武漢コロナ肺炎に翻弄される先進国、現実に試された日本の行政力

  • 2020.08.02 Sunday
  • 19:06

JUGEMテーマ:国際社会

 

  武漢コロナ肺炎に翻弄される先進国、現実に試された日本の行政力

 

 

未だ世界では、コロナ肺炎に収束の兆しが見えない。戦後が終わった21世紀で、先進国が疫病に悩まされるとは、想像だにしなかったといえる。以前に掲載したが、再度掲載する。

 

      反ワクチン運動はどうやって生まれた?コロナ対策への影響は?
        https://jp.sputniknews.com/opinion/202007037581071/
        2020年07月03日 Sputnik News

        >文明がもたらす問題?先進国のワクチンに対する信用度は第三世界より低い

 

意外と盲点があったといえる。一時期は、日本で感染者と犠牲者が少ないのは、BCG接種の効果という説も有った。それが、欧米では、反ワクチン運動のせいもあったとは・・

 

 

 

アメリカは、最大のパンデミックになっているが、いろいろな問題が重なってるとも言える。保険制度の不備に始まりベッド数の少なさなど、高価な医療体制をインド人医師やフィリピン看護婦の移民に頼ってる弊害も有る。その移民依存は、資格者用の教育機関、工学や技術の高等教育への補助が足りないからじゃないか。

 

   海外「日本は圧倒的じゃないか」 主要国の病床数の一覧にアメリカ人から悲嘆の声
     http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3443.html
     2020/05/10 【海外の反応】パンドラの憂鬱

 

また、北里先生のような日本の研究者も求めた時代もあり、移民に頼りすぎてる国家でもある。現在では、シナの研究生やスパイもいれてるという。アメリカの自由と政治層の暴走は、国民国家の力をそぎ、政治・経済の混迷を招いてる。

 

結果、アメリカもシナ依存が行き過ぎ、医療用品やマスク不足でもあった。ただ、人工呼吸器8900台のストックが有ったらしい。それは、テロや戦争に準備とあるから大したもんだ。その後は、人工呼吸器をGMでも作りだしたが、世界的に大騒動を引き起こした医療用品事情である。

 

西欧も国内事情の多々な問題を見せる。ここに、彼らの民主主義という体制に疑問が多くの信頼を損ねたのか。既にBCGは辞めたが、ドイツでは肺炎球菌のワクチンはしてるらしい。しかし、ドイツやフランスは、有名な細菌の研究所が有ったと記憶してるが、今回のコロナ肺炎における成果は不明だ。

 

最近は、西欧も落ち着いてるんだろうが、ドイツまでアメリカのようなデモが繰り広げられるという。白人社会に潜む、不穏分子なのか・・

 

   新型コロナ規制に反対するベルリンのデモ 警官45人が負傷【動画】
     https://jp.sputniknews.com/covid-19/202008037662794/
     2020年08月03日 SputnikNews

 

 

 

 

日本も、第二波とも言われるが、弱毒化の兆候もあるという。しかし、そもそもコロナ肺炎の症状は、どういうものか簡単な解説も、ネットに出ていないが・・

 

現状は、ワクチンの開発次第というが、日本では、既存のクスリでどれが有効かも示されてないとか。日本では大きな被害ではないようだが、これがマジの生物兵器のテロだったら、日本の厚生行政が何も対処しなかったとしかいいようがない。

 

続きを読む >>

【メモ】 地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震 <その2>

  • 2020.08.01 Saturday
  • 14:34

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震 <その2>

  大地震や津波地震は、わけも無く来ない。 その流れは、人の噂より、ゆっくりした現象

  〜静穏化する世界の地震で津波も遠のき、地震という地球物理学の研究が課題

 

  −日本 2020年MAX 東日本 4/20 宮城沖M6.2、西日本 5/3 薩摩半島沖M6.2

         2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28 三重沖深発 M6.6

  −周辺 2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
         2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

  −周辺深発 深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-?

                  小笠原ー4/18M6.6 三重沖ー201907M6.3 奄美沖ー6/14M6.6

     USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

 

 

   ●掲載し忘れた事象を掲載−2年間に起きたM6以上の地震を見れば、大きな地震が解る?

       深発地震後?、M6以上の浅い地震が発生、さらに周辺で被害地震という例もある

       必ず、大きな深発地震もある、更に数件の深発地震がある、それも日本周辺で連鎖してる

 

< 北海道胆振地震前 >
  2018/09/06 03:07  M6.7  37km  胆振地方中東部   42°41.4′N,142°00.4′E
  2018/01/24 19:51  M6.3  34km  青森県東方沖     41°00.5′N,142°26.8′E
  2017/07/13 04:48  M6.3 603km  日本海西部       40°51.8′N,131°55.3′E
  2016/01/12 02:08  M6.2 265km  北海道北西沖     44°25.8′N,141°12.6′E  近傍過ぎる

 

< 大阪北部地震前 >
  2018/06/18 07:58  M6.1  13km  大阪府北部       34°50.6′N,135°37.3′E
  2018/04/09 01:32  M6.1  12km  島根県西部       35°11.0′N,132°35.2′E
  2018/02/04 22:56  M6.5  10km  台湾付近         24°07.0′N,121°42.2′E
  2017/09/08 02:26  M6.1 475km  小笠原諸島西方沖 27°48.2′N,140°07.7′E 下記に続いた
  2017/07/13 04:48  M6.3 603km  日本海西部       40°51.8′N,131°55.3′E
  2017/01/10 15:13  M7.3 627km  インドネシア付近  4°28.6′N,122°37.0′E 小笠原で震度1
  2016/04/01 11:39  M6.5  29km  三重県南東沖     33°19.4′N 136°22.9′E

 

続きを読む >>

岐路に立つアメリカ、成功者はなにを想う

  • 2020.07.21 Tuesday
  • 13:08

JUGEMテーマ:アメリカ

 

 

  岐路に立つアメリカ、成功者はなにを想う

 〜戦後の復興は、英米で黒人音楽と共にシンガーが飛躍する裏で、民主党政治のカルト性が・

 


アメリカは、コロナ被害の中で、暴動も激化して混乱のなかにあるようだ。暴動も黒人問題のBlack Lives Matterという動きもあるようだが、極左暴力集団アンティファもいると言う。


  「共産主義以外はすべてファシズム」極左暴力集団アンティファの正体とは
     https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/57721.html

     2020年06月07日 大紀元


そこには、大統領選挙という背景があり、反トランプでなりふり構わないCNNのように、民主党という動きもあるみたい。だから、民主党という市長がいる都市では、更に暴動被害が有っても捕まえるなと言うオカシナことになってる。


なんと、それが、ドイツ等の欧州でもそのような米国民主党のような極左リベラルを擁護する政治の動きもあると言う。そういや、トランプ大統領が就任当初に訪欧した裏で、オバマ元大統領が密かにドイツに言った話もあり、社会主義的な流れをくむ米国民主党らが、東ドイツ出身のメルケル首相らの旧共産圏勢力と繋がってるかのようでもある。欧州も、社会主義的な米国民主党リベラルに侵されてるとは・・

 

  「香港国安法」に対し沈黙を続けるメルケル首相 ドイツ各界が中共寄りの首相を非難
     https://www.ntdtv.jp/2020/07/44355/
     2020年7月19日 NTD

 

 


そもそも、アメリカの大学は、殆どがリベラルな体制となり、白人被虐な歴史が教えられると言う。そこに、卒業生も感化されたのか、民主党にリベラルな女性議員や女性市長が多く、大統領選挙にも多くの女性候補者をだした。一口にリベラルと言っても、昔のような自由主義者だけでなく、社会・共産主義者という極左もいる。


常日頃に民主党を擁護するハリウッドは、曰くある勢力がいて肥大化したものだ。ただ、その組織さえ文化性を生みだせないのか、シナ資本に媚び売ってるとさえ言われる。最近の敵対化する中共情勢に、民主党も舵を切ったが、元オバマ陣営やハリウッドの姿勢は少々おかしいのかも。

 

   抗議デモを許容した政治家の信頼揺らぐ
     https://washingtontimes.jp/2020/07/17/1862/
     2020年7月17日 ワシントン・タイムズ・ジャパン


大学も民主党もおかしい状況で、東側にいたユダヤ層が支配してるメディアもあり、過激なことになれてるかのようだ。昔の植民地政策でも、内紛を助長して宗主国が支配するようにしたい白人の動きと重なるのは、自分だけか。社会主義的な動きを見せるBlack Lives Matterの団体も、実際の活動資金は民主党の献金に使われてるとか・・ そこには、世界の内紛に資金を流すユダヤ人投資家ソロス氏らもいて、民主党やネオコンに資金が流れる。


米中対立やコロナの中で、米国メディアや暴動を疎かにする民主党らの動きは、リベラル離れのおそれもあるのかも・・ 国民の殆どは誰でも、秩序と平穏を求めるからね。

まあ、こんなリベラルの方々もいるが、、、


  「神様に与えられた呼吸を奪うのか」、マスク義務化に断固反対のアメリカ市民
    https://www.bbc.com/japanese/video-53174118
    2020年6月27日 BBC

 

    参考に・・

      反ワクチン運動はどうやって生まれた?コロナ対策への影響は?
        https://jp.sputniknews.com/opinion/202007037581071/
        2020年07月03日 Sputnik News

        >文明がもたらす問題?先進国のワクチンに対する信用度は第三世界より低い


なんせ、アメリカでは、キリスト教や神に疑問をもつのは、もってのほかのタブー
神を冒涜したとして、「イマジン」を歌ったジョンレノンは刺されている・・

 

 

続きを読む >>

火山の動きも、学術の空白は震災後の忘れた時期に想定外の大噴火か

  • 2020.07.12 Sunday
  • 09:10

JUGEMテーマ:天変地異、災害

JUGEMテーマ:火山

 

 

  火山の動きも、学術の空白は震災後の忘れた時期に想定外の大噴火か

   〜20世紀を締めくくった有珠山らの火山噴火に北部の異常、それは縄文以前の大変動か

 


 

地震も沈静化した現在、今だ火山活動で、伊豆の西之島で大きな火山活動が報告されてる。そこに、浅間山や阿蘇山でも火山現象が確認されたと大騒ぎししつつある。

 

地震を調べた経緯で、日本のプレートには有る深さに殆どの火山が集中している現実がある。それは、地下130kmで繰り広げられる自然現象が地表に火山を生みやすい。

 

●日本の地下130kmで繰り広げられる地震●

   深層に向かう北西側に線を引くと火山地帯の線と重複する

 

  ・フリソフトeqlistから 地下110〜140kmの地震、M4.5以上


 

 

 

東日本の火山で休火山化してるのだが、一部の火山だけが活動してるかのような錯覚をみる。世界的火山、フィリピンのタール火山が大噴火?したのは昨年だが、待機してる状態だろう。南米は良く知らないが、中米のメキシコでも、ポポカテペトル山がマヤ暦の新しい時代にやや活発な活動を見せる。山信仰や自然信仰の無いおごれる白人社会に、憤慨する有色人種の大地が怒りをみせているのか (笑)

日本でいえば、将門の怒りか・・

 

日本も20世紀を締めくくった火山の噴火があった。なんと、2000年3月31日に噴火した有珠山の噴火である。まさに20世紀の終焉 、え、まだ1年ある。そんな小さな論争は、どうでもいい (笑)

 

2000年の有珠山噴火から、既にもう20年が経過したのである。

実は、確実な周期性で噴火してる火山であり、先に噴火が予想される火山でもある。

 

最近の有珠山の噴火

    1910年  北西麓の金比羅山で噴火、北麓で明治新山の四十三山
    1944年  のちに昭和新山
    1977年
    2000年  西山山麓,金比羅山付近で噴火

次は、2030年頃か、いや数年後でも有りうるかも・・

 

また、火山周辺であれば、どこからでも噴火するまれな火山?でもある。まあ10年前の雲仙普賢岳では、マスゴミが火口の周辺で待機して犠牲になった教訓からか、2000年の有珠噴火では、洞爺湖の対岸でカメラを設置した動画も多い。マスゴミも怖気づいたのか、と笑いでもないが・・

ただ、挙句には、映画さながらに保養所の脇でマグマが出ると言う事態だった。

 

もともと、この有珠山は、

>8,000 - 7,000年前の山体崩壊後は長く活動を休止していたが、1663年(寛文3年)を境に突如として噴火活動を再開する −Wiki

 

   江戸時代の地震期に休眠火山も目覚めさせた太平洋プレートの活動と大津波
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=744

 

20世紀を終わらせた有珠山であるが、

なんと、有珠山らの噴火は北海道の縄文時代を終わらせたのだった・・(笑)

 


 

続きを読む >>

シナに80年ぶりの大洪水、それでもやまない世界への中共の暴挙

  • 2020.06.27 Saturday
  • 21:15

JUGEMテーマ:国際社会

JUGEMテーマ:中国

 

 

   シナに80年ぶりの大洪水、それでもやまない世界への中共の暴挙

   〜中共の整備した長江は成り上がりの技術で自壊、世界の脅威と化す破戒は人民も見放すか

 

 

シナ南部が80年ぶりの大洪水らしい。五月からの季節は南部に入った暖気が寒気と重なり、奥地では龍舟水に見まわれる雨季らしいが、今年の雨量規模が天の怒りを示してるかのように酷いという。

 

ただ、そのような中、シナ周辺では大人しいかと思えば、暴れまくる人民軍らのようである。まして、それは一か所でない多方面で騒動を起こしているのである。歴史に残る暴挙なのであるが、歴史に残るダム崩壊になるやもしれない。まして、武漢コロナの大騒動が治まらないうちに・・・

 

   中国南部で洪水と土砂災害、死者多数 観光地に打撃   6/10頃
     https://www.afpbb.com/articles/-/3287772
     2020年6月11日 AFP


   中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる   6/20頃
     https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58430.html
     2020年06月22日 大紀元


      重慶洪水被害、ネットユーザーが相次ぐ動画投稿 当局は「逮捕」と言論統制
        https://www.epochtimes.jp/p/2020/06/58621.html
        2020年06月24日

 

   中国連休突入も首都・北京では新型コロナ感染拡大で厳戒態勢
     https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200626/mcb2006260738011-n1.htm    
     2020.6.26 SankeiBiz

 

既に、シナ南部では数か所のダムが崩壊し発電所も流されたところもあるらしい。そこで、欠陥が指摘される三峡ダムが崩壊するのではという。それが、崩壊したら被害は上海まで及ぶと言われ、シナ経済の半分相当にダメージがあるらしい。三峡ダムの下流には、経済都市がいくつもあり、人民軍の基地も多いとか。

 

この三峡ダムは、2009年に完成したが、そもそも人民軍が賛成しなかったダム建設と言われる。それには、中共幹部の利権が横行し、その運営も農民とかけ離れた経済システムなのだそうだ。今でも、変形やひびが発生してると言われ、多くの武装警察までも建設に加わったりと未熟さも懸念され、多くの建設に問題があるらしい。

 

もともとは、治水や災害対策がうたわれた三峡ダムは、経済利権に成り変わり、下流の農民には恩恵も無い。実際に今年の洪水で水嵩が増えて、告知されない放水が下流の洪水被害を更に大きくしてるとか。日本の梅雨明け頃まで、三峡ダムはもつのであろうか・・

 

どっちにしてもシナに大きな事件なようだ。人民軍と人心もいつまで持つのかは疑問でもある。

 

   中国南方の洪水災害 赤十字会の募金はわずか2000元?   追記 7/12
     https://www.ntdtv.jp/2020/07/44254/
     2020年7月10日 NTD

     〜世界が信用しなくなった中共と言う偽善の富豪家、シナ人も信じられない構造に・・

        愛人を40人も抱えるアル中共幹部の実態に賛同もない、これは支持率の低下?

 

 

 

 

  −長江(揚子江)と三峡ダム、そして武漢−  ヤフー地図から

                                             武漢―上海は、最短道路で 約 840km

続きを読む >>

地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震

  • 2020.06.12 Friday
  • 19:47

 

 

  地震期を示すような地殻深部の地震、と過去の日本海地震

   〜次頁で、日本の地震を予測した翌日に奄美西方沖でM6.6の地震、熊本余震なみに注意か

 

 

ここに、地震期を示すような、地下600km以下の深発地震を検索してみた。

 

 ・USGS(アメリカ地質調査所)からM7以上  (現在まで)

 

   2018-09-06(UTC)  M7.9  671km  Suva, Fiji
   2018-08-24(UTC)  M7.1  630km  Iberia, Peru  fujiらは南極挟んで影響

   2018-08-19(UTC)  M8.2  600km  Ndoi Island, Fiji
   2017-01-10(UTC)  M7.3  627km  Tabiauan, Philippines
   2015-11-24(UTC)  M7.6  621km  Tarauaca, Brazil
   2015-11-24(UTC)  M7.6  606km  Iberia, Peru
   2015-05-30(UTC)  M7.8  664km  Chichi-shima, Japan         深いほう


   2011-09-15(UTC)  M7.3  645km  Fiji region
   2010-07-23(UTC)  M7.5  641km  Moro Gulf, Mindanao, Philippines
   2010-07-23(UTC)  M7.3  607km  Moro Gulf, Mindanao, Philippines
   2008-07-05(UTC)  M7.7  633km  Sea of Okhotsk


   2002-08-19(UTC)  M7.7  675km  south of the Fiji Islands   最も深い?
   2000-04-23(UTC)  M7.0  609km  Santiago Del Estero, Argentina


   1994-06-09(UTC)  M8.2  631km  La Paz, Bolivia  20世紀最大の深発地震
   1990-05-12(UTC)  M7.2  606km  Tatar Strait, Russia

 

 

実に、この深い地震は、

・環太平洋だけのようである。興味深いのは、

・深発地震でM8級巨大地震は、この600kmの深い場所で発生

   それより浅いとこで発生するのは、まれというべき状況のようである

・上記のデータは、1986年10月からであるが、空白の時期がある

・最近は、顕著だったが収束

・1996年5月や2008年12月は太陽活動周期の活動開始の時期でもあり興味深い一面

 

巨大地震も小さいのを入れると・・きりがないが、地球の深部で大地震が流れているかのようである。地球物理学などを語る程の知識は無いが、地核は液体の層もあるのでかという説も。ただ、数年が係る大地震の移動する深部は準液体のようで、地表の地震期を助長してるかのようである。1990以前は、殆ど無い時期もあり、地震期を示す特徴ともいえる。そして、深い地震が連鎖するようになり、被害地震を増加させる。

 

地震は地球の自転速度が影響すると言う意見もあるが、深部の活動が顕著と言うべきだろう。

さらに、インド・オーストラリアプレートの活動もあり、スマトラ地震やネパール・アフガニスタン・イラン等の地震も出ている。

 

 

 

ここに、過去の深発地震と日本海の大地震も振り返る。

 

続きを読む >>

【定期】ネタ化を擦る地震期は終る、2020年上期を見て地震に必要な情報とは?

  • 2020.06.06 Saturday
  • 12:44

 

【定期】ネタ化を擦る地震期は終る、2020年上期を見て地震に必要な情報とは?

  熊本地震後、胆振東部と地震規模が下降、地震の大局も語れない政治と行政は無能さを象徴する

  大地震や津波地震は、わけも無く来ない。 現在の社会で、新聞やメディアの不要さを痛感する

  〜静穏化する世界の地震で津波も遠のき、世界に翻弄される燃料から原発稼働で次の研究投資を

 

  北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに考察−地震・災害編−目次
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=688

 

  − 列島での地震 2020年MAX 東日本 2/13 択捉島沖 M7.2

                  2019年MAX 東日本 6/18 山形沖 M6.7、西日本 7/28三重沖深発 M6.6

  − 周辺での地震  2018-12-29(UTC) M7.0  60km  Pondaguitan, Philippines
                   2020-03-25(UTC) M7.5  55km  Severo-Kuril'sk, Russia

 

  − 周辺の地下圏  深発 オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3

      USGS値   ( 過去  オホーツク-201810カムチャカM6.7  ウラジオストク-201707M5.8 小笠原-201505M7.8、
                  参考: 北海道北-201601M6.2  台湾北部-201605M6.5  沖縄-201403M6.5 )

 

 

本日6月6日は満月でもある。ただ、ネットのAstroArts: 天文ニュースの情報によると、6月に地球と月の距離が近いのは3日だそうである。

   6月3日(水) 12時38分:月の距離が最近(0.948、36万4366km、視直径32.8′)

 

4月8日のスーパムーン頃から、震度4の地震が増加したが、徐々に地震も年末まで落ち着くことだろう。個人的には、9月は太陽の活動が元気になり地震にも影響があると言う意識もあるが。。

 

 

 

今年に、択捉沖M7の深発地震発生も発生するなか、胆振東部の被害地震後の北海道周辺で予想していた震度4の地震も有った。

   2020/05/31 03:13 M5.6  94km 震度4    十勝沖   42°31.3′N,143°42.1′E

 

この程度なのは、地震期が終わり?周辺で複数の大きめな地震が昨年に発生しなかったこともあり、M5級の地震で収まったからだと思う。

 

上記にも記載したように、

   オホーツク-2/13択捉島M7 ウラジオストク-? 小笠原-4/18M6.6 三重沖-201907M6.3 (USGS値)

日本周辺の深発地震も2段階くらいの規模に下がり、地震期が収束している感さえある。

 

 

 

普通は、7月に上期の地震を整理したいところだが、地震が多かったので

ここに、日本の地震発生状況やその経緯、そして世界の状況を振り返り整理したい。

 

・日本の地震状況  −昨年10月から震度4以上の地震 気象庁から

    うっとうしいくらいに発生・・これも今までの大地震発生の余波か、

    1月前後は例年通り

 

   2020/05/31 03:13 M5.6  94km 震度4    十勝沖           42°31.3′N,143°42.1′E
   2020/02/13 19:33 M7.2 155km 震度4    択捉島南東沖     45°03.3′N,149°09.7′E
   2020/01/28 10:36 M5.5  96km 震度4    根室半島南東沖   43°22.4′N,145°59.0′E
   2019/12/19 15:21 M5.5  50km 震度5弱  青森県東方沖     40°30.7′N,142°10.7′E
   2019/12/12 01:09 M4.2   7km 震度5弱  宗谷地方北部     45°06.3′N,141°52.7′E

 

   2020/05/19 12:17 M5.4  50km 震度4    福島県沖         37°30.8′N,141°25.5′E
   2020/05/18 12:00 M5.2  51km 震度4    宮城県沖         38°10.5′N,141°41.7′E
   2020/04/20 05:39 M6.2  46km 震度4    宮城県沖         38°53.2′N,142°05.9′E
   2020/03/11 13:04 M4.4  12km 震度4    秋田県内陸南部   39°40.6′N,140°44.3′E
   2020/02/12 19:37 M5.4  87km 震度4    福島県沖         37°18.6′N,141°21.5′E

 

   2020/07/09 06:05 M4.7  45km 震度4    茨城県南部       36°03.8′N,139°50.6′E 追記
   2020/06/25 04:47 M6.1  36km 震度5弱  千葉県東方沖     35°33.2′N,141°06.7′E 追記
   2020/06/04 05:31 M4.8  52km 震度4    茨城県沖         36°25.7′N,140°41.5′E 追記

   2020/06/01 06:02 M5.2  97km 震度4    茨城県北部       36°11.4′N,140°20.6′E
   2020/05/06 01:57 M5.0  68km 震度4    千葉県北西部     35°37.9′N,140°04.7′E
   2020/05/04 22:07 M5.6  48km 震度4    千葉県北東部     35°43.8′N,140°36.6′E
   2020/04/26 09:49 M4.8  66km 震度4    茨城県南部       36°07.9′N,140°04.8′E
   2020/04/12 00:44 M5.0  53km 震度4    茨城県南部       36°11.9′N,139°57.6′E
   2020/02/20 12:53 M4.3  28km 震度4    千葉県北東部     35°23.7′N,140°18.6′E
   2020/02/01 02:07 M5.3  63km 震度4    茨城県南部       35°58.1′N,140°03.8′E
   2020/01/21 19:17 M4.2  53km 震度4    茨城県沖         36°25.6′N,140°38.8′E
   2020/01/14 04:53 M4.8  46km 震度4    茨城県南部       36°04.6′N,139°53.0′E
   2020/01/03 03:23 M5.8  34km 震度4    千葉県東方沖     35°48.6′N,141°06.9′E
   2019/12/04 19:35 M4.8   7km 震度4    栃木県北部       36°57.2′N,139°40.8′E
   2019/12/04 10:38 M4.9   9km 震度4    茨城県北部       36°48.5′N,140°32.3′E
   2019/12/03 10:18 M4.7  52km 震度4    茨城県南部       36°08.5′N,139°49.0′E
   2019/11/17 20:05 M4.7  13km 震度4    伊豆大島近海     34°38.3′N,139°03.1′E
   2019/11/08 18:18 M4.4  52km 震度4    茨城県沖         36°32.4′N,140°50.2′E


   2020/04/18 17:25 M6.8 477km 震度4    小笠原諸島西方沖 27°10.4′N,140°30.4′E
   2019/10/12 18:21 M5.4  75km 震度4    千葉県南東沖     34°40.4′N,140°38.9′E

 

   2020/06/17 15:03 M4.4   6km 震度4    岐阜県美濃中西部 35°18.6′N,136°28.0′E 追記

   2020/06/10 00:22 M4.7  21km 震度4    土佐湾           33°19.0′N,133°21.8′E 追記
   2020/05/29 19:05 M5.3   4km 震度4    長野県中部       36°15.7′N,137°38.4′E
   2020/05/19 13:12 M5.4   3km 震度4    岐阜県飛騨地方   36°17.0′N,137°37.7′E
   2020/05/17 20:38 M4.6  37km 震度4    紀伊水道         33°36.5′N,134°45.2′E
   2020/04/23 13:44 M5.5   3km 震度4    長野県中部       36°13.5′N,137°39.7′E
   2020/04/13 19:16 M4.2   5km 震度4    長野県北部       36°46.0′N,137°52.7′E
   2020/03/13 02:18 M5.5  12km 震度5強  石川県能登地方   37°16.7′N,136°49.4′E
   2019/11/26 15:09 M4.6  16km 震度4    瀬戸内海中部     34°02.7′N,133°03.8′E

 

   2020/06/14 00:51 M6.3 165km 震度4    奄美大島北西沖   28°45.8′N,128°21.3′E 追記
   2020/06/01 09:33 M4.3   9km 震度4    薩摩半島西方沖   31°34.8′N,130°20.2′E
   2020/05/23 04:33 M4.9  48km 震度4    沖縄本島近海     27°17.7′N,128°26.1′E
   2020/01/16 18:36 M4.2  14km 震度4    沖縄本島近海     26°32.3′N,127°43.4′E
   2019/12/18 08:35 M5.1  47km 震度4    沖縄本島近海     27°18.3′N,128°25.9′E

 

・日本の地震状況  −昨年4月からの地震

 

   −M6以上−                            −M3.5以上の深発地震−

                                         九州南部は継続、関東は震度4地震を助長したか

                                          北海道周辺は・・収まらず・


 

 

 

 

・信越の揺れ

 

続きを読む >>

明治150年、明らかにされるべき米と小麦を進化させた先人とその精神

  • 2020.05.28 Thursday
  • 05:17

JUGEMテーマ:歴史   #木原生物学研究所,#日本のファーブル,#野の詩人,#ハチの研究,#亜熱帯環境の研究,#蓬莱米,#染色体,#研究心,#緑の革命,#平成デモ暮らし,#小麦の改良,#陸羽132号,#鳥のファーブル,#コシヒカリ,

 

 

  明治150年、明らかにされるべき米と小麦を進化させた先人とその精神

  〜明治の偉業に、エリート以上に切磋琢磨した国民の活躍が魅せた江戸時代の遺産

    野心と打算だらけでない志あるエリートの美学と人を率いた植物生理学と自然循環の解明

 

 

 

   アフガン大統領、タリバンの捕虜最大2000人解放の手続き開始
     https://www.afpbb.com/articles/-/3284685
     2020年5月25日 AFP


中央アジアで唯一混迷するアフガニスタン。戦後も、他国に振り回され財政の確立が遅れたのか、ソ連の支援などを経て事大に振り回される。かつては大航海時代に内陸で落ち着きさを見せ、王国として国体?が続いたのにもかかわらず、方向を決められない。


そこに階級主義が存在し、戦後の世界情勢のなかでは絶え間ない内紛や原理主義に振り回される。
日本の明治維新でキリスト教徒となった内村鑑三氏は、


>内村鑑三 「社会主義は愛の精神ではない。これは一階級が他の階級に抱く敵愾の精神である。社会主義に由って国と国とは戦はざるに至るべけれども、階級と階級との間の争闘は絶えない。社会主義に由って戦争はその区域を変へるまでである」
>内村はキリスト者の立場から、他階級への抑圧を繰り返す社会主義の本質的欺瞞を指摘する
  −Wiki


という。世界は、階級主義に振り回されるなか、国体と財政(国防も)が確立されない地域は文化も育たないのかと実感される。

 

キリスト教や社会主義が20世紀の世界を混迷させる中で、独自な文化・教養を育てた日本は、明治維新そうそうに本質を見極めた。だから、日本では社会主義に一部を除いて、感化されなかった。
( ま、社会主義に感化され地上の落園を夢見た地域もあった。歴史も思想も理解も出来ず、21世紀に社会主義に目覚める文盲で異質な地域も・・世界に脅威の地域・・ )

 

 

 

国としての方向が定まらないアフガニスタンは、冷戦終結ころから現在まで時代の無駄な時間を浪費した。その復興に気候変動が追い打ちをかけ、人心が一つにならない・・


日本のNGOが支援したアフガニスタン東部の
  緑の大地計画「 2020年までに、安定灌漑地域 16,500ha(65万人) 」。

   ペシャワール会>トピックス>2020年2月10日
     http://www.peshawar-pms.com/topics/20200210.html
   ペシャワール会>トピックス>5月8日受信の現地からのメール報告
     http://www.peshawar-pms.com/topics/20200508.html

     〜実は、この地区の砂利による堤防も、地域復興優先への暫定的処置に近い?


その計画は、やはり20年もかかった。彼らは、文明の力を実践することの大変さが理解されてるだろうか。自力で解決できる文明が存在しないと、多くの協力と資金を受けれる体制も無いと、生活の向上もない。

 

なんと、和算で取り上げた農業土木というのは日本だけの分野らしい。河川土木もそうなのかな。アフガニスタンでの欧米の取水堰は、ことごとくものにならなかった。そのことは、積み上げた日本の伝統は高度なものと言っても過言でないかも。アフガニスタン人は、考えを改め日本人の蓄積した知恵に感謝するべきなのだろう。


階級主義が横行する世界は、政治に品格が無いと、アフガニスタンも例外でなく国も地域も維持してはいけない。更に、自然を崇め対話できないと・・そして、殺生することは、大きな知恵を失い復興も出来なかったと言うべきなのだが。


韓非子という風土が残ってるシナのような特亜は、いつの機会も暴君が現われ多くの人財を始末してしまう。それが、内需や近代文明に大きな壁となっていたことのようだ。まさに徳の精神がまるでない・・


    アフガン乾燥地で水利施設・農村の復興モデルを達成した中村医師に哀悼の意
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=738
  自身の記事


日本の明治維新は、世界でも珍しいほどに無血な政権交代と言われる。実際に、それは明治150年で多くの人財を出して大きな飛躍を遂げた訳でもある。

 

 

 

ここに、アフガニスタンや世界に知見を活かす団体も有る。明治150年が残した知見でもある。

 

  アフガン在来小麦 品種改良し“里帰り” 横浜市大・木原生物学研究所
    http://www.kanaloco.jp/article/71507
    2015/05/11 カナコロ

>事業では派生的な成果も生まれた。1999年にアフリカのウガンダで新型の小麦さび病菌が発生したが、既存の小麦の約9割には抵抗性がない
>そこで病気に強い32系統をケニアで栽培すると、7系統が抵抗性を持っていることが分かった。遺伝的な多様性を持つアフガニスタン在来小麦は、世界を救う潜在力を持っていた
>日本の科学技術と援助相手国との共同研究によって、
世界的な問題の解決にも役立つことができた

 

なんと、横浜市大・木原生物学研究所は

> 現在では、6000系統のコムギ、800系統のトウガラシの遺伝資源を有効に活用する研究を志向し、植物科学の研究拠点として・・  −Wiki

 

そうだったのか。小麦だけでなくトウガラシもそうなのか・・・

 

   七味唐辛子に熱い視線−今や米国のレストランでも欠かせぬ食材に
     https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-20/PN7O3J6K50XS01?srnd=cojp-v2
     2019年2月21日 ブルームバーグ

 

今や、世界に根付く日本の調味料も、日本の遺伝子研究があったのか?  笑笑

 

 

 

木原生物学研究所は、他にも特異な人物も出している。それは、戦時中でありながら、
>海南島にも支所が設けられ、亜熱帯環境における研究が行われた    以下Wikiから
そこから、「日本のファーブル」と言われる岩田久二雄氏が居たらしい。在籍している1944年に京都帝国大学理学博士を授与されてる。


>他方で岩田は文人的、詩人的、芸術家的才能にも富み、最先端の科学や理論とはやや離れたところで評価を得・・・学術論文や総説類のほかに一般向けの観察手記や児童向けの科学読み物も数多く残しているが、「野の詩人」とも称せられた
>このことから一部では「日本のファーブル」と呼ばれており、一面では科学者としての業績の側面とその意義を見えにくくさせていると・・


ただ、
>個々の習性にこだわったために進化論を否定するに至ったファーブルとは大きく異なる
らしいが、以後戦後の動物生態学を教育する研究室がなかったことで、ハチの研究を引き継ぐ人は出なかったとさ・・学問も、ファーブルオタクや昆虫オタクに枝分かれ(縦割り)したのか、昆虫の生態と亜熱帯の研究が連携しなくなったのか。まっ、学問も分科し過ぎかな・・笑笑


亜熱帯環境における研究は、木原生物学研究所だけでなく、当時に台湾で蓬莱米を普及させた磯永吉氏らの研究もあった。後に磯永吉氏らは、
>米以外にもサトウキビ、サツマイモ、小麦などの農作物、ブタや鶏など家畜の品種研究も手掛け、磯の研究は台湾のみならず広く東南アジアの農業にも貢献した。英文著書『亜熱帯における稲と輸作物』は亜熱帯農作物のバイブルともいわれる

 

この蓬莱米への取り組みは、多くの日本技師が投入される中で20年もかかった成果である。その経緯とそこで生まれた栽培法は、水稲二期作栽培が容易になる。同時に、その研究魂は、現在の武漢コロナの危機で成果を上げた台湾医療・防疫に通じるものとおもう。

 

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    北のすみびと (09/21)
  • 発展途上国における欧米の支援は、巧妙な支配で債務と犯罪の害
    historia (09/21)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM