カリフォルニアM6.4の地震後に、M7.1地震の本震

  • 2019.07.07 Sunday
  • 16:41

 

 

 

  カリフォルニアM6.4の地震後に、M7.1地震の本震

 

 

 

投稿を控えていたが、カリフォルニアM6.4の地震からM7.1の地震へ。熊本地震のように、2日後にそれを超える地震。その地理的状況は、断層の多さなどを考えれば似ていたと言える。

 

  2019-07-06 03:19(UTC) M7.1  8km  17km NNE of Ridgecrest, CA

  2019-07-04 17:33(UTC) M6.4 11km  12km SW of Searles Valley, CA

 

− USGSから、7/7  13:00までの震央 − M3以上

  もともと山脈の影響で、南東方向に断層が出来たようだ。既存に走る交差する断層にも余震か


 

まあ、山間部なので、これでひと段落だろうか。海岸線沿いに地震が来なかったことが被災も小さかったと言える。ただ、数カ月から半年程度、最大1年半くらい、同程度の地震に注意な地震地域でもある。近傍でも、誘発するのも時間がかかる。

 

 

 

 

−2018年以前の世界の地震−

    数年以内の地震を掲載してるが、実際は米国西海岸の周辺で大きな地震もある

 

   ペルーでM8、2019年は地震増加。火山期と関西直下地震
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=693
     〜「地震被害の少なかった米国も、半年後〜1年半以内は危険性がたかいかも」

 

今年初のM8地震もやや深発の地震で誘発し易い深さだった。ほんと、来ると確信してた・・

また、南北西で地殻歪とも言える大地震の影響期間中だった。

 

  2018-05-04 22:32(UTC)  M6.9   2km  Leilani Estates, Hawaii     〜 一年数か月後
  2018-01-10 02:51(UTC)  M7.5  19km  Great Swan Island, Honduras 〜 一年半後
  2017-09-08 04:49(UTC)  M8.2  47km  Tres Picos, Mexico          〜約20ヶ月後

 

 

 

  日本の古文書が明らかにした、北米カスケード津波地震
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=396

 

上記投稿から、20世紀のアメリカ西海岸の大地震を見る。

1989-04〜2019-07-07 M6.7以上のCA地震

1994年01月17日 加州ロサンゼルス地震 - Mw 6.7、死者60人

1992年06月28日 加州、ランダース地震 - Mw7.3

1989年10月17日 加州ロマ・プリータ地震 - Mw 6.9 サンフランシスコで被害

1949年08月22日 カナダ、クイーン・シャーロット島で地震 - Mw 8.1

1906年04月18日 加州サンフランシスコ地震 - Mw 7.9 、死者3,000人

・・・
 

1990年代において被害地震が頻発、

前後において、大地震も・・

CAよりメキシコに多く規模も大きい

 

   1995年10月09日 メキシコで地震                 - Mw8.0

   1995年07月30日 チリ、アントファガスタ州で地震 - Mw8.0

 

   1985年09月19日 メキシコ地震  - Mw8.0

   1985年03月03日 チリで地震    - Ms7.8
    チリの地震が、もれなく付いていたので掲載

 

ここ最近のアメリカ西海岸の地震を見る。昨年来は特に、地震と余震が多かったようだ。

解ってたようなものだろう。アメリカは・・

   2019-07-06 03:19(UTC)  M7.1   8km  Ridgecrest, CA
   2018-10-22 06:22(UTC)  M6.5  10km  Port Hardy, Canada
   2018-10-22 06:16(UTC)  M6.8  10km  Port Hardy, Canada
   2018-10-22 05:39(UTC)  M6.5  10km  Port Hardy, Canada
   2018-05-04 22:32(UTC)  M6.9   6km  Leilani Estates, Hawaii
   2018-02-16 23:39(UTC)  M7.2  22km  San Pedro Jicayan, Mexico
                                                 
   2017-09-19 18:14(UTC)  M7.1  48km  Ayutla, Mexico
   2016-12-08 14:49(UTC)  M6.6   8km  Ferndale, California
   2016-04-29 01:33(UTC)  M6.6  10km  Northern East Pacific Rise
   2016-01-21 18:06(UTC)  M6.6  10km  Tomatlan, Mexico
   2015-09-13 08:14(UTC)  M6.7  10km  Topolobampo, Mexico

 

  カリフォルニア州で頻発の「スロー地震」が起こす巨大災害
    https://forbesjapan.com/articles/detail/21797
    2018/06/30 Forbes

 

 

 

まあ、来るべくして揺れた地震かとも思う。実際に、メキシコや中南米に地震が多いほうで、日本などの地震期と違いずれてる気もする。

5月くらいでも、アメリカの地震も東部で地震が見られ、やや普段と違う傾向も有った気がする。前兆だったんだろうか。

 

南北アメリカ大陸は、世界とのプレートとやや趣が違う感じがするところもある。6/26の地震を見てたらアメリカ西海岸のプレートも大西洋と繋がるのかとも錯覚したぐらいだ。なんと、大西洋からカナダ西部まで一直線だなと・・

南北アメリカは離れていくのかと。

 

 

ま、世界の地震期収束を象徴するアメリカの地震であったことを願いたいものだ。

2000年からの鳥取地震ら西の日本海側の地震は・・・

  • 2019.07.04 Thursday
  • 06:05

 

 

  2000年からの鳥取地震ら西の日本海側の地震は・・複雑・

    〜岩手・宮城沖の地震の無さは、逆に西日本の地震を助長?

 

 

− 1985年から2000年までのM8を超えた地震 − USGSから

    阪神大震災の前年までの5年間はM8クラスの大地震は無かった。

 

 1998-03-25(UTC) M8.1  10km  Balleny Islands region
 1996-02-17(UTC) M8.1  33km  Biak region, Indonesia
 1995-10-09(UTC) M8.0  33km  Colima, Mexico
 1995-07-30(UTC) M8.0  46km  Antofagasta, Chile
 1994-10-04(UTC) M8.3  14km  Kuril Islands
 1994-06-09(UTC) M8.2 631km  La Paz, Bolivia

    −深発地震としては20世紀最大級


 1989-05-23(UTC) M8.0  10km  Macquarie Island region
 1986-05-07(UTC) M8.0  33km  Aleutian Islands, Alaska
 1985-09-19(UTC) M8.0  28km  Michoacan, Mexico
 1985-03-03(UTC) M8.0  33km  offshore Valparaiso, Chile

 

USGS  https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/browse/stats.php

 

USGS集計の年間の地震を見ると、

  ・1993年奥尻地震の前年には、M6クラスが急増

  ・1995年阪神大震災の前年、M8の地震が5年ぶりに2件も発生

  ・311の前年2010年、M7・M5クラスの地震が急増

1990年代初頭は、インターネットが普及する以前とはいえ地震に鈍感だったと言える。1960年ペルー地震の地震期が収束した1980年代とは言え、誰も気づかなかったのだろうか。高度成長で、経済界に人材が集中してたからか。

 

 

 

 

− 1985/04から2000/09までのM7を超えた日本の地震 − 気象庁から

   〜阪神大震災後、列島に無くなった大地震、研究の為に地震計設置も始まる

 

    2000/10/06  M7.3   9km 震度6強 鳥取県西部

 

  2000/08/06  M7.2 445km 震度4   小笠原諸島西方沖  
  2000/08/05  M7.4   1km 震度1   サハリン南部付近  
   2000/07/30 M6.5  17km 震度6弱 三宅島近海        
   2000/07/01 M6.5  16km 震度6弱 新島・神津島近海

      2000-06-04(UTC) M7.9  33km  southern Sumatra, Indonesia


  2000/03/28  M7.9 128km 震度3   硫黄島近海        
  2000/01/28  M7.0  59km 震度4   根室半島南東沖    
  1999/09/21  M7.7   0km 震度2   台湾付近

    − 台湾中部大地震「921大地震」         
  1999/04/08  M7.1 633km 震度2   ウラジオストク付近

      1998-11-29(UTC) M7.7  33km  Banda Sea


  1998/08/20  M7.1 467km 震度3   小笠原諸島西方沖  
  1998/05/04  M7.7  35km 震度3   石垣島南方沖      

      1997-11-08(UTC) M7.5  33km  western Xizang チベット?


  1995/12/04  M7.0   0km 震度1   千島列島          
  1995/12/04  M7.3  57km 震度2   択捉島南東沖      
  1995/08/23  M7.8 595km 震度1   マリアナ諸島      
  1995/04/18  M7.2  59km 震度2   千島列島
          

 

こうしてみると、世界の地震の傾向と同じように1995年度から被害地震が減っていた。興味深いのは、小笠原の深発地震や千島の地震があるのに東北太平洋沖の大きな地震は無い。

 

ただ、大規模なM7クラスの地震にせまるM6クラスの地震が西日本では起きている。

続きを読む >>

秋田の日本海中部地震を振返ると、伊豆・台湾等も意外な経緯?

  • 2019.06.30 Sunday
  • 20:45

 

 

 

  秋田の日本海中部地震を振り返ると、伊豆・台湾等も意外な経緯?

    〜60年代のペルー地震期から、次の日本海中部地震を中心とした地震期は複雑な経緯

 

 

6月に起きた山形県沖地震は、昨年の最大地震と同様規模で起きた。しかし、1983年に秋田の津波地震「日本海中部地震」は、突如として起きた感じもした。そこの経緯などを見てみたいと思う。

 

山形県沖地震では、岩手・秋田の地殻変動に反対な北海道・千島の北海道胆振東部地震で対峙した地震となった。そこに至るまで、北海道地方で150kmの深発地震が数件起きて経緯もある。山形県沖地震の発生起因は不明だが、経年変化後の深発地震が目安となることは変わりがない。

 

1983年の「日本海中部地震」を見ると、地震規模も大きいが東北地方にまたがって深発地震の多い状況となっている。

 

−山形県沖地震と日本海中部地震までの3年間の深発地震発生状況− 気象庁のデータから

 

参考で、日本海中部地震当時の浅い地震も  M6以上

 

日本海中部地震当時は、北海道・東北周辺の深発地震が多い、危険信号か?

ただ、宮城沖地震や北海道・千島のM7級地震の影響は確かであろうと思う。 

 

 

 

しかし、日本海中部地震が発生する前7年間は、特段の大地震は少ない。

−気象庁から、1976〜1983年に起きたM7以上の地震−

    以外と1978年に集中した地震、またM7.5以上の地震が無い

  1983/05/26 M7.7  14km 秋田県沖     40°21.6′N,139°04.4′E 日本海中部地震

 

  1982/07/23 M7.0  30km 茨城県沖     36°11.0′N,141°57.0′E
  1982/03/21 M7.1  40km 浦河沖       42°04.0′N,142°36.0′E
  1981/01/19 M7.0   0km 三陸沖       38°36.0′N,142°58.0′E

 

  1979/10/17 M7.4 600km マリアナ諸島 18°30.0′N,145°31.0′E
  1978/12/06 M7.2 100km 択捉島付近   44°44.0′N,146°58.0′E
  1978/07/23 M7.1  20km 台湾付近     22°11.0′N,121°27.0′E
*1978/06/12 M7.4  40km 宮城県沖     38°09.0′N,142°10.0′E
  1978/03/25 M7.3  40km 択捉島南東沖 44°20.0′N,149°49.0′E
  1978/03/23 M7.0  60km 択捉島南東沖 44°48.0′N,149°25.0′E
  1978/03/07 M7.2 440km 東海道南方沖 32°08.0′N,137°44.0′E
  1978/01/14 M7.0   0km 伊豆大島近海 34°46.0′N,139°15.0′E

  *:宮城沖地震:ブロック塀倒壊や家屋被害の(大)都市型地震災害

下記シナの唐山地震後に地震?、それともハワイ後、インドネシアの地震?で頻発

 

そこで、USGSからM7.7以上の地震を抜き出してみた。

 

60年代のペルー地震から控えめだが、東南アジアに地震が多い。そこにシナの内陸地震

 

以下、日本周辺の海外の地震

 

     1983-03-18 (UTC)  M7.6  89km    New Ireland region, Papua New Guinea


   1980-07-17 (UTC)  M7.9  33km   Santa Cruz Islands
   1979-09-12 (UTC)  M7.9   5km   Biak region, Indonesia


   1978-06-12 (UTC)  M7.7  44km   near the east coast of Honshu, Japan
   1978-03-24 (UTC)  M7.6  33km   Kuril Islands


   1977-08-19 (UTC)  M8.3  25km   south of Sumbawa, Indonesia
   1976-08-16 (UTC)  M7.9  33km   Mindanao, Philippines
    ( 1976-07-27 (UTC)  M7.5  23km  Tianjin-Hebei border region, China 唐山地震-シナ )
   1976-01-14 (UTC)  M8.0  33km   Kermadec Islands region


   1975-11-29 (UTC)  M7.7   9km   Kalapana Earthquake (Hawaii)
   1975-07-20 (UTC)  M7.7  44km   Solomon Islands
    ( 1975-02-04 (UTC)  M7.0  33km   Liaoning, China  海城地震-シナ )

   1975-07-20 (UTC)  M7.9  49km   Bougainville region, Papua New Guinea
   1975-05-26 (UTC)  M7.9  33km   Azores-Cape St. Vincent Ridge

 

ただ、USGSだと宮城沖M7.7や択捉島M7.6と地震が高めに評価されてる。直近は、PNGの深発M7.6が最高である。日本の近傍を千島からフィリピンと考えてるが1976年のミンダナオのM7.6が最高であった。5年〜8年間は地震エネルギーが落ちないと言うことなのか。

 

今までの大地震が起きる状況は、環太平洋でもM8程度の地震が数年以内に有り、近傍でもM7.5程度はよく見られた。その環太平洋の地震で日本海中部地震の前で、最高の地震は6年前1977年のインドネシアのM8.3である。その他で異常なことは、5年前1978年に日本でM7級の地震が頻発したことぐらいで、範囲を広げるとシナの内陸地震とハワイの大地震と言える。日本の被害地震を想定する場合、因子をさらに増やし、最低でも8年間の地震データは押さえて置くべきかも・・

 

地震が大きくなることや突如に発生することは否定しない。しかし、いろいろな地層もあり揺れやすい日本では、それなりの地震経緯や世界的な兆候が有ってもいいと思う。

 

 

 

 

日本海中部地震までの経緯を、数年単位で追ってみる・・

以外と、伊豆・台湾(上記画像)もシナの大地震後に深発地震の影響で地震か。

続きを読む >>

【定期】 2019年度4〜6月期までの地震、9月前後は如何に

  • 2019.06.28 Friday
  • 17:18

 

 

【定期】 2019年度4〜6月期までの地震、9月前後は如何に

   〜今年度も早々に日向灘と山形沖でM6クラスの地震、未だ北海道活発化?

 

        列島での地震 2018年MAX 9/6 M6.7 胆振中東部、2019年現状MAX 6/18 M6.7 山形県沖
         ( 更新 ↑ )
        列島での地震 2018年MAX 9/6 M6.7 胆振中東部、2019年現状MAX 5/10 M6.3 日向灘

 

 

 

6月には、山形県沖でM6.7の地震発生。青森県東方沖から連鎖したような感じだ。

気を付けたい大きめな地震の連鎖と、助長する150km程度の深発地震と思う。

 

    2019/06/18 22:22 M6.7 14km 震度6強 山形県沖           〜胆振地方中東部から9か月後

    2018/09/06 03:07 M6.7 37km 震度7   胆振地方中東部     〜青森県東方沖から9か月後

      2018/05/07 05:00 M5.1  98km 震度4   岩手県内陸北部  ○一年後に山形県沖の地震
      2018/04/12 16:56 M5.1 226km 震度1   北海道西方沖    ○150km程度の深発は地震活発化の証?

    2018/01/24 19:51 M6.3 34km 震度4   青森県東方沖

 

< 2018/01、一年半前からのM6以上の地震 >気象庁から 波及・連鎖の期間?

 

2018/01からのM6以上の地震                      訂正  2017/04からのM5.0以上の深発地震

(深さ90km以下) 低めのM5.0クラスは下記


 

 −地域別   青が今年の地震
    2019/03/02 12:22 M6.2 51km 震度4   根室半島南東沖 42°00.4′N,146°51.7′E
    2018/11/05 04:26 M6.3 20km 震度4   国後島付近     44°36.5′N,145°48.3′E
    2018/09/06 03:07 M6.7 37km 震度7   胆振地方中東部 42°41.4′N,142°00.4′E

 

    2019/04/11 17:18 M6.2  5km 震度3   三陸沖         40°21.7′N,143°24.2′E

    2019/03/11 02:10 M6.0 18km 震度3   福島県沖       36°45.7′N,142°24.3′E
    2018/01/24 19:51 M6.3 34km 震度4   青森県東方沖   41°00.5′N,142°26.8′E

 

    − 列島の内陸系統 −

    2019/06/18 22:22 M6.7 14km 震度6強 山形県沖       38°36.4′N,139°28.7′E
    2018/07/07 20:23 M6.0 57km 震度5弱 千葉県東方沖   35°09.9′N,140°35.5′E
    2018/06/18 07:58 M6.1 13km 震度6弱 大阪府北部     34°50.6′N,135°37.3′E
    2018/04/09 01:32 M6.1 12km 震度5強 島根県西部     35°11.0′N,132°35.2′E

 

    2019/05/10 08:48 M6.3 25km 震度5弱 日向灘         31°48.0′N,131°58.4′E
    2019/01/08 21:39 M6.0 30km 震度4   種子島近海     30°34.3′N,131°09.8′E
    2018/09/15 17:05 M6.2 34km 震度1   沖縄本島近海   26°40.2′N,129°40.6′E  /16 M6.0


    2019/04/18 14:01 M6.5 20km 震度2   台湾付近       24°00.6′N,121°30.8′E
    2018/10/24 01:04 M6.3 28km 震度3   与那国島近海   23°58.1′N,122°36.1′E  /23 M6.1
    2018/02/07 00:50 M6.7 10km 震度2   台湾付近       24°05.2′N,121°40.6′E  /04 M6.5


< 最近の深発地震 > M5.5以上   一部略  上記画像参照   ロシア側は2017/07

    小笠原から、深すぎる深発地震が活発でやや北上してた・・

    2019/06/29 00:51   M6.7 456km 震度1   マリアナ諸島     19°36.8′N,144°38.3′E 追記 7/8

    2019/04/28 02:24   M5.6 102km 震度4   十勝地方南部     42°33.6′N,142°52.7′E
    2018/11/02 20:01   M6.1 487km 震度2   オホーツク海南部 47°08.5′N,147°06.5′E

 

    2019/06/04 13:39   M6.2 445km 震度4   鳥島近海         29°03.3′N,139°39.7′E 4月も有

    2017/07/30 21:45   M5.2  95km 震度1   関東東方沖       36°13.5′N,143°33.6′E 追記


    2019/06/02 05:14   M5.7 132km 震度1   硫黄島近海       23°37.9′N,142°22.5′E

    2019/04/12 16:30   M5.8 547km 震度1   硫黄島近海       25°58.0′N,141°24.5′E

    2019/02/12 21:34   M6.5 127km 震度1   マリアナ諸島     19°23.3′N,145°42.1′E 追記

    2018/08/17 03:23   M6.6  93km 震度1   硫黄島近海       23°41.9′N,143°13.0′E 追記

 

    2017/10/19 18:02   M5.6  98km 震度3   奄美大島北東沖   28°19.6′N,131°16.6′E 8月も有 追記
      −参考でM5.0レベルの深発地震  一部略   東海道南方沖は2018/12

      2018/11/21 04:09 M5.2 123km 震度3   種子島近海       30°24.0′N,130°09.0′E
      2018/05/07 05:00 M5.1  98km 震度4   岩手県内陸北部   39°35.7′N,141°09.6′E
      2018/04/12 16:56 M5.1 226km 震度1   北海道西方沖     43°39.0′N,139°35.3′E

      2017/06/30 23:04 M5.2  98km 震度3   宮古島北西沖     25°41.2′N,125°11.5′E 5月も有 追記

 

 

 

  数年前の深発地震から地上地震の事例と、4/10数日前からの兆候
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=683

    〜 9月前後は、月との距離がやや近い

 

上記スレから、今後は如何に ( 以前の地震と深発地震から )

続きを読む >>

日本海で揺れてなかった忘れられた山形に、滔々M6.7の地震

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 10:21

 


    日本海で揺れてなかった忘れられた山形に、滔々M6.7の地震
      〜1世紀に数回以上は有る日本海の地震、地震は東日本に移行か?

 

        列島での地震 2018年MAX 9/6 M6.7 胆振中東部、2019年現状MAX 6/18 M6.7 山形県沖
         ( 更新 ↑ )
        列島での地震 2018年MAX 9/6 M6.7 胆振中東部、2019年現状MAX 5/10 M6.3 日向灘

 

 

気にかけていた東北の日本海側で地震が発生。まじめに、山形の地震、北海道胆振東部地震が岩手を支点として、てこの原理で起こした感じもする。

 

   2019年 6月18日 22:22 山形県沖 M6.7 深さ14km 逆断層型 (暫定値) USGSではM6.4

 

      南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき   - 2018.11.19
        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=673 

      〜 危ないよって・・ 自身は地震に危惧したんだが・・

         でも、でも、報道関係者は、首都直下から難解トラフに誤誘導の大騒ぎ

         社会が、まともになることを祈るばかり・・・ 地震ネタの暴走は止まらないのか?


もともとは、山形の地震は近代にかけても頻発してた。それは、庄内沖地震の余震、余震と続いたような感じでもある。それとも、新潟地震の余震か。

 

    1964年(昭和39年) 6月16日       新潟地震   - Mj 7.5
    1894年(明治27年)10月22日       庄内地震   - M7.0   酒田付近で起きた内陸地震
    1833年12月 7日(天保4年10月26日)庄内沖地震 - M7 1/2±1/4


  − 今回の地震が、やや小さめ − USGSではM6.4

続きを読む >>

ペルーでM8、半世紀の地震期に深発地震と火山噴火をみる。

  • 2019.05.27 Monday
  • 16:06

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

   ペルーでM8、半世紀の地震期に深発地震と火山噴火をみる。

     〜地震期と平行して火山噴火の実態。日本の大地震に兆候・傾向があるかも

 

                       前編へ   ペルーでM8、2019年は地震増加。火山期と関西直下地震
                                   http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=693

 

 

 

ペルーM8の地震を過去の大地震と比較してみる。地表に近い地震を拾うと件数も多く地震期という解釈も難しいが、深発地震だと巨大地震の多い傾向が解りやすい。

 

南米の大地震は多いが、アンデス山脈と言う巨大な塊なわけでチリ地震という史上最高の地震も発生する。日本の地震を捉えるには、地震期として参考的に見るべきかもしれない。

 

ただ、今世紀にかけての地震数は観測網が整備されただけでなく、件数が多いのでないか。

世界でM8・日本でM7レベルの地震は年一が普通だが・ 未だ収束には3年は有ると見てるが・

 

   USGSの情報から、世界で周辺に連鎖しやすい昨年以前の地震 −再掲

 

<  1955年〜2019年05月の深発地震  深さ300km以上&M7.8以上  >

 


    2018-09-06(UTC)   M7.9   671km    Suva, Fiji
    2018-08-19(UTC)   M8.2   600km    Ndoi Island, Fiji
    2015-05-30(UTC)   M7.8   664km    Chichi-shima, Japan
    2013-05-24(UTC)   M8.3   598km    Sea of Okhotsk  21世紀で最大


    1996-06-17(UTC)   M7.9   587km    Flores Sea
    1994-06-09(UTC)   M8.2   631km    La Paz, Bolivia 深発地震としては20世紀最大級

 

    1970-07-31(UTC)   M8.0   645km    Colombia

 

<  1955年〜2019年05月の深発地震  深さ90〜299km&M7.8以上  >


    2019-05-26(UTC)   M8.0   110km    Lagunas, Peru    この深さで最大
    2017-01-22(UTC)   M7.9   135km    Panguna, Papua New Guinea
    2016-12-17(UTC)   M7.9    95km    Taron, Papua New Guinea
    2014-06-23(UTC)   M7.9   109km    Little Sitkin Island, Alaska
    2007-12-09(UTC)   M7.8   153km    the Fiji Islands
    2005-06-13(UTC)   M7.8   116km    Tarapaca, Chile


    1997-10-14(UTC)   M7.8   167km    south of the Fiji Islands

    1964-05-26(UTC)   M7.8   125km    South Sandwich Islands region


    1957-12-17(UTC)   M7.8   124km    Santa Cruz Islands

 

<  1955年〜2019年05月の巨大地震  深さ90km以内&M7.8以上  >

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM