120年の一区切り、竹の花にみる時代変わりと世代前の明治に思う

  • 2019.05.19 Sunday
  • 19:30

JUGEMテーマ:自然    #明治150年の変遷,#竹の花,#明治の殖産興業,#コシヒカリ,#桑と養蚕業,

 

 

  120年の一区切り、竹の花にみる時代変わりと世代前の明治に思う

    〜水害に見舞われる列島に、被害に襲われる荒れた山林の姿を見る

 

 

2019年の改元に重なるかのように、竹も世代代わりが進もうとしている。
ひとも竹も寿命がある。まして、竹は成長が旺盛であるが、その根はそれ以上に伸びることで知られる。ただ、樹木とはいえ一種類で偏向する竹林は土壌の劣化もあり、不吉どころか新たな遺伝子への世代代わりなのだろう。

 

    100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花
      https://www.topics.or.jp/articles/-/192736
      2019/4/23 徳島新聞
      〜最近は、列島各地で頻繁に竹の開花と言う話題


       竹の花は、120年に一度咲く!?
         https://lovegreen.net/gardentree/p60840/
         2016.11.22 LOVEGREEN

 

 

 


120年ぶりと言うことで、120年前と言えば1899年( 明治32年 )である。
明治も進み、農民同士の技術と情報のやり取りが増え、自主的に米の品種改良が進みコシヒカリの親種が誕生した時代。皆が、「 世の為ひとの為 」に切磋琢磨した頃といえる。忠犬ハチ公で有名な上野英三郎博士らで農学の営農が普及しだす以前の話しでもある。


工業では、欧米に遅れて鉄鋼の生産を建議する頃でもあった。なんと、日本の線路が日本産になるのは30年後と基礎化学の遅れを知る。世界でも鉄鋼技術の最先端に躍り出たのは、戦後の高度成長を過ぎた数十年前なのである。


−また、来日してた英国の白人が地震に驚き日本で地震計を発明した。その数年後の1898年には、日本人が世界初の連続記録可能な地震計、大森式地震計を開発したのだ。(Wiki)

 

    明治維新も、政治判断や行動できる能力に幕臣と品のある武家が活躍

      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=646
      〜18967年に八幡製鉄所を着工、英国の技術を追いかける鉄鋼の時代が始まる、

        国営製鉄所建立という大胆な政治決断から、鉄鋼の最先端技術確立に百年並の月日

 

       営農・勧農そして農業土木、明治のエリートは現場を大切にし大効果
         http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=649


    明治に開花した、米の品種改良−コシヒカリと西日本編
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=271


最近は、座学になりつつある博学も現場で実学と応用が進みだした時代なのである。そう、日本では階級の無い多くの人材で、近代化学も工業社会も発展し、更に発明と製品化技術を同時に進めて発展してきた。


どこぞの国では、近代産業より利権で独立と騒ぐ特亜な民度も有った。しかし、日本は農業を馬鹿にせず着実に進化させ、絹製品が更に向上し外貨の稼ぎ頭となり殖産興業に突き進んのだである。

 


 

 

    近代土木より、古来から残る山と農業の記憶は宝庫で、防災も
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=645
      〜麦もソバも難しい山の急傾斜地でも、(養蚕業の)桑ならば栽培できた。で倒れない・


      ふるさと人物誌13 県下第一の養蚕業興隆に尽くした 「安陪 庄作」
        https://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1297059116262/index.html
        福岡県朝倉市  http://www.city.asakura.lg.jp/

 

庄作は自ら出向いて学び、工夫するとともに、仲間にも教えました。また、仲間に旅費を与えて各地の養蚕業についても学ばせました。養蚕業を盛んにするためには、よく働くことも大事だが、多くの人に広める手助けができるようになければならないと考えた・・

( 一部著作権の問題もあるが・・・ 当時は地域に捉われず、全国の知恵と遺産を求め世の為に・ )


ただ、養蚕業で振興し山田堰や三連水車でも有名な福岡県朝倉市は、平成29年7月九州北部豪雨で山崩れの被害。時代が変わり化学繊維の時代、養蚕業も無くなった地域は無理な材木用の産地に変貌し水害で被災したか・・

 

北は、遅れて農業が発達。稲作も定着したのは戦後が実際のようだ。明治期に冬の産業が無かった北海道では酪農が進んだ。だが、今では国際競争力と亜熱帯でなく平地の少なさから飼料の乏しさは厳しい。
そこに、水害などの災害は、直接的な金銭の不足と立ち直れない心情で農地が失われつつある。


実際に日本列島では森林は豊富だが、斜面の多い山地は許容量を超えた大雨に山崩れや土砂災害も多い。山地の田舎と言えども、土壌に適応した木の植樹と氾濫よけ対策が必要なのかと思う。

 

 

 

被害の出た北海道胆振東部地震の前に、北でも台風で相当な倒木被害も有った。そう、防風林として良く成長するポプラやニセアカシアがよく倒れてた。昔は、原始林のなかに空洞化した平野作れば風も通り抜けて強いわけであるが、旧世代の防風用樹木は現代には似合わない。


その後、樹木を観察するとひときわ目立つのが、傾斜地に似合わないモミジ・カエデ風の太い樹木だろうか。どちらかと言うと、もみじタイプは低地向きで根が浅く、成長が旺盛過ぎて太い根幹が沢山水平に伸び隣の木を邪魔するように感じる。まして、傾斜地上部では土を掘り起こし、雨で土砂が流れる感じであった。
以外と、山地を見てるが知らないことも多いんだね。


検索すると、こいうのもあった。
傾斜地には、岩盤でなければどんぐりの木より根幹が太くないシナの木やカツラが、根が深くていいんだろうか。・・ こんな災害の時代、いくらかでも過疎の山地でも植樹しといた方がいいよね。合板やバイオマス発電、炭や紙にもなる。


     樹木の根の特性と植え方  北海道立総合研究機構>森林研究本部
       https://www.hro.or.jp/list/forest/research/fri/kanko/kiho/pdf/kiho59-4.pdf
       〜えっ・・・「 それぞれの樹種の根の特性は今でもあまりわかっていない 」

 

秋に種を出す樹木も有れば、公園を探索したらカエデ?なんかは今が種を出す最盛期のようだ。

北も、春だね

2017年巨大地震が平穏で、収束かと翌年アフリカ等で大地の亀裂

  • 2019.05.17 Friday
  • 12:20

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 


  2017年巨大地震が平穏で、収束かと翌年アフリカ等で大地の亀裂

     副題 〜米国本土も地震が変貌、でも過去2年間に周辺で大きな地震、如何に

 

 

 

21世紀を振り返ると、
  インド洋で津波を起こしたスマトラ島地震(2014年)
  太平洋プレート北部で起きた東日本大震災(2011年-311)
と、揺れ動いた21世紀の始まりであった。

 

そして、最近では東南アジアの赤道太平洋付近に地震帯が移動したかのようだ。
そう、パプアニューギニアやインドネシアスラウェシ島の地震などが象徴的だ。

 

    またパプアでM7.5、パプアの地震は地震期と日本の予兆を見てとれる
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=689

 

気象庁や地震専門の高等教育機関では日本の地震に拘りすぎる傾向がある。しかし、日本列島も陸続き・マントル・地核は共通である地域もあるので、日本の被害地震も何か予兆としてヒントがあると考えてる。まして、地震波は巨大地震で地球を三周するとか。

 


 

 

ただ、よく振り返ると2017年に世界で一度稀な地震平穏期入りしており、
地表近くでM8越えの地震は、中南米(2015年チリ・2017年メキシコ)を除くと2013年から起きていない。
収束期に入ってくれればと思うところだ。

 

   北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに考察−地震・災害編−目次
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=688
     〜201年M8無し、2017年にはM8の一件はあるがM7級が大幅に減少

 

ただ、環太平洋らの巨大地震期が収束してるのかのように、南米・アフリカ等では地表の亀裂も発生している。


    昨年からの大寒波、現実は百年ぶりという異常ぶり
      http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=606
      〜「大地溝帯」などで巨大な亀裂や異常気象の天変地異続く


それは、世界の地震を見てもアフリカ周辺や米国で続いてるようだ。
気になったので書き溜めておく。


 < 2019/04/13、2019/05/13でのアフリカ周辺の地震 >

 



 < 2019/05/17のアメリカでの地震 > USGSから  下記
   〜米国本土の地震が変貌、イエローストーン以外にメキシコや東部付近などにも群発
     また、米国本土周辺では、2年間に大きめな地震も発生してる

       2018-10-22(UTC) M6.8  10km  Port Hardy, Canada
       2018-01-23(UTC) M7.9  14km  Kodiak, Alaska
       2017-09-08(UTC) M8.2  47km  Tres Picos, Mexico

 

  通常は、アラスカの群発に並行して米国本土で地震が増加するんだが・・

  〜米国内陸の地震は中南米の地震に起因するようだが、カスケード付近の静穏化は問題か?

 

   日本の古文書が明らかにした、北米カスケード津波地震

     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=396

     〜宝永の巨大地震の7年前に、北米カスケードの巨大津波地震は気になる・・


まあ、アフリカは気にしてないが、米国本土はちょっと気になる。米国本土周辺で宏観異常現象に相当する話題が出たりして、今日のアメリカでの地震をみて掲載した次第。日本周辺が沈静化してる中、収束期に移行でも侮れない地震だろう。

 

またパプアでM7.5、パプアの地震は地震期と日本の予兆を見てとれる

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 16:00

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 


  またパプアでM7.5、パプアの地震は地震期と日本の予兆を見てとれる

   〜日頃から気にして起きたい地震期・世界(環太平洋)の地震と、地震規模。#地震期とは?,

       映画と違い地震は予知より、意外と単純で個人が判断・予測できるかも。後は耐震だけ

 

 

またまた、パプアニューギニアでM7.5の大地震が発生した。


    2019-05-14(UTC)  M7.5  10km  Kokopo, Papua New Guinea  -USGS

 

グーグル地図で、海底を見みるとパプアニューギニア・バヌアツ・フィジーらは特異

 

   太陽風は540km/秒の高速風になっています。2741群でCMEが発生しています。
     http://swnews.jp/2019/swnews_1905141338.html
     2019/ 5/14 宇宙天気ニュース

 

      太陽フレアの影響により、地球で過去2年で最強のG3級の磁気嵐が発生
        https://earthreview.net/strong-geomatic-storm-hit-earth-may-2019/
        2019年5月16日 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー   追記


やはり、今回の地震を見ても太陽風の影響も有ると実感する・・
昨年から翌年には地震規模が下がるものだが、同規模の地震。それは、フィジーで昨年に起きたM8.2の大地震の影響があると思われ地震期が継続中なんだろう。また、太平洋プレートで起きた昨年のハワイ火山大噴火も影響してるのか。

 

 


そこで、最近のパプアニューギニアで起きた地震の傾向を見てみた。まさに、被害地震らや大地震が発生し易い地震期と言える太平洋プレートの動きなんだろう。それが、なんと日本の被害地震の予兆を示してるかのように感じる。


  < パプアニューギニアの地震、南洋バヌアツ・フィジー除く > M6.8以上
   ・パプアの地震は、日本の被害地震を予兆するかの地震数であった
   ・フィジー 2018-08 M8.2の地震の影響は、数年続くだろう

 

    2019-05-14(UTC)  M7.5  10km  Kokopo, Papua New Guinea-------------
    2019-05-06(UTC)  M7.2 127km  Bulolo, Papua New Guinea   深発、日本の被害地震も有り?

 

     フィジー 2018-08-19(UTC)  M8.2 600kmの年、やや少ない?
    2018-10-10(UTC)  M7.0  39km  Kimbe, Papua New Guinea
    2018-03-29(UTC)  M6.9  35km  Kimbe, Papua New Guinea
    2018-03-08(UTC)  M6.8  23km  Taron, Papua New Guinea
    2018-02-25(UTC)  M7.5  25km  Porgera, Papua New Guinea---------------------

                                                                         |
      小笠原諸島西方沖 2015-05-30 Mj8.1 682kmの前後4年間で、地震規模も大きい  |
    2017-01-22(UTC)  M7.9 135km  Panguna, Papua New Guinea                     |

                                                                         |

      ( 68年ぶりのスーパームーン 2016年11月  前後年で地震規模も高め )----------| 
    2016-12-17(UTC)  M7.9  95km  Taron, Papua New Guinea                       |
    2016-10-17(UTC)  M6.8  42km  Kandrian, Papua New Guinea                    |
    2016-08-31(UTC)  M6.8 476km  Namatanai, Papua New Guinea                   |

                                                                         |

      熊本地震の前年、2015-05-30 Mj8.1 682km 小笠原諸島西方沖の年--------------|
    2015-11-18(UTC)  M6.8  13km  Dadali, Solomon Islands                       |
    2015-07-27(UTC)  M7.0  48km  Abepura, Indonesia                            |
    2015-05-07(UTC)  M7.1  10km  Panguna, Papua New Guinea                     |
    2015-05-05(UTC)  M7.5  55km  Kokopo, Papua New Guinea                      |
    2015-05-01(UTC)  M6.8  44km  Kokopo, Papua New Guinea                      |
    2015-03-29(UTC)  M7.5  41km  Kokopo, Papua New Guinea                      |

                                                                               |
    2014-08-03(UTC)  M6.9  13km  Micronesia region                             |
    2014-04-19(UTC)  M7.5  43km  Panguna, Papua New Guinea --------------------
    2014-04-11(UTC)  M7.1  61km  Panguna, Papua New Guinea


    2013-10-16(UTC)  M6.8  35km  Panguna, Papua New Guinea
    2013-07-07(UTC)  M7.3 386km  Taron, Papua New Guinea
    2013-04-06(UTC)  M7.0  66km  Enarotali, Indonesia


    2012-04-17(UTC)  M6.8 198km  eastern New Guinea region
    2011-12-14(UTC)  M7.1 135km  eastern New Guinea region

 

      311東日本大震災の前年環太平洋の地震・火山噴火も多い年
      〜まさに件数も異常、日本も沖縄・年末の父島で大きな地震に専門家は鈍感だったのか?
    2010-09-29(UTC)  M7.0  26km  Papua, Indonesia
    2010-08-04(UTC)  M7.0  44km  New Britain region
    2010-07-18(UTC)  M7.3  35km  New Britain region
    2010-07-18(UTC)  M6.9  28km  New Britain region
    2010-06-16(UTC)  M7.0  18km  Papua, Indonesia
    2010-01-05(UTC)  M6.8  15km  Solomon Islands
    2010-01-03(UTC)  M7.1  10km  Solomon Islands

 

 


まさに、日本も含め環太平洋は地震期という感じもする。
昨年に、フィジーの深発地震M8.2も有ったので、深発地震から見て取れる地震期を見てみる。


  < 1960年から世界で起きた深発地震 > M7.7・深さ300km以上  USGS画像下段↓
   ・1993年釧路沖(100kmの深発)・奥尻地震から地震期
   ・2000年から、深発地震がやまない地震期。スーパームーンも影響か?
   ・上記パプアの地震や深発地震を見ても、日本の地震は世界の地震・火山と関係


    2018-09-06(UTC)   M7.9 671km  Suva, Fiji                青色は日本周辺
    2018-08-19(UTC)   M8.2 600km  Ndoi Island, Fiji--------------- 南下で終了?
                                                                  |
      ( 2016年68年ぶりのスーパームーン )                          |
    2015-05-30(UTC)   M7.8 664km  Chichi-shima, Japan  (Mj8.1) ---|
    2013-05-24(UTC)   M8.3 598km  Sea of Okhotsk------------------
      2012-08-14(UTC)  M7.7 583km  Sea of Okhotsk

 

      ・2000年から被害が出た日本の地震期と並行し発生の深発大地震、日本が先の場合も

      2008-07-05(UTC)  M7.7 633km  Sea of Okhotsk    ・311前
      2002-08-19(UTC)  M7.7 675km  the Fiji Islands
      2002-08-19(UTC)  M7.7 580km  Fiji region


    1996-06-17(UTC)   M7.9 587km  Flores Sea         ・インドネシアの深発地震
    1994-06-09(UTC)   M8.2 631km  La Paz, Bolivia    ・阪神大震災前年 20世紀深発最大級

 

      ( 地震の平穏期 )

      1972-06-11(UTC)  M7.7 331km  Celebes Sea       ・フィリピン南洋の深発地震
    1970-07-31(UTC)   M8.0 645km  Colombia
      1963-08-15(UTC)  M7.7 550km  southern Peru     ・1960 チリ地震

 

 


そういえば、以前にも統計を出してみると、地震期であることが感じられた。そう、大地震は件数が少なく、3年間で積算してみて増加傾向もみられるのである。

 

   日本における1993年からの大地震は、どうして増えたのか

     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=610

     〜 世界の深発地震(100〜399km)追加 して、地震期が顕著に解った

 

まあ、フィジーの深発地震M8.2もあり、地震期が落ち着くのは2021年以降なんだろうか。


地震期は、世界で起きる100km程度以上と300km以上の深発地震らも参考にすると判明し易いようだ。ただ、揺れすぎた日本は勘弁だね。結局、太平洋プレートの動作指標としてパプアニューギニア等は参考になる。だが、自身は日本に遠くて直接影響があるとは考えていない。今年は。月の位置が南半球に移動するような状況であり、日本の地震期は収束してくれると思ってる。

 

地震期も始まりが有れば、終わりも有る訳である。しかし、公表される現在の地震状況は無いに等しい状況です。だから、結局は自分で判断するしかないので、今後の地震状況も各個人で推測する必要もあるのかと思います。

 

( 前回目次投稿で、2017年に世界で一度稀な地震平穏期に入り、もう「幕引き」 か ) 追記 5/17

 

 

 

< 備考 >

前にも情報を掲載したが再掲。それと、

年に数回は災害を想定し深発地震が発生する地震期かと、もしもの被害個所を考えるべきかも。

 

被害地震には、予知でなく個人が判断・予測して取り組める。映画と違って地球物理は単純かも。

 

  ※考察のまとめ−大きな地震の影響

   < 地震の深さ >     < 大地震頻度 >           < 周辺・地表に波及・影響 >
・地表、深さ50km程度        多い           1年半程度 (約20か月)  300km程度連鎖有り
・150km前後の深発地震      普通           2年半程度 (約30か月)  2年後は要因が追加
・400km前後の深発地震     少ない          5年程度?

(・若狭付近日本海にM7手前レベルの600km深発地震  10年後に紀伊半島沖でM7クラスの例有り)

 

  数年前の深発地震から地上地震の事例と、4/10数日前からの兆候
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=683

 

   大きめな地震は、通常3カ月おき。西日本は半年後から3カ月おき。

   地震が起きやすいと大きめな余震は2か月と早くなる時も有るようだ。

   また、日本の深発地震は、環太平洋の大地震によって発生や連鎖してるともいえると思う。

 

北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに考察−地震・災害編−目次

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 09:59

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過

 

 

 北からぴーまんなつぶやき、気まぐれに視点を変え−地震・災害編−目次

   〜突如、被害に遭う災害、そこには予兆や傾向があるのかと、この災害期に考える

       最近の投稿を整理する。統計や定性的な解釈で起因する傾向もあるのかも・・

 

<  地震−環太平洋や世界で起きた大地震編  >

   【記録】パプアM7.2の地震らの時期に、日向灘M6.3震度5弱。
   フィジー深発地震と9月の太陽活動で、インドネシアなど大地震?
   インドネシアのスラウェシ島で被害地震、環太平洋は陸上歪か?
   インドネシアでM6.9の地震、パプアの地震の影響か
   昨年のメキシコ地震から、周辺のホンジュラスでM7.6の地震

 

  USGSの情報から、世界で周辺に連鎖しやすい2年以内の地震

 

<  地震−宏観異常現象と地震連鎖の傾向編  >  総合・統計的な情報サイト待つ
   南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき
   数年前の深発地震から地上地震の事例と、4/10数日前からの兆候
   昨年の大地震の少なさが、列島で立て続けに内陸地震発生
   昨年からの長野から千葉のスロースリップの地震も、一連か
   日本における1993年からの大地震は、どうして増えたのか
   列島でも大きな深発地震は、数年後に地表で発震か?

   意外に認識が違った地震の多い関東のプレート地層

 

  −過去の大地震を考える
   日本の西よりの歴史地震を追ってみた。関東の地震は・・
   西日本の被害地震増、そこで東南海・南海地震を振り返る
   西日本の被害地震増、そこで熊本地震とその連鎖を振り返る
   西日本の被害地震増、そこで阪神・淡路の地震を振り返る
   23年間続く大震災に思う、今後の地震推移

 

< 地震・東南海地震を考察する編 > 下段に東南海地震前における地震比較 -気象庁から

  南海トラフと言う騒動が偏向し過ぎており、身近な異変にも注意を!!
   話題の東南海地震を歴史の三陸沖地震で予想すると、50年後 !!
   関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測する
   東南海・南海地震を振り返り、火山噴火と比較・・雑談として
   昭和東南海地震の発生前と2018年現在の比較メモ

   やはり、今後おきる東南海地震は、世界でも稀な異常な地震
   深発地震を見ると、東南海地震は2017年末までに起こる
    今回は既に紀伊沖

 

下段、2017年世界の地震は平穏期、以後沈静化か? 南海トラフの時期じゃない?

 

<  地震−定期的な傾向編  >  地震は2年程度の発生状況で連鎖が解る?

  〜列島での地震 2018年MAX 9/6 M6.7 胆振地方中東部、2019年現状MAX 5/10 M6.3 日向灘


   【定期】2018年度下期(冬季)における日本などの地震
   【定期】2018年環太平洋も日本も、地震は平均並以上に増加 M8も地表で無く、深発一件
   【定期】10〜12月に向け、今までの地震の波及は如何に
   【定期】2018年上期の顕著な地震

   【定期】8・9月に向け、今までの地震の波及は如何に
   【定期】2017年の環太平洋も日本も、大地震が減少ぎみ   M8は有るが、極端な平穏期
   【定期】2016年の日本列島、熊本など地震が多め?                     ↑

   【定期】2016年世界の地震は減らず、まだ2010年代は異常        只、世界でM8級が無かった・・

 

   参考 世界で起きた年間の地震件数 −USGS

 

<  地震−情報や人を頼りに出来ない地震被害の雑談編  >
   地震研究者は、予算がついて地震観測者に、そして活断層論を妄想
   台湾地震で見る耐震構造の重要性、阪神震災後でも多い未改修か
   今年2017年は、太平洋で火山が話題。でも地震に用心も。

   日本の古文書が明らかにした、北米カスケード津波地震
   災害に非常食と衛生知識、なんと食中毒に乾燥納豆?

 

<  自然・環境破壊・災害編  >

   古代文明を崩壊させた気候変動は、未だ何処の噴火か不明
   イラン・イラクで大地震、でも神話に残る大災害は、謎の5千年前?

   昨年からの大寒波、現実は百年ぶりという異常ぶり   「大地溝帯」などで巨大な亀裂も    
  【事象】2018年早々の大雪と冷込みは、「火山の冬」か
   迷走する世界の穀物市場、そこに自己保身の欧州情勢


   地震後も忘れてはならない土砂崩壊、続々と海外でも・・

   治水全盛の時代から、水との共存という考えも必要だろう
   江戸時代の大水害では、平成30年7月豪雨地域の支援と犠牲

   地方選挙でも福祉で語る自治の暴走、お花畑政治で災害が手遅れに

 

【記録】パプアM7.2の地震らの時期に、日向灘M6.3震度5弱。

  • 2019.05.11 Saturday
  • 17:15

 

 

  【記録】パプアM7.2の地震らの時期に、日向灘M6.3震度5弱。

    〜列島での地震 2018年MAX 9/6 M6.7 胆振地方中東部、2019年現状MAX 5/10 M6.3 日向灘

 

                      話題の東南海地震を歴史の三陸沖地震で予想すると、50年後 !!
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=684
                      数年前の深発地震から地上地震の事例と、4/10数日前からの兆候
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=683
                      【定期】2018年環太平洋も日本も、地震は平均並以上に増加
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=676   3月までは下段
                      南海トラフと騒がれる中、東北などの日本海の地震も警戒すべき
                        http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=673

 

 

日向灘で、M6.3−震度5弱の地震が発生した。

その以前1カ月間に、インドネシアやフィリピンでも地震があり、昨年の地震と平行して起きている。また、先にはパプアニューギニアで、環太平洋のアジアで今年初のM7越えの地震(やや深発気味)があり、地震が集中する時期となった。


  2019/05/10 08:48 M6.3 深さ25km 最大震度5弱  日向灘(暫定値)
     発震機構:西北西−東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型

       ( 最近の経緯・過去の日向灘の地震は、「続き」へ )

 

 −05/10の日向灘 M6.3 最大震度5弱 の地震 気象庁から

   阿蘇山〜フィリピンプレート海底火山のラインであり、その境目の地震か?周期的?

 


 

 

  USGSから今年2019年東南アジア赤道付近の地震を検索

    2019-05-06 21:19(UTC)   M7.2  127km  Bulolo, Papua New Guinea
      2019-04-23 05:37(UTC) M6.4   54km  Tutubigan, Philippines
      2019-04-22 09:11(UTC) M6.1   20km  Gutad, Philippines
      2019-04-18 05:01(UTC) M6.1   20km  Hualian, Taiwan
    2019-04-12 11:40(UTC)   M6.8   18km  Luwuk, Indonesia

        −−−前々回4/10の地震投稿から、大地震頻発−−−−−−
      2019-02-12 12:34(UTC) M6.0  144km  Agrihan, Northern Mariana Islands

 

  −USGSから今年2019年M6.7越えの地震を検索  +下記画像 ↓

  アフリカ南極間の地震から、2月は南米、4月からはインドネシア付近で地震 
    2019-05-06 21:19(UTC) M7.2  127km Bulolo, Papua New Guinea
    2019-04-12 11:40(UTC) M6.8   18km Luwuk, Indonesia

 

    2019-03-01 08:50(UTC) M7.0  267km Azangaro, Peru
    2019-02-22 10:17(UTC) M7.5  145km Palora, Ecuador
    2019-02-01 16:14(UTC) M6.7   66km Puerto Madero, Mexico

 

    2019-01-22 19:01(UTC) M6.7   13km Prince Edward Islands region

    〜12月は11/30も入れて、環太平洋でM7レベルの地震が五件。

    3か月後・半年後の余震か? 深発地震も多く、4年周期でやや地震が多い?

 


 

 

 

−今年にかけての日本の地震、M6以上 (冬季 2018年下期10月〜) 気象庁画像から編集


  2019/04/18 14:01  M6.5   20km  震度2 台湾付近         24°00.6′N,121°30.8′E
  2019/04/11 17:18  M6.2    5km  震度3 三陸沖           40°21.7′N,143°24.2′E
  


  2019/03/11 02:10  M6.0   18km  震度3 福島県沖         36°45.7′N,142°24.3′E
  2019/03/02 12:22  M6.2   51km  震度4 根室半島南東沖   42°00.4′N,146°51.7′E

 

    2019/04/12 16:30  M5.8  547km  硫黄島近海  25°58.0′N,141°24.5′E
    2019/04/05 18:56  M5.9  414km  鳥島近海    30°23.8′N,139°00.5′E

     〜環太平洋の大地震と重なるかのように深発地震もカウントされてる。日向灘の地震も、

       台湾・沖縄・種子島の地震で地殻が歪、深発地震が一押しなんて、単純に考えたりする
  2019/02/12 21:34  M6.5  127km  震度1 マリアナ諸島     19°23.3′N,145°42.1′E


  2019/01/08 21:39  M6.0   30km  震度4 種子島近海       30°34.3′N,131°09.8′E


  2018/11/05 04:26  M6.3   20km  震度4 国後島付近       44°36.5′N,145°48.3′E
  2018/11/02 20:01  M6.1  487km  震度2 オホーツク海南部 47°08.5′N,147°06.5′E
  2018/10/24 01:04  M6.3   28km  震度3 与那国島近海     23°58.1′N,122°36.1′E
  2018/10/23 13:34  M6.1   26km  震度3 与那国島近海     23°57.3′N,122°35.7′E
  2018/10/13 20:10  M6.7  461km  震度2 サハリン近海     52°51.2′N,153°14.5′E

 

 

 

 

まあ、日向灘は過去の地震を見ても翌年にも継続している感じで、注意したい傾向だ。

ただ、地震の規模がやや小さいといえ、今年に警戒するM7程度の西日本の地震には及ばない。一部の予報サイトで前兆らしきものが出ており、6月・9月を中心に注視している。まして、9月は月が近づく時期であり、太陽風も強い時期 ?

( 南海地震などを話題にしてる記事も有るが、

 以前に投稿したように南海地震関係は相当な百年の地殻歪の波及地震であり、現在は気にせず )

 

【定期】2018年度下期(冬季)における日本などの地震   から星空ガイド情報

     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=681

 

   08/02 16時11分:月の距離が最近(0.935、35万9398km、視直径33.2′
     /31 00時53分:月の距離が最近(0.929、35万7176km、視直径33.4′
   09/28 11時24分:月の距離が最近(0.931、35万7802km、視直径33.4′

   星を見る・宇宙を知る・天文を楽しむ AstroArts > 星空ガイド
    http://www.astroarts.co.jp/alacarte/index-j.shtml

 

日本周辺の台湾内陸で地震が4月に起きており、前年が大きめの地震で構造線や断層が多いため余震が起きやすかったと思う。そう、地震が起きた1年半前後は、警戒とも言える。北海道胆振東部地震は、過去の断層で直線さが少ない為余震を予想してないが、根室や道東の方や沖縄周辺を逆に注視している。実は、隣国周辺でも、余震範囲と言え今年も注意かもしれない。

 

              追記     2019-05-17 22:24(UTC) M4.8 18km Fuyu, China

  −シナ東北部を中心に、地震後1年半程度の余震期間がまだ範囲内

    2018-05-27 17:50(UTC) M5.3 10km Fuyu, China ハルピンの地震
    2017-11-15 05:29(UTC) M5.5 10km Heung-hai, South Korea 韓国の浦項地震

    2017-09-03 03:30(UTC) M6.3  0km Sungjibaegam, North Korea 北朝鮮の核実験
    2016-09-12 11:32(UTC) M5.4 13km Gyeongju, South Korea     
    2016-09-09 00:30(UTC) M5.3  0km Sungjibaegam, North Korea  北朝鮮の核実験

 

最近の経緯・過去の日向灘の地震は、「続き」へ

 


地震ランキング

続きを読む >>

インドネシアの首都移転、人口過密もEUを超えた経済圏に余地

  • 2019.05.05 Sunday
  • 16:20

JUGEMテーマ:東南アジア

 

 

  インドネシアの首都移転、人口過密もEUを超えた経済圏に余地
    〜気候に恵まれるEUら諸国は、世界規模の災害支援に国際的な存在感や慈愛も感じず

 

 


災害が続いたインドネシアで、首都移転の話題が有った。


  インドネシア、首都移転へ 過密状態のジャワ島以外に
    https://jp.reuters.com/article/indonesia-politics-capital-idJPKCN1S51OV
    2019年4月30日 ロイター


  − ここ最近のインドネシアで起きた災害 −

    2018年12月22日 スンダ海峡津波      クラカタウ山噴火で大規模な山体崩落 死者426人

    2018年 9月28日 スラウェシ島地震  - Mw7.5、死者2113人、行方不明者1300人以上

    2018年 8月 5日 ロンボク島地震    - Mw6.9、死者381人

    2016年12月 7日 アチェ州で地震    - Mw6.5、死者102人

        ・・・・
    2004年12月26日 スマトラ島沖地震  - Mw 9.1 - Mw 9.3 死者・行方不明者は227,898人


インドネシアは、火山も有り富士山を思わせる自然豊かな地域らしい。ただ、(インド)オーストラリアプレートや太平洋プレートに挟まれ、何かと地球規模の災害が起きる。


まして、人口も爆発しており、2017年世界銀行の調べで2.64億人ともいわれ、国としては世界4位の位置に居る。


   人口も西欧以上の移民で、人口急増のアメリカは分裂か
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=522
     〜世界の途上国らで、30年で2倍と人口爆発が止まらない、新興国で1.5倍に・・


インドネシアの産業は、戦後の独立も欧米の圧力もあり工業化に乗り遅れ気味らしい。国家と言えども企業活動は家族的な気風を残しており、都市化する中に中国や南朝鮮がくいいる状況とも言える。日本の支援などもあるだろうが、高速鉄道構築らもままならないとか。


  − 最近の世界諸国におけるGDP(2018年) −
    1位    アメリカ       20,494
    2位    中国           13,407
    3位    日本            4,972
    4位    ドイツ          4,000
    5位    イギリス        2,829

        ・・・・
   15位    メキシコ        1,223
   16位    インドネシア    1,022
   17位    オランダ          913
   18位    サウジアラビア    782    単位: 10億USドル

  世界経済のネタ帳 > 世界の名目GDP(USドル)ランキング
    https://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html
  <出典> IMF - World Economic Outlook Databases (2019年4月版)


しかし、インドネシアは外資の影響もあるが堅実に成長してきており、マレーシアに続き政治も取り組んでいる気もする。実際、東南アジアは既に経済圏としても成長しており、金融危機や投資・貸しはがしの被害を被らないよう日本の支援で機能すればいい方向に進んでいくだろう。

 

 


ところが、ある災害の情報を見ると、少し驚きの数字を見る。


  − スマトラ島沖地震 (2004年) − Wiki
    各国政府・民間団体等による主な支援一覧 −実行レベルの数値でないが・・


   オーストラリア     7億6,500万ドル
   ドイツ             6億6,400万ドル
   日本             約5億ドル
   国際連合           5億ドル
   アメリカ合衆国     3億5,000万ドル
   世界銀行           2億5,000万ドル
   ノルウェー         1億8,100万ドル

   イギリス              9,600万ドル

      ・・・・・
   フランス              5,600万ドル
   中華民国(台湾)      5,025万ドル
   欧州連合              4,080万ドル   この他各加盟国独自の支援有と・・
   オランダ              3,600万ドル   ← 元植民地の宗主国?


なんと、その昔に世界の植民地で荒らしまわった西欧で、EUとオランダの支援が少ないこと・・まして、世界に貢献しないEUを特別扱いすること事態が世界の疑問と言える。更に、元宗主国で貿易大国オランダの姿勢は、個人の解釈だがいただけない。実際に、対外資産負債残高でもオランダは、欧州でも優等生なのに・・


一部の数字で解釈が足りないんだろうが、最近でも石油目当てに東ティモールを強奪したと言うオランダらの悪弊なのかと想像してしまう。欧州全体として、それなりの金額なんだろうが、失礼だが植民地の元宗主国としての責任感も感じない。西欧らの博愛(&慈愛)なんて偽善さを感じる。

 

  米、EUの外交的地位を格下げ 事前通知なし
    https://www.cnn.co.jp/world/35131132.html
    2019.01.10 CNN

    〜アメリカは、既に見抜いていた・・


只、ドイツやノルウェーだけは先進国としての度量があるといえるが・・ まあ、支援で見返りの輸出を期待する諸国の思惑もあり、EUと言う組織はギルド的な国の世界に工作する組織程度でもあり、国際的な役割は期待できないと思うべきだろう。

 

 

 

  中国に拒まれ…欧米のプラごみ、マレーシアに流れて環境破壊引き起こす―中国メディア
    https://www.recordchina.co.jp/b706452-s0-c30-d0135.html
    2019年5月4日 Record china


ゴミ輸出は、バーゼル条約として違反する事項らしい。もともとアフリカなどに輸出されてたゴミが、中国で引き受けてたことも大きな問題だろう。


欧米も都合のいいように、発展途上国を利用してきたと言える。東南アジアは、欧米の横暴に振り回されてたまったものじゃないという状況だ。白人社会では、掃除夫は蔑視される気風だからね。


実は、東南アジアやアフリカだけでなく、中東も戦争が一区切りして人口も増加している。その中で、EUの存在も消費の面で言えば人口も頭打ちな小さな経済圏といえ特異な地域になっている。南国の人口の多い途上国では消費が多いが、技術・工業では北方圏の先進国が優位で、貿易・金融システムが途上国に不利な状況でもある。そこに、交戦的な北方圏先進国の特徴もあり、世界はまだまだ火種が多い。

 

 


そこに、旧植民地であった先進国は移民で国を更に豊かにしようと富と人材を集めようとする。アメリカは、移民を辞めようとするが・・


  移民歓迎のカナダ、3年間で100万人超の受け入れ表明
    https://www.cnn.co.jp/world/35131184.html
    2019/01/10 CNN


まあ、この貿易・金融状況で日本も世界の荒波に振り回される。旧態の労働力市場が鈍化し、日本的経営も不況を受け社風と雇用状況が荒れて来た。新世代の若者を雇用しづらいと言う嘆きも、ひとを誘導できない封建な管理が横行し外人を願うと言う悪循環の時代だ。また、平然と他人の悪口を口にする都会気質は、年寄り幹部の品位も下がり他人の悪いとこしか見ない社会気質に変貌し、企業環境の劣化が多い感じがしている。

 

   焦点:人手不足が変える日本の企業文化、サラリーマンは遺物に     追記 05/11
      https://jp.reuters.com/article/japan-economy-workculture-idJPKCN1SG0OE
      2019年5月11日 ロイター

 

    残業命じる上司に契約従業員「怒鳴られてまで働かない」の反乱    追記 05/08 
       https://ironna.jp/article/11942
       ironna -『NEWSポストセブン』 女性セブン 2019年2月21日号
       〜こんなのも・・  上から下まで、どっちもどっちとも。
         気持ちよく働けない現場と人格が伴わない上司・・ブラック風な企業の現実


日本も次世代に向け、どれだけ社会も高度化しないといけないんだが・・誰が動くんだか・・
まあ、日本の教育体系が左翼化し悪さしすぎてるともいえ、まともなのは腕に技術を磨く工学系らだけのような気もする。

 

 


現実に内需が確立している日本は、インドネシアら東南アジアやインドの経済システムを牽引するのが望まれる。だが、日本人とはいえ、何かと商社風な成果や売り上げがあると成功者のように小喜びしたり、貢献自慢するレベルの低さを上げないとね。実際に、国際協力では調子のいい商社風な幹部が出てくるからね・・
日本は、もうちょっとしっかりとするべきで、先進国に振り回されない東南アジアの経済圏に知恵のソフト面で寄与するべきだろうと思う。

10年も経過しないのに、また金融危機か? 今、戦後社会の曲がり角

  • 2019.04.27 Saturday
  • 12:23

JUGEMテーマ:国際社会

 


  10年も経過しないのに、また金融危機か? 今、戦後社会の曲がり角
   〜日本も他人事でない世界の喪失感に溢る。更に周辺国の賄賂に、小金持ちで暴走する政財界

 

 

日本では、地震が落ち着いたが、12月にM7クラスの地震が発生したフィリピンでまた地震被害に見舞われる。昨年に地震が多発したインドネシアなどでも地震が発生したりしている。

 

以前に投稿の5年以内震央画像から、追補版。今年は、2年以内で周辺に地震が連鎖してる。

  追記 5/4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界は大変な地震被害や異常気象による災害に見舞われるなか、投資も異常なせいなのか、金融危機と言う話題が再び世界中を駆け巡る。まさに、天変地異や政変で荒稼ぎする投資家らのせいで、世界は大混乱状態だ。それも、汗をかいた労働者の年金を悪用乱用してる実態もあるのだ・・

 

 

− グローバル世界と歪められた経済で、企業活動の弊害 −

世界では、一部中韓の政権暴走による経済活動低下や、秘めた負債が重しとなったドイツ銀行で大きな話題だ。2008年のリーマンショックから、世界が金融危機に協調したのでなかったのか。


  ドイツ銀とコメルツ銀、合併交渉打ち切り 十分なメリット見いだせず
    https://jp.reuters.com/article/commerzbank-m-a-deutsche-bank-idJPKCN1S1123
    2019年4月25日  ロイター
    〜欧米では、王家やスパイ・内政干渉の工作資金?を作り出す部門もあり、投資も暴走?
     ドイツ銀行の負債は、7千円とも言われる。日本の銀行と違い、投資・証券機能もある


     恐ろしいシナ共産党、庶民を置き去りに計画経済で都市建設
       http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=534
       〜個人所得税に見るシナのGDPに疑問?


シナの政治暴走が自国だけで有ればいいが、一帯一路で世界の後進国を借金漬けにしたとも言われる。そう、シナの公表している経済指標などは、殆ど架空のデータである。そこに、重税や余剰金・投資資金の強奪で集めた財政も追いつかず、数年で国際的な負債が国・企業などで1京円に膨らんだらしい。ネット記事で、世界の負債が3京円にいく勢いだとか・・


国際ルールと言われる中、経済値等を公表してないシナらの問題もある。まあ、シナにはシナ特有の予算乱用や賄賂と言う体質で政経分離という考えも無い伝統キム気質。そして、賄賂や売り上げで脅す、他国人事や企業人事への内政干渉も・

 

 

 

− グローバル経済で、内需が追い付かない隠れ帝国主義の弊害 −
世界的に金融不況から脱したばかりに金融危機騒動とは、それぞれの各国で戦後政治から脱却できない先進国の弊害と国際ルールの甘さが出たと言えよう。


EUで覇権勢力をほこるフランスも、内政では批判ばかりで新たな成長分野を見つけたいとか。只の戦争好きな王侯貴族的な西欧政治は、社会と工業の革新さに乗り遅れてもいる。


  フランス大統領が減税表明、「労働時間延長も必要」
    https://jp.reuters.com/article/france-protests-idJPKCN1S12RH
    2019年4月26日  ロイター

 

失礼だが、西欧には国家予算もシナのように無駄な水として流れるようだ。それは、アメリカの工業も例外でなく、唯一の兵器産業に国家予算や他国の協力金が、企業への配当金に流れる。そして、軍用機など買うなと言うくらいに高価な金額に・・そして売れないと騒ぐ・・異質な兵器業界に・・今やアメリカの空母1隻は新規で1兆5千億円・・しかし、サービスレベルは最低


  為替問題の扱いで一致せず 日米財務相会談
    https://www.sankei.com/world/news/190426/wor1904260010-n1.html
    2019.4.26  産経

 

    F35部品不足で3割飛べず 米政府監査院、改善要求
      https://this.kiji.is/494685569084392545?c=39546741839462401

      2019/4/27  共同

      〜アメリカの配当しまくる歪んだ産業、国際共同開発はリスクのある大問題・・

 

最近まで、大きいことはいいことだと言わんばかりに、グローバル社会などと語り巨大化の道に進んだ。そこには、メガバンクなども登場し、巨大な負債まで創造する始末であり、その陰で地域や田舎、そして庶民が取り残される・・ まあ、西欧が1990年代に実力を付けたエアバスやEUの誕生で、巨大な欧米経済戦争に進んだと言える。そしたら、欧州はエアバスやEUのように巨大化したが、現代の覇権でのカルテル化が進み裏で関税も好き放題な保護主義大国EUになってる。

 

これは、意外とアフリカや東南アジアとの貿易を阻害し、そこの自立を妨げる。また、巨大化の道で、低所得者層が置き去りになり、投資家や官僚の肥大化して世界で悪さが許される弊害も出て来たようだね。なんか、エアバスのように、西欧の勢力が集まり過ぎて業界を歪める状況だ。集まりすぎるのは問題で危機に対応出来る三カ国程度の範囲にし、過度な販売に縛られない機動力にすべきだろう。どこの反体制組織やシナにまで売らないといけない倫理の無いフランスのようになる・

 

  伊企業、買収の餌食に 仏への不満爆発 サッカーW杯決勝以来の因縁?
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/170729/mcb1707290500004-n1.htm
    2017.7.29 sankeibiz>ブルームバーグ

    〜他国企業は買収して、自国企業は保護主義で売らないフランスのグローバルな横暴・・

 

そう言えば、日本の紙幣も一新され「日本資本主義の父」という功績がある渋沢栄一公が採用されると言う。近代経済に取り組んだその姿勢は、会計や会社法に活かされてCSR(企業の社会的責任)と言う風土も出たといえる。世界と違う高度成長を支えたのだろう。

 

 

 

− 世界で資金が右往左往する中、実態のない金融(投資)経済の膨張

続きを読む >>

話題の東南海地震を歴史の三陸沖地震で予想すると、50年後 !!

  • 2019.04.13 Saturday
  • 16:07

JUGEMテーマ:地震・宏観異常・危惧・経過   テーマ名、一時変更、4/15

JUGEMテーマ:天変地異、災害  

 

 


  南海トラフ・東南海地震に至る経緯を三陸沖地震等で予想してみた
    〜次の東南海地震は、総合的に勘案し解った。相当なひと世代後だったと推測・・

 

 

 

南海トラフで、周辺で地震が増加と騒ぐような状況だが、週刊誌らを通して東南海地震をもてあそぶような気配も有る。そもそもが、東南海地震は紀伊半島沖のフィリピンプレートで断層を引き起こすものらしい。それから、東南海地震は150年から200年周期説も有るといわれるようにもなった。どう判断すればいいのか・・

 

  関東・南海トラフなどの巨大地震を、過去・周辺の地震から推測する
    http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=667

    〜自身の地震解釈で、東南海地震は当面は無い・・


自身の投稿も、上記では、よく見る人も出てたようだ。だが、今年の冬季には、東南海地震のような兆候は無かった。よく東日本大震災を、「貞観地震」にたとえて、換算するひともいる様だが、あってるようで安直な偏向した解釈だと思う。

 

南海トラフにばかり偏り議論を起こしたがるのは、他の地域にも研究が進まない学術界の汚点でもある。その南海トラフ危機論という中で、あまり曖昧な予測体制では、社会も困るだろう。さりげなく、次の大地震の時期を予想してみる。。

 

 

 


150年程度の周期を持つ東南海地震は、西日本の地表における地震などはフィリピンプレートに影響も少ないだろう。また沖縄・台湾などの地震である八重山地震・喜界島地震などが、直ちに東南海地震に影響したとも思えない。まあ、その内鹿児島南方の地震は、暇が有れば調べてみたい。


そもそも東南海地震は、東の太平洋プレートの影響が強いと考えている。まして、伊勢・若狭湾のラインで、深さ600kmもの深発地震を引き起こす。そこで、富士山支点の東京らの浅い地震は除き、東北太平洋沖の地震で東南海地震を見てみる。
なお、歴史上の東北太平洋沖の地震は、M8の大きめなものを抜き出した。

 

  ・1944年12月      昭和東南海地震 - Mj7.9
      1933年03月    昭和三陸地震   - Mj8.1
      1896年06月    明治三陸地震) - M8.2 - 8.5


  ・1854年12月      安政東海地震   - M8.4
      1843年04月    天保十勝沖地震 - M7.5 - 8.0
      1793年02月    寛政地震       - M8.0 - 8.4 (連動型宮城県沖地震)


  ・1707年10月      宝永地震       - M8.4 - 8.6 (南海トラフ全域が震源域)
      1677年04月    延宝八戸沖地震 - M7 1/4 - 8.0
      1611年12月    慶長三陸地震   - M8.1

 

 

 


なんと、東南海地震前には、東北太平洋沖で2回の巨大地震が発生してた。まして、直近は10年前、その前は50年から60年前らしい。たまたま原点に戻り、単純な分析で傾向が出るとは・・4/23追記
(宝永地震前の17世紀は太陽活動が低下した時期で、中国大陸ではM8が頻発した変な時期)※

 

その50年から60年前というのは、15世紀の明応地震にも言える。ただ、江戸以前は東北など地震の年表が少ないから10年前と言うのは、参考にならないか。

また、1605年慶長地震は、震央が東南海地震であるか曖昧なため、のぞく。


   ・1498年09月     明応地震       - M8.2 - 8.4 (東海道沖の巨大地震)
       1454年12月     享徳地震     - Mw >8.4     奥州海岸に大津波


東北太平洋沖で2回の大地震が発生していることは、北海道や千島も相当に地震の活動期であったろう。記録の行き届いた昭和東南海地震前で見ると、千島を中心に地震が並行して発生している。まあ、以前に調べた時も昭和三陸地震まえには、北海道北部で深発地震も大きく多かった。最近でも、中部沖の深部の地震等は、周辺や太平洋らの中規模以上の地震に比例して発生しており、深発地震の増加は何かの異変でもあるだろう。


  ・1944年12月      昭和東南海地震 - Mj7.9
      1933年03月    昭和三陸地震   - Mj8.1
         1918年09月  択捉島沖地震   - M8
      1896年06月    明治三陸地震) - M8.2 - 8.5
         1894年03月  根室半島沖地震 - M7.9 - 8.2

 

また、東の太平洋プレートは同時に、フィリピンプレートも押してる訳で、相対的に小笠原の深発地震や西日本の地表地震も引き起こす。総合的に整理してみれば、その東の太平洋プレートでは千島の大地震が繰り返し発生し、約40年周期で巨大な宮城沖・三陸沖地震が発生し、同時に若狭湾沖らの深発地震も並行して起きてたと見ていい。

( 若狭湾沖らのM7手前の深発地震は、10年後に紀伊半島沖の地震を何度も起こしている )

 

 

 

 

そこに、忘れてならないのは、東南海地震と共に発生する北海道駒ヶ岳の噴火だ。


   東南海・南海地震を振り返り、火山噴火と比較・・雑談として
     http://kitanosumibit.jugem.jp/?eid=665

     〜偶然とは言っても不可解な火山噴火と地震 しかし、北海道駒ヶ岳の噴火は恐るべし・・


ときどき、北海道駒ヶ岳の火山の地震計をNIEDの VIVA2でみるが、やはり千島に過剰に反応しやすい傾向も有った。
やはり、東南海地震と千島の地震と北海道駒ヶ岳の噴火は、関係があると推測する。まして、北海道駒ヶ岳の火山や千島の火山は落ち着いており、とても数年後に活動があるとは思えないが・・


結果として、異常な時期の宝永地震をのぞいて、東北太平洋沖の地震の50年〜60年後に東南海地震があると見ていいのか? だとすれば、次の東南海地震は、50年後くらいと言える ?・・

・発見した・・ ここ数年なければ、マジに約50年後。でも、早まる根拠もない・・

 

−備考−

現在のトラフ騒ぎも、今後50年もするのか。今東海地震の予知事例を、多数の県に巻き込むのかと・・ まあ、実際は時間があると言う事で、予算と対策強化も可能です。

 

( なお、津波のない日高沿岸沖などは、明治以前に記録も少ないから解析に入れてない )

 

※−宝永地震前の17世紀は太陽活動が低下した時期で、中国大陸ではM8が頻発した変な時期

    火山噴火も北海道・千島?では、異常な時期である。     参考:Mt−津波マグニチュード

      ・1741年08月  寛保津波- M6.9(Mt8.4) 渡島大島寛保岳の大噴火・山体崩壊?

      ・1739年07月  樽前山が火山カルデラを形成する大噴火。火山爆発指数:VEI5

        ・1707年10月      宝永地震       - M8.4 - 8.6 (南海トラフ全域が震源域)

      ・1694年08月  北海道駒ヶ岳で大噴火。火山爆発指数:VEI4

      ・1667年09月  樽前山で大規模なマグマ噴火。火山爆発指数:VEI5

      ・1663年08月  文献記録に残る有珠山最大の噴火。火山爆発指数:VEI5

      ・1640年07月  北海道駒ヶ岳が噴火で大規模な山体崩壊。火山爆発指数:VEI5
 


地震ランキング

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM