただ、ネットのAstroArts: 天文ニュースの情報によると、6月に地球と月の距離が近いのは3日だそうである。

   6月3日(水) 12時38分:月の距離が最近(0.948、36万4366km、視直径32.8′)

 

4月8日のスーパムーン頃から、震度4の地震が増加したが、徐々に地震も年末まで落ち着くことだろう。個人的には、9月は太陽の活動が元気になり地震にも影響があると言う意識もあるが。。

 

 

 

今年に、択捉沖M7の深発地震発生も発生するなか、胆振東部の被害地震後の北海道周辺で予想していた震度4の地震も有った。

   2020/05/31 03:13 M5.6  94km 震度4    十勝沖   42°31.3′N,143°42.1′E

 

この程度なのは、地震期が終わり?周辺で複数の大きめな地震が昨年に発生しなかったこともあり、M5級の地震で収まったからだと思う。

 

上記にも記載したように、

   オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3 (USGS値)

日本周辺の深発地震も2段階くらいの規模に下がり、地震期が収束している感さえある。

 

 

 

普通は、7月に上期の地震を整理したいところだが、地震が多かったので

ここに、日本の地震発生状況やその経緯、そして世界の状況を振り返り整理したい。

 

・日本の地震状況  −昨年10月から震度4以上の地震 気象庁から

    うっとうしいくらいに発生・・これも今までの大地震発生の余波か、

    1月前後は例年通り

 

   2020/05/31 03:13 M5.6  94km 震度4    十勝沖           42°31.3′N,143°42.1′E
   2020/02/13 19:33 M7.2 155km 震度4    択捉島南東沖     45°03.3′N,149°09.7′E
   2020/01/28 10:36 M5.5  96km 震度4    根室半島南東沖   43°22.4′N,145°59.0′E
   2019/12/19 15:21 M5.5  50km 震度5弱  青森県東方沖     40°30.7′N,142°10.7′E
   2019/12/12 01:09 M4.2   7km 震度5弱  宗谷地方北部     45°06.3′N,141°52.7′E

 

   2020/05/19 12:17 M5.4  50km 震度4    福島県沖         37°30.8′N,141°25.5′E
   2020/05/18 12:00 M5.2  51km 震度4    宮城県沖         38°10.5′N,141°41.7′E
   2020/04/20 05:39 M6.2  46km 震度4    宮城県沖         38°53.2′N,142°05.9′E
   2020/03/11 13:04 M4.4  12km 震度4    秋田県内陸南部   39°40.6′N,140°44.3′E
   2020/02/12 19:37 M5.4  87km 震度4    福島県沖         37°18.6′N,141°21.5′E

 

   2020/07/09 06:05 M4.7  45km 震度4    茨城県南部       36°03.8′N,139°50.6′E 追記
   2020/06/25 04:47 M6.1  36km 震度5弱  千葉県東方沖     35°33.2′N,141°06.7′E 追記
   2020/06/04 05:31 M4.8  52km 震度4    茨城県沖         36°25.7′N,140°41.5′E 追記

   2020/06/01 06:02 M5.2  97km 震度4    茨城県北部       36°11.4′N,140°20.6′E
   2020/05/06 01:57 M5.0  68km 震度4    千葉県北西部     35°37.9′N,140°04.7′E
   2020/05/04 22:07 M5.6  48km 震度4    千葉県北東部     35°43.8′N,140°36.6′E
   2020/04/26 09:49 M4.8  66km 震度4    茨城県南部       36°07.9′N,140°04.8′E
   2020/04/12 00:44 M5.0  53km 震度4    茨城県南部       36°11.9′N,139°57.6′E
   2020/02/20 12:53 M4.3  28km 震度4    千葉県北東部     35°23.7′N,140°18.6′E
   2020/02/01 02:07 M5.3  63km 震度4    茨城県南部       35°58.1′N,140°03.8′E
   2020/01/21 19:17 M4.2  53km 震度4    茨城県沖         36°25.6′N,140°38.8′E
   2020/01/14 04:53 M4.8  46km 震度4    茨城県南部       36°04.6′N,139°53.0′E
   2020/01/03 03:23 M5.8  34km 震度4    千葉県東方沖     35°48.6′N,141°06.9′E
   2019/12/04 19:35 M4.8   7km 震度4    栃木県北部       36°57.2′N,139°40.8′E
   2019/12/04 10:38 M4.9   9km 震度4    茨城県北部       36°48.5′N,140°32.3′E
   2019/12/03 10:18 M4.7  52km 震度4    茨城県南部       36°08.5′N,139°49.0′E
   2019/11/17 20:05 M4.7  13km 震度4    伊豆大島近海     34°38.3′N,139°03.1′E
   2019/11/08 18:18 M4.4  52km 震度4    茨城県沖         36°32.4′N,140°50.2′E


   2020/04/18 17:25 M6.8 477km 震度4    小笠原諸島西方沖 27°10.4′N,140°30.4′E
   2019/10/12 18:21 M5.4  75km 震度4    千葉県南東沖     34°40.4′N,140°38.9′E

 

   2020/06/17 15:03 M4.4   6km 震度4    岐阜県美濃中西部 35°18.6′N,136°28.0′E 追記

   2020/06/10 00:22 M4.7  21km 震度4    土佐湾           33°19.0′N,133°21.8′E 追記
   2020/05/29 19:05 M5.3   4km 震度4    長野県中部       36°15.7′N,137°38.4′E
   2020/05/19 13:12 M5.4   3km 震度4    岐阜県飛騨地方   36°17.0′N,137°37.7′E
   2020/05/17 20:38 M4.6  37km 震度4    紀伊水道         33°36.5′N,134°45.2′E
   2020/04/23 13:44 M5.5   3km 震度4    長野県中部       36°13.5′N,137°39.7′E
   2020/04/13 19:16 M4.2   5km 震度4    長野県北部       36°46.0′N,137°52.7′E
   2020/03/13 02:18 M5.5  12km 震度5強  石川県能登地方   37°16.7′N,136°49.4′E
   2019/11/26 15:09 M4.6  16km 震度4    瀬戸内海中部     34°02.7′N,133°03.8′E

 

   2020/06/14 00:51 M6.3 165km 震度4    奄美大島北西沖   28°45.8′N,128°21.3′E 追記
   2020/06/01 09:33 M4.3   9km 震度4    薩摩半島西方沖   31°34.8′N,130°20.2′E
   2020/05/23 04:33 M4.9  48km 震度4    沖縄本島近海     27°17.7′N,128°26.1′E
   2020/01/16 18:36 M4.2  14km 震度4    沖縄本島近海     26°32.3′N,127°43.4′E
   2019/12/18 08:35 M5.1  47km 震度4    沖縄本島近海     27°18.3′N,128°25.9′E

 

・日本の地震状況  −昨年4月からの地震

 

   −M6以上−                            −M3.5以上の深発地震−

                                         九州南部は継続、関東は震度4地震を助長したか

                                          北海道周辺は・・収まらず・


 

 

 

 

・信越の揺れ

 

続きを読む >>

2020年はコロナ騒動のなか、上期は日本の地震規模が高め

  • 2020.05.21 Thursday
  • 22:13

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

  2020年はコロナ騒動のなか、上期は日本の地震規模が高め

   〜地震が高めだが、大地震・津波地震の恐れが無く、原発の稼働で外貨乱用の抑制を

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

 

 

国士の居ない日本は、乱れる政治で武漢からのコロナ肺炎で混迷している。ほんとに嫌気がする政治である。野党と親中派議員、そしてシナ人には懲り懲りとか言う状況である。まして、地震が発生したように集計のワープロ文書作成に忙しい災害対策本部という都道府県は、コロナにも決め手がないと言う状況なのか。そこに出来ることをやろうとする姿勢も無い。

 

それが、6・10日の北にも降った雨で汚染も流れてやや収束したのかという感じである。雨降って地固まるというとこか。ただ、北の赤い大都市は、特段に除菌や清掃が忙しい雰囲気も感じない。全体的に感染者が減るも、定常的な感染数で緊急事態宣言も難しいのではという意見もある。行政部門は、業務上の関係が無くても自分達に何が出来るか考えてほしいものである。

 

 

 

  2020年 5月19日13時13分 岐阜県飛騨地方 M5.3 震度4

    参考で、長野の3/15〜5/17の地震状況を掲載

 

 

そこに長野の地震という話題の状況で、M5越えは4回目である。大陸系の地質で山岳の地殻変動は、余震も相当なものである。ただ、世界で見てみると、昨年のカリフォルニアの地震が一年を待たずにM6.5の地震も発生。昨年の大きな地震は、ただでは済まない地震の連鎖だろう。ただ、自分は周囲の状況では大きくはならないのでないかと思ってるが・・詳しくは解らない

 

   2020-05-15 11:03(UTC)  M6.5   3km  Monte Cristo Range Earthquake
   2020-03-31 23:52(UTC)  M6.5  15km  Challis, Idaho
   2020-01-28 19:10(UTC)  M7.7  15km  Lucea, Jamaica
   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  2019 Ridgecrest Earthquake Sequence

 

報じられないが、ハワイは火山活動も有るのか、地震が途切れることも無く頻発してる。欧米等のメディアは、写真写りの災害が無いと記事にも成らないようだ。

 

 

 

追記 6/4    なお、長野と共に南関東の地震多発に付き、参考に過去の記事を・・

 

   昨年からの長野から千葉のスロースリップの地震も、一連か
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=635  自身の地震記事

 

追記 5/22 以下の欄

 

続きを読む >>

日本から見た地震期も、先行したかのような世界の地震がある

  • 2020.05.01 Friday
  • 14:44

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過  #あなたも地震予知が出来る,

 

 

   日本から見た地震期も、先行したかのような世界の地震がある

   〜カリフォルニア地震などは、先行して発生し地震期に突入。地震期統計も区切り

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

  〜今年度、コロナで人類活動の振動が地球上で減る中(笑)、深発地震で日本列島の発震レベルも件数も上昇中

     長野、南関東で震度もマグニチュードも増加、下段参照・・

 

 

   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  2019 Ridgecrest Earthquake Sequence

 

昨年は、米国でもカリフォルニア州で地震が発生。これも継続するのかと思ったら、日本の奥尻・神戸の大地震のまえにカリフォルニア州では地震が先行し、、、感染・・していた。

なんだ、耐性が出来て最近まで発生しなかったのか・・

現状、米国西海岸やカスケードの地震は、当面先のことか?

 

    1995年10月09日   メキシコで地震  - Mw8.0、死者49人
    1995年07月30日   チリ、アントファガスタ州で地震 - Mw8.0、死者3人
    1996年06月10日 アリューシャン諸島で地震 - Mw7.9


    1994年06月08日   ボリビア深発地震 - Mw8.2、死者10人。深発地震としては20世紀最大級
    1994年06月06日   コロンビアで地震 - Mw6.8、死者800人
    1994年01月17日 ノースリッジ地震   - Mw6.7 (ロサンゼルス地震)死者60人(都市型地震災害の典型)
    1992年09月02日   ニカラグアで地震 - Mw7.6  地震・津波で死者約170人
    1992年06月28日 カリフォルニア州   - Mw7.3  ランダース地震 、関連した陸上3連動地震として著名
    1991年04月22日   コスタリカで地震 - Mw7.6  死者76人、津波あり

 

    1989年10月17日 カリフォルニア州   - Mw6.9(M7.1)、ロマ・プリータ地震、死者62人
    1988年03月06日 アリューシャン諸島で地震 - Mw7.7
    1987年11月30日 アラスカ州で地震   - Mw7.8
    1987年03月06日   エクアドル・コロンビアで地震 - M6.9(Ms7.0)、死者5,000人

 

規模は以後の地震期より低いようだが、大陸の地震としては大きなほうだろう。世界的な地震期の前段階?。まあ、18世紀の宝永地震より数年前に米国でカスケード地震が起きたかのような先行する地震なのか。それとも、カスケード地震や宝永地震はマウンダー極小期の終りの時期であり、地震期の終盤に起きたようだが。いろいろと発生要因は複数の要因があるようだ。

 

( 日本国中がコロナ肺炎で自宅待機となった今、こどもや大人も趣味や習い事にいい機会かも。時間を掛けることも必要だが、少しの時間を毎日とることで趣味の幅も広がる。面倒くさいほどに件数が有るが、切り口を変えたり、統計を取ることでも興味がわく新たな発見がある。また、辞めても勝手気ままにいつでも再開できる暇つぶしと迷走・・ 尚、公益法人に登録すれば、信憑性のある地震データが得られる。ネットにも貴重な記録も多い。あなたも地震の予知ができる?  )

 

  北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに考察−地震・災害編−目次
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=688  過去の投稿も見直ししなくては・・

 

 

 

・USGSから1988年4月から1992年3月までのM7以上の世界の地震を見てみる

   驚いたことに、この時期に南米・NZの南極よりに地震。そして、アフリカ、

   ユーラシア大陸で中近東付近やミャンマーにも、地震がある。

  珍しくメキシコには、地震が無さそうだが以後の地震期に地震が多発していく

 当時の米国北部の地震。当然深発地震もあるが規模は小さい

    1991-05-30(UTC)  M7.0  28km  Alaska Peninsula

    1991-01-23(UTC)  M6.4 108km  Aleutian Islands, Alaska
    1990-11-06(UTC)  M7.1  25km  Komandorskiye Ostrova, Russia region

    1990-05-01(UTC)  M6.6 211km  Alaska Peninsula
    1989-09-04(UTC)  M7.1  11km  south of Alaska

    1989-05-19(UTC)  M6.3 104km  Aleutian Islands, Alaska
 南極付近の地震。南米中部で深発地震も

    1991-12-27(UTC)  M7.2  10km  South Sandwich Islands region
    1991-06-23(UTC)  M7.3 558km  Santiago Del Estero, Argentina
    1989-05-23(UTC)  M8.0  10km  Macquarie Island region

 

 ユーラシア大陸とアフリカの内陸寄り地震・・地震期先行のユーラシア大陸か?

    1991-04-29(UTC)  M7.0  17km  Georgia (Sak'art'velo)
    1991-01-31(UTC)  M6.9 142km  Hindu Kush region, Afghanistan
    1990-06-20(UTC)  M7.4  19km  northern Iran
    1990-05-30(UTC)  M7.0  89km  Romania
    1990-05-20(UTC)  M7.2  15km  Sudan

 

    1988-11-06(UTC)  M7.7  18km  Myanmar-China border region
    1988-08-20(UTC)  M6.9  57km  Nepal-India border region
    1988-08-06(UTC)  M7.3  91km  Myanmar

 その頃、日本周辺の地震

    1991-12-22(UTC)  M7.6  25km  Kuril Islands
    1990-07-16(UTC)  M7.7  25km  Luzon, Philippines
    1990-05-12(UTC)  M7.2 606km  Tatar Strait, Russia  樺太の深発地震・・深すぎ・
    1990-04-05(UTC)  M7.6  11km  Mariana Islands region  3年後グアムで地震
    1989-11-01(UTC)  M7.4  29km  near the east coast of Honshu, Japan

    〜奥尻の津波地震や神戸大震災に影響が有ったかもしれない・・

 

 

 

1990年前後が気になり、以前に投稿した世界地震の統計で1989年度の地震も拾ってみた。

特段の目立つ地震数は無い。やや、90〜300kmの中レベルの深発地震らが少し多め。実際に地域に偏った地震は見られるが、1992年度まで大きな統計の変動は無い。地震期始まりの特徴が他に?

 

ただ、東南アジア周辺とその太平洋側は、大きな地震も出ている

 

続きを読む >>

【定期】2019年度の地震、最近に深発地震の余波

  • 2020.04.21 Tuesday
  • 07:50

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

【定期】2019年度の地震、最近に深発地震の余波

 〜津波地震や大地震は、いつ・どこで突如として起きる訳でもない。だから現在はない。

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

ここ数日で、小笠原諸島の大きな深発地震に続き、宮城沖でM6越えの地震。

 

北(択捉島沖)にM7.0の深発地震の地震あれば、日本列島を挟んで数か月後に南方小笠原でM6.6の深発地震が発生した。その小笠原深発地震の影響を受けたのか、列島歪を調整するかのように東北太平洋側の宮城沖で大きな地震が消化された。

 

東北太平洋沖の地震は、今までに北の胆振東部と南の日向灘の地震などに対して歪を蓄積したかのように地震も少ない。また、列島の地震規模が小さい中では西日本に地表の地震が偏る事態でもあった。実際、最近にはM7級も発生せず、昨年8月の福島沖M6.4以降に静穏化してる。

 

小笠原の深発地震発生も、付近に下回る地震が幾度も出ていた・・

ただ、最近の傾向は地震期より規模が全体的に下がりつつあるようだ。

 

 ●日本列島周辺の大きめな地震  −2020年1月から 、USGSから

   〜地下深部の地震は、列島とプレートの歪とを解消の地震

 

   2020-04-20 11:38(UTC)  M4.7 159km  Makurazaki, Japan       薩摩半島西方沖
   2020-04-19 20:39(UTC)  M6.3  38km  Ofunato, Japan  宮城沖  久々に東北太平洋沖
   2020-04-18 08:25(UTC)  M6.6 454km  Chichi-shima, Japan  ←-------  小笠原
   2020-04-11 03:19(UTC)  M5.2  10km  Chichi-shima, Japan           |
   2020-03-26 05:52(UTC)  M5.4 105km  Northern Mariana Islands      | 小笠原南方
   2020-03-25 02:49(UTC)  M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia       |
   2020-03-19 13:52(UTC)  M5.5  10km  Northern Mariana Islands      |
   2020-03-02 00:31(UTC)  M5.7  24km  Amatignak Island, Alaska      |
   2020-02-17 12:54(UTC)  M5.4  10km  Chichi-shima, Japan           |
   2020-02-13 10:33(UTC)  M7.0 144km  Kuril'sk, Russia     ---------  択捉島周辺
   2020-01-26 06:31(UTC)  M6.1  17km  Amatignak Island, Alaska

 

( 尚、昨年7月には、三重沖で小笠原と同規模?な深発地震もあった

   2019-07-27 18:31(UTC)  M6.3 367km  Shingu, Japan )

 

  USGSから

  M6以上
 

列島の南北の対照的な地震が、列島の地殻変動の影響で宮城沖地震?  -国土地理院の図から

 

 

 

 

  ●世界の大きめな地震  −2018年10月からM7以上 、USGSから

     2019年度は地震数も少なく規模も小さい

     ここ1年半において、400km以下の深発地震も無い、地震期が治まる傾向?

 

   2020-03-25 02:49(UTC)  M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

                                カムチャカでは3月前後に噴煙が1万mに上がる火山噴火2回
   2020-02-13 10:33(UTC)  M7.0 144km  Kuril'sk, Russia
   2020-01-28 19:10(UTC)  M7.7  15km  Lucea, Jamaica
   2019-11-14 16:17(UTC)  M7.1  33km  Bitung, Indonesia


   2019-07-14 09:10(UTC)  M7.2  19km  Laiwui, Indonesia
   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  2019 Ridgecrest Earthquake Sequence
   2019-06-24 02:53(UTC)  M7.3 212km  Saumlaki, Indonesia
   2019-06-15 22:55(UTC)  M7.3  46km  L'Esperance Rock, New Zealand
   2019-05-26 07:41(UTC)  M8.0 123km  Lagunas, Peru
   2019-05-14 12:58(UTC)  M7.6  10km  Namatanai, Papua New Guinea
   2019-05-06 21:19(UTC)  M7.1 146km  Bulolo, Papua New Guinea

 

   2019-03-01 08:50(UTC)  M7.0 267km  Azangaro, Peru
   2019-02-22 10:17(UTC)  M7.5 145km  Palora, Ecuador

   2018-12-29 03:39(UTC)  M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
   2018-12-20 17:01(UTC)  M7.3  17km  Nikol'skoye, Russia
   2018-12-11 02:26(UTC)  M7.1 133km  South Sandwich Islands
   2018-12-05 04:18(UTC)  M7.5  10km  Tadine, New Caledonia
   2018-11-30 17:29(UTC)  M7.1  47km  Anchorage, Alaska
   2018-10-10 20:48(UTC)  M7.0  39km  Kimbe, Papua New Guinea

 

       地震多発期―考察メモ、2020年までの地震を統計編集してみた
         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=743

       〜下表−抜出して追加 4/29

         2019年度を集計し直したが、深発地震も含め大きな地震は過去に無い程に沈静化

   津波地震や大地震は、いつ・どこで突如として起きる訳でもない。だから、現在はない。

 

        

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    北のすみびと (09/21)
  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    historia (09/21)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM