社会の混乱で覇権の西欧、今のフランスは国内の混乱を纏めきれるか?

  • 2019.01.13 Sunday
  • 16:21

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

 

  社会の混乱で覇権の西欧、今のフランスは国内の混乱を纏めきれるか?
   〜今や纏めきれない世界と社会、そして意見も噛み合わないと言う・・

 

 

 

IOCで、東京五輪の汚職捜査してると言う。IOCは、スイスが本部だが、フランス語が第一公用語らしい。だから、フランスの勢力圏なんだろうか?


前にも、書いたが、フランスは算数が未だ二十進法。その柔軟性のなさで、フランス語を諦める人も多いとか。フランスって、ほんと先進国なのか?


  JOC竹田会長、東京五輪招致めぐる贈賄容疑 仏が捜査    2019年1月11日 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3206087


     海外「もうやだこの国…」 竹田JOC会長への『報復捜査』にフランス人から批判の声
       http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2941.html
       2019/01/12 【海外の反応】パンドラの憂鬱


巷では、日産のゴーン会長逮捕との裏取引ではとささやかれる。


西欧では、植民地時代も混乱を作り出して、和平的な行動は得意と見せかける手法が好きである。ミャンマーのロヒンギャ問題も、英国の民族混乱政治の名残でないかとも噂される。


ただ、戦後では連合国(国連)などで、全世界を平等に扱ってはいるが、IOCなども纏めきれないのに全世界を巻き込んでいる。その連合国は、西欧の英仏が参加してるが、世界を混乱をさせた経緯もあると言える。

 

( 国連の人権理事会も欧州のスイスに置かれ、理事国の審査や運営において課題も多く人権の定義も悪意に利用される。国際組織で、協会運営の資金が不正に使用される例とも言える。むやみやたらと、国際組織に参加する日本は距離を置くべきだろう。

 

負担金支払って、日本は団体に工作されや文句を付けられるとは摩訶不思議・・そこに、欧州エスタブリッシュメントの政治家気取り体質と建前主義と、そして厭らしさがある。実は、この欧州エスタブリッシュメント体質は、自国の工業や経済をないがしろにする現代の特権金満主義だろう。そう、見直すべき国際的な負担金制度と世界的賄賂の実態だ )


結果、現在は纏めきれない事態となって来てるのか。IOCなどの五輪投票では、フランスの元植民地であるアラブやアフリカのブローカーがぞろぞろといるらしい。懐柔でもしてる気でもあるのか?  ただ、国際機関で出しゃばるフランスには、組織運営能力に妥当性が無いと言える。

 

まあ、シナの進出でアフリカ等の組織は汚職や賄賂が更に肥大化してる・・

さすが、賄賂の輸出国シナの現実だ。一兆円の公共投資も、賄賂付けにしてアフリカなどの内政をかき乱すらしい。そう、札束外交といえば、エアバス軍用機のシナ協力など見ればフランスは札束に弱い御本家だ。

 

 

 

    仏デモ隊、テレビ取材班関係者を袋だたき デモ隊、拡大の一途
     https://www.sankei.com/world/news/190113/wor1901130004-n1.html
     2019.1.13 産経(共同)


またも、年明けからフランス社会は大荒れ。参加者は8万人と言われてるが、正式な人数はマスゴミの操作も有るから不明だ。まして、
デモ隊は昨年12月末には、パリのテレビ局前に集まり「フェイク(偽)ニュース」とののしるなど、メディアへの不信感をあらわにしている
あのアメリカのトランプ効果は絶大だね・・


      民主党トップが反論
        https://www.cnn.co.jp/video/18118.html
        2019.01.09 CNN


アメリカも、予算審議が止まり、国家機関が閉鎖中だ。下院の過半数を占めた民主党が、予算案の訂正を拒んでると言う。今までは、民主党が正義だとマスゴミを煽ればよかったんだろうが、トランプ大統領側は、議会を数年止めてもいいと言う・・笑


そもそも、アメリカの下院は、民主党が過半数程度しか取れなかったとも言える。半数は、保守的な共和党支持の復活が有るとも言える。もともとアメリカのキリスト教は、独自な進化を遂げて自由の言う名の公然な意見対立がある。識者によれば、帰依心が有った昔と違い、現在のアメリカは価値観が乱れ更に勝手な論法で、意見がかみ合わないと言う・・
まさに南朝鮮のような世界かも・・

 

  クルド攻撃なら「トルコ経済破滅」 トランプ氏、米軍撤収めぐり警告    −追記 1/04
     http://www.afpbb.com/articles/-/3206272

     2019年1月14日 AFP

    〜中東から手を引くとも言われたが、クルド民を引き入れたIS打倒の代償は、又泥沼化か

      アメリカは、戦争の締め方が苦手。まして、西欧のような混乱外交が重荷に・・

 

   EUが変わらなければ「Dexit」も 独極右政党、マニフェストでタブー破る  −追記 1/04
     http://www.afpbb.com/articles/-/3206280
     2019年1月14日 AFP

 

 


     中国陝西省の炭鉱で落盤事故、21人が死亡
       http://www.afpbb.com/articles/-/3206226
       2019年1月13日 AFP


また、シナでは、炭鉱事故のようである。このような鉱山開発、元は英国の産業革命が鉱山で花開いたのである。そこには、昇降機械や水の排出などなど、いろんな機械技術が活かされ適応されたらしい。


日本の有る引退した学者の意見によれば、鉱山技術そして石油の掘削には、
アメリカ・ドイツ・日本の技術が最先端で台頭してると言う。


もう、産業革命イギリスの時代でないのか・・まして、フランスの名は、そこに無い・・

 

 

 

世界では、もう自国に期待しない一部の意見もあるようだ。おらぁ、日本人になる・・とさ

 

  海外「日本に返還するべきだ!」 北方領土問題 ロシアの人々からは意外な声が続々
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2939.html
    2019/01/10 【海外の反応】パンドラの憂鬱

【定期】2018年環太平洋も日本も、地震は平均並以上に増加

  • 2019.01.03 Thursday
  • 19:56

 

 

【定期】2018年の環太平洋も日本も、地震は平均並以上に増加

  〜2017年は、異常に地震数が少ない・・ 日本は一昨年並にM7越え地震無いが被害地震増

    不気味なインドネシアの火山・地震活動、今年はインド・オーストラリアプレートの地震期か

 

                            【定期】2017年の環太平洋も日本も、大地震が減少ぎみ
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=586
                            【定期】10〜12月に向け、今までの地震の波及は如何に
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=660

                            【定期】8・9月に向け、今までの地震の波及は如何に
                               http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=648

                              〜青森東方沖や北海道太平洋沖の地震は北海道地震の予兆

 

 


新年早々、震度6の地震が熊本北部で発生。なんと近隣の島根地震から9か月後である。
大きめの地震は、その地域と半径300km(大地震は500km)に、歪エネルギを誘因するのかと思ってる。それで、2月19日のスーパムーンを前に発震したようである。最近は、地表近くの強い地震が多いようだ。まあ、大きな地震は、3か月後、西日本は6か月後から3か月おきに20か月まで発生し易いのでご注意ください。

  ( 尚、巨大地震は列島的に長期的な歪の積み重ねで起るので、別の視野が必要 )


  2019/01/03 18:10 M5.1 震度6弱  10km 熊本県熊本地方 33°01.6′N,130°33.2′E
         ↑ 9か月後
  2018/04/09 01:32 M6.1 震度5強  12km 島根県西部     35°11.0′N,132°35.2′E

 

そう言えば、こういう記事もあった。半分は、ただの話題とも思ってる。
2017年が、相当に世界でも地震の閑散期であり2018年の判断は微妙だ。


  2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告
    https://forbesjapan.com/articles/detail/18580#
    2017/11/22 Forbe
s


  2018-12-11 02:26(UTC) M7.1 165km   South Sandwich Islands


ただ、先頃南極―アルゼンチン間の海洋で地震があった。20世紀から、観測網が行き届き?数年おきに見られるが、深発気味の地震は珍しい。まあ、この南極―アルゼンチン間は、南極軸と北側のプレートがずれて戻ったような地形をしている。あながち、自転の影響で、そんなこともあるのかと妄想しちゃう・・


− 以上 追記1/5 −

 

 

<2018年の大きな地震>  − 2017年10月からの冬季地震含む

  −世界で、M7以上
      画像は、2018年のM7以上                     画像は、2000年からのM8.1以上  


 

 ・M7クラスは、USGS観測の年間平均のように16件だが、深発地震が多い

   2017年のM7クラスは、最低レベルの7件だった

 

    2018-12-29 03:39(UTC) M7.0  60km   Pondaguitan, Philippines

    2018-12-20 17:01(UTC) M7.3  17km   Nikol'skoye, Russia
    2018-12-11 02:26(UTC) M7.1 165km   South Sandwich Islands
    2018-12-05 04:18(UTC) M7.5  10km   Tadine, New Caledonia
    2018-11-30 17:29(UTC) M7.0  47km   Anchorage, Alaska
   ( 2018-10-25 22:54(UTC) M6.8  14km   Mouzaki, Greece ギリシャの地震 )

 

    2018-10-10 20:48(UTC) M7.0  39km   Kimbe, Papua New Guinea
    2018-09-28 10:02(UTC) M7.5  20km   Palu, Indonesia
    2018-09-06 15:49(UTC) M7.9 671km   Suva, Fiji
    2018-08-29 03:51(UTC) M7.1  21km   Ile Hunter, New Caledonia
    2018-08-24 09:04(UTC) M7.1 630km   Iberia, Peru
    2018-08-21 21:31(UTC) M7.3 147km   Rio Caribe, Venezuela
    2018-08-19 00:19(UTC) M8.2 600km   Ndoi Island, Fiji


    2018-02-25 17:44(UTC) M7.5  25km   Porgera, Papua New Guinea
    2018-02-16 23:39(UTC) M7.2  22km   San Pedro Jicayan, Mexico
    2018-01-23 09:31(UTC) M7.9  14km   Kodiak, Alaska
    2018-01-14 09:18(UTC) M7.1  39km   Acari, Peru
    2018-01-10 02:51(UTC) M7.5  19km   Great Swan Island, Honduras

 

    2017-11-19 22:43(UTC) M7.0  10km   Tadine, New Caledonia
    2017-11-12 18:18(UTC) M7.3  19km   Halabjah, Iraq

    −2017年の深発地震   (これが、2018年東南アジアの地震増の原因?)
    2017-01-22 04:30(UTC) M7.9 135km  Panguna, Papua New Guinea

    2017-01-10 06:13(UTC) M7.3 627km  Tabiauan, Philippines

 

  −日本での、震度5以上 または、M6以上

      震度5以上の地震                      M6以上の地震


昨年2017年と同様にM7越え無し

  2018/11/05 04:26  M6.3 震度4    20km 国後島付近       44°36.5′N,145°48.3′E
  2018/11/02 20:01  M6.1 震度2   487km オホーツク海南部 47°08.5′N,147°06.5′E
  2018/10/24 01:04  M6.3 震度3    28km 与那国島近海     23°58.1′N,122°36.1′E
  2018/10/13 20:10  M6.7 震度2   461km サハリン近海     52°51.2′N,153°14.5′E


  2018/09/15 17:05  M6.2 震度1    34km 沖縄本島近海     26°40.2′N,129°40.6′E
  2018/09/06 03:07  M6.7 震度7    37km 胆振地方中東部   42°41.4′N,142°00.4′E

  2018/08/17 03:23  M6.6 震度1    93km 硫黄島近海       23°41.9′N,143°13.0′E
  2018/07/07 20:23  M6.0 震度5弱  57km 千葉県東方沖     35°09.9′N,140°35.5′E
  2018/06/18 07:58  M6.1 震度6弱  13km 大阪府北部       34°50.6′N,135°37.3′E
  2018/06/17 15:27  M4.6 震度5弱  14km 群馬県南部       36°27.3′N,139°10.3′E
  2018/05/25 21:13  M5.2 震度5強   6km 長野県北部       36°56.4′N,138°35.3′E
  2018/05/12 10:29  M5.2 震度5弱  11km 長野県北部       36°37.9′N,137°54.0′E
  2018/04/14 04:00  M5.4 震度5弱  53km 根室半島南東沖   43°10.5′N,145°44.2′E
  2018/04/09 01:32  M6.1 震度5強  12km 島根県西部       35°11.0′N,132°35.2′E

 

  2018/03/01 22:42  M5.6 震度5弱  15km 西表島付近       24°14.9′N,123°49.2′E
  2018/02/07 00:50  M6.7 震度2    10km 台湾付近         24°05.2′N,121°40.6′E
  2018/02/04 22:56  M6.5 震度2    10km 台湾付近         24°07.0′N,121°42.2′E

  2018/01/24 19:51  M6.3 震度4    34km 青森県東方沖     41°00.5′N,142°26.8′E


  2017/11/16 18:43  M6.0 震度3    46km 八丈島東方沖     32°21.1′N,140°44.7′E
  2017/11/13 07:24  M6.0 震度2    56km 三陸沖           38°00.3′N,144°48.3′E
  2017/10/06 23:56  M5.9 震度5弱  53km 福島県沖         37°05.2′N,141°09.3′E
  2017/10/06 16:59  M6.3 震度2    57km 福島県沖         37°26.1′N,143°56.9′E

 

  −日本での、前震かもしれないM5以上M6以下の地震 (震度3以上)

       M5以上M6以下−震度3以上                 参考−震度4以上の地震


 

 

 以下、地震の多い東北太平洋沖など除く

  2018/11/27 08:33  M5.0 震度4    44km 茨城県南部       36°04.3′N,139°51.8′E
  2018/11/21 04:09  M5.2 震度3   123km 種子島近海       30°24.0′N,130°09.0′E
  2018/11/02 16:53  M5.4 震度4    44km 紀伊水道         33°41.7′N,135°11.7′E
  2018/10/07 10:14  M5.0 震度4    42km 愛知県東部       35°02.2′N,137°34.4′E


  2018/06/26 17:00  M5.0 震度4    12km 広島県北部       34°55.8′N,132°52.3′E
  2018/06/12 04:54  M5.6 震度4    28km 大隅半島東方沖   31°11.3′N,131°33.5′E
  2018/05/25 21:13  M5.2 震度5強   6km 長野県北部       36°56.4′N,138°35.3′E
  2018/05/12 10:29  M5.2 震度5弱  11km 長野県北部       36°37.9′N,137°54.0′E
  2018/05/07 05:00  M5.1 震度4    98km 岩手県内陸北部   39°35.7′N,141°09.6′E


  2018/02/19 03:31  M5.0 震度4    40km 豊後水道         32°54.2′N,132°09.7′E
  2017/12/06 00:13  M5.3 震度4    10km 長野県中部       36°22.6′N,137°58.3′E
  2017/10/19 18:02  M5.6 震度3    98km 奄美大島北東沖   28°19.6′N,131°16.6′E

 

マリアナの地震は変わらず M5以上

  昨年と同じ範囲で集計、やや減る程度

    2018  42
    2017  49
    2016  46
    2015  54
    2014  24

 

環太平洋付近の世界で、M6.8以上の地震  USGSから
   2019年は、4年周期で多いだろうか?

    今年も、火山活動と共にインド・オーストラリアプレートでスマトラ・フィジーも地震増加?

    2018年は、M7以上は平均的だが、深発地震などで多め


  年度 件数   日本等の顕著な地震  ( 〇は回数が多め )

    2018  24○  (北海道胆振東部地震)
    2017  15
    2016  21    熊本・鳥取地震、福島沖
△・2015  24○  薩摩西方沖、小笠原(深発) ( チリ - Mw 8.3 )
    2014  20    長野県神城断層地震
  ◎2013  22    オホーツク深発(Mw8.3)
  ●2012  16
  ◎2011  26○  東日本大震災(Mw9.1)       ( −インド・オーストラリアプレート地震増 2010年も )
△  2010  26○  沖縄・父島、小笠原(深発)、( チリ・マウレ地震 - Mw 8.8 )
    2009  23
  ・2008  16    岩手・宮城内陸地震
  ●2007  26○  新潟中越・能登地震 ( スマトラ除外してるが、インド・オーストラリアプレート地震増 )
    2006  12
  ●2005  11    福岡西方沖、宮城県沖
  ●2004  19    紀伊半島南東沖地震、新潟県中越大震災 ( スマトラ島沖地震 Mw 9.1 )
  ◎2003  20○  十勝沖地震(Mw8.3)
    2002  13

△・2001  21    芸予地震、与那国島近海で地震
    2000  16    硫黄島近海で地震、鳥取県西部地震

  ・1999  22

仏ルノー幹部の逮捕、世界で役人・教育制度の弊害は現代の岐路

  • 2018.12.31 Monday
  • 16:55

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

  仏ルノー幹部の逮捕、世界で役人・教育制度の弊害は現代の岐路
    〜宗教観と世界観の変貌、金まみれから望まれる道徳観と価値観の成長

 

                     米中貿易戦争ででばれた、
                        世界の安全を脅かすシナ共産党という無法者
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=674
                     迷走する世界の穀物市場、そこに自己保身の欧州情勢
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=672
                     アメリカや英国の変貌で、投資家が欧州へ流入。吉ならいいが・・
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=669
                     今、アメリカが問われてる、民主党で破壊された国体
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=668

 

 

世界とフランスには、衝撃を与えた日産ゴーン会長の逮捕劇だ。一部のフランス庶民には賞賛されてると言う話もある。まあ、世界での企業の幹部報酬や配当問題について、考える時期だろう。アメリカを見ても、高額報酬で衰退してる企業もぞろぞろと有る。


  ゴーン前会長の逮捕 日産、ルノーとフランス政府の関係はどうなるのか?
    https://forbesjapan.com/articles/detail/24568    2018/12/21 Forbes


     逮捕されたカリスマ、ゴーン会長の経営手腕と関係者が語る実態
       https://forbesjapan.com/articles/detail/24008    2018/11/20 Forbes
        〜元妻が、エスタブリッシュメントの偽善性と無宗教性を暴露、
          >「全てのナルシシスト、偽善者たち。
             彼らは実際には持ち合わせない道徳観と価値観があるふりをしている」と・


      株主総会を無視したゴーン「ルノー高額報酬」事件  2018年12月5日 NewsWeek
       
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/82015ceo-2016429-2790-ceo-4588_1.php


 「フランスは欧州の病人」 ポーランド外相が批判
    http://www.afpbb.com/articles/-/3202734      2018年12月18日 AFP

    〜でしゃばりで社会主義の手先フランスに、防衛に危惧する右派の東欧が苦言、

        まずは自分の国をきちんとするべきだと・・


      フランスで黄色いベスト抗議行動、4週連続 「経済的大惨事」と仏財相
        https://www.bbc.com/japanese/46503104     2018年12月10日 BBC
        〜他国に説教や内政干渉まがいの行動も、仏はガソリンぼったくり増税で火の車

 

 


しかし、日産は曰くが有りすぎる。元々、官による合併された企業で、天下りで企業が腐ったのだろうかと探りたくなる。そんな感じで、日本企業においては官依存の企業は、営業力が弱くなる気もする。


一部の企業は、経済団体も諮問機関も離れ営業に専念する状況だ。まして、国との距離を置いて実力以上の営業をせず、プライベートジェット機を作ったホンダも有る。それに対し、官依存の首都における企業は、JALのように倒産したり、原発事故を起こした東京電力のように間違いも多い。


  東京医大、国会議員依頼に便宜 不正不合格さらに109人   2018年12月30日 毎日
    https://mainichi.jp/articles/20181230/k00/00m/040/012000c
    〜新聞社やテレビは、在日を不正入社させて、日本人枠と言う差別。おまえがゆう?
      まして、新聞社には財務官僚の天下りもいるが、増税に熱心
      フェイクで出版不況も、天下りも幹部も購買数落ち込みも知らんぷりで反日と異常

 

 

 

 

世界は、大揺れの時代。ロシアは、専制化する政治と年金問題。現政治では、実感の無い成長と・


  今年ロシアで最も抗議デモが行われたのは、ペテルブルク=調査
    https://jp.sputniknews.com/russia/201811085556922/
    2018年11月08日 Sputnik
    〜今年は、ロシアのデモは2千回以上と・・
      年金改革に抗議するデモ。以下、騙した株主に対する抗議デモ、ごみ暴動と


ただ、唯一世界で大きな成長した隣国シナでも、デモは相当な状況らしい。民主化はしてないが、庶民が外国の空港で暴れるように、重税や法外な料金に対する恩恵が無いからだろう。報道の統制も逆に不信を買う状況なのか?


そう、世界特に欧米らと帝国勢の庶民は、エスタブリッシュメントとその政治に辟易してるのだ。まして、経済は持続性に問題を抱えている。

 

 


先にも、対外資産負債残高で示したように日独の成長と安定性が取りざたされてる。


  コラム:日本の純資産はプラマイゼロ、IMFの新国富論  2018年10月13日 ロイター
    https://jp.reuters.com/article/imf-g20-breakingviews-idJPKCN1ML0NF


でも、世界的に見ると、なんと先の大戦の敗戦国の方が成長したと言う状況だ。これは、敗戦で国民が低収入に我慢できたと言う事と、連合国らがエスタブリッシュメントの体制に変革が出来なかったと言う判断も出来るのか?


ただ、戦争で連合国らでは軍事費の削減が出来ずに、国家財政に重荷であったことは確実だ。ところが、戦後で初めて税制改革?が、アメリカのトランプ政権で2017年に行われた。実際の内容と総合的な効果は不明だが、アメリカ以外でこんな大胆なことが出来るのかは想像が出来ない。公務員が多すぎの日本で、鉛筆なめて表を操作する日本の財務省のいい加減さは、見習うべきだ。


また、それ以上に連合国らの教育制度の問題も有る。日独の平等・階層的な教育に対し、連合国らではエスタブリッシュメント寄りなのだろう。最近では、アメリカなどを中心に科学・工学の発明ラッシュだが、日本は更に発明製品化にも定評がある。まあ、真似されやすい世界だが、日本と言う国民国家の持続性はそこにあり、アメリカらと違い教育制度で人材が出てきやすいとも言える。


ただ、先進国全般や日本にも言えることは、無用な程の文系教育で人材と社会の弊害が顕著になっていることだ。これは、戦後70年になり、政治・社会が金属疲労の状態なのである。

 

 

 

この現代の変化に対し、アメリカ一極から、将来予想は多極化と言われてるが対立軸を旧帝国的な二極で片付ける節もある。しかし、社会は常に緊張した関係で成り立つもので、暴力団らと政府と言うように世界もそうあるべきだろう。


  米国は新しい自由秩序構築、中ロなどの受益阻止へ=国務長官  2018年12月5日 ロイター
    https://jp.reuters.com/article/usa-eu-pompeo-idJPKBN1O32GR


      コラム:米国離反でWTOに「機能不全」の恐れ  2018年12月28日 ロイター
        https://jp.reuters.com/article/wto-breakingviews-idJPKCN1OR0HL


世界も欧米も、冷戦後で自由秩序がみだれ、自由貿易の暴走も話題になってきた。輸出依存やITの覇権害、そして軍装備の高騰化が顕著にもなり話題にもなる。ただ、そこには先進国社会の欠陥、経済と社会の歪を目先の貿易で補うと致命的問題もある。


自由秩序や自由貿易には、緊張した規制も必要なのである。そう、世界で貿易する体制は、国家政治の政経分離と、重税からの官営企業優遇で輸出する異常な悪弊に規制を与える時代も来たのである。また、世界で活動する銀行の適正化、企業の社員・開発費へ還元適正化も話題に成ろう。


ただ、そこにはフランスらEUの問題も多い。現在のEUはカルテル化し、各国とも自国の輸出と自国優先のカルテルともいえ、アメリカほどの大国らしさが無い。欧米の成り立ちから財政・経済や教育は偏向し、世界から感謝されない行動も多いが、まじめに旧植民地の振興を進めるべきだろうか。


EUとアメリカらは、世界から感謝されるべく、世界への還元を進めるべきだろう。また現在は、スイスなどのように中立国があるが、後進国では農業だけで維持する国もある。そこには、最新兵器や戦闘機の使用しない不戦地域の設定や武器輸出制限・内政干渉防止なども必要だろう。そして、大国の輸出制限と・


今後、帝国化したシナの肥大化は持続性に問題があり、自分としては東欧の方が堅実な成長を歩むのでないかとさえ思う次第だ。まして、ASEANは人口も多く、自立した経済圏を維持できる状況も進むだろう。

米中貿易戦争でばれた、世界の安全を脅かすシナ共産党という無法者

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 16:20

JUGEMテーマ:中国

 


米中貿易戦争でばれた、世界の安全を脅かすシナ共産党という無法者
  〜シナ共産党に適用されない無放置な唯我独尊な法治?体制

 

                           もはや、社会も政治も信用・信頼が崩壊した中国 2016.01.28
                             http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=258

                             かつてのシナは、変わったのか?

 

 

  ラオスの民法典が成立ーJICA支援
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5383&&country=5&&p=2
    2018年12月16日 GLOBAL NEWS ASIA


     国際協力部による法制度整備支援活動 〜世界に貢献,日本の力!  法務省
       http://www.moj.go.jp/housouken/houso_lta_lta.html


日本は東南アジアなどでは、法体系の整備に支援してることも多い。その一例が、このラオスの例なのだろう。日本の戦後は、民間企業らの経済活動が民法や商法で守られ、自由経済の高度成長を達成した訳でもある。


その日本の法体系は、憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法および刑事訴訟法と言われる六法でもある。ただ、戦後の過度な不動産開発や経済犯罪や外国人の土地買収、国民・移民の定義、犯罪増加に人権の有り方に戦後に考えられない状況も出ている。


また、歴史的な正統性や伝統が規定されなかったためか、巧みに憲法や法律だけ守るようで社会で暴れる輩も出て来た。そう、憲法の整備や民法の財産権など、外国人等に荒らされないように整備すべきだろう。


ところが、自由経済に不慣れなシナなどでは、スパイ防止法など過度に権利を奪う状況が続いている。まして、日本では相続税以外は財産の安全が保障されてるが、シナではスパイ行為で捕まえて金銀を奪うのさえ日常化してるのである。

 

 


2018年早々から、米中の貿易戦争が繰り広げられた。資金と経済スパイから得られた技術で、世界を荒らしまくるシナ共産党政治にアメリカも切れたようだ。これは、自由秩序とかけ離れたシナ共産党の野心が覇権で世界を荒らしまくる弊害でもある。


今まではASEANなどでは、華僑・華人がコネを使いアメリカ企業を誘致してきたが、関係も変わる事態も有るのか。北京族に距離置いてたシンガポールまで、シナ圏内のような行動や支援をしてる状況は危機的だろう。


まさに、自由秩序と馴染まないシナ風土の違いは、シナ成長で冷戦に成らざるを得ないとも言える。かつてのロシアのせめぎあいと似てる。


  待ち構える米中の対立激化 「一時停戦」の行方は
     https://www.sankei.com/premium/news/181209/prm1812090015-n1.html
     2018.12.9 産経


      貿易戦争直撃! 中国経済が危険水域突入か
        製造業指標2年4カ月ぶり低水準、新車販売も低迷
        https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181205/soc1812050010-n1.html
        2018.12.5 zakzak


  ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181216/soc1812160003-n1.html
    2018.12.16 zakzak


      中国が「3人目」のカナダ人拘束! 機密情報の暴露に脅え…
        米司法取引阻止&孟容疑者奪還が狙いか
        http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181221/soc1812210005-n1.html
        2018.12.21 zakzak


  米国は新しい自由秩序構築、中ロなどの受益阻止へ=国務長官
    https://jp.reuters.com/article/usa-eu-pompeo-idJPKBN1O32GR
    2018年12月5日  ロイター

 

      中国、経済スパイ行為を否定 米に中国人2人の起訴取り下げ要請
        https://jp.reuters.com/article/china-cyber-usa-ministry-idJPKCN1OK07T
        2018年12月21日 ロイター

 

      中国製サーバーにスパイチップ疑惑 レノボは関連否定も株大暴落
        https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181006/soc1810060006-n1.html
        2018.10.6 zakzak

        〜シナ製通信機器に疑念。それ以上にファーウェイの問題化を避ける異常なシナ

 

 


自身が指摘したきたように、ASEANでの華人の影響は自由経済の足かせでも有った。まして、銀行機能を華人で地位を占めた状況は経済犯罪や市場の寡占化も多く、ASEANの投資社会を歪めたのである。今では、華僑・華人・シナ人が経済を寡占化する世界の市場は、大きな脅威なのである。


このアメリカとシナの貿易戦争する状況は、シナの横暴な台頭を制するいい機会のようでもある。EUら西欧や日本は、様子見するような距離を置くところだが、シナとはいつかは対峙しないといけないのである。


シナの人民も大変な状況だろう。シナ共産党は、習近平氏らの幹部時代から財政も乱れさせ、
 シナ国内の重税と闇経済から資金や投資金を強奪し人民を犠牲にして、成長を遂げた。
  そして、飽きたらず世界の企業や後進国から資金や投資金を強奪していくのである。

  まあ、その一環で、ビットコインも悪用されたか・・


それが、もう限界に来たのだろうか、先端技術はパクるしかなくて、苦労するモノづくりに社会が付いていかないのである。実際、先端技術の代物である自動車のエンジンでは、まだまだという面もある。

 

 

 

このシナの国内状況は、実際はどうなんだろう。あいも変わらず、将来が無いと海外にカネ持ち出して逃げる共産党幹部やシナ人。まあ、シナの共産党社会では、安全や財産が守られなく、人民が願う政治もされてない。まして、シナの共産党には外国人顧問もいないような状況で、監査機能も無い独裁社会を作り上げたわけである。

 

【 このシナの独善的な政治と民の無法性。これは、太古からの無政府状態に近い王朝悪政の伝統民度だ。横暴が許された官吏と王朝政治は、民の無秩序が横行し行儀・マナーも息づかない。まあ、組長レベルが王朝を作った為、個人の安全が守られないという習慣である。日中戦争でも、日本軍より国民党は民に何するか解らず、逆に日本軍は地域を守ってくれると評判だった。これは、暴力団の王朝組織と距離を置くシナの伝統で、民度が上がらなかった理由・・ そう、シナの法とは暴力団王朝の悪行と権威を正当化する通達のようなもの・・

 

  「尖閣と言わず、中国ごと日本人に任せよう」=ある会社代表の過去のツイートが物議―中国
    
http://www.recordchina.co.jp/b604550-s0-c30-d0135.html   2018年5月28日 / Record China

 

> 「 多くの歴史資料を見たが、抗戦期間中、日本人が統治した蘇州・杭州の多くの市民は、国民政府統治下よりも暮らしぶりがはるかに良かった。東北三省も日本が統治していた時代は、国民政府時代よりも良かった。日本人の方が統治が上手なのだから、・・ 大陸を全部日本人に渡して統治してもらった方がいい 」 ・・ 昨年考えが変わって文盲とゴロツキの混合体である人民英雄にはもう興味が失せたから、見なくてもよかったか 」  追記 12/30 】


シナの地方も、無駄な公共投資で顧みられない国土開発のようだ。世界で代表される穀物・農業生産も、農民戸籍の環境は良くないという。また、市場経済や信用経済も進化する前に、IT・ネット経済に移行し過ぎた社会の歪は今後に大きな影響だろう。


そして、先の見えない環境・土壌汚染対策と企業活性化の道筋だ。そこには、北京族から独立したい東北部(旧満洲)や経済を確立させた南部地区、そして人口を抱える地方(省)などが、更に混迷するのかもしれない。


日本と同様に高齢化するシナ。来年は、シナでは動乱の時代か?

 

 


そういや、2年4カ月前の低水準の時、こういうのありましたね。


  【禁聞】2016年は中国共産党滅亡の年?!20160126
     https://www.youtube.com/watch?v=2MPKWzRBja8
     2016年01年26日 YouTube 新唐人TVから
     〜制度、信仰、倫理、教育、経済、環境の6大危機


   Xデー間近?中国政府が金融危機に特別警戒
     https://www.youtube.com/watch?v=xWreokmZRHc
     2016年12月15日 YouTube 新唐人TV

 

       日本人はなぜ「法やルールをこんなに守ろうとするの?」、中国人の疑問=中国報道
         http://news.searchina.net/id/1650354?page=1
         2017-12-22 サーチナ

         〜えっ・・やっぱりって感じ。シナ共産党も幹部も、そんな意識 ?

 

       中国、ウイグル人「再教育」を法制化
         https://www.bbc.com/japanese/45859761
         2018年10月15日 BBC

       〜存在否定から一転、法制化して民族・宗教弾圧を正当化するとは・それがシナの法治?

         かつての世界との交易を導いた恩人、統治と財政に貢献した異教の恩人に手の平返し・

 

しかし、無謀な指導者の登場で、シナの政治は窮地。幾ら江沢民派の影響が強いとはいえ、変革も出来ずに経済を悪化させた。その国際派やエリートで無い指導者体制では、巨大な国を維持できずに崩壊に導くのか・・

南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき

  • 2018.11.19 Monday
  • 17:40

 


  南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき
  〜東北の地殻変動と対照的に発生する西日本や北海道の地震。

    奥尻の地震から、既に25年も。過去には、25年程度で日本海の大地震が起きている

 

 

                      関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測する
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=667

                      日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=488


 


東日本大震災が発生するまで数十年で、
  北海道や奥尻で被害地震発生
また西日本から奥羽山脈に向かい被害地震が発生してた・

 

更にシナでも・・

  2008-05-12 06:28(UTC)  M7.9 19km eastern Sichuan, China
  2001-11-14 09:26(UTC)  M7.8 10km southern Qinghai, China

 

過去の画像から

 

・列島で、対称的な地殻変動


下記の地殻変動マップでは、

  ・北西に向かう北海道と西日本の地殻変動と
  ・南東に向かう東北の地殻変動は、ある意味で異常な対称的な動きとも思う。

 下記に産総研の研究事例もある・

 

<国土地理院から、一年の地殻変動>
  〜北海道日高山脈の先である十勝沖周辺と茨城沖は、地殻変動の変移点
    だから、意外と十勝沖周辺と銚子の千葉東方沖などが、311の余震でも交互に揺れてる

 

 

 

 

 

特異性を注記

 

フィリピンプレートは、

伊豆・富士山を支点に

西日本を押してる?

− 追記12/4 −

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期的には、起るべくして東日本大震災が発生。でも、以前に発生してた地震の影響で、西日本などで5年程度は被害地震が発生しずらかったと思う。東北の地殻破壊後、異常過ぎた応力が余震で均等化されてきた。そして、東北の均衡と補正するように数年前から西日本の鳥取・大阪北部や北海道の胆振東部で被害地震発生したのかと思う。ただ、熊本の地震は、西日本特有の歪傾向で、周期がある経年歪だろう。

 

 

 

・東北を挟んだ西日本等南北側の地震は、今後に東北や日本海でも更に地震か

 

  2016/11/22 05:59 M7.4 25km 福島県沖
東北での余震も福島沖の地震後、東北太平洋沖でM7クラスの地震は発生せず停滞。逆に、鳥取・島根で被害地震が出るわりに、東北の日本海沖と北海道は、8月までは異常なほどに静穏化していた。北海道胆振東部の地震も発生し、今後は東北などで平均的に発生する地震が予想される。まして、鳥取・島根を日本海として解釈すれば、いずれ東北の日本海も揺れることは、例外ではない。

 

そこで、東北の代表的な日本海の地震と言える秋田沖の津波地震の起因状況を見てみる。ここでも、東北秋田沖の地殻変動に対し、東北と対称的な両脇(十勝沖・千島−茨城以西)で大きな地震が発生している。


ただ、秋田沖の津波地震前では、同等のM8程度の地震は、直近で発生してない。
まあ、これは内陸特有な20年単位での蓄積された地震と言えるのか。


  1983年 5月26日 日本海中部地震     - Mj 7.7
  1982年 7月23日 茨城県沖で地震     - Mj 7.0
  1982年 3月21日 浦河沖地震         - Mj 7.1

  1980年 6月25日 伊豆半島東方沖     - Mj 6.7 追記

 

  1978年 6月12日 宮城県沖地震       - Mj 7.4
  1978年 3月25日 択捉島南東沖で地震 - Mj 7.3、頻発ぎみ

    1978年 1月14日 伊豆大島近海の地震- Mj 7.0 -シナの地震で関東に影響?

  ( 1976年 7月28日 河北省、唐山地震  - Mw7.5(Ms 7.8) )
      ・・

  1969年 8月12日 色丹島沖地震       - Mj 7.8
  1968年 5月16日 十勝沖地震         - Mj 7.9

 

−深発地震 1982/07/04 M6.6 560km 本州南方沖
           1981/01/03 M6.6 220km 奄美大島北西沖
           1979/10/17 M7.4 600km マリアナ諸島
           1978/03/16 M6.6 280km 小笠原諸島西方沖
           1978/03/07 M7.2 440km 東海道南方沖

           1977/03/09 M6.8 600km 日本海西部

   

− USGSから、世界で起きたM8以上の地震 − 青は日本近辺の地震

     ユーラシアのシナなども規模がM7.6以上の大した地震が無い。
  1977-08-19 06:08(UTC) M8.3  25km south of Sumbawa, Indonesia
  1976-01-14 16:47(UTC) M8.0  33km Kermadec Islands region

  ( 1975-11-29 14:47(UTC) M7.7   9km  Kalapana Earthquake ハワイ )
      ・・
  1972-12-02 00:19(UTC) M8.0  60km Mindanao, Philippines
  1971-07-26 01:23(UTC) M8.1  40km New Ireland region, Papua New Guinea
  1971-07-14 06:11(UTC) M8.0  40km New Ireland region, Papua New Guinea
  1970-07-31 17:08(UTC) M8.0 645km Colombia
  1969-08-11 21:27(UTC) M8.2   30m Kuril Islands

      ・・
  1960-05-22 19:11(UTC) M9.5  25km Bio-Bio, Chile チリの津波大地震

 


 

続きを読む >>

迷走する世界の穀物市場、そこに自己保身の欧州情勢

  • 2018.11.17 Saturday
  • 11:24

JUGEMテーマ:国際社会

 

 

  迷走する世界の穀物市場、そこに自己保身の欧州情勢
    〜日本人は、忘れてはいけない先人の農業技術と食料自給の適切化

 

                         島国日本の地域の可能性。と農業という未来産業
                           http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=214

                         開拓の面影も消える札幌、やはり開拓は農民の米作りだった
                           http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=594

                         アフリカなどを支える、日本人による米・小麦の品種改良と普及
                           http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=356

                         富岡製糸場の日本近代化と、近代実業者 伊庭貞剛
                           http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=155

 

 

今年の欧州では、南北で極端な大きな気候変動に見舞われてる。
昨年は増水被害の有った北は干ばつ、地中海・中東の南は水害と欧州は混迷した状況である。


  洪水ばかりだった記憶があるヨーロッパで、ライン川とドナウ川が記録的な干ばつのために
    過去最低レベルにまで水位が低下している
    https://earthreview.net/historic-drought-hit-rhine-and-danube-river/
    2018年10月31日 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー


     欧州北部で異例の熱波、各地で干ばつや山火事 大雨も
       http://www.afpbb.com/articles/-/3183260
       2018年7月21日 AFP


ただ、その気候変動も、小麦価格は多少の変動ですんでいるようである。
まあ、小麦生産の4大産地は、
  中国・インド・ロシア・アメリカであるから、今のところは安定してると言える。

 

 

小麦の先物チャートを見ると、ここ数年で一番上昇したのは、2012年のようである。


  豪西部の小麦生産が干ばつで危機に、9月末までに相当量の降雨必要
    https://jp.reuters.com/article/tk8215961-australian-wheat-idJPTYE87F07920120816
    2012年8月16日 ロイター


    2012年、米で大干ばつが起きた理由
      https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7850/
      2013.04.16 日経ナショナル ジオグラフィック社

 

 【穀物高騰】 トウモロコシ価格、史上最高値を更新   2012.09.10 農業協同組合新聞
    https://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2012/tokusyu120910-17832.html


考えてみると2012年のこの変動は、311東日本大震災の翌年でもある。何かいやらしい。まあ、311の前年から環太平洋で火山噴火も多く、火山・地震で影響があるのかとも思ってしまう。
また、リーマンショック後のシナが継続した過剰生産の状況も有り、更に不気味な兆候でもある。


気象関係業界は、何かとエルニーニョ現象などと騒ぐが、ここ数年の欧州の気候変動と連動したかのように、カムチャッカあたりのシベルチ山火山噴火のピークとも重なる。
多少は、火山噴火の情報などにも気を付けたいものだろう。

( 2007・8年の穀物高騰時も、2007年にカムチャッカで噴火している。そして2012年も・ )


 【事象】2018年早々の大雪と冷込みは、「火山の冬」か
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=595
    〜2017年は、カムチャッカや環太平洋の火山が活発だった

続きを読む >>

日本は、東南アジアのリーダーらしく、津波等の被害抑制の研究を

  • 2018.11.12 Monday
  • 19:20

 

  日本は、東南アジアのリーダーらしく、津波等の被害抑制の研究を
    〜数十年かかる地震研究より、被害の抑制にも研究費用と行動が必要だ

 

 

 

大災害が叫ばれる中、今年はインドネシア−スラウェシ島の沿岸都市パルで津波災害が発生。
津波は、もともと2m程度なんだろうが、内浦のパルに遡上して、被害をもたらした。痛ましい被害でもある。


インドネシアは、30年間で人口が1.5倍にもなり、一人当たりのGDPは40万円程度である。

そう、東南アジアは経済成長も災害が多く、大変な状況と思われるのだ。

( 日本の一人当たりのGDPは400万円程度、マレーシアで100万円程度。ただ、

   東南アジアは、沖縄のように南国気質があり、将来展望に危機感が無く向上心に課題か )


  スラウェシ島地震・津波、死者1944人に 犠牲者数さらに増加か
    http://www.afpbb.com/articles/-/3192522
    2018年10月8日 AFP


      人口も西欧以上の移民で、人口急増のアメリカは分裂か
        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=522
        〜途上国は、30年で人口が、1.5倍から2倍に・・インドネシアも大変のよう

 

    【ジャカルタレター】スラウェシ島の地震 課題が次々明るみに
        https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181102/mcb1811020500001-n1.htm
        2018.11.2 SankeiBiz
        〜インドネシア政府は、・・JICAと連携し、復興計画を策定する


災害や津波などでは、地域の労働層に被害が発生し、復興にも暗い影があるだろう。

 

 


最近のアジア開発ブームで、これらの津波対策等では、日本はどれだけ貢献したのだろうか。


まあ、日本も東日本大震災で、津波用の堤防も多くの被害を受けた。まあ、都市開発などで、大津波被害の流布が禁句とされ、防波堤も強化されなかった。更に、近頃には無い大きな津波で、越流で堤防のもろさ等も露出したようだ。


ただ、その反省が、まだまだ考慮不足で、研究も追いついていないのかもしれない。


よく言われる宮古市の田老防波堤も破壊されたが、一部は残っている。
災害は、その対策も設計個所の弱点を襲うが、改良される面が有ったのではないだろうか。実際には、越流で破壊されて2次津波に防波堤が無抵抗となったり、津波の引き波の排出が考慮されてなかったなど課題が有ったようだ。

 

 

 

いつも思うが、まじめに防波堤で津波を受けようとし過ぎるのも過信がある。


  ・多少なりとも、近傍の遠浅で津波を弱める研究
     大きなブロックで、ハの字型で海に数段で設置。
     インドネシアなどでは、噴火で火山灰もありコンクリに利用できる。日本でも例が有る。
  ・越流を想定して、防波堤の内側を深めに堀り公園化するとか
  ・越流も、最低でも+鉄道網や高速道路等の2段で弱める方法も必要。

 

続きを読む >>

アフガン東部の農業復興を見ると、社会には自然と生きる地方の精神が必要

  • 2018.11.04 Sunday
  • 10:43

JUGEMテーマ:伝統文化  #天と自然の恵み,#地方の恵み,#循環型農業,#アフガン東部の農業復興,

 


アフガン東部の農業復興を見ると、社会には自然と生きる地方の精神が必要
  〜過度な成長より見直される自給自足の精神と、自然を活かした土地から無限に作られる産物

    また、自給自足の地域と物を大切にした手芸・内職の精神が、サラリー・公務員志向で衰退

 

                     ノーベル平和賞より偉大、アフガン農民の砂漠緑化と農業事業−変遷編
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=253
                     平和思考もいいが、ガンダーラ美術と浄土思想も崩壊した乱世
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=265

                     学歴高給を望む後進国と日本、食糧より高給と賄賂が進むアフガン等
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=288

                     営農・勧農そして農業土木、明治のエリートは現場を大切にし大効果
                       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=649

 

 

欧州の温暖さは、大西洋の偏西風などの影響もあり、自然災害が少ないように思われる。ただ、最近ではイタリアの水の都ベニスも水没の危機があるのに対し、北側の欧州では記録的な干ばつと言う気候変動の影響らしい。


  洪水ばかりだった記憶があるヨーロッパで、
  ライン川とドナウ川が記録的な干ばつのために過去最低レベルにまで水位が低下している
    https://earthreview.net/historic-drought-hit-rhine-and-danube-river/
    2018年10月31日 地球の記録-アース・カタストロフ・レビュー

 

     イタリアで続く暴風雨、死者20人に 山地でも大規模な倒木被害
       http://www.afpbb.com/articles/-/3196012
       2018年11月4日 AFP


近代化された地域では、水害対策で堤防や排水施設が高度に維持されているが、水不足の干ばつ災害にはかなわない。

 

 


一部では、大型のダムで災害を防止してるが、ただ発電所も兼ねた流用のダムは時には愛媛などで水害も有った。水害の変動期である現在、今後は、柔軟な運用体系も必要であろう。


日本は、すでに国土開発として一応河川整備が行きわたっており、ドイツ的な堤防も整備され頻繁な水害を防止出来ている。ただ、ローカルの地方などでは、更に強化された河川整備と運用が次の課題である。


今年の欧州のダイナミックな自然変動は、記録的な高温の影響と言われる。ただ、温暖な欧州でも、昔もこのような自然災害が多かったんだろう。大陸的な野蛮で敵対的な素養の白人気質は、それを示している。Wikiの「飢饉の一覧」では、西暦が始まっても100年の間に必ず欧州の飢饉が発生している。


国や国境と言う形態の無かった欧州では、昔は経済規模も小さな王侯制であり、事業制度や共済制度に遅れが有ったと見ていい。また、そこには、教会と王侯のシステムは、自然や科学に先進的な価値を示せていなかったのだろうか。まあ、日本のお寺も、そのような感じも見受けれるが・・

 

 


相当な過去の資産でもある河川土木施設も、日本でも終わらない河川事業と言われて継続されるなか、大きな河川を持つユーラシア大陸等では、いろいろと苦労もしている。それを示すような、アフガニスタン東部の農業支援だろう。


そのアフガニスタンでは、農業施設だけで、温暖な気候を満喫している時期は良かった。しかし、自然の水害や政変の戦争などで、逐次難民化し国土も荒れた状態のようだった。国の豊かさを向上できず、河川整備も逐次整備もせず、数十年も亡にして戦争に明け暮れる文盲的体質は致命的だ。日本NGOの支援すらなければ、100年も係る国土開発なのに・
まるで、シナの戦乱好きな王朝奴隷風土のようである。今でも、庶民に知らんぷりなのである。


アフガニスタン東部の農業支援をみると、地域と一体化したガンベリ砂漠の公社的NGOの農園が土建作業も指揮し、県相当地域の中核となっている。
そこの成果には、荒廃した土地で、

  ・護岸の適切な対策工事と検証が行われ、      −追記12/7

  ・堤防までも新設され、
  ・災害を考慮した用水路が整備され、
  ・見たことも無い樹林帯が数年で作られ、

  ・農地増加で小麦も増産、川辺整備で雑草らから牛らの遊牧も増え、

  ・自然から蜂蜜や乳製品、薪も増産され、

  ・戦争するより、自給自足の生きる楽しみがあり、

家畜も人も子供も生き生きしているようである。そして、定着する遊牧民も・・

 

そこには、

  ・気候変動も計測され、

  ・堰も用水路も水量も数値化され、改善できる設計と高度な施工で、

  ・農村や農民に十分配慮した妥当な河川・用水路設備を作り

  ・維持するにも、過去の知識が活かされ絶え間ない幾年もの改良を行い、

安定した農作物の収穫という成果がえられる。事前の調べられた地理的なデータや、広範囲で高度な農業・土木知識らが活かされ、効果ある確かな土地改良に変貌した。まして、農民は都市の需要で収入効果のある作物も作れるようになったという。

 

15年近くのNGOの仕事をしてきたトラック業者には、安定した最大の恩恵とも言える。当初は、土砂災害に対策した用水路に始まり、恐る恐る護岸工事を始め、今では施工も自然の脅威に寄り添い徐々に堤防も出来る作業に至ってる。彼らは、どこよりも復興の姿をみて、遊牧民以上に知恵が貯えられ、伝承者か政治家にも成れるかもしれない。 避暑でにぎわう岸辺が、限りなくトラックが輸送した石らで建造されたと忘れさられるだろうが・・

 

最近では、日本でも災害への取り組みも多く、こういう事例が途上国で普及してるらしい。

  東日本震災から生まれた“軽水力発電機”が途上国で活躍している
    環境保護の啓発活動にも役立っている
    https://newswitch.jp/p/15069
    2018年11月03日 ニュースイッチ/日刊工業新聞

 

安易に家という土地を持ったりする最近の日本風土。沖縄など、自然と対峙した食物生産も怠ることで、人材も陳腐化している。見直される土地と自然の有効活用だろうか。

 

 


また北海道も、明治期の開拓と農業・稲作の向上には、時に札幌農学校の出身者の参画や取組が有ったようである。そう、農業と地方には、牽引する高等な実践的な指導層が形成されなければいけない。まして河川・土地改良の資金には、江戸時代の地域に密着した大富豪本間家のような農協や組合があればいいが、特異な地では政府が国土開発・河川事業をリードしないといけない地域もある。

 

それは、河川の整備が行き届かなかったアフガニスタン東部のNGO活動でも、1州で20年の長期にも及び、地元民だけの用水路開発・整備でも50億円以上の国家的な事業投資がいる状態になるという。さらに、農村地域での自主的な自給自足をするには、自然を活かし循環型の農業と地方・ひとを活かした産業で成長させなければいけない。

 

ただ日本は、明治期に電気が普及し、揚水できるようになり国家的に電化も進んだが、楽になり過ぎて民族性が損なわれたのかもしれない。失礼ながら夜遅くまで生活出来て暇なんで、地方や農村の切磋琢磨な生活とは別世界のように、大正時代からのようにロマンや民主主義、そして社会主義に被れるのだろうか・・

 

  日本のコメの消費が大幅減少、困惑しつつも模索続ける稲作農家―中国メディア
    https://www.recordchina.co.jp/b658694-s10-c20-d0046.html
    2018年11月4日 RecordChina

    〜地方は作物生産の切磋・習得窮屈でも協調性が必要だったが、現在はオタク・王様化

      親と教育の劣化、更にコンビニ化が時代を迷走させてるかも・・職の尊厳と生活者が乖離


まあ、今も昔も、勤労し一杯の飲酒で心を和らげる生活は一緒なんだが・・

 

 

 

ただ、アフガニスタン東部の復興を見ると、温暖さからの天の恵みが多く受けられ、活気も生むようである。そこには、ガンベリ砂漠農園の燃料の自給化を促進するのが、防災林の大量の間伐材という薪であり、エネルギー源も増加し付加価値の副次的産業に行き付く。また、大都市が近いので、何とか雇用のはけ口も有る。


アフがニスタン東部 ガンベリ砂漠農園の天の恵み − ペシャワール会の記事から >
http://www.peshawar-pms.com/site/20140221-01_index.html  ガンベリ砂漠入植5年で食糧増産
防災林ユーカリは、次代化の植樹で伐採から燃料へ。じきに
シーシャムや紅柳の上質な間伐材へ

  別頁では、水路の復興で自然と樹木の恵みが川魚の増加という恩恵をもたらす。


http://www.peshawar-pms.com/site/20140925-02_index.html  ユーカリ欠点論も成長で薪にも

http://www.peshawar-pms.com/site/20141117_index.html  牛糞は、貴重な燃料
牛糞は調理に欠かせない燃料、そして廃棄植物とで堆肥になり、循環型農業を実践。


http://www.peshawar-pms.com/site/20141212-02_index.html 2014年収穫の秋 ガンベリ黒糖絶唱
用水路等からの膨大な間伐材らは温暖さの天の恵みで、燃料にもなり砂漠農場の自給自足へ促進。
薪が豊富になり黒糖の生産、乳牛らの小規模な畜産も始め、副次的産業の運営にも展開。


http://www.peshawar-pms.com/site/20121026_index.html 2012年で植樹数70万本、亜熱帯の成長

http://www.peshawar-pms.com/site/20180712-1.pdf  2018年 マルワリードII、護岸線7劼愬る
10・11ページから。水門が整備され周辺も緑地の広場と化し、休日は見学者でごった返す。今や、周辺住民の憩いの公園と化してるようだ。

 

かつては揉めることの多かったウザイ地主や長老ら、そして工事では揉める周辺や対岸の地域までも纏め上げる弟子を揃える。それが新しい取水堰と水路の工事では、以前と違い用水路で砂が溜まらないと驚く。異常気象も水害は無く神が作ったかのような偉業、神が遣わしたとの想いを抱く。

 

持続性・再生可能な樹林とそれを活かす水路という財産。数百年で初めてのように安定した水がもたらされ、その恵みである農作物といい、平和と自然の園を堪能してるという。

 

堤防の整備に伴い、川辺や中洲なども出来て草草も生え、元遊牧民なのか羊飼いの子供らの遊牧も増えていく。防風林や堤防の植樹でビエラなども植えられ、蜂蜜作りも根付くことになる。整地と河川の整備は自然の相乗効果を生み生き生きした村へと変貌していく。

 

http://www.peshawar-pms.com/acts/agri_index3.html 現地での活動について>農業事業 (経過)

http://www.peshawar-pms.com/acts/water_index3.html                      灌漑事業 (経過)

 

( ムスリム圏では、イスラム教の偶像廃止で工芸・仏像づくりが無くなり、工芸・美術の衰退で自然や森林への配慮も無く、産学の多様化へ遅れたと思ったりもする。また、一大農作で栄えたメソポタミヤ文明や欧米の学識は、階級的で生きる知恵に活かされてないと驚きだ。このアフガニスタン東部、復興で欧米が支援した水門等は、今や殆ど使用に耐えず撤去されてる )

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM